FC2ブログ
梅雨も一段落のようで比較的過ごしやすい日曜日でしたが、前回同様お昼前からYUさんが用賀まできてくださいました。前回お会いしてから日も浅いですが、このあとはちょっと時間があいてしまいそうということで、少し前から今日お会いするのを約束していました。YUさんとは最初にお会いしてから比較的コンスタントにお会いして、もう5回目になりますのが、気心も知れてきてお会いしている間も落ち着いてお会いすることができます。舐め犬のお付き合いではありますが、やはり継続してお会いすることで舐め方の好みやら相性やら分かってくると、クンニができるという興奮とはまた違った楽しみもできてきます。

リビングでしばしお芝居の話などをしてから、シャワーをしていただきました。前回はシックに黒いスリップでしたが、今日は花柄のかわいらしいスリップです。小柄で若く見えるYUさんにはよく似合っています。まずは伸ばした脚の上から太ももあたりにキスをするような感じで舌を重ねていきました。それから脚の間に入らせていただいて、気持ちよい太ももに挟まれるようにしながら、舌を脚の付け根へ向かって滑らせて行きます。パンティの際を丹念に舐めた後は、するっと脱いでいただいて、ヘアーのあたりから舐めていきました。

rps20120624_203045.jpg

すでに少し感じてこられているのですが、いつもより時間を多めにヘアーの生え際に沿って舐めさせていただいたあとに、小陰唇の上にそっと舌を触れてみました。愛液が閉じられた小陰唇の間から滲み出すようにあふれてきているのが分かります。すぐには小陰唇へは割って入らずに、あふれている愛液をまずはきれいに舐め取らせていただきます。それでも、触れるか触れないかの舌の感触でYUさんはかなり感じておられたようです。愛液もだいたい舐め取れたところで、小陰唇の両側を舐めるのが気持ちよかったとメールをいただいていましたので、舌を上下に移動させながら、小陰唇の両側を舐めて、いよいよ舌を平たくしながら、全体を覆うようにして舐め上げてみました。

しばらく舐めているとすでに尿道のあたりがヒクヒクとしてきて、感じておられるのはわかるのですが、まだまだ逝けるポイントというかそのあたりがよく分かっていないので、YUさんも脚を私の頭に絡めてみたり、少し脚を伸ばして頭を挟むようにしてみたり、いろいろ試されるのですが、そのあたりはまだまだ未知の世界です。そのうちにクリトリスもだんだん固さを増してはっきりとした大きさになりますが、大きくなるとどうしても舌がクリトリスを直接刺激することが多くなり、YUさんのお好きな長時間のクンニをしていると、痛くなってしまいます。できるだけ、直接は触れないようにしながら、時々ヒクヒクとする動きを感じながらなめ続けさせていただきました。

しばし、休憩しているところで、YUさんが私のものを触って元気にしてくださったので、いつものように挿入することになりました。入れようとしたところで元気がなくなってしまったのですが、その後YUさんが丁寧に口で元気にしてくださって、挿入できました。挿入の角度が合わないと痛いことがあると今日教えていただいたのですが、そういうものなのですね。途中で体勢を変えたところで元気がなくなってしまいましたので、YUさんには申し訳ないですが、ここで一休みして、お昼ご飯にすることにしました。

rps20120624_203109.jpg

遅いお昼ご飯のあとは再び寝室へ移動してクンニを再開です。部屋も二人の熱気で暑くなっていましたので、軽くエアコンを入れてみました。すでに十分に感じてしまっているクリトリスは軽く触れるだけでも体の反応があります。すでにクリトリスは少し痛い感じになってしまっているとのことでしたので、かなりソフトにねっとりと舌を絡ませるようにして舐めさせていただきました。舐めるのを少しやめるとYUさんの身体がしばらくの間は痙攣するような状態です。でも、すっきりと逝っていただけてないのがかなり残念です。

その後、途中で休憩を挟んで、外がちょっと暗くなりだしたかなというころまで、寝室でご一緒させていただきました。休憩中には、YUさんが私のものを触って遊ぶような感じで、二人で横になりながらまったりと時間を過ごしました。後で考えたら、1回目の挿入が途中で終わってしまったので、実はYUさんは再び挿入を求められて私のものを触っておられたのかもと思い、そうだとすると気持ちよく触っていただいていたのは失礼なことだったと反省です。
少し前にITさんからは連絡をいただいて、何度かメールをしていました。20台半ばの女性で、就活で東京へ来る機会があるとのことで、そのときに会えないかと、お誘いをいただいていました。金曜日に東京へ宿泊ということでしたが、金曜日は私の都合がつかず、昨日は午後に予定が入っていたのですが、せっかく東京へ来られるとのことで、午前中からいかがでしょうということで、午前中に用賀で待ち合わせをしました。それから急に生理になられたとのことでしたが、せっかくの機会ですし、タンポンしていただいていれば大丈夫ですと、お伝えしてありました。メールに書いていただいていた身長・体重からはもう少しぽっちゃりした方かと思っていましたが、そんなこともなく、どちらかというとさばさばとして話しやすい方でした。

家へ着いてから、舐め犬のお話などしていたのですが、ITさんは挿入があまり好きではなく、男性とお付き合いするとどうしても挿入ばかりになってしまうので、結婚などもそんなにしたいと思わないと、かなりはっきりした意見をお持ちの女性でした。お話を伺いながら、それこそ舐め犬とのお付き合いがぴったりとした方だと思いました。まだ20代ですし、これから好きな方とかできたりすると変わってくることもあるのかもしれませんが、しばらくは快楽のほうは舐め犬で楽しんでいただきたいものですね。

rps20120624_000238.jpg

シャワーを浴びていただいたあとは、全裸の上にバスタオルだけで、寝室へご案内しました。早速、脚のほうから舐めさせていただきましたが、太ももはむちむちした感触で気持ちがよいです。もともと運動をされていたとのことで、今は脂肪にかわってしまったとおっしゃいますが、適度に弾力もあって、はさまれると心地よいです。舌が脚の付け根あたりにたっすると太ももがややピクピクしていて、感じやすい方なのだなとわかります。最初ですので、すこし違った舐め方をいくつかさせていただいたのですが、舌を横に動かすよりは、上下に動かすほうが、お好みとのことですので、上下に動かすのを中心にしてみました。

舌を上下に動かしていると、上に動かしているときに、舌にあたるクリトリスの感触で、徐々に固くなってきているのがわかります。ITさんは途中でこれが気持ちいいと何回か気持ちいいところを教えてくださったのですが、クリトリスよりも下のところが気持ちいいとのことで、どうやら尿道の入り口あたりが気持ちよいようです。そういう方は初めてですが、やはり気持ちいいポイントは人それぞれですね。ITさんは時々体を横にしてみたり、腰を浮かせてみたり、動かれるのですが、気持ちのよくなるポイントを探っておられるようでした。

気持ちはいいのだけど、あと一息のところで逝くまで達することができないとのことで、途中では上に乗ってみますかと、顔面騎乗で舐めさせていただいたりもしました。まだ慣れておられないためか、舌との接触する角度が若干ずれていて、した全体がクリトリス周りを覆える感じにはなっていなかったので、やはり下になっていただいたほうがよさそうということで、もとに戻ってM字開脚にしていただきました。

rps20120624_000310.jpg

クリトリスは十分に固くなっており、唇をクリトリスまわりに押し付けるようにすると、口のなかでぷっくりとした形がはっきりして、その状態で舐めるのが気持ちよいとのことです。女性の方の感触としては私が吸い付いているように感じられるようです。この状態ですと、クリトリスもむけているのですが、直接先端あたりを刺激すると痛いとのことでしたので、固くしたクリトリスにあまり強くしたが当たらないようにしていました。途中から、舌の動きに合わせて、尿道から肛門あたりにかけてヒクヒクと動くようになってきましたので、そろそろ逝っていただけるからと期待していたのですが、時間が来てしまいました。

逝くときは、脚を突っ張ったり、脚を閉じたり、人それぞれ逝きやすい姿勢なりがあるみたいですが、M字開脚ですと脚を広げていますので、その状態ではなかなか逝きにくいとおっしゃる方も多いようですから、ITさんもいろいろ探っておられたようですし、もう少し時間があればと、残念です。就活では、まだ東京へいらっしゃる機会もあるようですし、次の機会にはたっぷりと時間がとれればよいなと思います。もちろん東京への就職が決まったら、仕事の疲れやストレスを発散するためにも、舐め犬として時々使っていただけるようになればうれしいところです。
昨日は雨でしたが、家にいてドライな日にしてみました。どうもタイトルの駄洒落が好きではないのですが、頭に浮かんでしまったので、使ってしまいました。ドライといっても、エアコンのドライでも、ビールのドライでもなく、ドライ・オーガスムのドライです。かなり昔になりますが、エネマグラという前立腺を刺激する器具を買ったので試してみているとブログに書きましたが、あれからも思い出したように、暇なときができると使ってみたりはしていました。相変わらず、気持ちはよいのですが、そこどまりです。

金曜日の夜にふと思い立ってアマゾンで検索してみたところ、アナニーという電動式の前立腺刺激器具があるのを発見して衝動的に買ってしまいました。電動式のくせになぜかエネマグラよりもかなりお安いのです。それが、土曜日の昼間には届きました。都内にいるとはいえ、この早さはすごいですよね。アダルトグッズとか配送に1週間くらいかかってしまった日には、注文するときのテンションの高さもどこへやらってことのなってしまいますが、テンションのおさまらないうちに手元に届くとは。

早速、開けてみました。第一印象、結構でかい。写真でみるとなんというんでしょうか、お尻にぷにゅって挿して使う感じだったのですが、かなりの太さがあって、これはいるかなぁって思ってしまいました。でも、表面はすべすべしたいい感じだったので、大丈夫そうではありましたが。

ローションをしっかりとつけて入れてみたわけですが、やはり一番太いところが通るのはかなり苦しみました。その後は、すぽんと入って、スイッチを入れるといい感じです。しばらく続けていましたが、まま、気持ちいいかなって感じです。エネマグラでもまだドライを経験したことがないのですから、そんなに簡単にはいかないですね。

そのあと、2時間くらい振動を与え続けながら、テレビをみたり、リラックスはしているのですが、ドライにはなりませんでした。これって、クンニで逝ったことがない方が、逝く時はどんな風になるのか、最初は手探り状態で舐め犬の舌の感触を味わっているときと似たようなものなのでしょうかね。別の女性からは、昔は電動バイブが癖になって一日中クリトリスに当てていたりした、というお話も聞きましたが、何かわかるような気がします。電動だと何もしなくてもいいので、そのまま何時間でも続けたい気がしました。

そもそも、こんなドライ・オーガスムに挑戦しているのも、クンニをしながら逝く女性の姿を見ていて、男性にはない体中で感じてしまっている状態が、もしかしたらドライ・オーガスムなら男性でもあんな状態になれるのかと思ったからです。男性は射精すれば必ず逝けますが、逝き方がとても単純で、女性の絶頂状態を間近で見させていただいていると、いつもうらやましく思ってしまいます。こんな感じでなかなかドライ・オーガスムを体験できないでもやもやしているのは、女性の方が逝けなくてもやもやしているのと同じような体験なのかなと思います。とはいえ、性欲っていろんな形があるのを知るとどんどん貪欲になってしまうものですね。
暖かくなって、でもさほど暑くもなく、舐め犬にとってもちょうどいい季節になったと思っていたら、梅雨入りしてそろそろ何もしなくても昼間は汗がしっとりと浮かんでくるくらいの暑さになりつつありますね。女性が半袖に衣替えをする時期になると、生脚の方もふえて脚フェチでもある私としてはとても嬉しい季節となりました。

舐め犬としてのお付き合いを始めてからは、それまで見るのが楽しみだった脚フェチの嗜好がだんだんと頬ずりしたときの感触や、舌を這わせた時の匂い、味のフェチの嗜好へと変わってきているように思います。それもあるのでしょうか、もちろん脚は特別ですが、半袖の服からむき出しになった二の腕あたりのフェチも加わってきたようで、電車などでいい感じにむっちりした二度腕を見つけると、すりすりした時の感触やら味わいを思い浮かべながら見入ってしまったりしてしまいます。

それで、本題ですが、先日もお会いしたアラフォーの女性の方と、40代は肉食系女子だわ、なんて会話をしたのを思い出していたのですが、若い女性の方も肉食系女性が増えているとのことで(女性が自ら主張するようになったからか?)、通常のセックスなどのお付き合いでも最近は女性が主導権を握るようになっているのかなと思ったりしています。まだ、セックスも覚えたての若いころには挿入すれば男性も女性も互いに気持ちがいいものだと単純に思っていたのですが、昔はまだ女性が自らの気持ちよさを十分には主張していなかったから、そんな男性中心の身勝手な固定観念があったのかなと最近は思います。

肉食系女子が当たり前になると、通常のお付き合いでもセックスでは女性が気持ちよくなるように男性の体を使うことが増えて、十分なクンニで気持ちも体も高揚したところで挿入するようなスタイルが普通になっていくのかなと思います。そうなると、クンニが好きでそれをこよなく愛する舐め犬の希少価値やら出番も減っていくのではないかと想像したりしてしまいます。まぁ、私がおじいちゃんになってしまうまでに、そこまで劇的に変化することはないでしょうけれどもね。舐め犬さんのブログも最近増えてきたようで、その背景にはこんなことがあるのかも知れませんね。

とは言っても、舐め犬の場合はクンニだけで満足なので、女性としてもセックスまでする心と体のつながりよりは少し軽い感じで、気持ち良くなるためだけのお付き合いができる存在として、スキンシップもあるお友達、プチセフレみたいな間柄として、それなりの存在意義は残っていくのでしょうね。よく、都合のいい女、みたいな言い方がありますが、バブル時期のアッシー君、メッシー君、のような都合のいい男の意味で、舐め犬君が普通になれば嬉しいです。アッシー君、メッシー君もそれで満足だったわけで、舐め犬君も都合のいい男とはたから見えたとしてもそれで満足なんですからいいですよね。

そう、君といえば、私は昔から女性に〇〇君と君付けで呼ばれるのが好きなんですよね。ユリイカ君はなんだか変ですけど、本名の姓のほうに君をつけて呼ばれると嬉しいです。”君”の”く”のところが若干鼻にかかったようになるのがなんだか好きです。つまらないこだわりですが、、、

連休中には2度お会いしたYUさんと一月ぶり位にお会いしました。最初に舐め犬を体験されてから、舐め犬はたっぷりと時間をかけて楽しみたい、とうれしいことをおっしゃって、今日も昼前から家まで来てくださいました。リビングで少しお話をしたあとは、さっそくということで、シャワーを浴びていただきました。黒のスリップで寝室で待っておられる間に、歯を磨いて私も寝室へ。

いつものように脚のほうから舐めさせていただいたのですが、スリップのすそからヘアーらしきものが見えているので、今日はパンティも脱いでこられたのだなと思っていたのですが、太ももの間に入って内側を舐めているときにパンティをはいておられることに気がつきました。あれっ、とよく見ると局部のところが開いたパンティをはいておられました。いわゆる穴あきパンティですが、その割にはおしゃれな落ち着いた柄のパンティで、最近はこんな普通な感じで穴あきのパンティもあるのだなと感心してしまいました。せっかくですので、最初はパンティをはいたままで舐めさせていただくことにしました。

rps20120602_214012.jpg

割れ目の上にそっと舌を乗せてみるとYUさんの体がビクンとして、すでに感じておられますが、やはり舌の先には割れ目からあふれ出した愛液の味わいがしっかりとあります。徐々に割れ目の中へ舌を進めるにつれて、あふれてくる愛液をすするようにして、舐めとりました。その後も、小陰唇の先にそってそっと舌を動かすと、YUさんの声も大きくなっていきました。今日は最初のうちはソフトに舐めてみることにして、小陰唇の両脇やらをゆっくりと時間をかけて舐めさせていただきました。クリトリスが大きくなってからも、舌を平たくして全体を包み込むようにゆっくりと左右に動かしたりしていました。

同じ動きをずっと続けているうちに、YUさんの声が変わり始めました。尿道のまわりもヒクヒクしていましたので、逝ける兆候のようです。そのまま同じ調子で舐めていると、YUさんの声も持続して逝っていただけているのがわかります。最初はそんなに深くは逝っていただけなかったようですが、そのときにはクリトリスがすーっとしぼんで柔らかになるのでわかります。直後は少しゆるめに舌を添える程度にしていますが、YUさんの快感は持続しているようです。少しおさまったところで、また普通どおりに舐めさせていただいていたのですが、再び逝けそうな兆候とともに今度は声ももっと大きくなり、深く逝っていただけたようです。

ここでしばし、休憩にして、ベッドで横に寄り添って、太ももをYUさんの間にさしいてれ押し付けるようにしていると、YUさんも腰を使って逝ったあとの余韻を楽しまれているようです。しばらくして、YUさんから挿入したいとおっしゃるので、挿入させていただきました。今までになく挿入でもたっぷりと濡れて感じていただけていたようです。途中から上になりたいとのことでしたので、YUさんが上になって挿入を続けました。最後に私も起き上がった抱き合うような形になって一休みすることにしました。すでに3時を回っていましたので、かなり長い時間お互いに楽しんでしまったようです。ここで、YUさんが持ってきてくださったお昼ご飯を一緒に食べました。

しばらくお休みをした後に再び寝室のほうへ戻って、舐め犬を再開しました。すでにクリトリスも十分に感じている状態ですので、舐めはじめるとすぐにYUさんも気持ちよさそうにしてくださいます。クリトリスの先端のほうはもう刺激で少し痛いくらいになってしまっているとのことでしたので、先端を直接刺激しないようにして、舐めさせていただきました。途中、私がふっと意識が遠のいて、舐めながら睡魔に襲われましたが、それを察してYUさんがすこし休憩してくださいとおっしゃってくださって、横にならせていただきました。その間も、私のものをいろいろに触ったりされていたのですが、こうして好きなように触られるがままになっているのは、気持ちがよくと好きです。

rps20120602_214039.jpg

しばし、横にならせていただいて元気になったので再開させていただきましたが、あるポイントに達するとYUさんの声が変わって逝かれそうな状態になります。そのポイントがまだはっきりとはわかりませんが、最初にお会いしたときにほとんど逝ったことがないとおっしゃっていたのが嘘のように感じやすく変わられていくYUさんを見ていると私もうれしくなってしまいます。もう一度逝っていただいたあとに、少し休んで、再開したのですが、最後にもう一度逝きたいとのことで、YUさんが顔面騎乗でがんばってくださったのですがうまく逝くことができませんでした。それで、M字開脚に戻ったところで、うまくポイントにあったようで、なんとか最後にすっきりと逝っていただくことができました。

今日は4回も逝っていただいたので、YUさんも足元がおぼつかない状態になってしまいましたが、用賀の駅までゆっくりとお送りしました。なんとか大丈夫そうでしたが、私としても久しぶりの長時間の舐め犬でしたから、YUさんにもひざに力が入らないほどまでクンニを楽しんでいただけて、充実した舐め犬の1日でした。