FC2ブログ
2015.02.06 更新
「舐め犬に首ったけ」では私の舐め奉仕の体験談やその時々に舐め犬として感じたことを書いています。クンニが好きな女性の方にオナニーの代わりに舐め犬を使う楽しさを知っていただきたいと願っています。私はクンニをさせていただければそれだけで満足です。その後、私の体を使ってできることは女性の方の好きにしていただいても構いませんが、私から挿入などをお願いしたりすることはありません。このブログから舐め犬の世界を垣間見て興味を持っていただければ嬉しく思います。

In this blog, I am writing my pussy licking experiences with ladies nuts about pussy licking, and my thoughts on pussy lkcking and other things. I believe most women like cunnilings, but unfortunately only some of them can be satisfied with the sexual intercource with their love or husband due to short time pussy licking. I love pussy licking, and you can enjoy only pussy licking for hours until you get satisfied. It's my pleasure if you get interested in such a new world. (more on myself)

舐め犬のお誘いはもちろん、興味本位での冷やかしでも、お気軽にメールしてみてください。お返事以外で用事もないのにこちらからメールすることはありません。メールを受け取りたくない時間帯、PCでなく携帯メールからのお返事の希望などありましたら、一言添えていただければと思います。LINEは意外とお手軽でいいかもしれません。ask.fmにも登録してみましたので、お聞きになりたいことがありましたら質問してみてください。お会いしていただける場合はデート代等はすべて負担させていただきますので、ご心配には及びません。

Please feel free to get contact with me. An invitation of a pussy licking date with me, and even just chatting will be welcome. After getting your mail address, I will not bother you by sending mails from me, and I will just reply to your mail. When you have a date with me, I will pay for room charge, meal, etc. So you do not have to pay for anything.

mail: nameinutokyo@gmail.com
twitter: http://twitter.com/nameinu_tokyo
ask.fm: http://ask.fm/nameinu_tokyo
LINE: nameinu.tokyo

(初めての方は続きを)
... 続きを読む
今月の初めくらいにLRさんからメールをいただいて、今日お会いする約束をしていました。メールでは地味な感じとあったのですが、お会いしてみると目鼻立ちがはっきりした美人な方でした。1年ほど前からこのブログをご覧いただいていたそうで、嬉しいことですね。土曜日でラブホが混んでいたら嫌だったのでお昼前に待ち合わせをして、ホテルへ向かいました。ホテルに入ってからLRさんが買ってきてくださったお茶をいただきながらしばしお話をしました。明るく話をしてくださる方ですので、初対面の緊張感もすぐにほぐれてきます。綺麗な方なので彼氏はいらっしゃるそうですが、SEXの方はちょっと満足できない感じだそうで、それで舐め犬の私に連絡をいただいたとのことです。

それからLRさんにシャワーを浴びていただいて、続いて私がシャワーを浴びます。出てきてから、部屋を暗くするのにカーテンを閉じていると、LRさんは別に暗くしなくてよいらしくて、片方のカーテンは閉じないままです。そうは言っても照明はやや暗めにしてから、始めさせていただきました。メールでもできるだけ焦らして欲しいと書かれていましたので、脚の間に入らせていただいてから、クリトリスへたどり着くまでは出来るだけ時間をかけて舐めることにします。まずは太もものところから舐め褪せていただきますが、比較的背の高い方なので脚も長めです。ちょうどいい感じのムチムチ感のあるすらっとした太ももの内側を脚の付け根へ向けて舐めていきます。

15109910060.jpeg 15109911050.jpeg

ヘアーは脱毛されてすべすべになっていましたが、Vラインは形を整えるために一度脱毛してこれから生やしながら形を整えるそうで、そういうものなんだと初めて聞きました。脚の付け根から小陰唇のひだの間を舌先でたどりながら舐めさせていただきますが、小陰唇のひだがほとんどないくらいだったのですが、LRさんはinnocent pussyとおっしゃっていました。小学校高学年くらいなかんじかな。ひだの両側を上下に舐めたりしながら、いよいよひだのところを舐めていきます。普通ならひだを舌で左右にうぬうねと舐めたりするところなのですが、ひだがほとんどないので舌で覆うようにして舐めると自然とひだの中にも舌が届きます。膣のあたりからは愛液が滲みだしている味わいがあります。

クリトリスは最初はまだ小さくて少し膨らんでいるのが分かるくらいですが、時間をかけて舌で覆いながらゆっくりと舐めていきます。だんだん感じてこられると、時々膣から尿道のあたりがゆっくりとヒクヒクと動いたりします。舐め始めたところからLRさんは私の手を握っておられたのですが、感じてこられたところで握っていた手にも力が入ってきます。クリトリスもふっくらとしてきたところでクリトリスを覆うようにして舌を左右に動かしながら刺激をしていたところ、太ももの裏あたりに熱を帯びてきたと思うと、手の平も温度が上がってきてそろそろ逝きそうな感じになってきました。少し強めに舌を押し当てながら舐めていると、逝く、とおっしゃって太ももで私の頭をギュッと挟みながら大きな声を出して逝っていただけました。

逝かれて少ししたら口を離したのですが、それからまた続けて舐めさせていただきました。一度逝かれているのでもうクリトリスはふっくらと大きくなったままですが、途中でRLさんが、もう少し強く、とおっしゃるので、クリトリスのところに唇を押し当てるようにして、舌は押し付けるようにしながら舐めていきます。そうするうちにまた、逝く、とおっしゃって太ももで頭をしっかりと挟んで逝かれました。今回は私も口はすぐには離さずにクリトリスのところをしっかりと押し付けるようにしていると、LRさんは脚を私に巻き付けるようにしたりしながら、低めの呻くような声をあげながら割と長い間絶頂を感じていただけました。LRさんの息遣いも落ち着いてきたところで、一休みしたいとおっしゃるので、休憩になりました。ベッドで横に並ぶと、気持ちよかった、と抱き付いてこられて軽くキスをしたりしました。

一休みしたところでまたクンニを始めましたが、一度逝かれてからは10分ほど舐めると逝ってしまわれるくらいになって、逝かれる時の声の大きさとか、絶頂の時間とか、逝くたびに快感の具合がよくなっているみたいです。次の休憩でソファーのところでホテルのデザートをいただいたのですが、クンニもソファーでしたり、騎乗位とかもありますとお話をして、ソファーでのクンニも楽しんでいただきました。そこでも逝かれたあと、私が脚フェチということで膝の上に脚ののせてくださって、気持ちよく触られていただきます。同時に、LRさんが脚で私のものを刺激されたのでそれも気持ちよかったですね。

LRは脚が冷えてきたのでお風呂に入りたいとのことで、一緒に入らせていただきました。この時期、温泉でなくても暖かいお風呂は気持ちよいですね。そこでも、私が湯船のふちに腰掛けてLRさんがフェラをしてくださいました。あまり長くされると射精してしまいそうだったので適当なところで終わっていただきました。ベッドに戻ると、こんどはLRさんが騎乗位で上になって舐めさせていただきました。もうかなり逝きやすい身体になっておられたので、騎乗位でも最後はしっかりと逝っていただけました。

15109911470.jpeg  15109912140.jpeg 

メールでも逝きやすいと書かれていましたが、ほんとに逝く間隔も少しずつ短くなって、絶頂感は反対に深くなる気がします。指を入れながら舐めさせていただ時には、ヒクっとなるたびに指がすっと膣に吸い込まれるようないやらしい動きをしています。逝っていただくときは少し強めにしますが、クリトリスを直接は刺激しないようにしていたところ、直接舐められるのもされてみたいとおっしゃっていましたので、最後の方では逝きそうになってこられたところで、露出しているクリトリスの下あたりを直接舐めたりしてみました。その時はやはり絶頂の時間も長めで、そのあいだ唸るような声も大きく出しながら感じておられて、私もLRさんの腰をしっかりとつかんで口を離さないようにしながら刺激を続けました。

LRさんは途中で部屋の明かりを明るくされたのですが、お互いの顔が見える方がよいとのことで、明るいほうがお好きみたいです。写真を撮るときもさらに明るくして撮らせていただきました。これまでの経験でも、スタイルの良い方って裸を見られることにはそんなに抵抗がないみたいですね。舐め犬は初めてとのことでしたが、こうして何度も逝っていただけて私としてもよかったです。
LLさんが2か月ぶりくらいにまた家に泊まりに来てくださいました。午前中から私は芝居を見に行く予定があったので、せっかく遠くから来ていただくのにお会いできるのは夕方からとなりました。私が用賀へ戻ってきたのとだいたい同じ時間にLLさんも用賀に到着されたので、とりあえず自宅の方へ向かいました。前回は家に着いてからひとまずクンニをさせていただいて、それから夕食にしましたが、結構レストランが混んでいたので、今回はお会いしたのも夕方でしたし、まずは最初に夕食をいただくことにして、近くの焼肉屋へ行きました。最近ダイエットしているので、焼き肉は久々のことでかなりおいしくいただきました。

家に戻ってから、お風呂に入ることになりました。LLさんが以前にもメールで一緒にお風呂に入りたいとおっしゃっていたので湯船にお湯をはって入ることにしました。夏場だと一緒にお風呂に入っても暑いのでそんなに長くは入れないですが、この季節はちょっと肌寒いので暖かお風呂に入っていると気持ちがよいものですね。できることなら温泉で広いお風呂に入るのがベストなんですけどね。お風呂から出て、そのまま一緒に寝室の方へ入ってクンニをすることになりました。

15105847310.jpeg  15105847040.jpeg 

お風呂を出てきたところというのもあるのですが、LLさんは体温が私よりもかなり高いみたいで抱き合っているとかなり暖かいです。キスなどをしてから胸を舐めさえていただいて、それから徐々に下へ移動して脚の間に入らせていただきます。LLさんが久しぶりだしすごく濡れてしまうかも知れない、とおっしゃるのでバスタオルをとりに行って、LLさんの腰の下へ敷くことにしました。最近はほんとに多くなりましたが、LLさんも下のヘアーはツルツルにされています。太ももの内側から脚の付け根までを舐めたあとに、付け根とひだの間をゆっくりとなめます。ひだの上を軽く舌を乗せながら上下に動かしていくとLLさんも気持ちよさそうな声を出します。ヘアーをツルツルにするとよく女性の方がひだが出ているのが気に入らなくて短くしたいとおっしゃるのですが、LLさんもその一人で、私からすると普通くらいの大きさだと思うのですが、ツルツルにすると目立つのでそう思うのでしょうね。

ひだの間に舌を差し入れると愛液が溢れています。それを舐めとるようにしてひだの間を舌で上下に舐めますが、尿道のあたりを舌でピタッと覆うようにしてゆっくりと動かすと気持ちがよいみたいです。それからクリトリスの周辺を舌で覆いながら舐めていくと、だんだんとクリトリスの形がはっきりとしてきます。クリトリスが固くなってきたところで、少し左右に舌を動かして刺激をしてみると、LLさんの太ももの裏が熱くなってきます。そろそろ逝きそうな雰囲気になってきたので、同じ調子でクリトリスを刺激しながら舐めていると、逝きそうな感じなのですがもう少しのところでちょっと足りないみたいです。そこで、腕を伸ばして乳首を触らせていただきながら舐めていると、少ししたところで、逝く~、とおっしゃいながらしっかりと逝っていただけました。逝く瞬間にはLLさんの身体から汗がわっと出てきて、一瞬で身体中がしっとりとします。

少し身体がかくかくとなる感じで逝かれたので、ちょっとだけ休憩をします。LLさんの横に並んで脚の間に私の脚を差し入れて太ももあたりが股間に当たるようにしてしばし抱き合いながら余韻を楽しんでいただきます。少し休んだところで再びクンニを始めました。一度逝かれているのでクリトリスもすぐに固くなってしばらく舐めているとまた太ももの裏が熱くなっていきそうになっておられます。乳首のほうも一緒に触っていると1回目と同じように脚をきゅっと閉じるようにして逝ってしまわれました。前回お会いした時は逝っていただくのにもう少しクリトリスを強めに舐めていた気がしたのですが、ブランクのせいで感じやすくなっておられたのか、前回ほど強く刺激しなくても逝っていただけるようです。

また一休みして、太ももをLLさんの脚の間に入れていたのですが、すごく感じておられたLLさんは自ら股間を私の太ももに擦り付けるようにして、逝った後の余韻を引き延ばしながら楽しんでおられました。しばらくするとLLさんが私のものを触ってこられたので、私も指で軽くLLさんのクリトリスを触っていました。LLさんが私のパンツを脱がそうとされたので、そのまま挿入することになりました。2回逝った後ですので、かなり強く膣が締っていて、私のペニスをギュッとつかんでいるような感じです。少し長めに私が上になって挿入をしていましたが、そのあと、LLさんが上になってしっかりと挿入を楽しんでいただきました。挿入を終わるとしばらくの間LLさんの脚がガクガクして勝手に動いています。

LLさんは疲れもあったと思いますが、眠そうにされていましたので、そのまま寝ることにしました。クンニをするのに暖房をいれていましたが、そのままではちょっと暑い気もしますし、切ってしまうと布団がはがれたときに寒くなるかもしれないし、この時期はちょっと温度設定が難しいところですね。

15105846830.jpeg  15105846630.jpeg 

クンニを終えて寝たのが割の早めの時間だったのもありますが、朝は6時前くらいに目が覚めました。LLさんも目を覚ましていたので、布団の下の方をめくってお目覚めのクンニをさせていただきました。まだ完全には目が覚めていない状態でまどろみながらクンニで舐められるのは気持ちがよいみたいですね。まどろんだ中でソフトなクンニがずっと続く方がよかったのかも知れないですが、すぐに感じてこられるので、また割とすぐに逝ってしまわれました。逝かれた後はやはりLLさんが私のを触ってこられるので、そのあとで挿入することになりました。それから後はクンニで1回逝っていただくとその後には挿入するというパターンになりましたけど。

少し横になったあと、軽く朝ごはんをいただくことにします。ご飯のあとはリビングで少しテレビを見たりしていたのですが、LLさんがぴったりと横に座ってイチャイチャする感じで、LLさんが引っ付いていると暖かくて気持ちがいいのですが、気持ちよくなってきたところで、寝室の方へ移動して、またクンニを始めます。クンニはやはり割とすぐに逝ってしまわれて、また挿入をします。挿入をするたびにLLさんの膣の締り具合がきつくなっていくような気がします。LLさんは前回よりも私のが大きくなったというのですが、2か月で大きくなるはずもなく、やはりLLさんの締りがきつくなっているので大きく感じるのではないかと思っています。挿入でも特にLLさんが感じているときはさらに締りがきつくなって、LLさんもペニスに吸い付いて引っ張り込んでいるような感触だったそうです。

挿入も時々はじっとして動かずにいるのですが、LLさんが感じていればいるほど膣がヒクヒクとなってキュッキュッと締め付けるようになります。私が感じでピクンとなってもそれが伝わるみたいで、そのたびにLLさんが声を出して感じておられます。

挿入の後に一休みしたところで、おひつご飯を食べに行きました。大戸屋で定食を久しぶりに食べたのですが、満席で盛況でした。昔はそこまで混んではいなかったのですが、最近はどこもお店が混んでいるみたいです。

帰ってきてリビングで落ち着いていたのですが、やはりイチャイチャしだして、LLさんが私の上にまたがるようにして、上半身を少しずつ脱いでいくと、ブラをはずして胸を舐めさせていただきます。それで、やっぱりというか、結局そのまま寝室の方へ移動して、クンニを始めることになります。逝っていただいた後は、やはり挿入をして、しっかりと楽しんでいただきます。この時はかなり長く挿入していた気がします。クンニは逝ってしまわれるので区切りがあるのですが、挿入の方は逝くという感じではなくて入れていること自体が気持ちがいい感じなので、はっきりと終わりがないのですよね。長く挿入していたので、LLさんもお疲れになったのか、そのあと少し眠っておられました。

目が覚めたところで、まだ帰る時間には少しあったので、また挿入をすることになりました。この時にはほんとに締り方がきつくて、全体にギュッと握りしめられているくらいな感じです。私が上になって動きを止めると、LLさんお脚がガクガクとなってしばらく止まりません。動きをとめると締り具合がはっきりと分かりますが、ギュッと締っているときに動かすとLLさんの感じ方も大きいみたいですね。

結局前回と同じようにLLさんがお帰りになる時間までクンニか挿入をするようなことになりました。せっかく遠くから来てくださっているので、寝る時間と食べる時間以外は身体を合わせて気持ちよくなっていただき方がよいですよね。LLさんは翌日がお休みということなので、前回よりは少し遅い時間までいてくださいました。
金曜日の夜にROさんとお会いしました。1週間ほど前に一応お約束はしていたのですが、生理になってしまわれたということでキャンセルとなったので、当日に連絡をいただいてお会いすることになりました。仕事から帰って食事を終えたところで、ROさんがおいでになりました。ROさんお気に入りの小さなシュークリームのセットをいただいたのですが、ROさんは翌日健康診断ということで1つだけ食べられたので私も2,3個だけいただきました。(ROさんがお帰りになってから残り全部食べてしまいましたが)。

リビングでお話しているときにROさんからお願いがあるとのことで、内容をお聞きしてみると、私が舐めているところの動画を撮りたいとのことでした。口元のアップで目は隠してということでしたので、撮っていただくことになりました。ROさんは他の舐め犬さんも何人か使っておられるのですが、こんな風に舐めて欲しいというのを見せるのと、自分でするときのおかずにするということでした。私がクンニをするときは最初以外は結構口を密着させているので舐めているところを撮ってもどんな風に舐めているかはわからないので、最初のあたりの小陰唇のひだを舐めたりしているところ撮るのがいいかも知れません。

15104948760.jpeg 15104949050.jpeg

ROさんにシャワーを浴びていただいて、それから私もシャワーを浴びて、寝室へ移動しました。レッグウォーマーはもともとROさんがストッキングを持参してクンニの時にはいておられたので、それならばということで購入したものなので、今日もレッグウォーマーを付けていただきました。太ももの真ん中あたりまですっぽりと覆うので、太もものところはあまり舐められませんから、脚の付け根あたりから舐めさせていただきます。動画を撮るのでいつものように横になっていただくのではなくて、ちょっとだけ身体を起こした体勢で舐めさせていただきます。小陰唇のひだの周辺を舐め終わってから、ひだの上に軽く舌をのせて上下させているところが、ROさんも気持ちがよくてお好きなので、舐めているところをご覧になって、そのまま動画を撮られました。

目のところはROさんの手で隠していただいて、舌がひだの両側をゆっくりと上下するあたりを撮られていました。何パターンか撮られたところで、普通に横になっていただく体勢に戻って本格的に舐め始めます。ひだの間に舌を差し入れるともう愛液で潤っています。下から上へとゆっくりと舐めていくとROさんの声も少し大きくなります。ひだの横からクリトリスのところをひだ越しに舐めていくのもお好きなので、その状態でじっくりとクリトリスの周辺を舐めていきます。特に先端近くをチロチロと軽く舐めると、あ~、と言いながら感じておられます。だんだんとクリトリスの形も分かる程度に固くなってきましたので、包皮でくるむようにして少し強めに舌を押し付けていきます。

そろそろかなり感じてこられるところなのですが、ROさんは一度逝ってしまわれるとしばらく回復しないので、このところはいつも逝ってしまわないようにできるだけ下半身に力が入らないようにして我慢をされます。写真にあるようにM字開脚でもできるだけ脚を広げていると力が入らずに何とか我慢ができるそうです。舐めているときは写真よりももっと大きく脚を広げておられるのですが、、

クリトリスもしっかりと固くなって、しっかりと舐めているとROさんは呼吸を整えながら逝かないようにしておられます。それでも太もものあたりもかなり熱くなってきて、クリトリスを舌で押さえるようにして舐めていくと、大きな声を出して感じておられます。何度か山を迎えたりして、そのたびに脚を大きく開いてはいますが、声も大きく出して普通なら逝ってしまっておられるような感じになっています。舌で押さえつけるようにしたクリトリスもしぼんできて、逝ったときの同じような状態なのですが、ROさんとしてはなんとか耐えている感じです。

何度も山を迎えると私も少しずつ刺激が強い舐め方にして、クリトリスを舌ではじくようにして舐めてみたりします。それをずっと続けていると、ROさんも耐えるような声を出しながら快感をかみしめておられます。かなり呼吸も荒くなっておられたので、このあたりで少し休憩にさせていただきました。いつもならこのあたりで1回逝ってしまわれるところなのですが、今日はかなり頑張って我慢されているみたいでした。結局1時間半くらい連続で舐めてしまっていました。休憩中は撮った動画を見返して、一緒に見せていただきましたが、こうしてみると舌の動きがかなり卑猥ですね。ROさんは舌の動きをみながらかなり興奮されていました。

15104950480.jpeg 15104949470.jpeg

クンニを再開させていただいてからは、最初は軽めに舐めていましたが、だんだんと刺激を強くしていって、休憩に入る前のようにクリトリスをはじくようにして舐めてみたり、クリトリスの先端のひだから露出しているところを直接刺激してみたりします。連続して舐めていると、ROさんの声もどんどんと大きくなって、まだ逝きたくない~、とおっしゃいながらもさすがにもう我慢も限界に達してしまわれたようで、脚を伸ばして力が入ったかと思うと、私の頭を太ももでしっかりと挟みながら逝ってしまわれました。私もすぐには口を離さないようにしているのでかなり長い間絶頂をかみしめながら感じておられました。

逝ききってしまわれると横向きになって呼吸が落ち着くまでじっとして余韻をかみしめておられます。ぎりぎりまで逝くのを我慢してから、思いっきり逝かれるので、逝くときにはかなり気持ちよさそうに見えます。途中とかの身体の反応はほとんど逝っているときと同じように感じるのですが、やはり脚を閉じて身体を緊張させながら逝くのとは違うみたいですね。ROさんが必死に我慢をされているので、私も舐める側としては力が入ってしまって、逝かせよう逝かせようと頑張ってしまいます。
YJさんとお会いしました。少し、と言っても、2週間くらい間があきましたが、本当は我慢できないので日曜日に時間ができたので連絡をいただいたのですが、YJさんが体調を崩されてお会いできませんでした。昨日も本当はキャンセルの予定でしたが、朝になって風邪もすっかり治ったとのことでお会いすることになりました。YJさんの方が早く用賀に着いていたので、駅で待ち合わせて自宅まで帰りました。リビングで買ってきてくださったサンドイッチを夕飯にいただきながらしばしお話をしていました。出勤してから連絡をいただいたので、YJさんが部屋を片付けるのを外で待っていなくてもよいか、とおっしゃったのですが、少し散らかっている程度なので一緒に家に入りました。前もって連絡なくても片付けないで人を家に入れることができるとはとちょっと感心されていました。最近わりと片付けるようにしているので、いきなりでもそんなにひどいことにはなっていないのですよ。

夕飯を食べ終わってさっそくシャワーを浴びていただきました。YJさんはいつものようにバスタオルだけを巻いて出てこられましたが、寝室は軽く暖房をつけたので、風邪が治ったところでも大丈夫そうでした。私も少しシャワーを浴びてから寝室へ入って、ベッドに横になって待っておられたYJさんの横にはいると、太もものあたりを触りながら、掛布団を下へ落として、脚の間に入らせていただきます。さすがにもう慣れた感じで太ももあたりへの舌を受け入れながら、私も徐々に脚の付け根の方へと舐めて行きます。脚の付け根からひだの間を舐めていると、YJさんが少し声を出し始めます。

15102410600.jpeg

ひだの両側のぎりぎりのところを上下に舐めて行きます。それから、ひだの上に舌を乗せるくらいにして、ソフトに上下に動かしていきますが、このあたりからYJさんの声も少し大きくなっていつものように感じておられます。ひだを下の上に乗せて、左右にゆっくりと動かすのがお好きなようで、声のトーンも変わってきますが、だんだんと舌の感触にも慣れてくると、落ち着いてきて、声ももとの戻ってきます。ひだの上を上下に動かしてみたり、膣の入り口あたりを舌をほとんど動かさずにトントンと押すようにすると、また声が大きくなります。膣の入り口あたりは舌を触れさせているだけで、愛液がじわっと出てくるのが分かります。

だいぶ感じてこられたので、上の方へ移動して、クリトリス周辺を包み込むようにして舐めて行きますが、まだクリトリスは目一杯には固くはなっていませんので、じっくりと舐めて行くことにします。あまり強くしないようにして、クリトリスがもっと固くなってすぐにも逝けそうになるまでは、ソフトに辛抱強く舐めます。だんだんとクリトリスも固さを増してきて、先端の包皮の際を舐めるととても気持ちよさそうな声が聞こえてきます。途中で、クリトリスを舌ではじくようにして左右に小刻みに動かしていると、YJさんの声も一段と大きくなってきましたので、その同じ調子で少し長めに舐めてみました。今日はこんな風に舐めるのがよさそうです。

そろそろ感度も高まってきたところなので、唇をクリトリスの周辺に軽く押し当てるようにしてクリトリスをさらに固くして、包皮の上から舐めて行きます。YJさんの声もだんだんと大きくなって、逝きそうになってきています。もう少し強めに舌全体で押し付けるようにしていると、YJさんも腰を少し浮かせながら脚を閉じ気味にしてこられたので、ここでぐいぐいっと押していくと、声も大きくなってしっかりと逝っていただけました。お会いする回数が増えてきて、こうして逝っていただけているのがはっきりと分かるようになってきたみたいです。そのあとはしばらく軽めになめていましたが、そのままクンニをつづけます。

クリトリスはしっかりと固くなったままですが、いつもですと、一度逝かれた後は舌をクリトリスの先端部分に乗せるようにしているだけで、ヒクヒクとなっていたのですが、今日はそれほどでもないみたいです。後で話をしていた時も、逝ったあとになかなか逝けなかったのでYJさんも今日はどうしたのかなと思っておられたそうです。ソフトにぬめぬめと舐めるのを続けていましたが、今日はクリトリスをはじくようにするのに感じておられたのを思い出して、舌先でクリトリスを左右にはじくようにして舐めていたところ、再び逝きそうな感じになってこられました。そのままずっと続けていたところ、YJさんの声も大きくなって逝っていただけたのですが、そのあとも舐め続けていると、いつものように何度も逝くのが連続するようになって、脚がガクガクとしてきましたので、ちょっと一休みになりました。

休んでいる間も太もものあたりを触らせていただいていたのですが、そのままクリトリスの周辺を指で押すようにすると気持ちよさそうにされるので、しばらく指で刺激をさせていただきました。指の刺激で愛液もたっぷりと溢れるようになってきましたので、再び身体をYJさんの脚の間に入れさせていただいて、クンニを再開しました。

15102410740.jpeg 15102410890.jpeg

休憩前にしっかりと逝っていただいていたので、クリトリスの方もひとまわりふんわりと大きくなったようで、それを舌でくるむようにしながら、刺激をしていきます。いつもほどではないですが、クリトリスも舐めていると時々ヒクヒクとしているのが分かるくらいになりました。クリトリスをはじくようにして舐めていると刺激が強すぎるかなとは思ったのですが、今日のところはそれくらいの強さの方がよいみたいです。そうは言ってもクリトリスばかりではなんですから、時々は膣の入り口あたりに舌を合わせて、舌の先端だけを出し入れするようにしていると、今度は膣の入り口がヒクヒクとして、舌を受け入れるように少し入り口が開く感じになります。舌の先端をし腰差し入れると、膣の入り口のぶつぶつした感触がよく分かります。

部屋は暖かくしていましたが、風邪が治ったばかりなのにこんなにクンニで感じていただいて大丈夫かなと思いつつも、後半はいつものようにかなり続けて感じていただいているみたいでしたので、ついつい何度も逝っていただくようになってしまいました。連続して逝っておられる時に、舐めるのを緩めずに続けていると、YJさんの声もどんどんと大きくなって、このままいくとなにか大きな山を迎えそうな感じではあったのですが、さすがに途中で、もう無理、とのことで、身体の方はガクガクする感じでクンニを終えました。そのあと、YJさんは脚を伸ばしたままベッドの上で余韻に浸っておられました。少し間が空きましたが、再びこれまでと同じようにしっかりと逝っていただけたのでよかったです。
仕事から帰ってTVなんかをみていたところHRさんから、今用賀にいるんですけど、とLINEで連絡をいただきました。HRさんは40代の奥さまで夏あたりに最初に連絡をいただいたのですが、同じ用賀が最寄り駅ということでご近所さんだったのです。舐め犬のブログをたまたま見ていたら用賀となっているので、びっくりされて連絡をくださったそうです。その時は40代になって太ったので痩せてからおねがいします、ということで、そのあと時々メールやLINEでやり取りをしていたのですが、たまたま夜に時間ができてしまったので、連絡をいただくことになりました。このようなお付き合いですからメールで連絡を取るのもちょっと勇気がいりますし、実際に会うとなるとちょっと勢いが必要なものですが、ちょうどいいチャンスができたようですね。

部屋着になっていましたので出かける服に着替えて5分ほどで近くのファミマの前でお会いすることになりました。おっしゃっていたほど太い感じでもなくて、明るい性格の方でしたのでお話もしやすくて、お話しながら家の方まできていただきました。お茶とスウィーツを買ってきてくださっていたので、それをいただきながらしばしリビングでお話をしました。旦那様とは回数は減ったのですが、レスではないそうで、それでもやはり前戯とかはあまり時間をかけてもらえないとのことで、一度ゆっくりとクンニをしてもらいたかったとおっしゃっていました。時間もあまりありませんので、とりあえずシャワーを浴びていただきました。バスタオルだけを巻いて出てこられたところで寝室の方へご案内しまし。私が歯を磨く間ちょっと待っていたいただきました。

15096671190.jpeg

40代の方はやはり敏感な方が多いので逝っていただけるかどうかはあまり心配していないので、最初はゆっくりと舐めさせていただくことにします。ベッドに横になっていただいて、太もものあたりを触らせていただきます。太ももがムチムチとした感じで気持ちよいです。さっそく下のほうへ移動して脚の間に入らせていただきます。太ももの感触をほっぺたに感じながら、内側を舐めていきます。脚の付け根あたりでゆっくりと上下に動かしながら徐々に小陰唇にひだの方へと近づいていきます。ひだの上に舌をのせるとHRさんが少し声をだされます。ひだの両側をゆっくりと舐めながら時々クリトリスのところを舌でチロチロとなめてみたりします。クリトリスは小さめで最初は場所が分からないくらいでしたが、だんだんと固さをもってきて、舌の先でクリッとした感じで場所が分かってきました。

あまりクリトリスばかりにならないように、小陰唇全体を覆うようにして舌を押し当てるようにしてみたり、下から上へとペロンと舐めたりしながらHRさんの感度が上がってくるのを待ちます。ひだを吸い込むようにして口の中でうねうねと舐めているとHRさんの声も少し大きくなって感じているのがわかります。ひだを口に含むのって多くの女性の方がお好きみたいで声の大きさが変わったりしますね。舌を膣の入り口の方まで下ろしていくと、愛液がじわっと染み出てきていた、それを舌に絡ませながらひだの間を上の方へ移動して行きます。だんだんとクリトリスもはっきりと固くなって形がはっきりとしてきました。

ひだの上から固くなったクリトリスを舐めて行くとHRさんも気持ちよさそうにされているのがわかります。かなり感じてこられたみたいなので、クリトリスの周辺に唇を押し当てるようにして、ぷくっとなったクリトリスを舐めさせていただいていると、HRさんが、気持ちいい、とおっしゃいます。そこで口を押し当てながらクリトリスを包皮の上から舐めていると、HRさんの息も少し激しくなって、脚にも力が入ってきました。そろそろ逝っていただけるころかなと思って、口は押し当てたままで同じ調子で舐めていたところ、逝きそう、とおっしゃって脚を閉じ気味にされるので、口がはなれないように押し付けながら押すようにして舐めると、大きな声をあげて逝っていただけました。

逝ったあとも口は付けたままですが、HRさんが落ち着かれたところで口を離して、ソフトにひだのあたりを舐めるようにします。HRさんは、恥ずかしい、とおっしゃっていましたが、恥ずかしいと思いながらも気持ちよくて声をあげながら逝ってしまうところに興奮を覚えますよね。そんまま少し舐めていたのですが、逝ったあとの敏感になったところを舐めていると変な感じとのことで、少し休憩をさせていただきます。横にならんで胸やらお腹、太もものあたりを触りながらしばしお話をさせていただきました。一度逝っていただくと多分最初の緊張感もだいぶ和らいでくるのではないかと思います。
 
15096671290.jpeg 15096671420.jpeg

しばらくしてから再び舐めさせていただきましたが、クリトリスも全体に充血してぷっくりしていて、かなり敏感になっているみたいでした。そのまますぐに逝っていただけるかなと思いつつ最初に逝っていただいた時と同じように唇を少し押し当てながら包皮にくるんだクリトリスを舐めさせていただいていましたが、連続して舐められることに慣れておられないためか、変な感じとのことなので、そこで終了とさせていただきました。逝きそうになるまでにどれくらいの強さで舐めるかは大切なポイントなのですが、逝っていただいて敏感になっているクリトリスをちょっと強めに刺激してしまったみたいです。何度かお会いするとお相手の方のちょうどいい舐め方もだんだんと分かってくるので、そうなれば感じやすい方なので1回だけでなくて何度か逝っていただいたりできるかなと思います。

お会いするのが遅かったので2時間もないくらいでしたが、歩いて行ける範囲のほんとのご近所さんなので、休日の昼間の買い物のついでに立ち寄っていただいたりして、気軽にクンニをできる舐め犬として使っていただけるようになればいいなと思います。写真の方は最初は太いからと躊躇されていたのですが、とりあえず撮ったのを見ていただいたらいい感じだったので、OKしていただきました。太ももの感じがムチムチしてこうして写真でみても顔を挟んでいただいたときの気持ちよさが思い出されますね。
台風も無事に過ぎ去ってよいお天気となりましたが、夜になってからYJさんとお会いしました。前回は2週間くらい空いてしまうとおっしゃっていたのですが、意外に早く連絡をいただいたので、お聞きしてみたらたまたま予定がなくなって時間ができたのでまた週1のペースでお会いすることになりました。いつものように直接家まで来てくださって、リビングで少しお話をした後でシャワーを浴びていただきました。バスタオルだけを巻いて出てこられて寝室の方でしばし待っていただきます。

仕事帰りなので私もシャワーを浴びてから寝室へ入って、布団の中に入っておられたYJさんの隣に入って少し脚を触らせていただきます。ちょっと寒いかもしれないなと思って念のため暖房を入れたところちょうどいい感じのお温度になりました。私は通常はTシャツを着て舐めていますが、女性の方は上半身も裸の場合が多いので、少し暖かめにしておいた方がよいですね。掛布団を下に落としてYJさんの脚の間に入らせていただきます。お会いした最初のころはYJさんの腰の角度と私の口の角度がちょっとずれていて舐めにくさもあったのですが、回を重ねるごとにしっくりと口が当たるようになってきました。

15088583220.jpeg 

太ももから脚の付け根へと舐めていき、小陰唇のひだとの間もゆっくりと上下に舐めて行きます。ひだに舌が触れるとYJさんも少し声を出すようになって感じておられます。やや下の方へ舌を伸ばして舐めていると、膣のあたりからその周辺に愛液が溢れているのがわかりました。ひだの両側をじっくりと舐めながら、クリトリス周辺へも舌を伸ばしてみたりします。最初のうちはクリトリスと膣の間のあたりのひだを舐めると声が大きくなるので、このあたりが気持ちがよいことが分かります。だんだんと感度が上がってくるとやはりクリトリス周辺のほうが感じやすくはなるのですが。

前回は舐め始めてすぐにもクリトリスのところに舌を乗せるとヒクヒクしていましたが、今日はそれほどでもなさそうです。日によってやはり感じ方も違うだろうなと思いながら、ひだの全体を覆うようにまんべんなく舐めるようにします。愛液が溢れている膣の入り口付近も舌を触れさせるだけで声の調子が少し変わってきます。時間をかけて舐めていると、膣の入り口あたりが最初にヒクヒクとしだしてきました。そろそろ逝きそうな感じにはなってきましたが、クリトリス周辺はソフトにゆっくりと舐めていきます。もう十分にクリトリスも固くなって舌先でコリコリした感触がよくわかるようになってきていましたが、YJさんが腰を自ら腰を押し付けるようになるまで同じ調子で舐めます。

いよいよ逝きそうなころにはYJさんも腰を浮かせ気味にして私の口クリトリスのところが当たるようにされるので、そこで少し強めにクリトリスを押すようにすると、あ~、とおっしゃいながら逝ってしまわれます。そのあとも引き続き舐めて行くのですが、一度逝かれた後はもう何度でも連続して逝ってしまうようになります。前回もクリトリスを中心にして舐めていたところかなり深く感じておられたみたいなので、今回も逝ってしまわれてからはクリトリスを中心に舐めて行きます。クリトリスを包皮でくるむようにして舐めるとよいのですが、今日は唇を少しすぼめるようにするとクリトリスをうまく包み込みようにできて、そうなると強めにクリトリスの上から押すようにしても大丈夫です。

クリトリスもかなり大きくなってきましたので、クリトリスの先端のちょっと下のもっとも敏感なところを包皮の上から舌ですりすりすると、それまで声を出して感じておられたYJさんが息を飲むようにして声を出さずに快感に耐えておられるようになりました。後でYJさんが声が出なかったときはどんな舐め方をしていたのかお聞きになりましたが、やはり声も出なくなってしまうくらいの気持ちよさをかみしめておられたのだと分かりました。途中で、もうダメ、と何度かおっしゃったのですが、それでも腰は私の唇の押し付けるようにされていましたので、私としてはそのまま舐めさせていただいていましたが、そうおっしゃっていた時は逝きつづけてほんとにちょっとダメな感じだったのだそうです。

15088583310.jpeg  15088583410.jpeg 

声を出さずに快感に耐えておられる時間がかなり長くなったので、少し口を離してYJさんの様子をみていたところ、口を離してからも身体がピクピクとして腰が自然に動くようになって止まらなくなっています。その腰の動きに合わせて舌を再びクリトリスの上に軽く触れるようにしてみると、クリトリスの先端がヒクヒクと動き続けています。舌を触れさせているとヒクヒクも止まる気配もなくて、少し強く押すようにすると、再び声を出さずに絶頂を迎えられたりします。

私もかなり長めに舐めたかなというところで、口を離して一休みさせていただくことにしました。YJさんの隣に横になったのですが、YJさんはその間も身体の痙攣がとまらずにしばらくは身体をヒクヒクとさせたままです。身体が落ち着くまで胸のあたりや太もものあたりを撫でさせていただいたりしていましたが、落ち着いたところで、指を挿入させていただきました。指だけでも気持ちよさそうにされていましたが、そのあと指を挿入したままでクンニを再開しました。クリトリスに舌が触れると膣がきつく締って指全体が締め付けられます。クンニで逝っていただいてから、しばらくは指だけの挿入をさせていただきました。

YJさんは私と会う前はオナニーでもクリトリスではなく挿入で気持ちよくなっておられたのですが、指の挿入を終えてふたたびクンニだけにすると、なんだかクリトリス方が気持ちよくなったみたい、とおっしゃっています。そのあとも、クリトリスの先端の下あたりを重点的に舐めさせていただいて、YJさんも終始声もだせない快感に浸っていただいて、さすがにそろそろ限界かなというところでクンニを終了しました。

写真を撮らせていただいた後もYJさんはしばらくベッドに横になっておられましたが、ゆっくりと身体を起こすようにしてベッドからおりると覚束ない足取りでシャワーへ向かわれました。女性の方が逝きすぎで起き上がれないことは時々ありますが、男性の私としてはその時はどんな感じになっているのか興味がわくところです。こういう状態になってもしばらくするとなんでもなかったようになるのが不思議なんですね。
台風が迫っている中で朝からかなり雨も激しく降っていましたが、朝早くにEIさんからメールをいただきました。半年くらい前に最初にお会いしたのですが、久しぶりに連絡をいただいて、今日は都合はどうかということでした。夕方から予定が入っていたので、少し短めになるのでもよければ大丈夫ということで、お会いすることになりました。EIさんはお返事を送ってからすぐに出かけられたので、お昼前くらいに用賀でお会いすることができました。

家に向かう途中でお茶とパンプキンプリンを買って、リビングでプリンをいただきながら少しお話をしました。それからあまり時間もありませんので、さっそくシャワーを浴びていただきました。前回は黒いスリップを着てでてこられましたが、今回はバスタオルを裸の上にバスタオルを巻いただけで出てこられて、寝室の方へご案内しました。私が歯を磨き終わってから、寝室へ戻ってベッドに入っておられたEIさんの隣へ入らせていただきます。太ももを触らせていただいた後に、掛布団を落とすとEIさんの脚の間に入らせていただきます。

15086520400.jpeg

M字開脚でやや脚を閉じ気味にされていたのですが、太ももから脚の付け根へと舐めて逝くと、脚の付け根が舐めやすいように徐々に脚を開いてくださいます。EIさんはヘアーをツルツルにはされていないので、ヘアーを目の前にしながら舌でまさぐっていくのがいやらしい感じがします。お会いする前に前回のブログを確認したところ、逝ってからも絶頂が長めに持続する方だということだったので、逝かれたらまたしっかりと口を付けて逝きつづけていただきたいなと思いながらクンニを始めました。最初は小陰唇のひだの両側をゆっくりとなめて、それからひだの上に舌の触れさせると、ひだの先端に沿って舌を上下に動かしていきます。

久しぶりというのもあるかと思いますが、ひだに触れたところで、また脚を閉じ気味にされていたのですが、徐々に舌の感触にも慣れてこられたところで、脚も開いてきました。クリトリスも徐々に形がはっきりするようになってきたのですが、そんなに時間は経っていないのに、EIさんが腰を小刻みに動かすようひして感じ初めて、かなり短い時間で逝きそうな感じになってきました。包皮でクリトリスを包むようにして少し強めに押してみるとあっさりと逝ってしまわれました。逝くときにはやはり脚を閉じて私の頭を挟むようにされるのですが、腰をしっかりとつかんで私も口を離さないようにします。一度絶頂を迎えられた後も、口を離さないので何度か絶頂感が戻ってきて、何度か声をあげられた後にガクンと腰を落として逝ききられたようです。

そのあとはややソフトな舐め方に戻して小陰唇のひだを包み込むようにして舐めていきます。クリトリスと膣の間あたりのひだの柔らかいところを舌で左右に舐めていると、気持ちいいとおっしゃっていました。クリトリスのあたりを舐めているとまた逝きそうな感じにはなっていたのですが、なかなか絶頂には至らないので、EIさんが指を入れて欲しいとおっしゃて、人差し指を挿入してクンニをさせていただきます。するとそれが引き金になったみたいで、すぐに逝ってしまわれて、私も口を離さないものですから、1回目よりもかなりしっかりと太ももで私の頭を挟みこんで絶頂に耐えながら声を出して逝ききっていただけました。これでクリトリスも十分に感度が上がったみたいで、そのあとは包皮でクリトリスを包むようにして押してみると、すぐに逝ってしまわれるくらいになりました。連続して逝っていただいていたのですが、いよいよEIさんも限界になって、そこでちょっと休憩にさえていただきました。

EIさんの隣に横になって少しお話をしましたが、EIさんが私のものを触ってこられて元気にしてくださいます。実は今日連絡をいただいたところで、今日はユリイカさんのを入れてみたい、とおっしゃっていたので、EIさんが元気にしてくださったところで、挿入できるような状態になりました。EIさんが上に乗ってこられて、挿入をすることになりました。連続して逝かれた後なのでかなり締っているのもあり、挿入するのがかなりきつく感じました。最初はEIさんが腰を使っておられたのですが、挿入してじっとしておられる女性も多いですよ、とお伝えしたところ、それもいいのよね、とおっしゃって私の上にかぶさるようにして少しゆっくりとしたペースで腰を使うようになりました。それでもずっと膣が締っているのでかなり強く締め付けられる感じがあります。

15086520530.jpeg 15086520630.jpeg

こうしてゆっくりと挿入を楽しんでいただいているうちに、EIさんの膣の中がかなり濡れてきて、挿入がかなりスムースにできるようになりました。私も下から腰を動かして気持ちよくなっていただきます。それからEIさんが身体を少し起こされたタイミングで身体の位置を入れ替えて、私が上にならせていただきました。私も上で腰を使ってみたり、少しじっとしてみたりを続けます。身体を起こしてEIさんのクリトリスのところを指で触っていると、膣がきゅっと締るのがわかります。そのあと少し体勢を変えて脚を交差させるようにして挿入させていただいたところで、挿入は終わりになりました。

かなり時間をかけて挿入を楽しんでいただいたところで、再びEIさんの脚の間に入らせていただいて、クンニを始めます。少し舐めただけで、また逝きそうになられて、再びしっかりと太ももで私の頭を挟み込むと絶頂を迎えられます。これまで以上にしっかりとEIさんの腰をつかんで、もうだめ、とおっしゃるのですが、少し強引に口をクリトリスにしっかりと押し付けて、絶頂をじぞくしていただきます。さすがに逝ききったあとはぐったりをされたので、ここでクンニを終了さえていただきました。

時間の方はまだ少し大丈夫だったのですが、挿入も含めてかなり濃厚な時間を過ごせましたので、気持ち的にはもっと長い時間が経った気分でした。私が出かけないといけないので、EIさんも気を使ってくださって、少し横になって休んだところで終わりにして、写真を撮らせていただきました。EIさんにシャワーを浴びていただいて、そのあとは、送らなくても大丈夫とのことでしたので、EIさんは私の家から帰って行かれました。