FC2ブログ
CIさんには前日にメールをいただきました。すでに昼間にCSさんとお会いすることも決まっていましたし、他の女性に舐め犬した後にお会いするのは女性の方もお嫌だろうと、これまでは1日のお二人の方にお会いすることはなかったのですが、遠くからコンサートに東京に来られる機会にとお誘いいただいたこともあり、CIさんも気にしないとのことでしたので、コンサート終わりにお会いする約束をしました。

あまり時間もなかったので、お会いしてすぐにホテルへ向かいました。アラフォーのCIさんは気さくな感じの方でお会いして普通な感じでお話しながらホテルにはいったのですが、ネットで会うのも初めてのことで、実はかなりドキドキされていたとのことです。前日にメールしたのも、何日も前から約束していたら多分途中で気が変わってしまうので、ちょうど東京へ行く機会に思い切って約束することで、なんとかなめ犬体験できるかなと思われたそうです。

部屋に入ってすぐにシャワーを浴びていただきました。その後、私も汗をかいていたのでシャワーをして、ベッドに横になっていただきました。スポーツをされていたとのことで、ふくらはぎもしっかりとある脚をされています。CIさんは好きではないそうですが、女性が理想とするモデルのような棒のような細い脚よりは、ふくらはぎもはっきりしている脚の方が私は魅力的だと思います。(多分多くの男性もそうじゃないのかな)。

太ももの内側から舐めたりキスしたりしながら徐々に割れ目の方へ舌を近づけて、割れ目にたどり着くと、うっすらと愛液がしみ出していました。時間があまりなかったので、それから1時間程度になりましたが、ずっと舐め続けて気持ちよくなっていただこうと思いました。最初はCIさんはそんなに声も出さずに舌の感触を味わっていただいていたようですが、だんだんクリトリスも固くなってきて、下から弾くようにぺろぺろすると、脚もそれに合わせてぴくぴくするようになり、CIさんも私の手を強く握って、声も大きくなりだしました。

最初にお会いするときの舐める強さはいつも気を使うのですが、強めに舐めても大丈夫そうなことが分かってきましたので、クリトリスの周りに唇を押し付けるようにして、飛び出したクリトリスを刺激するようにしました。クリトリスの下の方を舌で刺激するとCIさんの声も反応も大きくなります。刺激を続けるとCIさんの腰が舌に合わせてビクビクと連続して震えてきます。ソフトに舌全体でクリトリスを包むようにするよりも、飛び出したクリトリスを直接刺激するほうが気持ちがよかったとのことです。充分に感じていただいた後には、クリトリスの下のポイントを軽く刺激するだけでも声も大きくなります。

まだまだCIさんには気持ちよくなっていただきかったのですが、時間が来てしまったので、その後少しだけベッドに横になってお話しました。本当は舐めるだけでなくて時々お話などもしながら、ゆっくりと楽しんでいただきたかったのですが、時間が限られていて黙々とクンニしていたので、ちょっと残念でした。コンサートでまた東京へ来られる予定もあるとのことですので、次はもう少しのんびりとしていただければと思います。
連休も残り少なくなってしまいましたが、今日はKAさんにお会いしてきました。3日に入ったところでメールをいただいて、その時点では舐め犬の予定もなかったのですが、お返事をお待ちしている間に昨日のEMさんからお誘いをいただいてしまったので、お仕事帰りになってしまいますが、今日の6日でも大丈夫とのことでしたので、夜に渋谷でお会いしました。KAさんは40代の目鼻立ちがはっきりした理知的な感じの女性でした(お話ししても実際にそうでしたが)。

メールでも今日はかなり緊張しているようにおっしゃっていたのですが、お会いしてからも確かに緊張されていました。お誘いいただく方の多くがネットでの出会いは初めてとおっしゃるのですが、KAさんも初めてのことで、どうしてメール送っちゃったのかな、と自分でも大胆なことをしてしまったと話されていました。とりあえず、ホテルへ入って、シャワーを浴びてガウンに着替えると少しは落ち着くかも知れませんと、シャワーをお薦めしてみました。ベッドに横になっていただいたものの、やはり緊張はすぐには解けない様子です。

脚の方をなでさせていただきながら、少しお話をして、落ち着いたところで足元から舐めはじめました。太ももからふくらはぎにかけて、すべすべのもちっとした肌の感触が気持ち良いです。緊張はされていますが、私に身を預けてくださっているので、太ももの間に入らせていただいて、徐々に上に向かって舐めていきます。中心部にたどり着くと、柔らかい小陰唇のまわりをゆっくりと舐めていきます。KAさんは静かに舌の感触を味わっていらっしゃるようです。



最初はあまり濡れてはいらっしゃらなかったので、あまり強くならない程度にゆっくりと時間をかけて舌を広げながらクンニさせていただきました。しばらくして、身体もほぐれてきたのか、クリトリスが少し固くなってきたのが感じられました。そのあたりから声のほうも漏れはじめました。唇を離して、舌だけで、クリトリスを下からペロペロと舐めると、KAさんの反応も大きくなり、徐々にクリトリスも本来の大きさになってきました。その頃には舌の先に愛液の味をあじわうことができたので、緊張もほぐれて感じていただけているようです。

一度クリトリスが大きくなると、KAさんの腰の動きもおおきくなり、声も大きくなっってきます。そのまま舐め続けるて、大きく感じたり、少し落ち着いたりを繰り返していましたが、かなり息も激しくなっておられたのでほんの少し休憩して水分補給です。休憩中に、KAさんは逝く感覚がよくわからないとおっしゃっいました。以前にYMさんに初めてお会いした時も逝ったことがないとおっしゃっていたのですが、KAさんの場合はクリトリスも充分に固くなっているので、気持ちはよさそうにしてくださっていました。

休憩後には、すぐにクリトリスももとの大きさになり、休憩前よりもKAさんの反応も大きくなりました。勃起したクリトリスの下側に舌を当てて、軽く動かすだけで、大きな声がでるようになり、かなり感じている様子です。その後は、割れ目全体をペロンと舐めたり、クリトリスの下側のKAさんが一番感じるところを軽く刺激したりを、繰り返していましたが、繰り返すたびにKAさんの声も大きくなり、どんどん感じ易い状態に変化していくのが分かりました。

結局2回ほど短い休憩を挟んでクンニさせていただいたのですが、逝っていただけたのかどうかは定かではありませんが、舐め方も痛いということもなく、気持よく時間を過ごしていただけたそうです。終わってから、お芝居やら映画などの話が少し盛り上がって、しばしお話をしてから、ホテルをでました。
連休も後半に入ってしまいましたが、2,3日あたりにパラパラとお誘いをいただいて、EMさんからも久しぶりにお誘いをいただきました。最初にお会いしたのが12月の初めなので、半年ぶりくらいになります。お約束をしてから、自分のブログを見なおして、EMさんとはどんな風に舐め犬をしたのかを思い出しました。そうそう、とても逝きやすい方でした。

お住まいが比較的お近くなので最初から家でお会いしたのですが、今日も昼過ぎに用賀の方まで来てくださいました。部屋に入ってしばしいろんなお話などをしていたのですが、時間が過ぎてしまいますので、適当なところでシャワーを浴びていただきました。持参の黒いスリップ1枚になって、出てこられたので、そのまま寝室へご案内して、私は歯を磨きました。

お子さんがいらっしゃるので、帰りの時間を携帯のアラームでセットして、ベッドへ入り、脚の方からすこしなでなでさせていただきます。もう寒くもないので、掛け布団は全部下に落として、脛のあたりから舌を合わせていきました。何度舐め犬をしても、徐々に脚の付け根へ舌を這わせていく始まりの感覚は興奮します。少し体勢を変えて、M字に開いた脚の間にもぐりこんで、今度は太ももの内側からヘアーの生え際くらいまで、キスのような、舐めるような感じで、脚の感触を楽しませていただきました。



EMさんは感じ過ぎるくらい感じ易い方なので、かなりソフトに割れ目の周りを舌でまさぐり、中心部を上からそっと舐めてみます。すでに、たくさんの愛液で潤っています。クリトリスへは直接触らないようにして、小陰唇を口に含んだり、膣の周りに舌を這わせたりして、あまり早く逝かずに感触を楽しんでいただけるようにしました。それでも、しばらくするとクリトリスが下から包皮を押し上げるように、大きく固くなっているのが分かりました。

クリトリスへ軽く舌を震わせてみたり、膣の中へ舌先を入れたり、交互にクンニしていたのですが、それでもクリトリスへ少し触れると逝きそうなくらいになっておられたので、すっきりと逝っていただきました。一度敏感になってしまったクリトリスは限界を知らないかのように、少し続けて刺激するだけで、何度でも逝けるようになってしまいました。EMさんの息もかなり荒くなってきましたので、しばらく膣の周りを刺激するようにしていたところ、しばしの間は落ち着いていたEMさんですが、クリトリスではなく、膣の周りで逝ってしまわれました。

一瞬休憩したときに伺ったところでは、クリトリスで逝くのと、膣の周りで逝くのとは、ずいぶんと違うとのことです。膣の周りのほうが静かに気持ちよく逝けるとのことで、クリトリスはガツンと大きな快感だそうです。私の経験でも膣の周りや舌先の挿入で逝かれたのは多分初めてではないかと思います。それだけ、クリトリスの刺激で全体に敏感になっておられたということなのでしょうか。そんなことですから、クリトリスのほうは少し刺激するだけで1分もただずに逝く状態で、そのまま何度逝っていただいたのかも分かりません。

携帯のアラームで時間が来たことが分かると、最後なので、いつものように唇を押し当ててクリトリスが飛び出すようにして、大きく固くなったクリトリスの先端を舌で弾くように刺激したところ、連続して激しく逝っていただけたようです。そのまましばしぐったりとしておられましたが、写真を撮らせていただくときに、先日買った抱き枕と一緒に写ってくださいました。抱き枕のほうはちょっと大きすぎて、舐め犬の時につかまっていただくには、もう少し細めでふにゃふにゃしたくらいのものの方がよかったみたいです。
GWも半ばにさしかかりましたね。震災の影響で行楽地も予約が減っていると聞きましたが、高速道路などの混雑具合をみるとそうでもなさそうです。お金は使って回さないと復興にも役に立たないですしね。

最近は出会い系のサイトも日記など書けたりして、mixiみたいな感じで女性どおしのつながりなどもできつつあるようです。まぁ、割り切りの相手を見つけるだけの場所よりは、楽しみも増えてよいことだと思います。

私は舐め犬の性格上、日記はクンニで検索して見ているわけですが、舐め犬に関することもちらほらと見かけるようになりました。そんな日記の中に、「舐めるだけで満足です」という掲示板の書き込みが増えたと、書いている女性の方がいらっしゃいました。私が掲示板に書きだした頃は、ほんとに舐めるだけでいいのですか?、というメッセージが来たものですが、クンニだけで満足する男性がいるということは少しは広まってきているようです。

ただその日記をもう少し読むと、舐め犬が増えたというよりも、舐めるだけで満足ということで会ってみよういう女性のハードルが下がることが目的になっている、とその方は書いていました。昔から偽舐め犬とかいって、「キス、フェラ、挿入」はなしで構いませんと言いながら、会ってみると挿入を強要される、ということがあったと女性の方からはよく聞いていたのですが、舐め犬専用の掲示板だけではなく、出会い系の掲示板にもそんな偽舐め犬が増えてきたということでしょうかね。

女性の間で舐め犬の認知度が少し上がったのは嬉しいことですが、反対に偽舐め犬も増えてしまうのでしょうね。ただ、日記などを書けるようになって、女性同士のコミュニケーションも増えているので、そのような不埒な舐め犬は淘汰されていくのだろうなと思いたいですね。普通のセックスを求める女性もいるわけですから、わざわざ偽舐め犬みたいなことをして信頼を失うよりも、最初からセックスを楽しみましょうと、掲示板で募集したほうがいいと思うのですけどね。