FC2ブログ
今日は朝から天気がよくなかったですが、先週お会いしたANNさんが舐め犬(ユリイカ?)依存症とのことで、今週もとお誘いをくださいました。あいにく午後から用事がおありとのことだったのですが、それならば午前中からでも大丈夫ですよ、ということで、朝から家まできてくださいました。前回家へきていただいたので、一人で行ってみるとおっしゃったのですが、すこし道を迷われて、到着がおそくなったので、舐め犬の時間は2時間くらいになってしまいました。

リビングのソファーに座ると同時に、先週の快感を思い出して、抱きついてきて下さいました。もうここでいい、とおっしゃったのですが、明るいですし、寝室のほうへご案内して、そこで服を脱いでいただきます。今日はレギンスに短めのスカートですごく可愛らしい服装をされていましたが、スカート、靴下、レギンスの順に脱がさせて頂きました。時間もないので下だけでいいかなと話していたのですが、ちょっと暑かったので、上も脱ぐことになりました。早速ということで、太ももの間にはいって、舐め始めたのですが、まだ緊張するとのことで、しばし抱き合ってキスなどしながら落ち着いたところで、再び下の方へ降りて行きました。

rps20111119_180956.jpg

エクササイズを欠かさないANNさんの弾力のある太ももはとても気持ちがよいです。感じてこられると、その太ももで私の顔を挟むようにされるのですが、舐め犬にとってはとても嬉しいことです。前回は舐め犬は初めてですし、ずっと旦那様とはレスで男性との接触も久しぶりとのことで、いろいろ体勢を変えたりとかありましたが、今回は逝くことにこだわらずにじっくりと舌の感触を味わってください、ということで、M字開脚の体勢でじっくりと舐めさせて頂きました。

前回はクリトリスを刺激しすぎたところがありましたので、舌を平らにして、クリトリス全体を覆うようにして、舐めさせていただきます。ANNさんは、普通に抱き合っているのが気持ちいのと一緒で、クンニも舌を動かさなくても舌に覆われている存在感が気持ちいいとおっしゃいます。といっても、やはり少しは動かしたくなりますから、なるべく舌を尖らせない様にして、上下と左右にゆっくりと動かしてクンニをしました。途中で、感じてこらられて、じっとしていられなくなったのか、身体を起こして、私に抱きつこうとされたりしたのですが、そうすると舐め続けることができないので、どうされたいんですかということで、お互いに笑ったりしてしまいました。

rps20111119_180925.jpg

再びM字開脚の体勢に戻っていただいて、クンニをしていましたが、しばし休憩ということで、抱き合ったりしながら落ち着いていただきました。その後、ANNさんの方から69の体勢で私の上へ乗って来られて、フェラをしていただきながらのクンニとなりました。しばらくするとフェラも出来ないくらいに感じてこられて、顔面騎乗とは逆向きですが、下からのクンニをしばし楽しんで頂きました。途中で、お帰りになる時間をセットしたアラームがなってしまったのですが、これからがいいところなのに、とANNさんはその後も時間の許す限り、ギリギリまでクンニを楽しんでいただきました。

今日は時間も限られていましたので、帰り支度もかなり慌ただしくなりましたが、今度はもう少し余裕をもって楽しんでいただきたいと思います。お昼ごはんを食べるために、駅の方までANNさんをお送りして、お別れしました。
2011.11.17 レスな関係
寒くなりました。インフルエンザの予防接種を先日しましたが、腕がちょっと腫れていて痛いです。

お誘いいただく女性の方の多くは既婚の方です。お話を伺っているとほとんどの方がレス状態だとか。お会いしているとスタイルもよくて魅力的な身体をされている方が多いのに、旦那様ももったいないことをされるものだといつも思っています。まぁ、ずっと独身の私にはあまり夫婦関係のことは分かっていないですが、一緒に生活していると女性として見なくなるという月並みな理由なのでしょうかね。

かと言って旦那様が浮気などして外で別の女性とは会っているということでもないようなのです。昨今の草食系男子というのは、若者だけのことではないのかも知れませんね。子供のころ父親はもっと早く家に帰って、家族と一緒に御飯を食べていたように思います。今や残業で遅くまで仕事をするのは当たり前のようになっていて、その疲れとかが出ているのでしょうかね。

かたや、女性の方はやはり年齢を重ねるに従って性欲も増していくようで、家庭内で満たされないなら思い切って外に探しに行こうと思い、実際に行動に移されるのかも知れません。結局、女性の方って会社でもそうですが、ここぞという時の行動力は男性よりもあるんじゃないかと思います。そういう方がいてくださるから、私もこうして時々存分に舐め犬をさせて頂く幸せを享受できているのですよね。

最近は家へ来てくださる方が多くなって、その分、一度お会いした時の時間が長いように思います。ホテルでお会いするとだいたい3時間くらいになってしまい、郊外のホテルくらいしかゆっくりできるとこがないですものね。だいたい半日くらいお会いすることが多くて、もちろんおしゃべりをしている時間もあるのですが、ベッドでくつろぎながらクンニをしたり、胸を舐めたり、太ももにすりすりしたりと、長いと思ってもあっという間に過ぎてしまいます。

そう、レスの話でした。気晴らしに、マッサージや、買い物や、エステやらで癒しを求めるのと同じような感覚で気軽に舐め犬のクンニを楽しんでいただけるといいのですけどね。マルクスの商品交換のお話ではないですが、こちらでは安くても、あちらでは高いので、商人は利潤を得ることができるというのと同じで、旦那様が女性として見なくなっても、外へ出れば魅力的な女性として見られていることを忘れないでいただきたいものですね。
ANNさんからメールをいただいたのは、11月の始めでした。6ヶ月前に私のブログに興味を持っていただいて、それから時々ご覧になってくださっていたそうです。それで今回思い切ってメールを下さいました。メールのやり取りの中で、私のことをすごく気にいっていただいていることは分かったのですが、もう少し女を磨いてからとおっしゃるので、あまりメールだけで妄想が膨らんで私のことをよく思いすぎると、お会いした時にがっかりされてしまっては気の毒なので、まずはお会いしてみたほうがよくないですかとお伝えしました。それで、ANNさんもそれならばということでお会いしてくださることになりました。

用賀まで来てくださったのですが、メールの印象と同じで、溌剌とした感じの女性でした。よくエクササイズをされていて、私と同年代の奥様ということですが、スタイルもすごくいい方です。同じ関西出身ということで、家へ向かう間に関西弁で話されて、ネットで知りあって異性と会うのは初めての経験でメールでは緊張が伝わってきたのですが、お話ししてみると気さくにお話できて楽しそうです。

家についてしばしお話などした後、シャワーをしていただくことになりました。実はメールでも3日前から生理になられたとお知らせくださっていたので、タンポンを入れたほうがいいかという話になりましたが、まぁ大丈夫でしょうということでそのままにしていただきました。精神的なこともホルモンに影響してくるのでしょうね。

rps20111113_090303.jpg

バスタオル一枚を巻いて出てこられたANNさんを寝室へご案内して、私が歯を磨いている間しばしお待ちいただきました。私の印象ではスポーツをされている女性は着替えたりすることに慣れていらっしゃるのか、お会いしても明るい所で裸になることにそんなに抵抗はないようですが、一応少し明かりを落としておきます。すでに布団の中に潜り込んでおられたので、横から太ももあたりとゆっくりと触らせていただきました。旦那様とは10年以上もレスで、いきなり下の方は抵抗があるとのことで、抱きあうところからはじめました。久しぶりの男性の身体をしっかりと味わうように抱きしめてくださって、そのまま首筋から胸へと舌を這わせました。

少し落ち着いた所で、だんだんと下のほうへ降りて行って、脚の下から上へと舌を移動させます。太ももから脚の付け根へと舌が中心へ近づいていくと、待ち切れないようにして、腰を動かして舌が中心へ届くように探っておられるようでした。舌を割れ目の間に近づけるとすでに愛液で濡れているのが分かります。クンニが始まってからも身体をくねらすようにして感じてくださっているようです。しばらくしてくったりされたのでしばしクンニはおやすみして、再び抱きあうような形になったのですが、ANNさんは反対に私の脚の方に抱きついたり、ペニスを握りしめたり、好きにしていいって嬉しいな、と男性の身体の感触を思い出しながら楽しんでおられます。

指も入れて欲しいとのことで、指を入れたのですが、舐めているときは大丈夫でもさすがに指を入れると生理の血が流れてきたので、慌ててバスタオルで押さえます。挿入してもらってからの方が逝きやすいかなと、おっしゃるのでそこで挿入もさせていただきました。自分でオナニーもされるのですが、いつも逝くまえに終わらせてしまっていて、早く逝く気持ちを味わいたいと教えてくださったのですが、焦らずにゆっくりとクンニを味わっていただいたほうがいいですよ、とお話しして、再びM字開脚の体勢になっていただいて、クンニをはじめました。

それからはあまり腰も動かさずにクンニの舌の感触をじっくりと味わっていただきました。クリトリスは早くから固くなっていたのですが、だんだんと尿道の入り口あたりもヒクヒクとするような感じになって来ました。それでも、逝っていただくところまで逝く前に時間になってしまいました。クリトリスはかなり強く刺激しても大丈夫そうだったのですが、後でお話を伺うと舌を広げて舐めるのが気持ちよかったとのことでしたので、実はクリトリスを直接刺激するのはよくなかったのかも知れません。次回はもう少しソフトにじっくり時間をかけて逝けるよにしましょうとお話ししました。

ANNさんがベッドから立ち上がろうとした時に、久しぶりのことに腰砕けになってしまいましたが、すぐに大丈夫になってシャワーへ向かわれました。帰り支度をしている時に、メールでもお話はしていたのですが、私の趣味の芝居と興味が近いこともあり、機会があれば芝居へも一緒に行きましょうという話もしました。帰られてからも固くなったクリトリスの気持ちい感覚んが残ったままで、私の家を離れてからも、快感は続いていたそうです。
舐め犬をしているわけですから、お誘いをいただく女性の方がクンニがお好きだというのは当たり前のことですね。でも、最近考えたりしているのは、このブログを御覧頂いている方以外も含めて、普通に女性の方のどれくらいがクンニをお好きなのかなということです。挿入とは違ってクリトリスはほとんどの方が刺激されると気持ちいいものではないかと思ってはいるのですが、中には、舐められるなんて絶対に嫌、とか、舐められるなら舐める方が断然好き、とか、挿入のほうが絶対気持ちいい、とか思っている女性もいらっしゃるのかなと思ったり。

アマゾンでもバイブはかなり売れているようですから、匿名で「クンニはお好きですか」とアンケートが出来れば本当のところが分かるのでしょうけど、そんな調査もなかなか難しいでしょうね。

あと、どれくらいの時間がいいのかとか、人によって違ってくるのかも。舐め犬を使ってくださっている方は何時間もクンニだけで楽しみたい方だと思いますが、1度逝ったらもう充分、とか、クンニで逝くのではなくその前に挿入されたい、とか、いろいろ好みもあるのでしょうか。

女性の方からの率直なコメントなどいただけると嬉しいですね。あっ、コメントにメールアドレスを入れる場合は管理者宛にしてくださいね。気が付かずに承認してしまうと、他の人にもメールアドレス見えてしまいますので。