FC2ブログ
2015.02.06 更新
「舐め犬に首ったけ」では私の舐め奉仕の体験談やその時々に舐め犬として感じたことを書いています。クンニが好きな女性の方にオナニーの代わりに舐め犬を使う楽しさを知っていただきたいと願っています。私はクンニをさせていただければそれだけで満足です。その後、私の体を使ってできることは女性の方の好きにしていただいても構いませんが、私から挿入などをお願いしたりすることはありません。このブログから舐め犬の世界を垣間見て興味を持っていただければ嬉しく思います。

In this blog, I am writing my pussy licking experiences with ladies nuts about pussy licking, and my thoughts on pussy lkcking and other things. I believe most women like cunnilings, but unfortunately only some of them can be satisfied with the sexual intercource with their love or husband due to short time pussy licking. I love pussy licking, and you can enjoy only pussy licking for hours until you get satisfied. It's my pleasure if you get interested in such a new world. (more on myself)

舐め犬のお誘いはもちろん、興味本位での冷やかしでも、お気軽にメールしてみてください。お返事以外で用事もないのにこちらからメールすることはありません。メールを受け取りたくない時間帯、PCでなく携帯メールからのお返事の希望などありましたら、一言添えていただければと思います。LINEは意外とお手軽でいいかもしれません。ask.fmにも登録してみましたので、お聞きになりたいことがありましたら質問してみてください。お会いしていただける場合はデート代等はすべて負担させていただきますので、ご心配には及びません。

Please feel free to get contact with me. An invitation of a pussy licking date with me, and even just chatting will be welcome. After getting your mail address, I will not bother you by sending mails from me, and I will just reply to your mail. When you have a date with me, I will pay for room charge, meal, etc. So you do not have to pay for anything.

mail: nameinutokyo@gmail.com
twitter: http://twitter.com/nameinu_tokyo
ask.fm: http://ask.fm/nameinu_tokyo
LINE: nameinu.tokyo

(初めての方は続きを)
... 続きを読む
連休の最終日で台風が去ったと思ったらいい天気でさらにまた暑い日がもどってきましたが、先日お会いしたばかりのYJさんから連絡があり再びお会いすることになりました。YJさんはお休みではなかったので仕事が終わってから、同じ沿線ということもあり今回は自宅のほうへ来てくださいました。前回は翌日にかなり腹筋が痛くなったとのことですが、筋肉質のYJさんでもそうなるものなんだと思ったところ、使う筋肉が違うからとおっしゃっていました。夕飯がまだでしたので途中でYJさんの夕飯と私は軽めの食事を買って家に着きました。

とりあえずリビングで食事を済ませた後にシャワーを浴びていただいて、私もそのあと軽く汗を流してから一緒に寝室へ入りました。YJさんはシャワーのあとバスタオルだけを巻いて出てこられたので、そのまま横になっていただいて、さっそく脚の間に入らせていただきます。前回は舐め始めてすぐに身体を反らすようにして力が入っておられましたが、少し慣れてこられたのか、太ももの内側から小陰唇のひだの近くまで舐めていってもそこまで力が入る感じにはならずに横になっておられました。でも、ひだの近くを上下になめているところで、すでに脚がプルプルと震えるようになって、感じておられるのが分かります。

15058283290.jpeg

前回、YJさんが逝きそうとおっしゃってからも口を離さずに舐め続けていたので、逝かれたのかどうかはっきりしませんでしたので、今回は逝かれたら口を離してみることにします。ひだの上に舌を触れさせるとYJさんも声を出して感じ始めますが、やや脚に力が入る程度でまだまだ落ち着いた感じです。ひだの間に舌を差し入れるとすでに愛液がかなり出ています。そのまま下の方へ移動して、膣のあたりを舐めてみると、YJさんの声のトーンが変わってかなり感じておられるようです。オナニーの時はクリトリスではなく膣に指を挿入しているとおっしゃっているので、膣の入り口もかなり気持ちがよいみたいです。かなり感じやすい身体をされているので、軽くソフトに舐めていきますが、そんなに時間もかからずに逝きそうな感じになってきます。

クリトリスのところに舌を合わせて軽く押すようにしていると、YJさんが腰を小刻みに動かして自ら私の舌に擦り付けるようにされています。私も包皮でクリトリスをくるむようにしながらクリトリスの下の方をできるだけ舐めるようにしていたところ、逝く、とおっしゃって身体をのけぞらせるようにして逝ってしまわれました。前回はここでそのまま舐め続けたのですが、口をクリトリスから離してみると、身体をのけぞらしたままピクピクとしばらく身体が痙攣したようになっていて、これでやっぱり前回もYJさんは逝っておられたのだということがよく分かりました。少し落ち着いたところでまた舐め始めますが、逝った後にすぐに舐めていも平気のようで、またソフトに舐めるところから始めました。

一度逝かれたあとは、膣の周りを舐めてみてもやはり反応がかなり違って感度が高くなっているようです。いつもは指を挿入されているということなので、舌をできるだけ奥まで入るようにしてみると、YJさんも気持ちよさそうです。ひとしきり膣のところを舐めてから、上に戻ってクリトリスを覆うようにして舐めると、また違った声の調子で感じておられます。下から舐めあげていくのを気持ちよさそうにされているので、下のほうからひだを口の中に吸い込むようにして舐めてみると、感じ方がかなり変わってきて、すぐにまた逝きそうな雰囲気になってきます。ひだの下のほうの舐めると気持ちがよいみたいです。そのままひだでクリトリスを包むようにして少し下のところを押すようにして舐めると、逝く、とおっしゃってまたすぐに逝ってしまわれました。

最初の何度かは逝かれたあとは少し口を離していたのですが、YJさんが逝っておられるのがはっきりしたので、そのあとは前回と同様に逝っておられる間も口をできるだけ離さないようにします。一旦逝かれたあとでさらに唇を押し付けるようにしてクリトリスがぷくっとなっているところを、ぐいぐいと押していくと、だんだんと声を大きくしながら絶頂が継続しつつ逝き方も深いような感じで逝ってしまわれて、最後に口を離すとがくんと身体を落として逝ききっていただけるようになりました。逝くときにはいつも、逝く、とおっしゃるわけでもないのだなと思っていたのですが、あとでお話を聞いたところでは、クリトリスで逝くのにまだ慣れていないからでしょうか、突然逝きそうになって逝ってしまうので、前もってあまり分からないとおっしゃっていました。

一度逝ってしまうと、もう数分置きに逝ってしまわれるくらいに何度も逝かれて、かなりお疲れになったかなというところで一休みさせていただきました。クンニを再開する時に、今度は指を挿入してほしい、とおっしゃるのでゆっくりと人差し指を入れてみます。逝かれた後というのもありますが、逝く前から舌先でもちょっときついくらいに狭い膣をされていたので、指1本でもかなり締め付けられます。指をゆっくりと動かしながらクリトリスのところを舐めていると、ほんの少しでもう逝きそうになっておられて、身体を反らすようにして逝ってしまわれた後も、指は挿入したままでGスポットあたりを押すようにしていると、クンニはなくても指だけでも逝ってしまわれました。感覚としてはクリトリスで逝ったのか、膣で逝ったのか、どちらなんでしょう、とお聞きしてみたところ、逝ってしまっているとそういう区別はつかなくなってしまっているそうです。

15058283520.jpeg 15058283410.jpeg

後半からは小陰唇のひだを全部吸い込むようにしてクリトリスの少し下を舐めていくと必ず逝ってしまわれるので、ソフトに舐めたり、逝っていただいたり、を頃合いを見ながら何度も逝っていただきました。次に休憩をしたところで、前回挿入がうまくできなかったので、再びトライすることになって、自分で元気にしようとしていたところで、YJさんが、触ってもいい?、とおっしゃって手で握ってくださったりしました。最初は元気がよくなったのですが、途中からちょっと固さがなくなってきて、口でしましょうか?、ということでYJさんが口含んでくださったりもしたのですが、何故かちゃんと固くならなかったので、少し時間をあけましょう、と言ってお茶を飲んで気持ちを落ち着かせてみました。

固くなりそうな感じではなかったので、とりあえず、クンニをほうをさせていただくことにして、再び舐め始めました。もうこの時点ではどうすれば逝っていただけるかもはっきり分かっていますので、何度も逝っていただきました。また一休みになったので、自分で触っていたところ、少し固さも戻ってきたので、挿入させていただくことにしました。しかしながらやはり固さが足りないのか、膣の締り方がきついのか、入っていかずに門前払いになってしまいました。なんだかこのところは挿入のできないことが増えてきていて、ちょっと心配です。まぁ、舐め犬だから挿入は出来なくても、私としてはよいのですが、女性の方が入れたいとおっしゃるときにお役に立てないのはかなり残念なことです。

YJさんはクンニで何度も逝けたので挿入はなくてもよいとおっしゃって下さいましたが、指を入れてもあれだけ感じておられるということは挿入できればまた新たな快感を楽しんでいただけたと思います。前回と同様に何度も逝かれましたが、今回は少し横になっておられただけで、立ち上がることができたようです。でも、シャワーを浴びに歩いて行くのがちょっと歩きにくそうにされていました。まだ2回目ですし、だんだんと慣れてきて、もう少し楽に快感を楽しんでいただけるようになっていただけるのかなと期待しています。
台風の影響かかなり涼しい週末となりましたね。URさんとは最初にお会いしてから割と早いペースでお会いしている感じですが、この週末も特に予定はありませんでしたので、URさんからのお誘いでお会いすることになりました。これまでお会いしていた場所とは気分を変えて違う場所でお会いすることになったのですが、天気が悪いことと土曜日ということもあって、お昼過ぎでしたがホテルがほぼ満室の状態で何件か渡り歩いたところでようやく入れるところが見つかりました。入ってみるとなんだかちょっと古ぼけた感じでサービスもいまいちです。それで空いていたのかもしれないですね。

メールでURさんから終わってから食べたいものがあるので一緒にどうですかと言われていましたので、その予約の時間が遅いこともあって、それまでゆっくりできるホテルを探していたのもありますが、いいところはすぐに満室になってしまいますね。部屋に入って一息いれたところで、URさんは家を出る前にシャワーをしてきたので、ということで私だけシャワーを浴びさせていただいて、それからURさんがガウンに着替えられました。サービスがいまいちですが、VODは4,5本の映画をやってはいましたので、URさんは今回は映画を見ながら舐められるということにされたということで、ちょっと身体を起こした体勢でベッドに横になって舐め犬を始めることになりました。

15056082610.jpeg 15056082740.jpeg

早速URさんの脚の間に入らせていただくのですが、身体を起こして膝を立てた体勢ですので、股間に頭をうずめている感が増してなんかいい感じですね。ソファーで舐めるときもこんな感じになりますけど。太ももからパンティの際のところまでなめたところで、パンティを脱いでいただいて、脚の付け根あたりから舐め始めます。ひだと脚の付け根の間を舐めているとこはそうでもないですが、ひだの上に舌を乗せるようにすると、声を出しながら感じておられます。今回は映画をご覧になっているので、じっくりとソフトに舐めようと思って、極力軽めに舌を触れさせながら舐めていきます。ひだの間に舌を差し入れるころには愛液もたっぷりと溢れる状態になっていましたが、愛液を全体に絡めるようにしながらクリトリスのところも包皮の上から軽く舐めていきます。

このあたりではURさんも映画を普通に見ておられたようなのですが、だんだんと感度を上がってくるにしたがって声もおおきくなってきます。それでも今までよりは落ち着いた感じでクンニを味わっておられるなという感じはありました。ひだの先のところをすーっと上下に舐めるのがお好きなので、軽く舐めたり、時折は、舌をペタッと付けてゆっくりと左右に動かしたりしていました。URさんは感じてこられると自分から腰を動かし始めますので、私はあまり頭を動かさないで軽く舌を上下させているだけで、それにURさんが擦り付けるような感じになってきたりします。

まだ逝っていただくつもりもなかったのですが、クリトリスの周辺を軽く左右に舌を動かしながら舐めていると、URさんの声が急に大きくなり、ヒクヒクする感じも膣の入口が開いたり閉じたりするほどに大きくなってほとんど逝きそうな状態になってしまいました。そこで、クリトリス全体を包皮に包んでキュッキュッと軽めに押すようにすると逝ってしまわれました。唇は離さないようにしてURさんがしっかりと逝ききってしまわれるまで待ったところで、クンニをやめて少しまどろんでいただきます。舐め始めるときにはベッドに背中をもたれかけておられましたが、感じ始めたところで体勢がくずれて、逝ったときには横になってかみしめている感じでした。

これまでは多分逝かれたあとは少し休憩していたのですが、仰向けのままでじっとされているので、少し口を離してから再び舌をクリトリスの上の軽くのせたりしながら、徐々にクンニを再開しました。URさんは横になったままでそんなに反応もなかったのですが、軽めのクンニは続けて逝きます。クリトリスも固くなったままですので、RUさんもそろそろ回復されたかなというところで、クリトリスを包皮でくるんでうねうねと舌を動かして、再び逝っていただけるかなを思いながら舐めていきます。ここでクリトリスのあたりばかりを舐めていたのがよくなかったようで、そのあとちょっと強めに舐めると、痛くなる、とおっしゃるようになりましたので、やはりあまり無理に逝っていただこうと考えるのはよくないですね。考えてみれば軽く舐めてさほど感じておられなければそこを強めに舐めてもだめだということでしょうね。

前回発見したのですがURさんはアナルを舐められるとすごく感じておられたので、今回も時々アナルまで舌を伸ばして舐めさせていただくと、ここは必ずと言っていいくらいに大きな声を出して感じるようです。1回目に逝かれるまでよりはかなり時間がかかったように思いますが、再び膣のところから大きくヒクヒクし始めて逝きそうな感じになってきます。クリトリスのところを押すようにして舐めるのですが、やはり痛くなってしまうのでしょうか、なかなか逝くポイントを超えるまでにはいかないところ、指を入れて欲しい、とおっしゃるので指を入れてGスポットあたりを刺激したところ、すぐにも腰を持ち上げながら身体をそらしてしっかりと逝っていただけました。さすがに今回は逝ききったあとに横になられたので、ここで一休みすることにしました。

15056082870.jpeg 15056082960.jpeg

私が前日も舐め犬で帰りが遅くなっていたのを気遣ってくださって、寝てていいですよ、と言われて、しばらくの間、私はベッドに横になってしばし眠ってしまいました。その間、URさんは映画の方へもどられてソファーのほうでご覧になっていました。私の方も目が覚めて元気になったところで、映画も終わったみたいで、再び舐めさせていただくことになりました。クリトリスのところをそんなに強くせずに舐めていても、そこばかりを舐めていると痛くなってしまう、という状態になってしまわれていたので、できるだけ全体にわたって舐めるようにします。こういうときは下から上へとペロンと舐めるのがよさそうです。感じてこられると、やはりURさんが自ら腰を上下させて私は舌を差し出しているだけになります。逝きそうになってくると、膣のところからヒクヒクが始まるのですが、クリトリスを舐めると痛くなるので、結局最後には指を挿入することで逝けるポイントを超えるようになります。指を入れるとギュッギュッとかなり強く締め付けながら大きな声を出して逝ききっていただけます。

逝かれたあとはURさんがうつ伏せになってじっとしておたれたので、腰から肩にかけてマッサージをさせていただいたりしました。自分が毎週マッサージに行っているので、最近はどこを押すと気持ちがよいかがかなり分かってきています。お尻のあたりも痛気持ちいいので入念にマッサージさせていただきました。そのあとは脚を少しマッサージして、URさんが足の指とかも舐めて欲しいとおっしゃるので、足の指、ひざの裏、背中、肩とURさんが気持ちよいところをいろいろ舐めていきました。一通り舐めたところで、あおむけになっていただいて、クンニを再開しました。

時間もたっぷりとありましたので、そのあと2回ほど休憩をはさんで逝っていただいたのですが、最初にクリトリスを強めに舐めたのがやはりよくなかったようで、逝くときには指の挿入の助けを借りないと逝ききっていただくことはできませんでした。とはいっても、URさんは膣のほうもかなり感じるみたいです。Gスポットのあたりに指が触れると、あたってる、とおっしゃって感じておられます。

雨が降っていましたのでホテルの時間いっぱいまでゆっくりと過ごしてから、URさんが予約をしてくださったお店へ向かいました。まだ予約の時間より早かったのですが、URさんがお腹が空いたとおっしゃって(痩せておられるのですが、最初にお会いした時からすぐにお腹が空く方です)、とりあえず別のお店で時間をつぶしついでに軽く食べてから、時間になったのでお店の方に入りました。雨の方もそんなに強くはならなくてよかったですが、ゆっくりと食事をしてお腹も満たされたところで、URさんと駅まで行ってお別れしました。
7月の暑い時期にお会いしたYMさんから再び連絡をいただいていたのですが、今日の夜の予定がキャンセルになって時間ができたので、どうですかとメールをいただいたので、お会いすることになりました。前回はまだ逝ったことがないとのことで、初めて逝っていただけてよかったなと思ったのですが、こうして再び連絡をいただけてそれもまた嬉しいですね。仕事帰りでちょっと始まりはおそくなったのですが、待ち合わせをして近くのラブホへと入りました。1つ目のところは満室で入れなかったので隣のラブホにしたのですが、そちらは結構空いていました。1つ目のところはいつも最初に入ってみるのですが、入れないことが多くて、どうしてそんなに混んでいるのでしょうか。

部屋に入ってさっそくシャワーを浴びていただきました。部屋を選ぶパネルに露天風呂付と書いてあって、その割には他の部屋より高いということもなくて、シャワーを浴びたときに見てみましたが、確かに普通のお風呂の中にある扉をあけるとテーブルと椅子が置いてあってその横に湯船がありました。使いはしませんでしたが、へーって感じですね。シャワーから出て、部屋の明かりを少し暗くして、一緒にベッドへ入りました。ベッドに横になっていただくときに、私が足元の方にいて、いかにもこれから脚の間に入って舐めるという感じが出ていたので、YMさんから胸の方から舐めて欲しいと言われました。そういえば、最初にお会いしたときにも上から順番にしてもらった方がよいと言われたのを忘れてしまっていました。

15054911920.jpeg 15054912070.jpeg

来ていたガウンの前をほどいていただいて、横になられたところで、胸から舐めさせていただきます。YMさんは太くもなく細すぎずもなくちょうどいいエッチな肉感の身体をされているので、胸から徐々に下へ降りていって、身体を舐めるのはとても気持ちがよい感じです。静かに舌の感じを味わっておられましたが、舌が脚の方まで下りてきて、ヘアーの周りを舐めるようになったところで、YMさんの呼吸も少し乱れたようです。そこまで下りてきたところで、ようやく脚の間に入らせていただいて、脚の付け根からひだの間のところをゆっくりと舐めます。不意に、舌が小陰唇のひだに触れてしまったときには、小さく、ひゃあ、と声を出されましたが、それからあとはやはり静かにしておられます。

目をつぶってしっかりと舌の感触を味わっておられるようですが、感じてこられると太ももに力がはいったり、腹筋に力がはいってお腹が上下していたりして、静かにしておられても、身体が反応しているのはよくわかります。前回は初めてということもあり逝くまで時間がかかりましたので、今回も焦らずにゆっくりと舐めて感度をあげていただこうと思いました。ひだの両側を舌でゆっくりと舐めた後に、クリトリスのあたりに舌を乗せてゆっくりと左右に動かしていきます。クリトリスのところに触れていると、時々、ヒクっとなって力が入るのがいい感じです。クリトリスは固くなって盛り上がってきていますが、先端はそんなに露出はしていないので、いい感じに包皮でくるむようにして舐めることができます。包皮のぎりぎりのところを舌でチロチロと舐めると力の入り方も大きくなるので、気持ちがよいことが伝わってきます。

クリトリスの盛り上がりもかなり大きくなってきたところで、少し強めのぐいぐいと押すようんしていると、脚に力が入って、呼吸も荒くなって、逝きそうな感じになってこられました。逝きそうな感じで力んでいる状態が少し続いたのですが、逝きそうで逝けない感じです。すこしペースを変えて再びソフトに舐め方に戻して、仕切り直しを何度かしました。最初に逝きそうになられた時には、前回とは違ってやはり逝きやすくなっておられるのかなと思っていたのですが、なかなか逝きそうで逝けない壁を越えられなくて、やはり逝っていただくまでは少し時間がかかりました。本当に逝けた時には、YMさんも声を絞り出すようにして、呼吸も荒くなり、身体全体が緊張して、最高潮に力んだところで、あ~、と言いながら逝っていただけました。そのまましばらくはクリトリスをぐいぐいと押していましたが、ひとしきり落ち着いたところで、舌を離して休憩させていただきました。

逝った後に仰向けになったまましばしまどろんでおられましたが、身体を触らせていただくと、それだけでも気持ちよさそうに身体がピクッとなったりしています。せっかく感度を上がっているところなので、そのまま乳首の方を口に含んで舐めさせていただきます。手はYMさんの身体をいろいろさわったりして、かなり長い間余韻を感じながら、気持ちよさそうにされていました。身体もかなり落ち着いてきたところで、脚の間に入らせていただいてクンニを始めます。腕を脚の下には通さずに、クンニをしながら胸も触らせていただきました。その前に舐めていた時も乳首はすごく感じるようで、やはりクンニと一緒に乳首を触るととても感じておられるようです。

クンニの方も、一度逝ったあとなので、軽く舐めるだけでも今まで以上に感じるらしく、少し舐めたあとにクリトリスをぐいぐいと押すと、またすぐにも逝きそうな雰囲気になってきました。確か前回も1度逝くまでには時間がかかったのですが、2回目はかなり早く絶頂にたどり着いたのでした。クリトリスを包皮でつつむようにしてクリトリスの周りを舌を回りながら舐めていると、また身体をこわばらせて力が入ってきたと思うと、すんなりと2回目も逝っていただけました。余韻を感じておられる間も、手で身体を触らせていただいたりして、気持ちよさを持続していただきます。そうしていると、指を入れてみて欲しい、とおっしゃるのですが、舐めているときに膣に舌先を入れたときにかなりきつく締っていたので、入りにくそうな感じはありました。中指を入れてみたところ、少し痛みを感じられたそうで、今度セックスする機会があったらやっぱり痛いのかなとちょっと心配されていました。

15054912190.jpeg 15054912340.jpeg

YMさんは脚は細いですがしっかり筋肉がついていて、筋肉があると膣も締るので、初めてのときもかなり痛かったそうで、友達のあいだでも筋肉のさほどついていない女性は初めての時はそれほど痛くはなかったとか。とはいっても、今は2回逝ってしまわれた後ですから、さらに締り具合もきついので、指1本でもかなり締っています。これがそんなに気持ちよくないのよね、と挿入で気持ちいいと思ったことがない話をされるので、Gスポットあたりを押すようにしてみると、そこは確かにちょっと気持ちいいかも、とおっしゃっていました。まぁ、なかなか中で逝ける人も少ないですし、クリトリスよりは気持ちよくなるまでには経験が必要なのでしょうね。

YMさんは2回逝かれてかなり疲れた感じになっておられたので、そのあとはベッドの横になって、あれやこれやいろいろお話をしていました。YMさんは慣れてくるとすごくよくしゃべってかなり面白い人であることが分かりました。2回逝かれて疲れたのか、帰るのが面倒になった、とおっしゃるのでまだ終電の前でしたが、金曜日でもありますし、車で送りますよ、ということで、そのあと少しドライブしてお送りしました。途中で道を間違えて無駄に時間を使ってしまいましたが、車の中でもいろいろ面白くお話ができて楽しかったですね。
夜中のうちにYJさんからメールをいただいて、朝起きてから気が付いたのでお返事をしたところ、とんとんと話は進んでその日の夜にお会いすることになりました。仕事帰りに待ち合わせをして、そのままラブホへ。YJさんはアラサーの独身の女性ですが、部屋に落ち着いてから少しお話したところ、舐め犬は初めてではないそうですが、セックスの経験そのものがほとんどないとのことで、それまでは好きなことに打ち込んでいてそんなに興味もわかなかったけれども最近になってちょっとムクムクと興味がわいてきているとのことでした。

早速シャワーを浴びていただいて、ホテルのガウンを着て出てこられました。代わりに私がシャワーに入って、出てきたところで、部屋を暗くしてベッドへ移動していただきます。普段から身体を動かしておられるので、スリムな身体をされていて、太ももとかもしっかりと弾力があります。経験は少ないですが、オナニーでは逝くとのことで、人に愛撫されて逝ったことがないそうなのでゆっくりと舐めれば気持ちよくなっていただけるかなと思いながら舐め始めました。太ももの間に入らせていただいて、内側のあたりから徐々に脚の付け根まで舐めていき、ひだと脚の付け根の間をゆっくりと舌を上下させます。

15053443040.jpeg 15053443440.jpeg

まだひだのところまで触れる前からかなり感じておられて、経験は少ないですが感じやすい方だなと思いました。ひだのところに舌が触れると、身体全体を反らすようにされていたので、ひだの下の方までは舌が届かないのでクリトリスの周辺から少し舌のあたりをゆっくりと舐めていきました。(後から枕を腰を間に入れさせていただいたり、身体を反らすのも少なくなってきたので、舐めやすくなりましたが)。YJさんのひだは短くて普通の時は外へは出ていないくらいの感じだったのですが、舐め進めていくうちに舌を少し伸ばしてみると、感じてこられて充血して少しふっくらしたのでパクっと割れていましたので、その間にも舌を挿入して舐めることができるようになりました。

最初なので強さの加減がわかりませんが、軽く舐めているだけで、かなり大きな声をあげながら感じておられたので、逝きそうになるまではゆっくりと軽めに舐めるようにしていました。クリトリスもかなり大きく盛り上がってきましたので、そのあたりを舌先でチロチロ舐めるとそれもかなりお好きなようすです。それとは違って舌をひだにぺったりをくっつけて左右に動かしたりするのも声のトーンが変わって好きみたいです。クリトリスも十分に固くなってきたところで舌でつつむようにして少し押すようにしてみたところ、逝きそう、とおっしゃったので、そのままぐいぐいと舐めていきます。口を離さないで舐めていたところ、そのままずっと声を出しながら感じておられるので、逝けそうで逝けなかったのかなと思い、また少しだけソフトに戻して様子を見ながらまた強めに舐めたりしていました。

何度か、逝きそう、とおっしゃっていたのですが、あまりはっきりと逝ききった感じがなかったので、そのまま舐め続けたりしていたのですが、最後に少しだけ身体がガクンとなって脱力された感じだったのでそこで少し休憩にしました。休憩中も身体を触らせていただいていたのですが、胸のあたりを触っているだけで身体がピクンとなっています。お話を伺っていると、オナニーはクリトリスでなくて膣の方へ指を入れてされているとのことで、クリトリスで逝くのは初めてだそうです。なので、逝ったのかどうかあまりご本人もはっきりしていないところもあり、また私が逝っているあいだも口を離さなかったので、逝くのが終わった感じにならなかったようです。膣の方からオナニーを覚えたという方はこれで二人目ですが、人それぞれにオナニーの覚え方は違うものですよね。

休憩を終えてから、またクンニを始めさせていただきました。膣の入り口のところを舐めたりすると、声のトーンが変わって感じ方も少し違うようです。舌先を少し差し入れると、膣の中のひだひだがはっきりとあって、多分名器と言われるような感じなのかなと思ったりして舐めていました。休憩前に逝っていただいたのははたして本当に逝かれたのかどうかはっきりしなかったので、逝きそうな感じになられたときにはすぐにクリトリスを少し押すようにしてみたりしているのですが、休憩前を同じようにすごく感じておられるのですが、逝ききって脱力するという節目がないので、ずっと大きな声を出して感じておられるのが続く感じでした。途中で、YJさんが四つん這いで舐めて欲しいとおっしゃるので、四つん這いになっていただいて後ろから舐めました。

しっかりとクリトリスのところに舌を押し付けるようにして舐めていると、太もものところがかなり熱くなってきていました。そのまま舐め続けて、逝きそう、というところで、また大きな声をあげられたのですが、それと同時に下半身に汗がわっと噴き出したので、やっぱり逝っていただいているのだなというのが分かりました。それと、舐めている途中に膣からプシュっと音がしたりして、これは感じて膣がきゅっと締った時に中の空気が出てくると音で、これは本当に感じているときにしか聞かないものなのでそれを聞いた時も感じていただけているのだなというのはちょっと思っていました。

15053443550.jpeg 15053443650.jpeg

ここで、また一休みしていたのですが、横になっていたところ、YJさんが、入れて欲しい、とおっしゃるので、経験もあまりないとおっしゃっていたので完全に油断してのびのびと横になっていあので、大丈夫かなと思いながらパンツを脱いで少し自分で触ってみました。YJさんはそれを見ながら、そんな風にさわるのね、とおっしゃっていました。だんだんと元気になってきたのですが、今度は、入るかなぁ、と何度かおっしゃったりしています。かなり元気になったところで挿入させていただこうとしたのですが、痛い、とおっしゃるので、ゆっくりと少しずつ入れようとしているうちにしぼんできてしまいました。2回ほどトライしたのですが、ダメだったので残念ながら諦めました。

指を少し入れさせてもらったところ、経験が少ないからか、感じて膣が締っているからか、指1本でもきついくらいになっていて、そのせいで入れるのが痛いのもあったのかもしれません。それから、YJはずっと横になっていて、起き上がれない、と言ったまま30分くらい横になったまま起き上がれずにいました。そろそろ時間になって、なんとかシャワーにまでたどり着かれて、シャワーを浴びた後は回復されたようでよかったです。

経験は少なくてもやはり年齢とともに身体は感じやすく成熟していくのか、舐め始めたときからかなり感じやすいというのが分かりました。それもあって最近はこうして舐め犬とかにも興味をもって体験していただけたのかなと思います。このまま体験を重ねてもっと絶頂を感じるようになって、クンニやセックスを楽しんでいただければいいなと思います。
会社帰りでもうすぐ用賀に着くころにROさんからのメールに気が付きました。これからの時間は空いていますかとのことで、ROさんはいつも自宅の方まできてくださるので、すぐに大丈夫ですよという返事を送りました。ROさんの場合、急にクンニされたくなったということが多いのですが、やっぱり舐め犬を使って気持ちよくなるには、舐められたいときにすぐに会えるというのが一番良いことですよね。そうは言っても、お会いすると数時間はゆっくりとクンニされる方がよいでしょうから、なかなかうまい具合にはいかないものですけど、ROさんは独身ですし、時間のほうは比較的自由になるみたいです。

私は家に帰って食事を済ませて、それから10分ほどでROさんがおいでになりました。今日はプチシュークリームを買ってきてくださったので、まずはそれを少しいただきながらリビングでお話をして、それからシャワーを浴びていただきました。私も帰宅したところなので、そのあとシャワーをあびて、一緒に寝室へ向かいます。今日も脚が冷えるといけないのでふわふわのレッグウォーマーを付けていただいて舐めることにします。ROさんがおっしゃるようにこのレッグウォーマーは足先まで包まれるので暖かいのですが、あまり色気のほうはありません。上はスリップを着て、脚にはレッグウォーマーで、本来はパンティで隠されているところだけを露わにしてベッドに横になるわけですね。

15049315920.jpeg

太ももから脚の付け根へと舐めた後、小陰唇のひだの周りをひだには触れないようにして、ゆっくりと舐めていきます。そして、柔らかいひだの上に舌を乗せると、ROさんも声を出し始めます。ROさんのひだはかなり柔らかいので、それを口の中に含めたり、ひだの両側を舌をぺったりと付けたまま上下させたりして舐めていきます。この間からROさんは出来るだけ逝かないようにして、逝きそうな感じを持続させて気持ちのよい時間ができるだけ長くされています。それなので、なるべくゆっくりとソフトに舐めていくことにしています。舌を小陰唇全体を覆うようにぺったりと付けながら、ゆっくりと左右に動かしたりするのもお好きですが、ひだの先のところを舌で軽く触れるのもかなり感じるようです。

特にクリトリスが少し固くなってきたところで、クリトリスが少しだけ顔出すひだの先端部分を触れるか触れないかくらいで軽く触れるのが今回はとても気持ちがよかったそうで、時折クリトリスを包んで強めに押すようにするのとの、緩急の差が格別だったようです。ROさんのクリトリスは根元のところ?が長いので、クリトリスが固くなってくると、ひだを持ち上げるようにして先端だけが露出するようになります。その根元のところをひだの上からゆっくりとなめていくと、ROさんの声も、あ~、から、う~、に変わって、そのあとは深呼吸をして、逝ってしまわないように頑張っておられます。逝くときには下半身が緊張して力が入るので、力が入らないように、脚を広げたりして、緊張をほぐしておられます。

かなり舐めたところで、ROさんが我慢しているのにちょっと対抗して乳首にも手を伸ばして、舌をクリトリスに押し付けるようにして、舐めてみますが、声はすごく大きくなって身体をくならせておられますが、逝くのはなんとか耐えられたようです。ひとしきり耐えるとちょっと脱力されて横になっておられますが、ほとんど逝った時と同じような感じですね。ここは耐えきれても、私はそのまま普通にクンニを続けていますので、すぐにまた山がやってきたりします。女性の方がほんとに感じていると、ときどき膣からプシュッという小さな音がしたりします。多分、膣が急に締って中の空気が押し出される音だと思いますが、その音を聞くとほんとにかなり深く感じておられるのが分かって嬉しいものです。

ROさんもかなり頑張っておられますが、とうとう、逝く~、と言って大きな声を出しながら逝ってしまわれました。そのあとも、続けてクリトリスを刺激しているので、続けて何度も山がやってきているみたいです。最後はお尻の筋肉がつってしまってそこで一応終了しました。休憩しているときに、前回ROさんがまた新しく舐め犬を何人かそろえてみたいとおっしゃっていたので、お聞きしたところ、やはり新しい人に会うのはなかなかリスクがあるので進んでいないとおっしゃっていました。それで、舐め犬を使っている女性の方たちを一緒になって安心できる舐め犬を一緒にシェアーできたりしたらいいなとかおっしゃっていました。なかなか女性どうしというのは難しいところがあるかと思いますけど、そういうのは面白いですね。以前にも、私とお会いしている他の女性を集めて一緒にお話をしてみたいとか言っておられた方もいらっしゃいますが、そういうのも気が合うどうしでしたら楽しそうですね。

15049316290.jpeg 15049316390.jpeg

時間のほうはまだ10時を回ったくらいでしたので、もう少し舐めますか、とお聞きしたところ、目を大きく見開いて嬉しそうに、いいですか、とおっしゃるので、再び舐めさせていただくことにしました。もう軽く舐めていても逝きそうな感じではあるのですが、ROさんがどれくらい我慢できるかにかかっているというところです。クリトリスを少し押すようにしてみると、大きな声で感じておられて、クリトリスもす~っとしぼんで行くようになったので、これは普通なら逝ったときのクリトリスの感触だなと思いながら、そんな風に強めに押してみたり、舌の先で、クリトリスの先端に軽く触れたりを繰り返していきます。

クリトリスのところを包むようにして、規則正しく舌を動かしていると、ROさんもさすがに我慢できなくなって、2回目の絶頂を迎えられました。それまで我慢してきたのが一気に爆発するように、そのあとは口を付けている間ずっと連続して逝っておられるような感じになるのですが、今度は太もものあたりがつってしまって終わりになりました。クンニで逝ける時にはとにかく逝く方と、ROさんのように我慢して我慢して最後に深く逝く方と、舐め犬の楽しみ方も人それぞれで面白いものですよね。

8時くらいに自宅の方へ来てくださったので、時間としてはそんなに長くはなかったのですが、2回しっかりと逝っていただいて、ROさんも満足された様子です。2回ともつってしまったので、ちょっと歩きにくそうにしながら帰って行かれました。
かなり涼しくなりましたが、急に涼しくなりすぎで少し体調を崩しました。木曜日にのどが痛いなと思ったら夜には完全に風邪をひいた状態になっていて、薬を飲んでみましたが、朝になってかなりのどの痛みはとれたもののまだちょっと体がだるい感じがしたもので、夜に舐め犬のお約束があったのですが、涙をのんでキャンセルにしていただきました。土曜日からは夏休みの前半に2泊で来てくださったLLさんからのお誘いが入っていましたので、どうなることかなと思っていたのですが、金曜日の夜になってどうにか体調も戻ったようでしたので、お断りはしないで済みました。URさんからも、今日はクンニ(9/2)の日、とメールをいただきましたし、クンニができることになってよかったです。

LLさんはもともとお友達の旅行の予定だったのですが、台風の影響で問題がありそうだとのことで旅行が取りやめになったので、代わりに家の方へ今度は1泊で来てくださることになりました。お昼頃には用賀に到着されて、お昼ご飯には関西の人は誰でも知っている551の蓬莱の豚まんを買ってきてくださいました。さっそくレミパンで豚まんを蒸して熱々のところをおいしくいただきました。やっぱり子供の時から食べている味というのは美味しいものですよね。東京でも売って欲しいものですが、頑固な社長さんなのでそうもいかないみたいです。

15045366030.jpeg 15045366170.jpeg

お腹もふくれたところでまずは舐めさせていただくことにして、LLさんにシャワーを浴びていただきました。前回と同じでタイシルクの白いガウンを着て出てこられました。寝室へ一緒に入って、胸のあたりを軽く触らせていただいた後に、脚の間に入らせていただいて、舐め始めます。太ももから脚の付け根まで舐めさせていただいて、ひだと脚の付け根のあいだをゆっくりと舌を上下させます。ひだの間に舌を差し入れてみると、愛液がたっぷりと溜まっています。ぬるぬるの愛液を絡めながらひだの中全体をソフトに舐めていきます。すでにLLさんも感じて声を出しながら気持ちよさそうにされています。

LLさんの場合は強めに舐めても大丈夫ではあるのですが、こうするとすぐに逝くというポイントはないみたいで、感じてきてそろそろ逝けそうかなというところで、同じ調子でクリトリスを刺激していくと徐々に高まって腰を浮かせて少し脚にも力が入った状態でしばらくしたところで、逝く、とおっしゃって、脚を折りたたむようにして逝かれてしまいます。逝っているあいだも、舌は離さずにいますが、一人きり逝かれたところで脚も下ろして、呼吸を整えるようにされます。今回も太ももの裏あたりも熱くなってきてそろそろ逝かれるかなというところで、しばらく経ってかた逝っていただけました。腰を浮かせて脚を緊張させている時間が長いので、何度も逝くと腹筋やら、太ももやらが筋肉痛になるみたいですね。

1度逝かれたあとも軽く舐めていて、一息つかれたころに普通にまた舐め始めます。LLさんは逝かれる時にも愛液がたくさん出るみたいで、舐め始めてから膣のあたりに舌を伸ばすと愛液が糸を引くくらいになっています。また降りだしに戻ってじっくりとソフトに舐めていきます。LLさんの場合はクリトリスのところをチロチロ舐めたり、ペロペロとしたりして、クリトリス周辺を重点的に舐めるのが良さそうなので、時々舐め方を変えたりはしますが、クリトリス周辺ばかり舐めているような気がします。またしばらくすると腰を浮かせ気味になって脚も緊張してきたので、同じ調子でクリトリスを舐めていくと、しばらくして逝っていただけました。こうすれば必ず逝くという舐め方がまだ分かっていないところが残念なところです。

2度逝かれたところで、しばし休憩をして、並んでベッドに横になりました。朝早くから新幹線で来てくださった疲れもあったのか、一緒になって少し寝てしまいました。気が付いたらまたクンニを始めます。夕食まではまだまだ時間もありますので、逝っていただいた後、また休憩で寝てしましました。なんだかクンニしては寝て、寝てはクンニして、になってきました。次に起きたときには、LLさんが私の上に覆いかぶさるようにされて、胸を舐めさせていただきます。左右の乳首をしっかりと舐めさせていただいた後、そのままの態勢でLLさんの脚の間に入らせていただいて、顔面騎乗の態勢で舐めさせていただきます。

15045366270.jpeg 15045366390.jpeg

顔面騎乗で舐めていると、膣の方から愛液がクリトリスの方へとひだの中を伝わって流れてきて、クリトリスを舐めているのですが、愛液が絡まってきます。少し時間がかかりましたが、LLさんが上になったままで逝っていただけました。逝くときには私の口から胸のあたりにパラパラと落ちてきて少し潮を吹かれたみたいです。そのあとは、LLさんが私のものを元気にしてくださったのでLLさんが上になって挿入することになりました。LLさんが上で腰を使って楽しまれたり、少しお休みして挿入したままでじっと抱き合ったりします。そのあとは私が起き上がって、上体を入れ替えて私が上になって挿入させていただきます。しばらく腰を使ったあとに動きを止めるとLLさんの脚がガクガクと震えています。これって本人の意志とは関係なく震えるそうで、本人も止まらないので気持ち悪い感じだそうです。たっぷりと挿入も楽しんでいただいたところで、再び少しお休みしました。

さすがにいい時間になっていましたので、夕食を食べに出かけました。用賀のお店も土曜日の夜は結構にぎわっているみたいで、満席のところが多かったですが、イタ飯屋へ入ることができました。シャンパンとワインをいただきながら、夕食です。そんなにたくさん注文した気分ではなかったのですが、かなりお腹いっぱいになってしまいました。帰ってから、また寝る前にクンニをさせていただこうと思っていたのですが、私がかなり酔ってしまったので、テレビを見ながら寝てしまっていました。その間にLLさんはシャワーも浴びておられて、LLさんも眠くなったとのことで先に休んでいただきました。しばらくしてから私もベッドに入って、夜はクンニはなしで寝てしまいました。

朝起きるとちょっと身体がだるかったのですが、ベッドのなかでイチャイチャしているあいだにLLさんがマッサージをしてくださって、だんだんと目も覚めてきました。すっきりとさせていただいたところで、朝からのクンニを始めさせていただきました。LLさんは体温が高いのか布団の中にいるとポカポカして気持ちよいのですよね。昨日から舐めていますからかなり敏感になっていて、クリトリスの先端にちょっと強めに舌があたると、LLさんも、あ、とおっしゃっていたので、ちょっと強すぎるかなと思って逝きそうになるまではちょっと注意しながら舐めていきます。

15045366500.jpeg

だいたいいつもと同じくらいの時間で逝っていただいたところで、起きてシャワーを浴びて、コーヒーを入れてリビングでしばしゆっくりと話などをして過ごします。ここでまたLLさんが今度は肩をマッサージしてくださって、これでかなりすっきりとしてしまいました。そのあとは、お話をしてはいるのですが、身体を触ったりしていて、LLさんがズボンの上から私のものを触っておられたので元気になってしまいました。それで、また寝室へ戻って、今回は普通に挿入してゆっくりと午前中の時間をすごしました。

お昼はどうしましょうと言いながら、そのままベッドで過ごして、再びクンニをさせていただいて、逝っていただいたりして、そのあとは一休みをしたりしながら過ごしてしまいます。なんだかんだと、イチャイチャしたりしながら、最後に挿入をさえていただいたところで、LLさんも眠くなってしまってしばらく横になっておられましたが、朝コーヒーを飲んだだけで、お昼も食べないままに、LLさんが帰る時間となってしまいました。前回と同じでわざわざ東京まで来てくださったのに夕食以外は外に出ることもなく家の中にいて、半分以上はベッドで過ごしていた感じです。でも、反対にせっかくたっぷりの時間があるのですから、できるだけたくさん舐めて気持ちよくなっていただきたいものですよね。

LLさんが帰られてから次の日の朝に連絡をいただきましたが、さすがに腹筋やら太ももあたりが筋肉痛になってしまったとのことです。2月も続けて東京まで来ていただいて申し訳ないなぁと思いつつ、年末に帰省した時にはうまく予定があって、地元のほうでまたたっぷりとクンニをさせていただければと思います。
今日も朝から暑い日でしたね。夏休みに入って2回目になるのですが、URさんとお会いしました。9月に入ると生理になるのでその前にということで、先週お会いしたところですが、再びお会いすることになりました。昼過ぎに待ち合わせをして、URさんが行ってみたいとおっしゃる餃子のお店に入って、餃子とチャーハンでお昼ご飯を頂きました。狭いお店でしたが、なかなかおいしいところでした。

お腹もいっぱいになったところで、ラブホへ向かいました。前回行ったところが土曜日だからか休憩は3時間になっていたのですが、URさんが、これでは足りない、とおっしゃるので、最初にお会いしたところへ行ってみると夜までフリータイムとなっていましたので、そちらへ入りました。バリアン以外では珍しく天蓋付きのベッドでした。天蓋があると冷房の風が直接当たらないのでちょうどいいかもしれません。餃子のお店は狭くて冷房もないところでかなり汗もかきましたので、シャワーを浴びてすっきりとしました。

15037400700.jpeg 15037400850.jpeg

URさんにベッドに横になっていただいて、脚の間にはいると太ももから舐め始めます。ちょっとインパクトのある柄のパンティをはいておられたのですが、脚の付け根のところまでゆっくりと舐めていきます。パンティをとっていただいてから、ヘアーのところへ軽くキスするように唇を触れると、脚の付け根と小陰唇のひだの間をゆっくりと舐めていきます。ひだのぎりぎりのところを舐めていると、URさんからも声が漏れてきます。それからひだの上に舌を軽く触れさせると、感じやすいURさんの声も大きくなります。前回まではこれくらいのところですでに腰を自ら動かしながら感じておられたのですが、今日はちょっと落ち着いた感じです。それでもクリトリスの包皮の上あたりに舌を触れさせると、それだけで声のトーンも変わってきます。思わず腰の方も自然と動いてきます。

まだそんなに舐めるという感じではなかったのですが、膣の入り口あたりに舌をペタッと合わせていると膣の中からヒクヒクと動くようになります。そうすると腰の動きも大きくなって私は軽く舌を出しているだけでそれに擦り付けるようにして感じておられます。前回も最初に逝くときが一番気持ちがよいとおっしゃっていましたので、あまりすぐには逝かないように軽く舐めていくのですが、愛液もどんどん溢れてきます。URさんは逝くのを伸ばしてより気持ちよく逝くというよりは、気持ちいいところは貪欲に気持ちよくなってしまおうという感じで、どんどん感度をあげていきます。クリトリスの周辺をペロペロと舐めていたところ、もっと下から、とおっしゃるので膣のあたりからクリトリスのところまでペロンと舐めていきます。膣のところがやはり気持ちよさそうなので、もう少し舌を伸ばしてみたところ、アナルを舐めるとすごく感じておられるのが分かりましたので、今度はアナルからクリトリスのところまで舐めていくことにします。

いよいよ逝きそうになってこられたので、URさんは腰を激しく上下に動かして感じておられたのですが、逝きそうにならなかたので、指も入れて、とおっしゃって、指を膣の入り口のちょっと先まで入れたところ、すぐにも逝きそうになって私も少し強めにクリトリスを舌で押すようにして、しっかりと逝っていただきました。逝ってからも口を離さないのでその間はずっと声をあげながら絶頂を迎えておられます。脱力したところで、前回まではくるっとうつ伏せになって余韻をかみしめる感じでしたが、今回は仰向けのまま脱力しておられるので、そのまままた軽くクンニを続けさせていただきました。最初はちょっと敏感すぎるくらいになっておられましたが、だんだんと落ち着いてきて、普通にクンニができるようなりました。さすがにすぐには逝きそうにはなりませんでしたので、途中でちょっとクリトリス周りを押すようにしていたら、あまりそうすると痛くなる、とおっしゃるので、ちょっとここで休憩とさせていただきました。

休憩では横を向いてじっとされているので、後ろから胸のあたりを触ったり、お尻の割れ目のところを触ったりさせていただきます。少し話などもして落ち着いたところで、あおむけになっていただいて、クンニを再開します。前回は後半にURさんの逝けるポイントが分かったような気がしていたのですが、休憩前にちょっと強めに舐めてしまったのはよくなかったかも知れなくて、終始かなり感じていただいているのですが、逝くときにはやはり逝ききれなくて指の挿入になりました。Gスポットあたりがすごく感じるみたいで、逝かれてから口を離してしまってもGスポットだけでも身体をくねらせて感じておられて、最後は、もういやいや、とおっしゃって限界になってしまいます。

だんだんと私もクリトリスにあまり刺激を強くしないで逝っていただけるように舐められるようになってきて、後半には指の挿入がなくても逝っていただけるようになりました。アナルのところはいつ舐めてもかなり感じておられたので、前からですか、とお聞きしたところ、舐められたことなかったから分からない、とおっしゃっていました。アナルまで舌と届かせると、鼻がちょうど膣の入り口のところにぴったりと収まるのですが、アナルを舐めるたびに膣の中からヒクヒクと鼻を押すようにして動くのがわかりました。

何度か逝かれたところでいつものようにうつ伏せになってお休みになってじっとされていましたので、お話をしながらふくらはぎのところやら、腰のあたりやら、をちょっとマッサージさせていただいたりしていました。少し長めに休憩をしたところで、もう一度仰向けになっていただいて、クンニをさせていただきます。クリトリスも固くなっていますので、ひだの間で挟み込むようにして、直接舌が触れないようにしながら刺激していきます。そうすると痛くならずに逝っていただける感じです。

15037400980.jpeg 15037401180.jpeg

ゆっくりと時間を使ってクンニをさせていただきましたが、URさんが、お腹が減った、とおっしゃるのでコンビニで買ってきたプチシュークリームをいただくことにしました。8個くらい入っていたのですが、意外とすぐになくなってしまいました。やはり体力を使ったあとは甘いものがいいですね。それから、写真を撮らせていただいたのですが、今日はURさんが髪を下ろして後ろ姿はどうかとおっしゃるので、多分初めてのアングルだと思いますが、後ろ姿を撮らせていただきました。URさんはいつも髪をまとめている印象だったので、出来上がった写真を見てみると、なんだかずいぶんと違う感じがしています。でも、脚ばかりでなくてこういうアングルでの写真もいいものですね。

ホテルを出るとさすがに暑さもかなり和らいで、街はお祭りです。お昼ご飯の時は子供たちが引く山車をみましたが、ホテルを出てきた時には、祭りはどのあたりへ行ったのかは分かりませんでした。