FC2ブログ
HLさんとは実は先週の台風の日にお約束していたのですが、夕方にお会いする約束でしたし、さすがに雨風が激しくなってきて中止したほうがよかろうということで、中止となりました。私のほうは休暇に入っていますので、いつでも大丈夫ということで、今日お会いすることになりました。お仕事でやや近くまでいらしていたので、帰りはお送りするという約束で、用賀まで足をのばしてくださいました。40代の色の白い背の高い方でした。

お茶菓子を持ってきてくださったので、一緒に食べながら、ご夫婦のお話やら、結構長い間させていただいたのですが、お会いした女性のお話などを伺うと結婚生活には独身の私に分からないいろいろなご苦労やらがあるようですね。レス状態で、HLさんとしては悶々とした日々を送っておられたところ、私のブログを御覧になって思い切ってコンタクトしてくださったそうです。やはりせっかく生まれてきたのですから、あまり窮屈に考えずに自分のしたいように生きるのがよいですよね。HLさんはよくしゃべる方でリビングの方もかなり暗くなってきましたので、そろそろということで、シャワーをして頂きました。

rps20110928_094840.jpg

舐め犬用にキャミソールを持ってきていただいていて、シャワーを浴びた後に着て出てこられました。そのまま寝室の方へご案内して、ベッドに横になって頂きました。背が高いのもありますが、骨盤が大きくしっかりした腰をされていて、長い脚の太ももの間に入らせていただくと、なんとなく安心感があります。太ももの内側から舐め始めて、程良く感じてこられたところで、パンティをとって中心へと舌を移動します。すでにかなり濡れておられました。最初はそれほどでもなかったのですが、だんだんとクリトリスも固くなり、舌ではっきりと形が分かるくらいの大きさになってきます。

オナニーはよくされているようで、露出したクリトリスを普通に舐めても痛みとかもなく、気持よく感じていただけているようです。クリトリスの下側あたりを舌先で刺激するのが好きな方は割りと多いと思うのですが、HLさんもそのあたりを刺激しだすと、気持ちいい、とおっしゃって感じておられました。

rps20110928_095034.jpg

しっかりと感じて頂いているうちに、時々、逝きそう、とおっしゃるのですが、そのたびにクリトリスがしぼんで最後まですっきりと逝っていただけないようです。これまでも女性が逝く時にはクリトリスが逝っているあいだはしぼむ方は多いように感じていましたが、HLさんは逝く少し前にしぼむようで、舌がしっかりと届かなくなるので、何度も逝く寸前までで終わる感じになってしまいました。それでも、オナニーでは逝く前の気持ちいい感触がすぐに終わってしまうので、こうして逝きそうでいかない状態を続けられるのも気持ちのよいものだとおっしゃって下さいました。

途中、2回ほど休憩を入れて、残りの時間の殆どをクリトリスの刺激に費やしたのですが、HLさんのクリトリスは刺激には強いようで、クリトリスもしぼんだり、固くなったりを繰り返しました。かなり長時間舐めていましたので、クリトリスも軽く舐めるだけでも敏感になり、少し強めに舐めるとより深く感じていただいているようです。途中で気持ちよくなり過ぎて、脚をつるという事態にもなったりしましたが(M字開脚の同じ姿勢でおられたので力が入ってしまったのかも知れないですね)、筋肉を伸ばして差し上げたら問題なく歩けるようになりました。

今回のように平日の早い時間から舐め犬ができるようになって、休暇の良さをしみじみと感じています。
まだ少し暑さが残りますが、今日は夕方からMIMさんにお会いして頂きました。連休の少し前にメールを頂いて数回のやり取りのあとにお会いすることになりました。メールの時点では写真もブログもNGということで、そのつもりでお会いしたのですが、帰ってからのメールでブログに書いてもよいと言っていただけたので、せっかくですから思い出に書かせていただくことにしました。

MIMさんは40代の主婦の方です。夫婦の間ではレスとのことですが、どうしてこんなにスタイルがいいMIMさんと旦那様はレスになってしまうのか、結婚したことのない私には不思議でなりません。一緒に長く生活を共にするとはそういうことなんでしょうかね。ネットでの出会いも初めてとのことで、かなり緊張されていたようですが、待ち合わせ場所で軽く挨拶をしてそのままラブホテルの方へ直行しました。連休ということもありお目当てのラブホテルは満室だったので、3軒目で部屋があいているところへ落ち着けました。

部屋で少しお茶を飲んで落ち着いたあと、順番にシャワーを浴びて、ホテルのガウンに着替えました。MIMさんはもちろん舐め犬も初めてとのことで、お任せします、とのことでしたので、まずは脚の方から舐めさせていただきました。太ももの内側から脚の付け根まで徐々に近づいていくと、付け根のところでは、身体がビクンと反応されます。パンティは黒のレースで、最初でもありますので、付け根あたりを丹念に舐めさせていただいた後に、脱いで頂きました。はじめは脚を大きく開くことを躊躇されていたようですが、だんだんと舌の感触にも慣れてこられた頃には、もっとよく気持ち良い感覚を受け止めようとされたのか、脚も大きく開いて舐めやすくしてくださいました。

小陰唇の周りからゆっくりと舌をすすめるのですが、その後に、間に舌を割りこませた時にはすでに充分に感じておられたのか、声が漏れはじめました。あまり強くならないようにソフトに舐め続けていると、こんな気持いいの初めて、と言っていただけました。しばらくするとクリトリスも盛り上がってきているのが分かりましたが、強さの加減がまだわからないので、無理に剥いたりせずに皮の上から強弱をつけるようにして、刺激させて頂きます。そうこうするうちに、MIMさんが手をクリトリスのあたりに持ってこられて、フタをするようにして、ちょっと休憩となりました。

あまり反応の大きな方ではないので逝っていただけたのかどうかは定かではありませんが、しばしベッドに横になりまどろんでおられました。その間に胸やお腹あたりを舐めさせていただいたりはしていましたが。そのうちうつぶせになられたので、背中を舐めながら手をクリトリスのあたりに添えるようにしていると、腰を浮かせるようにされたので、そのまま四つん這いの体勢で後ろから舐めさせて頂きました。そして、そのまま私が脚の間に潜りこむようにして、自然と顔面騎乗の体勢になりました。クリトリスもしっかりと大きく固くなってかなり感じていただけたようですが、途中から、69の体勢を希望されたので、身体の向きを入れ替えて、私も気持ちよくさせて頂きました。

しばらくすると入れて欲しいとおっしゃるので、トライするものの、69の時には元気だったのですが、私も初対面ということで緊張もあったと思いますが、残念ながら役立たずで挿入までは至りませんでした。代わりにクンニで感じていただけるように、しっかりと舐めさせて頂きました。MIMさんは時々手をクリトリスのところへもって来られるので、もう充分なのか、強すぎるのか、いろいろ考えたりしましたが、後で伺ったところでは特にどうということはないとのことでした。それならばもう少し強めに舐めてより深く感じていただきたほうがよかったのかなとか思いました。最後はうつぶせになってまどろんでおられるので、腰のあたりをマッサージなどしながら、舐め犬のことなどお話などしてまったりと過ごしました。こんな気持のいいことを知ってしまった、と言っていただけたのは嬉しい限りです。

MIMさんはそのまま眠ってしまいたそうなくらいうつぶせになったままじっとしておられましたが、ホテルの時間も終わりに近づいたので、帰り支度をしました。ホテルを出ると今にも雨が降りそうな空模様でしたが、緊張もほぐれてお話をしながら駅まで歩いて、お別れしました。ブロクに書けるとは思っていなかったので、綺麗な身体の写真を撮らせていただかなかったのが残念です。
明日から休暇に入ります。といっても連休なので休暇に入る方は多いと思いますが、私はなんと1月ほどの長いお休みに入ります。別に人員削減されているわけではないのですが、これから定年するまでこんなに長いお休みはなかなか取れないですね。この休みの間にたまった本やら映画やらいろいろ楽しみたいと思います。もちろん舐め犬の方も時間はたっぷりあるので、平日の昼間からお誘いなんていただいてまったりと楽しく過ごすことも期待しております。

ブログの方も最近はお会いした体験談ばかりでワンパターンだったので、できるだけ思っていることなどを書いてこの期間だけでもたくさん更新できればなと思っています。

そういえば、先日国田さんの真似っ子をして、くぐり椅子なるものを購入しましたが、調子に乗って今度はQueening Chairというそのものズバリの顔面騎乗用の椅子を買ってみました。イギリスのお店ですが、円高のこの時期に購入するのは調度良かったかも知れません。明日届くみたいですが、組み立て式でコンパクトになるのでキャンプにもどうぞみたいなことが書かれていました。だからといってこんなのをキャンプに持っていく人はそうはいないですよね。それ以前に買って持っている人自体がそうはいないでしょうけど。

興味ある方は我が家へ来ていただけると使って見ることができます。一度いかがでしょうか。

残暑が厳しいですが、この週末くらいで本来の秋の風情にもどるのでしょうかね。夏は暑くてリフレッシュのために舐め犬をと言っていましたが、秋は秋で過ごしやすい気候ですし舐め犬を探しに出かけてみませんか。