FC2ブログ
MRさんからは先月にメールをいただきました。以前からブログをご覧いただいていて、クンニの経験がほとんどないので、興味を持って読んでいただいていたそうです。アラサーの独身の方ですが、ネットでの出会いも経験がなく心配とのことで、一度お茶だけでお会いしました。それからあらためてお誘いいただくことになっていたのですが、しばらく連絡をいただけなかったので、お気に召さなかったのかな、と思っていました。いろいろお忙しくされていたとのことで、お誘いの連絡をいただけて、お会いすることができました。一度お会いしているのもあり、待ち合わせ場所からいろいろお話などもしながら、ホテルへ向かいました。

連休中で部屋が空いているかちょっと心配でしたが、問題なく入ることができました。部屋で少し飲み物を飲んでから、シャワーを先にしていただいて、私がシャワーをしている間しばらくお待ちいただきました。MRさんはすごく落ち着いた雰囲気の方で、ここまでは当たり前のごとくに進んでいきましたが、ベッドに横になっていただくときに、実はかなり緊張しているとのことで、やはり最初は緊張されるものですよね。私も初めてお会いする方とは最初は緊張してしまって、いろいろとぎこちないところがあったりしてしまいます。

rps20121124_222947.jpg

ベッドに横になっていただいたMRさんの脚を触らせていただくのですが、ふくらはぎの曲線とかがきれいで触り心地もすごくよいです。それでも、他の多くの女性と同じようにMRさんも太いと感じられているそうで、不思議なことです。さっそく、ひざの下あたりから、舐めさせていただいたのですが、この辺りはくすぐったい感じだったそうです。徐々に脚を開いていただきながら、脚の付け根へ向かって舌を進めていくのですが、脚にすごく力が入っていてかなり緊張されているのが分かりました。少し強引に脚の間に割り込むようにして、脚の付け根のところまでたどり着きました。パンティはすでに脱いでおられたので、そのまま付け根のあたりを上下に舌を這わせながら中心に向かって近づいていきますが、MRさんも感じてこられたのか漏れてくる声も徐々にはっきりとしてきます。

小陰唇の上あたりに舌が届くと、体がピクと動くようになってきました。ヘアーで覆われている小陰唇まで舌を少しずつ分け入るようにして探っていきます。小陰唇のひだが小さめの方なのでヘアーの下に隠れていたようです。舌が直接小陰唇に触れるとさらに体をぴくぴくとさせながら、呼吸も少し荒くなってこられました。小陰唇の両側を舌先でなぞるようにしたり、クリトリスのあたりを上から覆うようにしたりしながらクンニを進めていきました。この時でもまだ脚は力が入って、私の頭を挟み込むような感じになっていたので、MRさんの腰に手をかけてひきつけるようにしながら、舌を密着させていきます。MRさんの腰回りもだんだんと熱くなってきて、感じてこられているのだなと分かります。

今度は舌を割れ目の中へ入れていき愛液の味わいを楽しみながら上下させていると、クリトリスあたりに触れるときに、腰を動かして逃げるようにされるので、最初は強すぎて痛いのかと思っていましたが、痛くはないとのことでしたので、腰の動きに合わせて追いかけるようにしてクリトリスを刺激していきました。MRさんは舌の動きに合わせて体をぴくんとさせながら、呼吸も荒めにしながら感じておられたので、あまり長く続けているとお疲れになるかなと思い途中でしばし休憩を入れて、ベッドの横に並んでお話をしました。オナニーはよくされているそうで、その時にはだいたい逝けるとのことで、舐め方も痛くはないとおっしゃるので、もしかするともう少し強めに舐めた方が逝っていただけるのかなと思いながら、再びMRさんの足元へ移動して、クンニを始めました。

rps20121124_222918.jpg

MRさんの腰を抱きかかえるようにして、唇をクリトリスの周りに押し当てるようにすると、固くなったクリトリスがぷくっとなります。その上を舌で刺激するようにしていきましたが、MRさんの感じ方も変わってきたようですので、やはり少し強めに舌で押さえつけるようにしたほうが、ちょうどいいようです。クリトリスも大きめになりむけてきて、舌で形がはっきりと分かるようになってきました。クリトリスの先端あたりに舌があたるたびにMRさんの反応も大きくなるようです。このまま続けていけば逝っていただけるかなと思いながら、舐めていたのですが、残念ながら時間が来てしまいました。オナニーではいつも逝けているとのことですので、クンニで逝っていただけなかったのは残念ですが、長時間のクンニを初めて味わっていただいて、気持ちはよかったそうです。

クンニにも相性みたいなものはあるでしょうけど、最初はやはり女性の方の緊張されてますし、私もどんな舐め方が好みかを探りながら舐めさせていただいているので、心行くまでクンニを楽しんでいただける感じにはならないこともありますが、何度かお会いしているうちにだんだんと好みも分かってきて、お会いする楽しみも倍増していくと思いますので、次回にはもっと楽しんでいただけるのではないかと思いました。それにしても今回は時間の経つのがあっという間でした。

駅へ向かいながらお話していて、姿勢がずっと一緒なのがちょっと疲れたとのことでしたが、そのあたりも私の肩に脚を乗せたり好きに動いていただいて構わないことをお伝えして、もっとリラックスしていただけるようにエスコートすればよかったなとちょっと反省です。
30代後半のMNさんからメールをいただいたのは少し前になりますが、非常に控えめな感じで、舐め犬との出会いについて質問されたりしていましたが、せっかくでしたら私に舐めさせてくださいということで、何度かメールのやり取りをして、早くから今日のお約束をしていました。あいにくのひどい雨で、待ち合わせしてからラブホテルへ行くまでほとんど話もできずに黙々とホテルを目指すようなことになってしまいました。本当なら初対面ですし、ホテルへ行くまでの間にすこしばかりお話などをしながら歩いて緊張をほぐしていただきたいところだったのですが。

ただ、ホテルへ着いたら部屋があくまで少し時間がかかるとのことでしたので、ロビーで待つ間に少しお話などをすることができました。よく舐め犬でお会いするときに使うホテルなのですが、土曜日の夜ということで、2時間になっていて、舐め犬をするにはちょっと短いかなと思いつつ部屋へ入りました。時間も少ないので、MNさんにはすぐにシャワーを浴びていただいて、続いて私もシャワーへ。シャワーから出てくると、MNさんは部屋を暗くしてベッドの上で待っていてくださいました。

rps20121117_231103.jpg

私もベッドの隣へ滑り込み、まずは太もものあたりを触らせていただいたのですが、すべすべでもちもちのとても気持ちの良い肌触りをされています。MNさんはふくらはぎが太いのを気にされていたのですが、やはり女性の体型にかんする基準というのは自分に厳しいですね。(多分多くの男性にとってはいい感じの曲線だと思うのですが)。それから、ベッドに楽に横になっていただいて、M字開脚の体勢で太もものあいだに入らせていただきました。太ももの内側へ舌を滑らせただけで、もうピクんと反応があり、すごく感じやすい方なのかなと予想させられます。

パンティはもうとっておられたので、そのまま徐々に脚の付け根まで舌を近づけながら、今度は反対の太ももへ移動して、中心の近づくにつれて確実にMNさんの反応も大きくなっていきます。舌が小陰唇に触れた時にはさらに声も大きめになります。そのまま小陰唇の両側に沿うように舌を動かしていましたが、すごく柔らかい感触です。今日が初めてですので、極力ソフトに小陰唇の形を舌で確かめるようにしながらゆっくりと舌を上下させていきました。時々舌を膣のまわりあたりまで伸ばしてみると、愛液があふれていますので、それをなめとりながらクリトリスのあたりまで、舐めあげたりします。ほんの短い時間しかまだ経っていませんが、すでにMNさんは逝きそうな感じになっておられるので、できるだけソフトにクンニを続けました。

舌をゆっくりと動かしていても、時々クリトリスに直接触れると、今にも逝きそうなくらいにMNさんが感じされているので、少し強めに舌を押し付けるようにしたところ、すぐにも逝っていただけました。そのまま続けていても平気そうでしたので、クンニは続けていたところ、また短時間で逝きそうになられて、すごく逝きやすい方なのだとわかりました。さすがにあまり続けていると、もうだめです、とおっしゃるので舌を話してしばし休憩にしました。休憩中も乳首を舐めたり、手で触ったりすることで、気持ちよさが残るとのことでしたので、余韻も存分に楽しんでいただきました。

rps20121117_231033.jpg

しばらく余韻を楽しんでいただいて落ち着いたところで、ふたたび太ももの間へ移動して、クンニをさせていただくのですが、クリトリスはすでに敏感になっていて、直接舌が触れるたびにMNさんの反応も大きくなります。だんだんと私もMNさんの好みの強さが分かってきましたし、MNさんも最初は抑え気味にされていたのでしょうか、声も大きめに出されるようになり、逝きそうになったとおっしゃるところで、少し強めに舌を押し付けるようにすると、より大きな声で感じながら逝っていただけるようになりました。

何度か休憩を入れてを繰り返していたのですが、MNさんも、もう無理です、というところで、時間を見たらまだホテルへ入ってから1時間半くらいしか経っていませんでした、いつもの感覚ではもっと時間が経っているかと思ったのですが、MNさんが逝かれるペースが早いので、予想以上に時間が経っていなかったみたいです。MNさんがおっしゃるには、30代になって歳を重ねるごとに、一度満足するまで逝けたところで、しばらく時間を空けると、やっぱりもう少し、という具合に何度も欲しくなるようになって来られたとのことです。

時間的には短かったのですが、私としても何度も逝っていただけて満足感を感じられるクンニでした。ホテルをでると雨も上がっていて、そのままお話などしながら、待ち合わせの駅までご一緒してお別れしました。
2012.11.15 幸せな勘違い
今週あたりから急に寒くなってしまいましたが、皆様は体調を崩されていませんか? 

私はここまで寒くなる前に風邪をひいてしまいました。風邪をひいたから仕事が滞って忙しくなったのか、忙しくなっているのに風邪をひいてさらに忙しくなってしまったのか、どちらか分かりませんが、このところ非常に多忙な毎日を送っていました。たまたま、こんなときに週末は舐め犬のお誘いもなく、体調不良によりお断りしなければならないなんて残念なことにはならずにすんでよかったですけど、皆様も体調にはお気をつけください。

完全に寒くなってしまえは行く先々でもあたたかくしてあったりするので、反対に風邪をひいたりすることもなくなります。体調も完全に元通りにもどって、今週末からはまたお誘いもいただいていますので、出張から東京へ帰るのが楽しみになります。

平日は出張で地方(東京から見たらどこもだいたい地方ですが、、、)に来ていますし、仕事先とホテルの行ったり来たりで、あまり女性の方と接する(舐め犬とかではなく、普通に目にするという意味で)機会もかなり少なく、東京へ戻ったときは用賀近辺を歩いているだけでも、女性の方をたくさん目にすることができるので、なんだかうれしいです。

こんな生活のなかで、週末東京へ帰ると舐め犬のお誘いをいただいてクンニをたくさんさせていただいて、また平日の仕事へ戻る、というのが続いていると、なんだか女性の方のほとんどはクンニを気軽に楽しんでいてマイ舐め犬をムラムラしたときには呼び出しているのではないかという錯覚に陥ります。のぼりエスカレータでちょうど女性のおしりの辺りが目の前にあったりなどすると、もう少し足を開き気味にしていただいて、そこへ顔をうずめてクンニをするとこの方はどんな感じ方をされるのだろうかとか、入らぬ妄想に入ったりします。そのまま妄想の中で、ちょっとクンニでもいかがですか、そうねしばらくぶりだからお願いしちゃおうかな、とか会話は進んでいっったりして、、

実際にはお誘いのメールをいただくにしても、かなりの勇気をもってメールを書いていただいていると思うのですが、仕事・芝居・舐め犬の生活がつづいていると、こんな勘違いな妄想で楽しい日々を送ったりしてしまいます。