FC2ブログ
KMさんとは3月にお会いして以来です。7月に久々にメールを頂いたのですが、セフレさんがいらっしゃるので、うまくいっていて舐め犬は要らなくなったのかなと思っていたら、お仕事が忙しくて時間がなかったそうで、舐め犬はセフレとはまた別、と嬉しい返事をいただいていました。今日の夜なら空いていると再びメールをいただいたので、ちょうど芝居終わりで時間もありましたので、お会いすることができました。お仕事帰りですが、黒い上に下は白いフレアのミニスカートで20代の女性のような服装で待ち合わせに来られました。それがまた違和感がないところがすごいです。

そのままいつものホテルへ向かいました。KMさんは性格がほがらかというか舐め犬のお付き合いも屈託のない感じでお会いしていなかった時のことなどをお話ししながら、ホテルへ着きました。あまり時間もないので、さっそくシャワーを浴びていただいて、私も昼から出かけていたのでシャワーを浴びて、ベッドで寄り添いました。相変わらず張りのあるスベスベの太ももは魅力的です。久しぶりでちょっと恥ずかしいからと下着は付けたままでしたが、太ももから脚の付け根へ舌を這わせるとすでに感じてきておられます。

DSC_0033.jpg

パンティをとって直接舌を持って行くと、あっ、と声が漏れました。舐め始めてすぐにもクリトリスが固くなってきていました。久しぶりで感じていただけているようです。その後、ソファーのほうへ移動して、大きく脚を広げながら固くなったクリトリスを刺激していると私の頭に手を添えながら少し強めにクリトリスを押し付けるようにして感じでくださいました。その後は再びベッドへ戻るのですが、四つん這いになり、後ろから舐めることになりました。おしりの穴も丸見え状態ですが、下からおしりの穴まで舐めあげたり、鼻を膣の入口に押し付けながらクリトリスと舐め続けたりします。

最後には仰向けになり脚を閉じたほうが逝きやすいので、その状態で身体をガクガクさせながら逝っていただけました。KMさんは身体を鍛えるのが好きなので、いつも元気でこんなふうにいろいろな体勢で舐め犬をさせていただけます。少し横になりながら、胸から脇腹あたりと舐めさせていただいていると、胸がすごく感じるようです。以前お会いしていたときはそれほどでもなかったような記憶があるのですが、お聞きしたところお会いしてない間にいろいろ開発されて胸がすごく感じるようになったそうです。女性の方は年齢ともに感じやすい身体になっていくのでしょうか、うらやましいですね。

DSC_0036.jpg

しばし、お話をしていましたら、ハプバーへも行かれたとのことで、そのお話は行ったことのない私にはとても興味深いものでした。私のほうも最近くぐり椅子なるものを注文して今日辺り届いているはず、というお話をしていたところ、くぐり椅子だとこんなふうになるのとおっしゃいながら顔面騎乗の体勢で私の上にまたがってこられました。そのまま膣の中へ舌をいれたり、クリトリスを私の舌に押し付けるようにされたりしながら、かなり長く上に乗っていただいて、逝っていただけました。KMさんは体力が有り余っているのでいくらでも逝ける方です。

そこでまた一休みしながら胸やら脇腹へ舌を這わせていると、やはり胸はとても感じるらしく、胸で逝きそうになったとのことです。いろいろ開発されているKMさんですが、脇の下あたりも感じやすくて、胸を舐めながら脇の下へ手を潜らせているととても気持ちよさそうにされていました。途中から私のペニスも握ってくださっていたので、私の方も気持ちよくなれました。そうこうしている内に設定してあったアラームがなってしまいましたので、終となってしまいました。やはり舐め犬はホテルでする場合にはサービスタイムのゆっくりとした時間帯がよいですね。

KMさんとお会いしているといつも私も元気をもらうような感じで、楽しく時間は過ぎていきます。最近、セフレさんが写真を取るのが好きになったそうで、私も何枚か撮らせて頂きました。久しぶりではありましたが、こうして私のことを覚えていてくださって、お誘いいただけて楽しい週末となりました。
夏は舐め犬の出会いの季節でもあり、今日で3日続けて舐め犬をさせていただいています。MMI(アルファベット2文字は諦めました)さんとは某有名SNSでメッセージを頂いて知り合いました。メッセージのやり取りの中で舐めてもらいたいという話になり、お住まいが私の職場の近くでもありましたので、こうして平日の夜ですがお会いすることができました。MMIさんは私と同じ40代のぽちゃな感じの独身の女性でした。

最寄りの駅に車をつけるとMMIさんが車を見つけてくださって、近づいてこられました。仕事終わりだったのですが、おにぎりを買ってきてくださって、ホテルに入ると早速いただきました。いつもならここで女性の方にシャワーをしていただくところなのですが、MMIさんは家を出る前にシャワーをされてきたとのことで、一日働いていた私のほうがシャワーを使わせていただくことになりました。シャワーを終えて部屋に戻ってくると、MMIさんはベッドの上で照明などをいろいろ変化させて遊んでおられました。赤いランプが天井で1つだけボーっと光るのは昔のラブホテルっぽくて面白そうです。

ベッドでMMIさんの隣に近寄って、足元をなでさせていただきながらワンピースをめくり気味にして太もものあたりから舐め始めました。(後からお話ししている時におっしゃっていたのですが、普通はキスや、胸辺りから触れ合うのがふつうのところを脚からいきなり舐め始めたので、それに興奮されてしまったとのことです。)太ももの内側から付け根辺りに舌を這わせていたところ、脱がせて、とおっしゃると同時にパンティを脱いで頂きました。

割れ目の上から舐め始めると、太ももの時とはガラっと変わって腰をくねらせてとても感じていらっしゃるようです。その後もあまりにも腰を動かされるので、舌がクリトリスから外れたりしていたのですが、舐めだしてあまり時間もかからずに逝ってしまわれたようです。その後も、MMIさんはすごく逝きやすい体質のようで、少し舐めると最後は私の顔にこすりつけるようにして逝かれることの繰り返しで、何度逝っていただいたのかも分からないくらいです。逝く時には少しおしっこと潮のほうも同時に吹かれるようで、何度も逝かれているうちに、私の顔も布団のカバーもびしょびしょ状態でした。

こんなに早く何度も逝ってくださる方は今まででもあまりありませんでした。なので、そんなに長くは舐めていないのですが、MMIさんが限界に達したので、しばし休憩としました。その時のお話で、やはり40代になると性欲も増すし、感じ方もすごくよくなったとおっしゃっていて、こんなに逝きやすくなったのも、40代になってからのことだそうです。女性の性欲って奥が深いものですね。その後も2回ほど休憩をいれて舐めさせていただいたのですが、いずれも実際になめている時間はそんなに長くはなくて、MMIさんが逝きすぎて無理な状態になっての休憩でした。

舐めている時間は短かったのですが、その分たくさんお話をしたように思います。もちろん感じやすさの話もしましたが、これまで経験の話などして、帰るまでにはかなり打ち解けてしまいました。ブログへはどんなふうに書くのかと興味を持っていただいたのですが、写真の方はNGで残念です。ホテルを出てきた頃には道も空いていて、MMIさんのお住まいの近くまでお送りして、帰ってきましたが、さすがにあっという間に家まで戻ってきました。
KNさんとはほんの2,3日前にメールでお誘いをいただきました。ご本人もお会いした時に簡単に会うのを決めすぎたかな、とはおっしゃっていましたが、お会いするタイミングっていろいろで、すぐにお会いする約束が決まってしまう場合もあれば、なかなかお互いの予定が合わずにお会い出来なかったり。KNさんとは出会い系で知り合いましたので、簡単なプロフもわかっていましたし、そんなに不安もなくお約束できました。アラフォーの独身の女性で、膝上くらいの黒いスカートにストッキングが脚フェチの私のはぐっときました。

駅から軽くお話をしながらそのままホテルへ入りました。前もってサービス時間の長いゆっくりできるホテルへ入ってみたのですが、日曜日のお昼というのにすでに満室でした。仕方ないので他のホテルになりましたが、部屋がかなり狭いのにちょっとびっくりです。ベッドに腰掛けて少しお話ししました。シャワーも家を出る前に浴びてこられたとのことでしたので、ストッキングを脱いでいただいて、ベッドに座ったままの体勢で私が下へおりて太もものあたりから少しだけ舐めさせていただきました。

DSC_0030.jpg

そのあと服が皺になってはいけないので、下着になっていただいて、ベッドでM字開脚の体勢で私が脚の間に入って行きます。すべすべしてとてもはりがあってプリンプリンの太ももを舐めさせていただいているとすごく癒されます。運動も特にされていないとのことですが、太ももからおしりにかけてプリンとした感触は格別です。前はもっとおしりが上がっていたそうですので、すごく良いスタイルされていたんだろうなと想像できます。パンティをとって割れ目の上から舌を這わせると、すでにたくさん濡れていました。濡れやすいのですかとの質問には、いつものセックスではシーツが濡れてしまうほどとのことです。

最初は舌を平たくして、小陰唇の周りやら、膣の入口やら、愛液を舐めとりながら全体にまったりと舐めさせて頂きました。その後、クリトリスの上あたりを小刻みに刺激しているとだんだん固く盛り上がってくるのがわかり、それと同時にKNさんからも声が漏れはじめました。はやり、最初は緊張されていたのだと思いますが、舌の感触にも慣れてきてからは身体がビクンとなったり、はっきりと反応が見られました。濡れやすいとおっしゃった通り、時々下の方へ舌を伸ばすと、おしりの穴のあたりまで愛液が垂れてきています。

そのまま舐めつづけて、クリトリスが剥けてきたところを刺激していると、ヒクヒクする感じと共に身体を震わせて、あ~、と声をあげられたので逝っていただけたのではないかと思います。KNさんは逝った後にすっとクリトリスがしぼむ感じになるようです。飲み物も飲まずにクンニを始めていたことにその時になって気がついたので、休憩とともに飲み物を冷蔵庫からいただきました。部屋は狭いですが、サービス・ドリンクが5本もあってちょっとびっくりです。しばしまどろんでいる間に後ろから抱きかかえるようにしていましたが、ブラをまだつけておられたので、とって楽になっていただきました。

KNさんから背中が感じるおっしゃっていただいたので、胸を舐めた後は、後ろ向きになっていただいて背中に舌を這わせました。すべすべして綺麗な背中をされていました。初対面でしたが、身体をふれあうことで緊張もほぐれて少しお話もしました。休憩を2回ほど挟んでクンニをさせていただきましたが、KNさんはクリトリスを少し強めに下から弾くようにするのが一番よいらしく、しばらくは静かにされていても、尿道あたりがヒクヒクしてくると呼吸が荒くなり始めて、逝く時には、あ~、と長く声を出しながら身体を震わせて逝っていただけるようです。

ホテルは休憩で3時間でしたので、アラームをセットしていたのですが、クンニの途中で時間となってしまい、帰り支度となりました。ホテルを出る時に私がこれから芝居を見に行くというお話をしていたら、KNさんも実は昔よく行ってらっしゃったとのことで、そんな話ができていればもっと早く打ち解けられたのかも知れないです。
2011.08.07 夏ですねぇ
今週は舐め犬のお約束もなくぶらぶらしていましたが、暑いですねぇ。今日は渋谷へ芝居を見に行ってきたのですが、劇場を出たら雨になっていて、蒸し暑さ満開でそそくさと地下の書店へ入りました。でも、そこもほどほどの冷房であまりすっきりせずです。道行く若者たちは夏休み満喫中みたいで、ちょっとくらいの雨など平気で傘をささずに歩いています。

舐め犬のお付き合いでは、若くて20代後半くらいの方になりますので、渋谷を行くような若い女性との接点はほとんどないですね。女性も年齢によって、好みや感じ方も違うのでしょうけど、道行く彼女たちはどんなふうにクンニを楽しむのかななんて不埒なことも頭をよぎりましたが、蒸し暑さに負けてしまします。

お会いした女性の方とはセックスでの好みなどの話ももちろんするのですが、やはり意外なのは挿入で気持ちいいと感じる女性が少ないことと、反対に挿入されたくないという女性も少なくないことです。もちろん舐め犬の私をお誘いいただく女性の方ですから、挿入よりはクンニが好きなのは当たり前ですが、いったい世の中の女性で挿入で逝ける方はどれくらいいるのだろうかと考えてしまします。

クンニで逝ったあとは挿入も格別気持ちいいという話も聞きますので、単に挿入といっても、いきなりなのか、じっくりとクンニなりで前戯をした後なのかでも違ってくるのでしょうね。多分お付き合いした男性がどんな愛し方をされたかによって、挿入嫌いになっておられる女性も多いのではないかと思いますが、それはちょっともったいないことですね。セックスを楽しむのは彼氏やセフレさんで、クンニだけしてもらいたい時は舐め犬という風に使い分けておられる方も多いですから、女性は楽しみが1つ多くていいなと思ったりしています。

そろそろ夏休みも近づいてきましたので、休みに向けてちょっと頑張って仕事もしていますが、夏休みにすることがなければぜひとも用賀のほうへお立ち寄りくださいませ。