FC2ブログ
inunenga2-300x296.png

謹賀新年 2018

明けましておめでとうございます。皆様、新年はどのようにお過ごしでしょうか。私はいつものように実家へ戻ってのんびりと過ごしています。今年はなんと戌年なのですね。長らく舐め犬をしている私にとってもすこぶる縁起の良い年ですね。今年はさらなる飛躍の年にというほど若くはないので、これまで通りに、舐め犬にお付き合いしていただける女性の方には、しっかりとクンニで気持ちよくなっていただいて、また使ってみたいな、会うのが楽しみだな、と思っていただけるように舐め犬を続けていければと思っています。

昨年から長らく出張などで土日祝日だけにお会いできる状態から抜け出して、平日の夜にも仕事が立て込んでいなければお会いできる環境になりましたので、仕事帰りにでも、ちょっと今日はムラムラするから気持ちよくしてもらいたいな、と思われたときには気軽にメールをいただければと思います。一度お会いしいる方でしたら、当日にメールをいただいても、仕事の都合がつけば舐めさせていただきます。オフィスが横浜からも近くになりましたので、仕事帰りに横浜でお会いすることもできるようになりました。もちろん土日祝日にゆっくりと時間をかけてというのも今まで通りですので、お好みと都合に合わせて選んでいただければと思います。

最近は自宅に来ていただく方が多いように思いますが、土日祝日でしたら都内はもちろんですが、車で1時間ちょっとくらいで行けるところでしたら昨年も出かけたりしていました(湘南、大和市、相模原市あたり)。ちょっと郊外までドライブで出かけるのも気分転換にいいので、行けそうな範囲でしたら出かけさせていただきます。

昨年も多くの女性の方にクンニをさせていただけて感謝ですが、新たな出会いもあり、継続してお付き合いさせていただいている場合もあります。初めてお会いする時には女性の方は緊張もあると思いますが、私も実はかなり緊張していたりします。そういう中で舐め犬という非日常の体験をするとテンションも高まって興奮の度合いも大きくなって、初対面のドキドキ感もいいものですが、私としては2回、3回とお会いするたびに好みの舐め方とか感じ方などが分かってきて、よりリラックスした中で深い快感に浸っていただけるようになると思っていますので、是非とも2,3回は続けて使ってみていただきたいと思っています。

ここ何年かはソフトに舐めるようにしていますが、それではちょっと物足りないという方もいらっしゃるみたいですね。ただ、舐め犬の場合は時間さえあれば3,4時間とか普通に舐めていたりしますので、あまり最初から強く舐めると途中で痛くなってきたりするもので、それでソフトにゆっくり時間をかけて舐めさせていただいています。女性の場合は感度が落ちることなく、舐めれば舐めるほど上がっていきますので、ソフトに舐めていても、最後には、もう無理、とか、これ以上は変になる、とかよくおっしゃる方がいらっしゃるくらいには気持ちよくなっていただけることが多いです。もちろん物足りないときには私の頭を手でつかんでぐいぐいと股間に引き付けていただくのも嬉しいですからその時の欲望に任せて動いていただいて大丈夫です。

舐め犬というのは何年続けていても満足してしまったり、飽きたりすることがないものですね。こうして何年も舐め犬で過ごしていますが、新しい女性と出会うたびに感じ方の違いや、太ももの感触の違いやら、そのたびに新たな興奮を覚えます。クンニしているだけでなくて、お話などをしているのも楽しいもので、このような付き合いなのでかえって何でも自分の性癖やら欲望など、彼氏や旦那様にも話すことができないこともいろいろお話ができて、それだけでもかなりストレス発散とかによいみたいです。

そんなわけで、お会いできた女性の方とは友達みたいに仲良くなりつつも、ご自身の性欲の発散を中心に考えていただいて、私の舌なり、身体なりを好きに使って楽しんでいただけたら、嬉しいです。今年もよろしくお願いいたします。
2017.12.24 Merry Christmas
15141123860.jpeg 15141123680.jpeg 

Merry Christmas

少し寒さもましになったような気がしますが、皆様クリスマスイブはいかがお過ごしでしょうか。私は鶏の骨付き太ももとパエリアをいただきました。パートナーと一緒に過ごされている方も、クリぼっちの方もよい聖夜をお過ごしくださいね。

私はなんと昨日からお休みに入っていますので、これから来年の8日までのんびりと過ごさせていただきます。年内は30日に帰省するまでは暇にしておりますので、気が向いたら舐め犬の方のお誘いもよろしくお願いいたします。時間も自由ですし、午前中とかも大丈夫ですし、車で1時間程度のところでしたら私からお近くまで伺うのも大丈夫ですよ。

夏の終わりころからダイエットというか環境が変わったのもあって1月に1キロくらいずつ順調に痩せてきて、今ではお腹もすっきりとしました。身体が軽いというのはいいものですね。ただソファーに横になっていて立ち上がると立ち眩みをよくするようになった気が、、、鉄分が足りてないのでしょうか。

舐め犬のクンニのいいところはとにかく長い時間舐めていることですよね。舌が柔らかいとか、舐めるのが上手とか言われるのもありますが、女性の場合は感度がなかなか下がらないので続けて愛撫しているとどんどん高みに上って時間さえあれば十分に絶頂を迎えて、その先も体験できるのがいいみたいです。ほとんどの方がオナニーだと1度で止めてしまいますが、舐め犬のクンニに身を任せて、2回、3回、、、とどんどん快感を高めてください。今年のムラムラは今年のうち解消しましょうね。
2017.08.19 夏休み満喫中
昨日からちょっと暑くなってきましたね。例年よりも長くした夏休みですがちょうど半分くらいが過ぎました。まだ1週間以上あるところがすごいですが。

夏休みが始まってからは連続して舐め犬のお約束があったので夢のような日々はあっという間に過ぎ去って、それからはゆっくりとした夏休みを楽しんでいます。大した予定もないのでだいたい家にいて本を読んだり、テレビを見たりする毎日ですが、私の性格上まったく退屈を感じることもなく穏やかに日々が流れていきます。休みに入る前に新しい収納を追加したこともあり、部屋がすっきりと片付いて、そうなると床に落ちている埃にも目がいくもので、掃除機をかけて日々きれいな部屋を維持できるように努力中です。それにしても、埃というものは日々溜まるものですね、寝室はカーペットなのでなかなか気が付かないですが、毎回ダイソンがいっぱり吸い取ってくれます。いったいどこからこんなに埃がやってくるのか。

夏休みの初めに連続して舐め犬をさせていただいて気が付きましたが、やっぱり毎日舐めさせていただいていると身体も慣れてくるのか舐め方も無理なく疲れも少なくできるようになるものですね。これがまた2,3週間ブランクがあったりすると、口を付けたときにちょっとした違和感を感じるのです。というのも、舐めているときはだいたい口全体をペタッと小陰唇にくっつけて覆いながら舌だけをうねうねと動かしているのですが、このペタッとくっつける感じが申し分ないときと、口と女性の腰の角度が微妙にあっていないなというときがあるのですよね。ピタッとはまっているときは、そんなに動きを大きくしなくても、最初の軽くてソフトな舐め方から、だんだんと女性の感度が上がってきて、いざ絶頂を迎えたときにぐいぐいっとしっかり逝っていただくときまで、同じ感じで舐められるのです。一流の投手が、直球もカーブもフォークも全く同じフォームで投げ分けられるという感じ?(違うか)

しっくりとした感じで舐めていると、女性の気持ちのよりポイントもしっかりととらえられますし、私もほとんど疲れることなく舐め続けることができるのでいいことづくめです。あまり休みなしで長く舐めていると、まだ会って回数も浅い方は疲れそうで申し訳ないと思われることも多いですが、黙々と舐めているときは疲れたりせずに、女性のクリトリスの固さとか、ヒクヒクする感じとか、愛液の溢れ具合とかいろいろ舌で感じ取りながら楽しんでいるところですので、気にしなくてよいのですよ。

今日は気が付いたら多摩川の花火大会ですね。家のマンションからは結構大きく見ることができるので、遊びに来てくださる方は歓迎で、これまでお二人くらいがちょど予定が合ってきてくださったりしたのですが、やはり花火は花火、クンニはクンニというわけで、花火を見るのとクンニをするのを一緒にとはいかないものでした。ベランダから立ってみた方が気分が出ますが、ベランダで舐めると暑いですしね。お近くで花火が見たい方はこれからでもおいで下さいね。

あと1週間は夏休みで平日も昼間から暇にしていますので、暑いしとりあえずクンニ、とお考えの女性の方は連絡をお待ちしています。
暑さも和らいできましたけど、西日本方面はかなりの暑さでしたね。出張で飛行機に乗ったのですが、いつもはおじさん、おばさん、おねえさんがほとんどの空港もこの時期は子供たちでいっぱいです。地元の用賀も例年7月の20日あたりにお祭りみたいな催し物があってやはり子供たちが浴衣をきて、ほんとに少子化かと思うくらいに元気いっぱいに夏を楽しんでいます。子どもたちに遅れること数週間、私の夏休みも間近に迫ってきました。なんだか少し、かなり?、嬉しいですね。仕事の時は暑いのは嫌ですが、お休みならまぁ許します。といっても外で活動的に何かをするわけでもなく、部屋からぎらぎらして暑そうな外を眺めるくらいなのですけどね。

今年は10日から20日までお休みの予定で、Twitterでは少し前からお知らせしていたのですが、同時期にお休みで以前にお会いした方がお泊りで来てくださる連絡が入ったりして、夏休みを迎えるにあたってテンションも上がり気味です。平日の昼間に時間が空くのはこんなお休みのときくらいなので、この時期にお会いできる方とお約束できると嬉しいですね。その後、継続してお会いするのはちょっと難しいのが残念なところです。やはりお会いして2,3回目くらいがお互いに緊張もほぐれてリラックスしてクンニを楽しんでいただけるので、気持ちよさも倍増しますから。

このところお会いする方はクンニを長時間してもらったことがないというのもあるでしょうけど、オナニー以外で逝くことが少なくてという方が多い気がします。そもそも挿入で逝ける方が少ないのは前々からお会いした女性の方に聞いたりして分かっていたのですが、クリトリスでもなかなか逝けないの残念なことですね。もちろん時間をかければクリトリスではほとんどの方が逝けるとは思うのですが、ゆっくりとオナニーをできる状況にないとか、いろいろあるのでしょうね。女性が逝くのがどんな感じかは分からないわけですけど、自分が射精で逝くのと、クンニで逝っていただいているときの様子を見たりして、やはり女性も逝く瞬間は身体全体がふわーっとなって意識が気持ちよさだけに包まれて自分が消えていくような感じなのではないかと思います。

話はかわりますが、先月収納用の家具を購入しまして、それまで部屋の奥の方で無駄に空いていた空間が活用されるようになりました。とりあえず、溢れていた本やBDなどが納まって、テレビ台のところもすっきりしましたし、床に本が積んであるのもなくなりました。それはリビングだけで本置き場にしている部屋は相変わらず本が床に並んでいるので、お泊りされる方がおいでになるまでに、少しは片付けておかないと、本の隙間で寝ていただくことになってしまいます。食卓のテーブルもいろんなものが常時置かれていて見苦しかったのですが、それもすっきりして、毎回食卓で食事をしてもいいかなと思うくらいです。この状態でどれくらい続くか分かりませんが、自宅へ来てくださる方が気持ちよく過ごせるようにしたいものです。あまりに生活感があるとクンニをたっぷりと楽しみに来たという背徳感みたいなのがそがれてしまいますよね。

まだ夏休みまで少しありますが、この週末はなんだかもう半分夏休みに入ったような気分で心からだらけてのんびりした気分です。休暇というといつもは出来ないことをこの時期にと張り切る方もいますが、私の場合はただただ何もせずにのんびりと過ごしたいほうです。(舐め犬をするのはもちろん別ですよ、女性の肌にふれていると落ち着いた気持ちになれます)。皆様もそれぞれの夏休みをお楽しみくださいね。お時間があれば舐め犬のお誘いももちろんお待ちしています。
今週は木曜日から3日連続しての舐め犬をさせていただいて、今日日曜日もお約束はあったのですが、生理でキャンセルとなりました。他に、お二人のお誘いが重なってお断りをしなければなりませんでした。こういう普通の時(連休とかでないとき)に、ここまでではなくてもお誘いが重なるときがあるかと思えば、まったくお誘いのない週末もあったりします。でも、どうして集中するのでしょうね。お雛様だからというのもありますが、月齢も今は中途半端だし、たまたまということなのでしょう。

いや、やっぱり春だからでしょうか。きっとそうですよね、今日も暖かかったですし、性欲も暖かさと一緒にムクムクと啓蟄になるのでしょう。

ところで、何年か前になりますが、持続可能な社会とか言われていた時期があって(今でもテーマになったりするのかな?)、その時はそれは何だという気もしていたのですが、社会政策とかその時だけでなくてずっと効果を持って続けられるような、そんな話だと思います。不況た施策でお金を配ってもダメですよ、ちゃんと雇用の持続的確保ができるような仕組みにしてくださいよ、ということですね。

それが何だという方もおられるかと思いますが、クンニもやはり持続可能な舐め方がよいという話です。まだ経験の浅い舐め犬だったころ、クリトリスをはじくように下から舐めあげたりしていると、女性の脚がガクガクと震えてきますが、それを気持ちいいのだと思って、続けていたことがあります。まだまだ女性の身体を分かっていなかった未熟な舐め犬でしたね。クリトリスを直接舐める方が刺激が強くて好きという女性も確かにいらっしゃいますが、たいていの方はちょっとだけならガツンとくる刺激もよいですが、それが続くと痛くなってしまうだけで、ましてや逝けるようにはならないものです。不況でお金を配ってもその瞬間はちょっといい思いができるけど、深ーく逝くという至高の絶頂感には達することができないという感じですね。

最近はできるだけまったりと舐めるようにしています。クリトリスもできるだけ直接は触れずに周りの包皮でくるむようにしてその上から舌で舐めたり、押してみたりしています。男性だってまだ若かりし頃のピンク色の亀頭をぐいぐいと手でこすられると痛いですよね。あれと同じですね。包皮でくるんでいると、そこをじんわりと舌で軽めに押すようにしながら舌をうねうね動かしていると、女性の快感もじんわりと伝わって継続的に高まっていきます。なので、着実に絶頂に近づいていって、もう頂上が見えそうなところで、ぐいぐいっと強めに押すとしっかりと逝っていただけているような気がするのです。頂上が見えたかどうかは女性本人にしかわからないので、間違うこともあるのですけどね。

そんな風にして逝っていただくと、2回目、3回目もクリトリスが痛くはなっていないので、逝った直後のクリトリス周辺の敏感さがおさまれば、またすぐに絶頂へ向けて直実に山登りをはじめられるという感じです。オナニーではだいたい1回逝くとやめてしまうという女性も多いですが、舐め犬では回数が多ければそれでいいとは言いませんが、やはり普段は経験できないことが体験できた方がよいですよね。次の日とかちょっとぐったりとされてしまうかもしれませんが、感度だけが逝くたびに上がって、2回目、3回目とどんどん頂点が高くなっていくような逝き方をして舐め犬を楽しんでいただければ私としても嬉しいです。

とかなんとか、うまいこと言っていますが、どなたでもこんな風に舐められますとは言えないのが残念なところで、やはり個人差があって、、、でも、できるだけ多くの方にこんな風に逝っていただけるような舐め方をこれからも学んでいきたいと思います。Sustainableであることはこんなところでも大切にしなければならないですね。