FC2ブログ
photo_thq24ztCh2FYGfs.png

コロナも予断を許さない中での新年のご挨拶となりました。今年も女性の方の満たされない性欲の解消のために、微力ではございますが、お役に立てますように精進を続けていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

身体が疲れたらマッサージを受けるのと同じように、性欲がむやみに溜まったら舐め犬のクンニで解消していただくのでいかがでしょうか?女性の性欲はホルモンで左右されると聞きますので、性欲が高まるのは自然の摂理で恥ずかしいことではないと思います。そんなときは気軽に声をかけていただいて、すっきりした後は、仕事に、育児に、打ち込んでくださいませ。

ただシンプルに性欲処理のためだけに使っていただくのもよいですし、普段できないような話をしたりしてストレス発散も合わせて楽しんでいただくのもよいと思います。私も普段の仕事などを通じてお話することがない方と出会っていろいろなお話をするのも楽しみにしています。近年は、一度逝っていただいてから、そのまま絶頂感ができるだけ持続したり、連続して逝っていただいたりできるように舐められるのを理想にしています。舐め方の相性があったり、何度かお会いしてだんだんとよくなっていく、ということもありますので、誰でもそうなれるとは言えないところがクンニの難しいところではありますけれど、とりあえず気持ちよくはなっていただけるとは思います。

お会いしている間は世の中のしがらみとか忘れて、心身ともにリラックスして楽しんでくださいね。それでは今年も新しい方も含めてお誘いをお待ちしています。
jp20t_ip_0061.png


明けましておめでとうございます。今年も舐め犬をよろしくお願いいたします。

昨年は何故か数年前のお会いした方から久しぶりに舐めて欲しいという連絡をいただくことが何度かあり、はやりこんなことでも長く続けているといいことがあるものだと思いました。女性の方は年齢が上がると敏感になるみたいで、数年ぶりにお会いすると以前よりも感じやすくなっているように思います。久しぶりのクンニということもあるのかも知れませんね。私の場合は太もものあたりから徐々に中心に近づいて行くわけですが、久しぶりだとひだのところに舌が届いた頃には愛液がひだから漏れるくらいに溢れていたりして、舐め始めたところですでにテンションが上がって嬉しいですね。

もちろん新しくお会いする方もたくさんいらっしゃいましたが、不安とかある中でお会いしてくださるわけですからかなり期待されて来られると思いますので、できる限り期待に答えられるように丁寧に舐めています。そうは言っても、女性の方それぞれ個性というか感じ方には違いがありますから、すべての方に満足していただけたのかどうかは難しいところです。3回くらいはチャンスをいただけると、徐々に舌との相性もあってきてぐっと良くなると思うのですよね。

このところは逝っていただいてからの絶頂感というか快感ができるだけ持続するように心がけて舐めています。男性と同じで逝った直後は、ちょっとまだ触らないで、という方もいらっしゃるのですが、そうでもない方が多くて、しかも逝った後の感度があまり下がらないので、うまく持続していければ続けて逝っていただいたりできます。一度逝かれた後は軽く舐めていても、なんだかずっと気持ちいい、とおっしゃる方が多いので、そんな風に気持ちい状態を持続して楽しんでいただけるのが理想です。

実際にお会いすると割と淡々とクンニをしていますので、ちょっと物足りなさを感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、オナニー、セフレ、舐め犬とTPOの合わせて楽しんでいただくのがいいと思っています。舐め犬の時はとにかく溜まった性欲をすっきりと解消するために使っていただくのがよいと思います。オナニーで逝くのとはまた違った満足感があるかと思います。ただ、最近はやりのウーマナイザーはちょっと脅威かもですね。オナニーだと通常逝くとそれで終わりと聞くのですが、ウーマナイザーの場合、連続してX回も逝かされました、とかの報告を聞きますので、ムムムです。

今年はオリンピックもありますし、東京へ観戦に来られたついでに、お誘いいただくというのはいかがでしょうか?

今年も仕事と両立する範囲であればできる限り都合に合わせて舐めさせていただきますので、クンニが何よりも好きという女性の方との出会いを楽しみにしています。

今朝芝居を観に行く途中でOKさんからのメールが届いて、今日のお誘いでした。実は先週にお誘いのメールをやはり当日にいただいたのですが、あいにく土日ともに予定があり、今日ならば芝居の後でなら夕方からお会いできますとお伝えしていたので、ちょっと期待はしていたのですが、実際にメールをいただけて嬉しいものです。いつもはOKさんが何かの用事の時についでにそのあとに誘っていただくことが多かったのですが、今日は舐め犬のために出てこられたようです。

待ち合わせてからいつもよく行っていたホテルへ行ってみると、待っているカップルがロビーにたくさんいますし、女子会を推しにしていることもあり、女性のグループなんかもいたりして、ほんとにここはラブホのロビーかというような雰囲気です。さすがにかなり待たされそうでしたので、そこは諦めて別のホテルへ行くことにしました。少し前に別の方と入ってみて、かなりきれいで広めのところがありましたので、そこへ入ってみたところ最後の1室がちょうど空いていて入ることができました。

20140623005729075.jpg

OKさんとはもう何度のお会いしているので、ホテルの部屋へ入ってもいきなりくつろぎモードでゆっくりとお話などをしてから、OKさんにシャワーに入っていただきました。湯船もかなり広かったので、OKさんはここの部屋がかなり気に入られたようです。私がシャワーをしている間にいつものようにOKさんはアダルト物のチャンネルをチェックして、見ておられました。さっそく私の方もベッドの横に入らせていただいて、掛布団を全部下へ落としてしまうと、OKさんの脚の間に入らせていただきました。

太ももを舐めているところで、OKさんから、ユリイカさんの舌と唇の感触が気持ちいい、と言っていただいて、今日はたっぷりと感じていただかないと、と思ったりしていました。脚の付け根を舐めているところですでに声を出し始めておられたのですが、一瞬小陰唇のひだに舌が触れてピクンとされると、もっと焦らして勿体ないから、とおっしゃるのでできるだけ小陰唇には触れないようにして、ゆっくりと舌を動かしていきました。そろそろかなと言うところで、小陰唇にひだのわきにそって、舌を上下させて感じていただきます。このところお会いするといつものですが、そのころには愛液がひだの間から滴り落ちるくらいトロトロになっています。

膣の入り口あたりを舌で刺激するといつもよりも気持ちよさそうにされていましたし、膣の中のほうがヒクヒクとするようにうねっているのが分かりましたので、今日は膣の入り口をかなり入念に舌を出し入れしたり、入り口を舌で押さえてそのまま上までペロンと舐めたりを繰り返します。膣のところがやはり気に入ったのか、途中で、バックのスタイルで舐めて欲しいと、起き上がって腰を突き出すようにされます。愛液でキラキラになった小陰唇全体を舐めつつ、時折、アナルの方も舌先で刺激したりします。

以前はなかなか逝っていただけなかったのですが、このところかなり早く逝っていただけるので、今日もそんなペースかなと思い、焦らずにできるだけねっとりと舌を絡ませながら感じていただきます。ただ、時折唇を押し当ててみるのですが、クリトリスがあまり固くなっていない様子です。固くなってもしばらくするとまたもとに戻るような感じになります。なんか変だなと思いながらも、逝っていただけるように頑張っていたのですが、逝っていただけずにしばし休憩することになりました。ベッドに横になりながらお話をしていたのですが、OKさんが、昨日も今日もオナニーしてしまったからかな、とおっしゃいます。普段からせいぜい2回くらいしか逝かれないので、私もさすがにこれは難しいかもと思いました。

20140623005730e00.jpg

あれこれと話なんかをしていたのですが、何故かOKさんが私の頭の後ろに腕を回して腕枕の体勢になりました。どうしてkは今でもわかりませんが、しばらくそうしながら話をしたりしていました。長いこと舐め犬でいろいろな女性の方とお付き合いをさせていただいていますが、未だに腕枕をされたのは初めてのことでした、なんだか不思議な感じですね。

そのあと、また少しだけクンニをさせていただいて、OKさんも気持ちよさそうにされたいましたが、私のほうは逝っていただくのはほぼ諦めて、できるだけソフトに気持ちよさを感じていただけるように舐めていました。ちょっとしたところで、OKさんがもう大丈夫とおっしゃるので、クンニは終わりんしました。OKさんは自分のクリトリスあたりを触りながら、ふやけちゃったね、とおっしゃっていました。あとは時間までおしゃべりをしていましたが、最近できた彼のことについて相談をされたりしましたが、最近の若い男性の心のうちとかは分かりないものですね。
寒さも定着してきましたが身体のほうも寒さに慣れてきました。舐め犬のときは女性の方には布団をかぶらずに横になっていただいているので、ちょっと暑めに温度設定しておくことがいいようです。

私は複数の女性の方と舐め犬でお付き合いをさせていただいていますが、ブログのほうもよく読んでくださっている方が多く、時々同じように私と会ってくださっている女性に興味をもたれたりもされます。やはり他の女性とどんな風にクンニしているのか、何度も逝ける女性の方が羨ましいとか、思われたりしているようです。女性同士でオナニーの話などはしないのが普通のようですから、他の女性がどんな風に感じるのか、舐め犬をどんな風に使って気持ちよくしているのか、いろいろと想像が膨らむのでしょうね。

そんな中で、先日お会いした女性の方が、ユリイカさんを囲む会、を開いて、お付き合いのある女性の方が一緒にお話をできると楽しいでしょうねとお話されていました。そのような会を開いても、出席される方はそうはいらっしゃらないでしょうけど、想像するだけなら自由ですから、なにやら楽しそうですね。いろんな年代の女性の方がいますから、経験の多少や、感じ方の違いなど、話題は豊富にありそうです。

一方で、私のことが話題になってしまうと、○○なところはとてもいいのだけど、○○なところはまだまだ女性のことが分かっていないわね、なんてことになって、そうそう私も前からそう思ってた、と賛同する方がでてきて、なんだか怖いことになりそう想像ができてしまいます。まだまだいたらないところも多々あるとは思いますが、できるだけお会いしている女性の方の希望に合わせて気持ちよくなっていただくようにしますので、よろしくお願いします。

お会いしているときはこうして欲しいとかご要望があれば、どんなことでも恥ずかしくはないですから、遠慮をなさらずに言っていただいて大丈夫です。そうはいっても、やはり初対面の時には遠慮してしまわれる方が多いですから、2,3回目くらいでそんな風になっていただけるようです。性欲の満たし方はもともと人それぞれですから、せっかくの機会を存分に活用していただければと思います。

ま、囲む会のほうは難しいですが、お会いした後に満足していただけることは嬉しいことですので、いろんな舐め犬の使い方や楽しみ方を探していってくださいね。(なんでもOKですが、クンニはたくさんさせてくださいね)。
なんだか夏の暑さが終わったと思ったら、涼しいのを通り越して寒いぐらいになってきましたね。舐め犬の新しいお誘いも一段落という感じで、一度お会いして気に入っていただいた方と落ち着いたお付き合いの時期に入ってきたみたいです。それにしても、夏場は多くのお誘いをいただいて、お会いする予定が重なってしまったり、私の方でもちょっと予定を把握できていないくて不義理なことになってしまったりと、ご迷惑をおかけした方には申し訳ありませんでした。

暑かった時期は、空いた時間には気が付くと女性の股間に顔をうずめさせていただいていて、とても幸せな時間を過ごさせていただきました。一度お会いできるとお互いにどんな人かよく分かって、2回目以降は女性の方も遠慮せずにしたいことをしていただいたり、恥ずかしがらずに好きなように性欲を満たしていただけるようになるので、お会いしている時間がより楽しいものになります。もともと性欲の満たされていない部分をクンニで解消していただくための舐め犬ですから、彼氏とのお付き合いと違って、こんなことしたいと言ったら変に思われるかな、という余計な心配もありませんので、お会いしているときは好きに楽しんでいただけると私も嬉しいものです。

クンニでひとしきり気持ちよくなっていただいたところで、指の挿入を希望される方もいらっしゃるのですが、この間、指を挿入していると膣の中がぽっかりと空洞になるようなことが2回ほどありました。まだ私が20代の若かったころに潮吹きを見せていただく機会があり、その女性の方が感じてくると膣の中がぽっかりと空洞になって、こんなに中が広がるんだと驚いたことがあります。それ以来、そのような経験はなくて、膣で吹き矢を飛ばしたり、水を吸い込んだり、昔のストリップで花電車と言われる芸を持った女性の方だけが、そんな風に自由に中を空洞にしたり閉じたりできる特殊な技を持っているのだろうと思っていました。

でも、続けて2回も違う女性の方がそうなるのを経験したものですから、もしかすると誰でも刺激のされ方によってはそうなるのかなと思いました。広がると膣の中に空気が入るので、あるタイミングでもとに戻るときに、ぶぶぶっと、おならみたいに空気が出てきたりします。ちなら、と言われたりしていますが、あれはセックスで挿入時にたまたま空気が入ってそうなるのかと思っていましたが、どうも違うみたいですね。はっきりとは分かりませんが、子宮の入り口あたりを触れていると広がるような気がします。

いずれにしても、女性が気持ちよくなっていただければそれでよいのですが、クンニでじっくりと感じていただけたあとは、アナルや身体を舐めたり、指を入れたり、僕のもので遊んだり、好きなように私を使っていただいて、普段満たされない性欲をご自分の好きなやり方で満たしていただければと思います。人それぞれ違いますし、これが正解というものもないですから、一緒にポイントを探してみたりするのも楽しいかも知れませんね。