FC2ブログ
ANNさんがお昼前に家まで再びいらっしゃいました。しばし時間が空きましたのでリビングでお貸しした本のことやら近況についてお話ししました。年末にお薦めの本をとの要望がありましたので、桜庭一樹などをお勧めしたところちょうど今お読みになっているところで、今日はこの本を読みながらゆっくりとクンニを楽しんでみたいとのことです。その他、芝居の話などをしている内にかなり時間も経ってしまいましたので、寝室の方へご案内しました。

このところ寒いのですが朝起きた時にエアコンを消さずにそのままにしていましたので、服を脱いでもそんなに寒くはないくらいになっていました。ANNさんには上半身は薄着で、下半身だけパンティの姿になっていただいて、ベッドに横になっていただきました。本を読みながらということですので、最初は太もものあたりに舌を這わせたり、キスをしたりしてゆっくりと舐め始めました。しばらくして、パンティもとらしていただいたのですが、いきなりクンニになると本を読めなくなるとのことでしばらくはANNさんは脚を開かずにすこし横になる体勢でそのまま本を読んでおられました。

脚を閉じておられるので、指をお尻の割れ目あたりに軽く這わせたり、太ももやおしりのあたりを舐めさせていただきます。そのうちにだんだんと脚の付け根から股のあたりへと顔をうずめながら舐めていました。そろそろかなと思い、脚を開いていただいてクンニを始めて見ました。すでにしっとりと濡れておられて、中心部に舌があたると声を出し始められました。ANNさんは感じてこられると太ももで私の顔をぎゅっと挟んでくださるので、なにやら気持ちがよいものです。クンニしながらの読書にも慣れてこられたのか、声は出されるのですが、そのまま読書を続けておられました。

rps20120114_184045.jpg


だんだんとクリトリスも固くなってきて、特に舌を下から上に向かってペロンと舐めるのがお好きのようで、クリトリスの刺激を一休みして、全体にペロンと舐めるようにすると大きな声を出されます。その内にやはり本は脇へ置いて、クンニの快感をしっかりと味わうようになられました。今までも本を読みながらクンニを試された方は何人かいらっしゃいますが、みなさんすぐに諦めたのですが、ANNさんは一番長く本を読んでおられたようです。といっても結局数ページくらいしか読み進められなかったようですけれど。

その後は、とこどき落ち着いた時には本を再び手にしたりもされていましたが、ほとんどは普通にクンニを楽しんでおられました。私がトイレに行きたくなって中断したあとに、ベッドではなく昨年購入した舐め犬用の椅子を試してみたいとのことで、そちらのほうへ移りました。ゆっくり本を読むほど座りやすくはないですが、私の頭がある上から座るというのは、はやり最初は、ひゃ~、という感じで、腰を私の顔の上へ下ろしてこられました。M字開脚でのクンニよりは楽だと思いますし、女性が舐められたいところを私の口のところへ持ってこれるので、その点もこの椅子はいいですね。ANNさんも慣れてくるとおしりからクリトリスまで気持の良いところを探るようにして時々位置をずらしておられました。

途中から指の挿入もご希望になられたので、人差し指を挿入しながら舐めました。奥のほうまでしっかりと濡れていたのですが、舐め続けているうちに、指を締め付ける感じが強くなってきて、膣の方でも感じていただけているのが分かりました。しばらくはそのようにしてクンニ椅子で楽しんでいただいていましたが、指だけでは物足りなくなったようで、ペニスでの挿入を所望されたので、ベッドへ移ることになりました。お互いにそれまでは裸ではなく下着姿だったのですが、裸になって抱き合います。ANNさんはこれまでレスであったのもありますが、裸で抱きあう感触がお好きです。

最近の仕事の疲れのせいか私のほうが固くならずに結局挿入はできませんでいたが、しばし抱き合いながらお互いの身体の感觸を楽しみました。気がついたらそろそろお帰りの時間になっていましたが、後15分だけというとで、最後に再びM字開脚の姿勢でクンニを楽しんでいただきました。着替えたあとに、今度は芝居もご一緒しましょうということで、先になりますが、そのころに再びお会いしましょうとお約束をして、用賀の駅までお送りしてお別れしました。忙しい時期ではありますが、こうして私にとっても一時の癒しの時間を持てて、またリフレッシュできました。
今年初めての舐め奉仕となります。AZさんからは昨年の内に某SNSでメッセージをいただきました。舐め犬の私に興味を持っていただいたようですが、来月になったらお願いしたいとおっしゃっていて、今年に入って早速お誘いをいただきました。少し遠いところにお住まいなので、東京へは何かの用事のついでに来ていただくのかと思っていましたが、私に会うためにわざわざ来てくださったとのことで大変ありがたいことです。お昼前には用賀へ到着予定とのことでしたので、まずはランチでもご一緒しましょうとお約束していました。

用賀の駅で待ち合わせしましたが、私が思っていたのよりも1本早い電車で到着されたようで、少しお待たせしてしまったようです。その後、私がよくランチを食べているところでパスタのランチをいただきました。ここはちょっと量が多いのですが、やはりパスタも普通より大盛りの気がします。外ですので舐め犬のお話とかはできないので、お仕事のことやらお話していました。食後、家へ来ていただいてリビングで少しだけお話ししました。アラフォーの奥様ですが、最近は性欲がちょっと減ってきている気がして、このままではいけないかなと思われていたとのことです。

rps20120109_170505.jpg

遠くから来ていただいたのにあまりお話で時間を使ってはもったいないと思い、早速シャワーを浴びで頂いて寝室へご案内しました。AZさんは痩せていらっしゃるのですが、裸になるととてもしまった身体をされています。スポーツをされているとのことで、現役のスポーツ選手のようにほとんど贅肉がありません。ご本人はもう少しふっくらとした女性らしい身体が理想だそうですが、綺麗な身体をされていると思いました。初対面ということもあり、私も少しぎこちなかったですが、ベッドに横になっていただいて膝の下あたりから舐め始めたのですが、くすぐったかったようです。

それから、細いですがしっかりと張りのある太ももの内側へ舌を移動させてゆっくりと舐めたり、はむはむしたりしながら徐々に中心部へと近づいていきました。AZさんは終始静かにされていたのですが、小陰唇の上に舌が届いた時も静かなまま、クンニを味わっていただいているようです。いつものようにクリトリスの周りや、小陰唇にそって舐めたりしました。AZさんは静かにされていましたが、すでに愛液でしっとりと濡れていて、徐々にクリトリスもはっきりと形が分かるようになって来ました。尿道のあたりがヒクヒクしてきだして、感じておられるのが分かりましたが、その瞬間、ああっ、とおもわず声を出されました。

そんなに長い時間クンニをしていたわけではないので、AZさんはかなり感じやすいようです。その後もクリトリスを中心にして、時々膣の入口にも舌先を差し入れたりしながら、舐めさせて頂きましたが、逝きそうになったり強く感じている時には思わず声を漏らされるようで、静かな時とのギャップに興奮してしまいます。しばらくすると、もうこれ以上は無理と、おっしゃるので休憩を入れて、布団にくるまってしばしお話などをさせていただきました。2回目には、胸のほうも舐めさせて頂きましたが、綺麗な乳首をされています。胸が小さいのがコンプレックスとおっしゃっていましたが、引き締まった綺麗な身体をされているので、もっと自信を持っていいのではないかと思ってしまいます。

rps20120109_170402.jpg

AZさんは痩せているところがあまり好きではないとのことで、写真は脚だけにさせていただきました。かなり細いと思ったのですが、ご本人は脚は太いとおっしゃるので、女性の理想はなかなか難しいものです。お話ししている時に、もう無理とおっしゃるときはどんな感じなのかお聞きしたところ、あのまま舐めつづけられていたら何か出てきそうな気がするとのことです。もともとSEXでも快楽に没頭したりするのを男性に見られるのを理性で抑えているところがあるとのことでしたが、舐め続けていたらまた違ったAZさんが見られたのかも知れません。

私がもう少し話が上手でAZさんにもっとリラックスした気分になっていただければ、もっと気持ちを解放して、快楽に没頭していただけたのかも知れませんが、私も初対面で少し緊張していたところもあり、ちょっと心残りではあります。一度クンニをさせていただくと、緊張もとれていろいろお話ができる雰囲気になれました。遠いところにお住まいですので、あまり頻繁にお会いするのは難しいとは思いますが、2回目、3回目とお互いに慣れてくると一緒に過ごす時間も楽しくなってくると思いますので、ふと思い出したらまたお誘いいただけると嬉しく思います。
imagesCALH8AMJ.jpg


皆様、明けましておめでとうございます。

旧年中はたくさんのお誘いもいただき、舐め犬として幸せな1年を過ごさせていただきました。今年もまた、クンニが好きな女性のよきパートナー、道具として、可愛がっていただければと思います。あいにく仕事が忙しい時期もあったりしますが、できるだけ土日祝は時間ができるようにしたいと思いますので、都合の合う範囲で楽しくお付き合いをお願いいたします。

私がよくのぞいている出会い系でも昨年は、クンニだけしてくれる人、舐め犬募集、という女性からの書き込みがちらほら見られるようになりました。リンクさせていただいている舐め犬さんもたくさん増えて、舐め犬の認知度も上がってきたのかなと感じでいます。NHKのドラマでも真木よう子が演じる女性が「女だってしたいだけの時があるのよ」と、女性が気持よくなるだけのための相手を求めることに肯定的な台詞がでてきていたりしました。

女性も普通に働くようになってストレスが溜まっていたり、彼氏、旦那様のことは人として信頼して大切にしたいけれども性欲を発散させたい時もあったり、男性が風俗に行くのと同じように手軽に性欲を発散できる舐め犬はこれからも大人の女性の密かな楽しみの1つとしてお役に立てる機会が増えてくるといいなと思います。挿入では逝けなくても、クンニでなら逝ける方はたくさんいらっしゃるようですから、ゆっくりと時間をかけて気持ちよくなっていただきたいです。

これからますます寒くなっていきますが、女性の暖かくてすべすべの太ももに挟まれながら時間を過ごすことは私にとっても何よりの癒しとなります。今年も女性の皆様の充実したクンニライフをお祈りしています。