FC2ブログ
短時間ですがアラフォーの奥さまのKYさんとお会いしました。もともと夕方からお芝居の予定が入っていましたので、舐め犬のお約束はしていなかったのですが、KYさんはあまり週末は都合がつくことは少なく、昨日も予定がかち合ってしまってお会いする約束ができなかったので、出かけるまでの短い時間でもということで、お約束しました。KYさんから最初にメールをいただいたのはかなり前なのですが、何度か予定が合わずにお断りせざる得なかったのでした。なんでも、このところムラムラが高じてしまって熟睡することもままならないとのことでした。

用賀までは車でお越しになったので駅の近くで待ち合わせをしましたが、スポーツジムの帰りとのことで、小麦色に焼けたかっこいい奥さまでした。最初から気さくにお話できて、家のほうへご案内しました。リビングで飲み物を一口飲んで落ち着いたところで、時間も限られますので、さっそく寝室の方で舐め犬を始めさせていただくことになりました。下着姿になられると、よく焼けた肌にレースの白い下着がよく映えます。舐め犬も初めてとのことで、メールでも緊張をほぐすために最初にちょっとマッサージでもして欲しいとおっしゃっていたので、うつ伏せになられたKYさんの背中の筋を指圧するようにほぐさせていただきます。

普段からスポーツをよくされているようで、スタイルがよくて、脚がスポーツをされているのがよくわかるプリンプリンとした筋肉をされています。先月から何故かスポーツをされる女性の方に何人かお会いさせていただいていますが、プリプリした太ももってやはり素敵ですね。マッサージをしながらちょっとお話などさせていただいて、そろそろということで、仰向けになっていただいてクンニを始めることにします。これもメールで事前にお願いされたいたのですが、最初は恥ずかしいのでアイマスクをしてから舐め始めさせていただきました。お話していた感じではKYさんは何事にも屈託なく接する気がしたので、そんなに恥ずかしがられるのがちょっと不思議ではありましたけど。

プリンプリンの太ももの間に顔をもぐりこませて、内腿からパンティの際まで徐々に舐めさせていただきます。KYさんは一人でしてもあまり感じないとのことでオナニーもされないそうなのですが、ムラムラの時期だからでしょうか、脚の付け根あたりをパンティの際にそって舐めあげると少し声をあげられました。それからパンティをとらせていただいて、ヘアーのあたりから脚の付け根と、徐々に小陰唇へ舌を進めていきます。下の方へ舌を伸ばすと愛液が滴っているのがわかりました。舐めとるようにしながら、小陰唇のひだの両側をゆっくりと舐めて、いよいよ間に舌を割り込ませてクンニを続けていきます。小陰唇を直接舐めだしたところからKYさんの声も大きくなり、腰が動き出しました。

KYさんは昔の彼氏がクンニが好きでいつでもどこでもというくらいクンニをするような人だったそうで、それ以来クンニがお好きになったそうです。舐め続けていくうちに、舌の動きに合わせて腰を動かすようにされて、クンニに慣れておられるのが分かります。感じてこられると、時折私の顔を挟むようにされたり、私が舌を動かさなくてもKYさんみずから気持ちいいように下へ小陰唇を擦り付けるようにされたりしました。そんな腰の動きを感じながら、多分顔面騎乗で顔に擦り付けるようにするのがお好きではないかと妄想していました。

途中からアイマスクも外されて、私の頭を手でつかむようにして感じていただいたりもしました。後でお話したところ、手で頭を押さえるようにしていると男性に舐めさせているという感じで気持ちがよいとのことです。性格的にもさばさばされているようで、S的な感受性でクンニを楽しまれているように思いました。徐々にクリトリスへの刺激を強くしていっても大丈夫そうで、反対により感じてこられたようでしたので、唇をクリトリスの周りに押し付けるようにして、ぷっくりと飛び出してきたクリトリスへ刺激を続けているうちに、それまでとは違って、かなり大きな声を続けて出されたので、逝っていただけたのがわかりました。逝かれたあとはソフトに舌を小陰唇に絡めるようにしてしばし余韻を楽しんでいただきました。

しっかりと逝っていただけたのですが、まだ時間があるし、乳首も舐められるのが好きとメールでおっしゃっていたので、身体の方を舐めさせていただこうかと思っていたのですが、KYさんは1度逝かれるとそれで満足してしまって、それ以上はいらないとのことで、少し残念でした。私の時間が限られているので、時間を気にしてくださっていたそうです。今度お会いできたときには、逝くまではゆっくりと時間をかけて、途中で身体のほうもしっかりと舐めさせていただきたいと思いました。
用賀ではこのところ駅前でお祭りみたいな企画が行われて、仕事から帰ってくると子供たちが浴衣を着てはしゃいでいたりしてにぎやかです。普段は帰りに出会う子供といえばSAPIXの塾帰りの子達ですけど。

一時期の異常な暑さもなくなってちょうど夏らしい暑さでいい感じではないでしょうか。(昼間はオフィスにいるので本当の暑さを知らないだけかも知れませんが)。女性の方も薄着になって、肌を露出される部分も多くなってきていますね。基本は脚フェチですけど、二の腕から脇のしたあたりとか、大きく開いた背中とか、そんなところも肌が露わになっていると、ついつい目がいってしまいます。特にきれいな背中が丸見えになるようなワンピースを着ている女性がたま~にいらっしゃいますが、後ろを歩いていると吸い込まれそうになります。(ぐっと理性を働かせるのはもちろんです)。

そんな風に考えると、単に肌が好きな、肌フェチなのかと思ったりもしてしまいますね。露出されてる肌は一部分ですが、それがずーっとつながって、あんなところや、こんなところまで、続いているわけですものね。それに、以前に書いた乳首の話ではないですが、女性の肌の感じやすさを再認識しているところで、どこを舐めても気持ちよかったりするのはすごいことのように思います。さすがにわき腹を舐めただけで逝く方はいないとは思いますが、逝ったあとの快感を持続するのにはクンニだけでなく他の部分も舐めさせていただくのがよいみたいです。

そうそう、露出した肌のことを書こうと思ったのでしたが、いい感じの暑さになると女性の首筋から肩口にかけて汗がぽつぽつと水玉になっていることがあり、それがとても素敵に見えたのがきっかけです。異常に暑くなってしまうとそういうこともなくなり、汗でべっとりとなってしまうのでやや興醒めですが、玉の汗が女性の肌の上にのっているのはいいですね。(私だけかな?)

お盆の週は夏休みになりますので、平日もぶらぶらしています。普段お会いできない方からもお誘いいただければと思います。そう言いながらも、暑くなってお誘いが増えている気がしますので、もしすでに予定が入っていたらごめんなさい。

昨日に引き続き、先週お会いしたばかりのSWさんからお誘いをいただいてお会いしてきました。SWさんとは先週初めてお会いしたわけですが、私のクンニをとても気に入っていただけたようで、近いうちにまたとおっしゃっていたのですが、1週間後に再びお誘いいただきました。先週お会いして感じやすいSWさんには何度か深く逝っていただけたのですが、そのせいか、次の日の朝はお肌がプルプルでファンデーションの伸びがいつもとは全然違ったとのことです。ホルモンのバランスなのでしょうか、舐め犬にはそんな効用もあるのですね。

今日は久しぶりに車で待ち合わせ場所まで参りましたので、SWさんに乗っていただいて、近くのラブホへと入りました。車で行くラブホはだいたいが部屋も広くて快適ですね。ここも、使いはしませんでしたが、スチームサウナ付の広いお風呂でした。SWさんに先にシャワーを浴びていただいて、次に私がシャワーを浴びて、ベッドへ入りました。このラブホのベッドはとても大きくて、なにか落ち着いた気分にさせてくれます。

rps20130721_175531.jpg

足元のほうへ移動して脚の間に入らせていただこうとしたところ、まだお会いするのも2回目ということでまだ抵抗があるのでしょうか、少し恥ずかしそうにしながら脚を徐々に開いてくださいました。内腿にキスするようにしながら徐々にパンティのわきまで舌を移動させていく中で、だんだんと息遣いも荒くなって、感じてくださっています。パンティをとらせていただいて、ヘアーの生え際からまた徐々に小陰唇へ近づいていきますが、小陰唇のひだに触れた瞬間にやや大きめの声を漏らされます。できるだけひだの中へはまだ入らずに、両脇を舌で上下させながら刺激していくと、それでも愛液の味わいが口の中に広がっていきます。

前回SWさんはすごく感じやすくてすぐに逝かれてしまいましたので、できるだけゆっくりと快感を味わっていただこうと、あまり刺激が強くならないようにゆっくりと舐めていきましたが、感じてこられると腰が浮くようになって、私の腕を握る手にも力が入ってきます。何度か逝きそうになったからと腰を下から逃げるようにされたのですが、最後には我慢が出来なくなったかのように、腰を押し付けられてこられたので、私もクリトリスを舌で覆い尽くすようにしてしっかりと逝っていただけました。そのまま舌を離さないようにしていましたが、限界になって脚を閉じて横向きになられました。

SWさんは逝ったあとに抱き合うのがお好きなので、落ち着くまでの間しっかりと抱き合いながら、背中を撫でるようにしました。逝っている間は呼吸ができなくなってしまうので、こうして背中をさすって抱き合うと安心できるのだそうです。舐めている時間は短いですが、かなり深く逝かれるので、すぐには無理ですから、このまま抱き合いながら休憩して少しお話をしていました。お話の中で次は座ってしてみたいとおっしゃったので、ソファーの方へ移動しました。普通にソファーに座られたので、舐めやすいように片足をソファーにあげてみてくださいと言ったところ、恥ずかしいですね、とおっしゃいながら脚を開いてくださいました。ここでもできるだけゆっくりと舐めさせていただいていたのですが、私の頭に脚を絡ませて抱きかかえるようにされたかと思うと、短時間で逝ってしまわれて、そのままソファーに倒れこまれて、やはり抱き合いながら落ち着かれるまでしばらくじっとしていました。

ベッドへ戻ってからはSWさんが私のガウンの胸元あたりを広げて胸を舐めてくださったり、指で私の顔から口元あたりを触りながら、舌がとても柔らかくて気持ちいい、とおっしゃってくださいました。ただ舐められるだけでなくて、こうしてスキンシップをしていくのもお好きなようです。少し恥ずかしそうに徐々に手を私の股間へ伸ばされてパンツの上から固くなっていくのをしばらく感じていただきました。

rps20130721_175511.jpg

最後にもう一度舐めさせていただいたのですが、もう敏感になってしまった身体の反応は早くて、少し舐めていると逝きそうになり、腰をはずして逝かないようにされたり、そんな繰り返しでしたが、それも長くは続かずに、やはり最後には我慢の限界になり、腰を私の顔に押し付けるようにしてしっかりと逝っていただきました。残りの時間は身体を落ち着かせながら、少し長めにお話などをして過ごしました。ラブホの時間が3時間と短かったのもありますが、こうしてお話などをしながら過ごしてしているとあっという間に時間になってしまいます。

時間が少し足りない感じですが、家へ来られたら時間を気にしなくてもよいとお話していたのですが、これ以上長い時間一緒にいたら帰りたくなくなってしまう、とおっしゃいます。写真を撮らせていただくときに、この時が一番うれしいそうな顔しますね、と言われてしまいました。確かに、脚フェチの私はこうして脚の写真を撮らせていただいて、あとからゆっくり眺めたりするのが何よりの好物なのですが、そんなに嬉しいそうな顔になっていたとは知りませんでした。
月曜日に引き続いてYUさんとお会いしました。YUさんとはだいたい月に1回くらいお会いするペースなので、だいたい都合のよい日をお知らせいただいて、決めていたのですが、今月も15日か20日は空いていますかとメールをいただきました。どちらも予定はありませんとお答えしたところ、両方ともという贅沢なことは可能でしょうかとおっしゃるので、ほかに予定があるわけでもありませんから、両方ともお会いすることになりました。ブログが連続してしまうので、ちょっと恥ずかしいとおっしゃっていましたが、私としては嬉しいことです。

用賀で待ち合わせをして、部屋まできていただきました。前回はずっと寝室にいて少し眠りましたがかなり濃厚な時間を齟齬させていただいたので、今回は少し休み休み過ごしましょうとメールでお話をしていたところ、おやつにフルーツを買ってきてくださいました。とりあえず、冷蔵庫にしまって、舐め犬をさせていただくことになりました。

シャワーの後は、YUさんはいつもキャミソールでパンティはなしです。そのまま寝室で私が歯を磨いている間にお待ちいただきます。前回、クリトリスへは極力触らないようにして、焦らしながらゆっくりと舐めるやり方がかなり気持ちよかったとのことで、今回もそれでいくことになりました。脚から舐め始めるのは同じですが、太ももから脚の付け根へと普段よりもゆっくりと時間をかけて舐めて、そのあとはヘアーの生え際にそって徐々に小陰唇へと近づいていきます。小陰唇へ触れることがなくても、この段階でかなり気持ちよく感じていただいて、愛液も溢れ出して、お尻をつたって零れ落ちそうになっています。

rps20130720_200522.jpg

小陰唇のひだの先を軽く舌で触るように上下させたり、ひだの側面を舌を平らにしてゆっくりと移動させてみたりしますが、このような舌の動きがことのほかお好きなようです。ぺろぺろというよりも、舌を平らにしてそのままほんとにゆっくりと首を動かすような、かなりゆっくりとした動きです。それだけでも、YUさんの反応もいつもは違って、終始尿道から膣の入り口にかけてがヒクヒクとしっぱなしになっています。クリトリスはひだの横から舌で押す程度で、ほとんど直接は刺激しません。それだけでも、最終的には気持ちよく逝っていただけたようで、逝った後敏感になった小陰唇を舌を動かさないようにしてふれているだけで、快感は持続しているようです。

まだ快感が続いているうちに、脚の付け根を舐めさせていただいたところ、予想外に感じてくださるので、そのあたりをあちこち舐めてみたのですが、YUさんはお尻のあたりまですごく感じていらっしゃいました。それで、余韻が収まらないうちに、上半身へ移動して、わき腹や背中も舐めてみたのですが、脚の付け根あたりと同様にひどく感じておられます。長い付き合いなのに、これまで気が付きませんでしたが、YUさんの快感ポイントはかなり体中に広がっているようです。逝ったあとだから敏感になっているのか、普段からそうなのかはまだはっきりしませんが。

そのあとは、いつものようにYUさんは手と口で私のものを元気にしてくださって、挿入することになりました。今日はいつもと違ってバックからの挿入を希望されました。挿入しての動きはあまり得意ではありませんが、動かなくても深く挿入してじっとしているだけでも、YUさんの膣がきつく締めるけてくるのが分かります。途中で正常位にもどりましたが、クンニとは違って身体の動きもありますから、お互いに汗びっしょりになりながらの挿入でした。挿入が終わって、休憩しようかと思ったのですが、せっかく気持ちよくなっていただいたところですし、このままクンニへ移行してしばし舐めさせていただいて、もう一度逝っていただいたところで休憩することにしました。

rps20130720_200453.jpg

いい運動もしましたし、しっかり汗をかいた後でもありますので、冷蔵庫で冷やしていたフルーツはとてもおいしくいただきました。すこし長めにリビングでお話をした後に、再び寝室へ戻って舐め犬の再開です。最初と同じようにゆっくりとした動きのクンニでYUさんのヒクヒクも終始続いている感じです。2回目ではありますが、いつもよりはすんなりと逝っていただけて、まだ時間もありましたので、もう一度逝っていただけるかなと思い、そのままクンニを続けさせていただきました。ゆっくりとした動きとはいっても、クリトリスはすでに固く大きくなっていて、先が露出していますので、舌で小陰唇全体を包み込むように舐めているとどうしても舌が直接あたってしまい、少し感覚が鈍くなってしまっていたようです。

3回目はかなり時間がかかってしまいましたが、なんとか逝っていただけました。YUさんとの舐め犬では結構いつものことなのですが、最後にもう一度逝っていただくのには時間がかかってしまい、さすがにもう無理かなと思い始めたところで、逝っていただけることが多くなってきました。そうはいっても、YUさんも今日は私の舐め方がぴったりと好みにあったようで、今までで一番気持ちがよかったと言ってくださいました。最後に逝くまでに時間がかかってしまったので、YUさんも終始力が入っていて、若干足元が覚束ないような状態になっておられました。
梅雨も明けたみたいで暑さが定着してしまった連休でしたが、3日続けて舐め犬させていただくことになりました。今日はYUさんとお会いしました。前回お会いするまでは仕事の関係で少し時間が空いてしまったのですが、今回は連休の最後にお時間があったようで、連休にはいる少し前にご連絡をいただきました。

YUさんはいつも最後にはクリトリスが少し痛くなってしまうので、お会いする前にメールで舐め方のご提案をいただきました。クリトリスへの刺激は極力避けて、小陰唇の上からクリトリスを圧迫する程度にするとか、小陰唇のひだの周りを中心に舐めるようにするなどして、もっと焦らすように舐めてみて欲しいとのことでした。1時間程度でしたら普通の舐め方でも大丈夫なのですが、それ以上も舐めているとやはりかなりソフトにしなければ最後には痛くなるので、逝くためには、痛くなくかといって逝ける程度の刺激を与えつつと微妙な舐め方でなければいけなくなってしまっていました。

rps20130715_185250.jpg

いつものようにリビングでお話をした後に、シャワーを浴びていただきます。今日のYUさんはピンクのスリップ姿で出てこられて、シャワーの熱気を沈めていただくために少し強めに冷房をきかせた寝室へ入っていただきました。ちょっと冷やし過ぎてしまいましたが、舐め犬の時はそんなに動きがあるわけではないので、クンニをしている間はあまり涼しくしてしまうと寒くなってしまうので、温度の調整が難しいところです。

歯磨きを終えて寝室へ戻ると、布団の中にもぐりこんでYUさんはお待ちでした。太ももを撫でたり、すでにパンティをとられたお尻のあたりを撫でたりしながら、少しの間、今日は焦らすように舐めるんでしたよねと、お話をしてから、掛布団をめくって舐め始めました。太ももの内側から脚の付け根向かって舐めながら、少しずつ漏れてくるYUさんの声を聴きます。いつもより入念に脚の付け根あたりや、ヘアーの生え際あたりをゆっくりと舌を広げながら舐めていきます。たまたま小陰唇のひだに舌が触れてしまうと、それだけでYUさんの声が大きくなります。じっくりと周りを舐めているうちに、いつもよりたくさんの愛液が割れ目から溢れるように出てきて、下へ垂れそうになっているのがわかりました。

そっと愛液はすくい取るようにして、小陰唇のひだに軽く触れるようにして下から上へと舐めていきます。YUさんはいつも最初はひだに触れるか触れないか程度でもかなり感じておられるようで、すでに膣の入り口あたりがヒクヒクとしています。やはり、最初にじっくりと焦らすように舐めるのはよいことなのだと実感します。徐々に小陰唇全体を包み込むようにして舐めていきましたが、その時にもできるだけひだは閉じたままで、舌が直接クリトリスへは触れないようにして舐め続けました。途中で逝かれたようですが、そのままソフトに舐めるというより舌を絡めるようにしていたところ、いつもよりも気持ちよさそうにされているのがわかりました。

途中でしばし休憩をさせていただいて、横に並びながら腕枕をして抱き合うようになります。その間も、太ももをYUさんの股間に押し当てるようにして、乳首を指で刺激していると、自然とYUさんの腰も動き出して、小刻みに震えています。YUさんも少し落ち着いてきたところで、いつものように私のものを手で触って元気にすると口に含んでいただきました。そのあと挿入になりましたが、出し入れはゆっくりとしながらですが、YUさんはとても気持ちよさそうにされて、特に腰を押し付けてしばし動きを止めるとクリトリスも刺激されるのか膣がきょっきゅっと締るのがわかります。途中でしぼんできてしまったので、そのままクンニの体勢になって舐め続けました。挿入後にそのままクンニに移行したのでかなり気持ちよくされていました。

rps20130715_185226.jpg

そのあと、クンニを休止して横に並んだところで、YUさんが再び私のものを元気されて今度は上に乗られました。今日は上になったあといつもよりも激しく腰を動かされていたようです。下の私は、乳首を刺激したり、時々指でクリトリスの上から押さえるようにするとさらに気持ちよくされていました。それから、69の体勢になったのですが、油断をしていて私が逝きそうになってしまったのでYUさんの手を抑えたのですが、ちょっと手遅れでそのまま射精してしまいました。ここで、さすがに休憩させていただいて、二人とも少し眠ってしまいました。

ふと気が付いてみると、濃厚な時間だったのですが、そんには時間は経っていなくて、最後にもう一度クンニをさせていただきました。痛くならないようにと気を付けてはいたのですが、最後にはやはりクリトリスが少し痛くなってしまわれたようで、なかなか逝けるポイントが見つからなかったのですが、何とか逝っていただいて終わることができました。

この3連休はたまたま何の用事もなかったので、こうして3日続けて舐め犬でお会いすることになってしまいましたが、さすがにYUさんがお帰りになった後は、ちょっと疲れが出てしまったようで、テレビを見ながらソファーでうとうとしているうちに寝てしまいました。
ずいぶんと時間が空いてしまいましたが、SMさんとお会いしました。舐め犬をすごく気に入ってくださっていたのですが、お会いする時間がとりにくくなられていました。少し前にもお誘いいただいたのですが、ちょっと無理なスケジュールでしたのでお会いできずにいました。お時間ができたということで、昨日の夜にメールをいただいて、予定もありませんでしたので今日お会いすることができました。用賀まで来ていただきましたが、ひさびさの用賀ということでちょっと緊張されたとのことです。

家へおいでいただいて、リビングでお話していましたが、今日はお会いできる時間も少し短いので、さっそくシャワーを浴びていただいて、寝室へご案内します。何度もお会いしていても、実際にクンニを始める前には少し抱き合うようにして気持ちを落ち着けないとドキドキ感が止まらないと以前からおっしゃっていたのですが、今日は久々ということもあり、よりドキドキ感が強かったようです。しばし抱き合うようにしながら、シャワーの熱気も少し落ち着いてきたところで、クンニを始めさていただきました。

rps20130714_161523.jpg

太ももに唇を触れたときから少し息が激しくなるくらいに敏感になっておられましたが、パンティをとるときには、絶対いっぱい濡れてるよ、とおっしゃってかなり恥ずかしそうにされていました。おっしゃる通りで、舌を徐々に小陰唇に近づけていくと溢れている愛液の味わいを感じることができます。舌先で舐めとりながら、クリトリスの周りに絡めるようにして、ゆっくりと刺激をしていきます。SMさんはとても逝きやすくて何度でも逝けるのですが、行き過ぎると苦しくなるので、今日はできるだけ逝ってしまわないようにソフトに舐めるというよりは舌を絡めるようにしていました。それでも次第に感じてこられて声も大きくなりながら、腰をくねらすようにされていました。逝きそうになられたら、少し舌を離して落ち着くのをお待ちします。

いくらソフトに舐めていてもそれだけで気持ちよさが高じてくるようで、さすがに我慢の限界になったところではクリトリスを強めの押すようにして、しっかりと逝っていただきました。逝っている間は声にはならないくらい、呼吸が激しくなり、しばし落ち着くのをお待ちするのですが、舌を離してはいても腰が小刻みに震えるようにして快感が持続しているようです。そこで一休みして横に並んで抱き合いながらSMさんが落ち着かれるのを待ちます。そうするといつものようにSMさんは私のものを手で触りながら元気にしてくださって、途中から、口で気持ちよくしてくださいます。今日は横になりながら、そのまま69の体勢で私も舐めていましたが、それだけで再び逝ってしまわれました。

そのあとは、再び私からクンニをさせていただいたのですが、非常に敏感になっているクリトリスはほとんど触るか触らないかというくらいの舐め方でもすぐに逝きそうになり、再びあっという間に逝ってしまわれました。このような状態になると続けさまに逝っている感覚になられるとのことで、呼吸が苦しくなって、どうしても途中で休止して落ち着かれるのを待たなければなりません。そのあとは挿入されたいとのことで、いつもはSMさんが上に乗られるのですが、今日は後ろからしたいとおっしゃって、横になったまま後ろから挿入させていただきました。いつもきついとおっしゃるのですが、SMさんは感じすぎて膣がずっと締ったままの状態なので、挿入する時にはいつもきつく感じるのだと思います。

後ろからの挿入はほんの少しだけでしたが、それからやはりSMさんが上になって再び挿入されました。いつもと違って今日はかなり激しく腰を使って3回ほど続けさまに逝かれてしまいました。中で逝くというよりは、敏感になったクリトリスを擦り付けるようにして逝かれます。激しく動かれたのと、何度も逝かれたのとで、私の上で汗びっしょりになられたSMさんは、ここでいつものようにじっとして挿入されている感じを味わっておられます。そのまましばらくじっとしておられたのですが、その間も膣はしっかりと締め付けるようにして私のものを離しません。徐々に私のものがしぼんできて自然に抜けるまでそうして快感を味わっておられました。

rps20130714_161459.jpg

最後は、上になったままの体勢で顔面騎乗で舐めさせていただきました。顔面騎乗だと逝きそうになったときに自分で逃げることができるとおっしゃっていたのですが、今日は逝きそうになられたときに、私の方から唇で追いかけるようにしてクンニを続けましたので、上に乗ったまま逝っていただきました。想定外のことで、またいつもの逝くのとは違った姿勢であったのもあり、少し新鮮な感覚で逝っていただけたようです。

いつも私がブログにSMさんは快感を貪るようにして楽しまれていると書いているのを恥ずかしく思っておられるSMさんですが、結局今日も貪ってしまいましたね、とご自分で笑われておられました。シャワーを浴びて、帰り支度をされてからリビングでSMさんが私にマッサージをたっぷりとしてくださって、舐め奉仕のはずなのに、私の方がすっかりリラックスさせていただいてしまいました。
SWさんとはずいぶん前にtwitterでお話を始めたのがきっかけでした。何度かDMのやり取りがあったのですが、それからしばらく連絡がなくなっていました。少し前に再びDMをいただくようになり、お誘いをいただいたので、メールでのやり取りに切り替えて何度かお話した後に実際にお会いするお約束をしました。アラフォーの奥さまですが、実際におあいするまでは、かなり緊張されいたそうです。お約束よりも早くに待ち合わせ場所に着かれたのですが、緊張しすぎて、早めに会いたいとメールをいただいたのですぐに私も向かいました。それまでも、来てみたもののやっぱり止めておこうかと思ったり迷われたそうです。

いつも思うことですが、やはり見ず知らずの者どうしがこうしてお会いして、いきなりクンニをするような関係になるわけですから、女性の立場からすると不安がいっぱいだと思います。奥さまでしたらなおさらそうですが、私なら大丈夫ですと言ってみたところで、実際にお付き合いしてみなければ私がどんな人間か分からないですからね。でも、最後には勇気をもってこうしてお会いしていただけて、光栄に思います。

実際にお会いしてみると理知的で落ち着いた感じの奥さまで、少し言葉を交わしながらラブホテルへと向かいました。旦那様ともレス状態が長く続いているとのことで、ラブホテルの久しぶりのことで、最近のラブホテルの様子にもかなり興味を持ってご覧になっていました。

rps20130713_161647.jpg

お昼もまわっていましたのでかなり暑くて、部屋に入って少し飲み物を口にするとシャワーをお勧めしました。SWさんは私からどうぞとおっしゃるので、珍しいことではありますが、私から先にシャワーを浴びさせていただきました。続いて、SWさんがシャワーをしている間に、ベッドの上でぼんやりとお待ちしていましたが、なるほど女性の方は先にシャワーを浴びるとこんな感じで手持無沙汰に待っているのだなと、思いながら火照った身体をクーラーで落ち着けました。ホテルのガウンを着てSWさんは出てこられて、ベッドの私の横に入っていただきます。

いつものように脚の方から舐めさせていただくのでOKとのことでしたので、さっそく掛布団をはいで下のほうへ移動しました。脚は太いとおっしゃるのですが、どう見ても細いくらいで、太ももの間で唇を触れると柔らかい感触が伝わってきます。唇が脚の付け根へ近づくにつれて、SWさんの声が少しずつ漏れてくるようになりました。パンティの際に沿ってじっくりと舐めあげたりを繰り返したあとに、いよいよパンティを脱いでいただいて、ヘアーの生え際に沿って舌を進めていきますと、小陰唇に舌が近づくにつれてSWさんの声も大きくなっていきます。見た目の印象とは対照的に、徐々に乱れていく様子がより私の興奮を高めていたように思います。

小陰唇に少し舌が触れたところで、声もさらに大きくなり、腰も自然と動いてきます。小陰唇全体を包み込むようにソフトに舌を絡めていったり、小陰唇の横を上下に舌で舐めあげたりを続けていくうちにSWさんの感じ方も高まっていき、私の腕をつかまれたりします。そうこうしているうちに、そんなに時間は経ってないとは思うのですが、急にこれまでとはトーンの違う声であ~とおっしゃったかと思うと、身体をのけぞるようにされてから、横を向いてじっとされました。よく見ると腰から下が小刻みに震わせながら逝ったあとの快感を味わっておられるようです。私も一休みとSWさんの横に並んだところで、私に抱き付いてこられてしばしそのまま、余韻を楽しんでいただきました。

舐め始める前にクンニはお好きだとは聞いていたのですが、もう少しお話をしたところ、初めてクンニをされた時からその気持ちよさに驚いてそれ以来クンニは大好きとのことでした。短時間で逝かれた割にはかなり深く逝っていただけたような印象で、もともとかなり感じやすいお身体なのだなと思います。その時はまだブラもされていたので、窮屈にならないようにブラも外していただいて、リラックスしてしばしお話などして、身体の方も落ち着いてこられたところで再びクンニを始めさせていただきました。今回もそれほど時間がかからずに逝かれた様子だったのですが、しばしそのまま唇をはずさずに軽く触れるくらいにしておいて、続けてみたのですが、その次に逝かれた時は最初と同じようにかなり深く逝かれたようで、やはり横を向いて腰を震わせるようにされていたので、いったん休憩としました。深く逝くときには呼吸が苦しくなってしまうので、続けるのは難しいとのことです。

rps20130713_161618.jpg

休憩しているときには私の舐め犬の体験のお話やら、SWさんの経験のお話やら、腕枕などしながら寄り添っているうちに打ち解けてきて、気軽にいろいろとお話もできるようになりました。レス状態なのでオナニーもされるとのことですが、こんなに感じやす身体をされているのにもったいないことです。不倫とかと性欲を満たすための舐め犬とはちょっと違うものですし、SWさんも勇気をだしてお会いしてくださったことですし、同じようにムラムラとした気分をため込んでいる奥さまには舐め犬ですっきりとしていただきたいと思います。

まだ時間はありましたので、もう一度クンニをさせていただいて、できるだけすぐに逝ってしまわないようにゆっくりと舐めていたのですが、やはりそれほど時間もたたずに再び逝ってしまわれました。毎回かなり深く逝かれているようでしたので、これで今日のところは満足とのことでした。最初ですし、M字開脚だけで楽しんでいただいたのですが、顔面騎乗やら、ソファーでのクンニやらのお話をしたところ、今度は少し別のクンニも楽しんでみたいを言っていただけました。
今日は午前中から趣味の芝居へ行ってきたのですが、午後を回って公演も終わったので外へ出てみたら真夏のような暑さにびっくりしました。なんだろうなぁ、と思いつつとりあえずお茶でもして休もうかとしていたところへ、OKさんからのメールをいただきました。前回は春の桜の時期にお会いしたのですが、OKさんはだいたいいつも当日にお誘いをいただくので、少し前にお誘いいただいたときはすでに予定が入っていてお会いできませんでした。今日はちょうど良いタイミングでしたので、さっそくお返事をして、待ち合わせをすることにしました。

何度もお会いしているので、お会いしてからそのままラブホへと向かいましたが、OKさんからおもちゃを買うのに付き合って欲しいと言われました。通販でも買えますが、住所などの記録が残るのがやや不安があるとのことで、直接お店で買いたいのだそうです。確かこの通りに昔あったような気がしますが、とラブホへ行く途中の通りを少し歩いたところ、ありました。地下へ続く階段を下りて店の中へ入ると、たくさんあるものですね、バイブやらローターやらこんなにも種類があるのかと思うくらいたくさん並んでいます。お店だと見本が置いてあるので、実際に手に取って感触なども確かめられるのがよいですね。いろいろ迷いつつもOKさんは割とスタンダードなものを購入されました。以前はローターを持っていたのだそうですが、最近は挿入にも気持ちよさを感じるので、初めて挿入もできるおもちゃにしたということらしいです。

rps20130707_184004.jpg

そのおもちゃを持ってラブホへ向かいました。暑さもあるのかラブホはかなり混んでいる様子でしたが、2件目で1つ部屋が空いていたので、ほっと一息です。OKさんは部屋へ入るとさっそくストッキングは脱いで楽になり、そのままシャワーを浴びられました。バスタオルを体に巻き付けて出てくると、入れ替わりに私がシャワーです。私がシャワーをしている間にOKさんは早速おもちゃの包装をといて、入念に洗って使う気まんまんです。とはいっても、一応舐め犬の私がいますので、ベッドの手が届くところにおいて、私が舐め犬を始めさていただきました。

太ももの内側を舐めた後に、ヘアーの生え際に沿って舐めあげていると、ちょっと小陰唇に触れてしまったのですが、そこで、もっと焦らして欲しい、とおっしゃるので、もう少し時間をかけて小陰唇の周りを舌で舐めていきました。それだけでも、これまでのOKさんとはちょっと違うくらいに感じておられるようでした。そして、小陰唇に舌を絡ませてからも両脇をゆっくりと舐めていきました。少しだけ舌を小陰唇の間に入れてみると、今までにないくらいに愛液が溢れていました。夏の暑さか、ムラムラが蓄積していたのかは分かりませんが、あまりにたくさん溢れているので、舐めとるというよりは少し吸うようにしてみたところ、ズルズルっという感じで口の中に尾を引きながら吸い込まれていきました。

愛液もだいたい吸い取れたところで、いつものようにクンニを進めていきましたが、しばらく舐めたところで、OKさんは脚を閉じられて横向きになって休憩されました。まだ逝ってはいなかったようですが、ラブホで軽いお酒を飲まれたし眠くなったのかと思い、身体を軽く触りながら私も添い寝するような形になりました。そのあと、後ろから胸を抱きかかえるようにして、背中などを舐めさせていただいたりしていました。だいぶ、落ち着いてきたところで、再びOKさんの脚を開いて間に入ってクンニを再開させていただきました。膣の中に舌を入れるようにすると、OKさんは腰を浮かして、舌がもう少し奥まで届くようにされます。それと同時に、膣の中のひだひだが舌にまとわりつくようにヒクヒクと動くのがよくわかります。

そうこうしているうちに、またOKさんは横を向かれたので、ちょっとお休みです。そうすると、OKさんはおもちゃの方へ手を伸ばして、ご自分でオナニーを始められました。いつもならクンニの途中で指も入れて欲しいとおっしゃるのですが、今日はクンニだけだったのは、バイブを入れる感触がどんなものか味わってみたかったからなのかなと思いました。私は横で見ていたのですが、OKさんが満足されてバイブをもとの位置に戻されたときに、どんな具合でした?、とお聞きしたところ短時間で2回逝かれたそうです。舐め犬としてはちょっと残念なことですが、そういえば、前回も逝けなくてOKさんがオナニーで逝ったことが思い出されました。気持ちよくはなっていただくのですが、OKさんの最後の一押しのポイントが分からないんですよね。

rps20130707_183934.jpg

ともあれ、私としてはクンニだけでなく身体も舐めさせていただけて、楽しく過ごさせていただきました。OKさんの太ももは最初にお会いしたころから、やや太めになったり、また痩せたりもありましたが、ちょうどいいムチムチ感が気持ちがよいのです。写真のほうも今日は脚をあげた状態で撮ってみたりと、何枚か撮らせていただきましたが、気に入った2枚がブログに掲載OKということです。

OKさんも最近は挿入したいという欲求が出てきたとおっしゃるように、感じ方も若干変わってきておられるのかもしれませんが、2回続けて自分でオナニーをして逝っていただいたのは残念なことです。とはいえ、目の前でオナニーをしてくださるくらい気軽に私に会ってくださっているというのも、ちょっと他の方ではあまりないことですので、それはまた別物として喜んでおいたほうがいいのかもしれません。
今日は朝から予定もなく、洗濯して、掃除でも始めようかと思っていたところに、AYさんからのメールをいただきました。初めてメールをいただいてからお会いするまでは人によっていろいろなのですが、さすがに当日の朝にメールをいただいて夕方にはお会いすることになるのはかなり久しぶりのことではないかと思います。ブログのほうは数か月くらい前からご覧いただいていたそうですが、暑い中を用賀まで来てくださって、駅の改札で待ち合わせをしました。AYさんは30代半ばの独身女性で、キュートな顔立ちの方でした。声がやや低いので、落ち着いた感じのしゃべりかたをされます。

メールではまずはお茶でもとお話していましたが、お互いに大丈夫とのことで、直接家へきていただきました。どんな風にこのブログへたどり着かれたのかとか、ぽつぽつとお話をしながら、家まで到着しました。リビングへお通ししたところ、部屋の様子や窓の外の様子などをご覧になりながら、しばし立ったままでおられたので、ソファーをお勧めして、しばしお話をしましたが、初対面というのはなかなか話も難しいものでややぎこちない感じではありました。それからシャワーを浴びていただいて、バスタオルをまいて出てこられたので、寝室のほうへご案内しました。

rps20130706_205327.jpg

私もTシャツとパンツになり、ベッドへ入り、少し太もものあたりなどを触らせていただきながら、クンニのお話を少ししましたところ、昔お付き合いされていた男性がクンニがすごく好きな方で、たくさん舐めてくれて、それ以来クンニは大好きになられたとのことです。私がお会いする女性の中では、そうして彼氏にたくさん舐めてもらえた方は少数派で、いい経験をされたのだなぁと思いました。さっそく脚の間に入らせていただいて、太ももの内側から中心へ向けて舐め進めていきます。すでにパンティは脱いでおられたので、そのままヘアーの生え際に沿って舌を上下させているうちに、少しだけ太ももがぴくっとして、やや感じてこられたのかなと思いました。

クンニには慣れておられたからでしょうか、静かに私の舌の動きを感じ取ってくださっているようです。小陰唇の周りやクリトリスの上あたりをゆっくりと舐めていますと、クリトリスも徐々に固くなってきて、形もはっきりとしてきます。その間に、時折、AYさんも声を漏らされたりしましたが、全体的に静かにクンニを楽しまれているようです。時折の声と同時に、尿道から膣の入り口あたりにかけてひくひくとするのが分かって、気持ちよさも上昇しているようでした。だんだんとクリトリスも固くなって、先が露出してきましたので、そこを直接刺激すると腰から下がぴくっとするので、感じておられるのかと思っていたのですが、後でお話を聞いたところ、刺激が強くて身体が勝手に反応してしまうとのことでした。痛いほどではなかったようですが、やはりクリトリスへの直接の刺激はよほどそれを望まれる方でなければ避けた方がよいと思われます。

途中で連続的にヒクヒクする時があり、AYさんも気持ちいいとおっしゃっていたので、その時に逝っていただけたようでした。その後も続けて舐めていたのですが、ちょっと強くなりすぎたかなと思います、1時間少しくらいで感覚がなくなってきたとのことで休憩させていただきました。休憩中には、女性の感じ方などについて、いろいろとお話をしたりしていたのですが、やはりソフトな舐め方で長時間ゆっくりと楽しめるのがよいとのことでした。AYさんは先日の方と同じように太ももに張りがあるのですが、やはりスポーツがお好きで身体を動かしておられるとのことで、間に挟まれていてもその弾力が心地よいです。休憩中は話も弾み、だんだんとリラックスしていただけるようになったかも知れません。

rps20130706_205304.jpg

かなり長めに休憩でお話をしていたのですが、もう少しいかがですか、ということでクンニを再開させていただきました。休憩の続きで時折お話しするために口を離したりしつつも、休憩前までにしっかりと固くなったクリトリスはすぐに大きさを戻して、下の中ではっきりと存在していました。クリトリスへはできるだけ直接舌を触れないようにして、ソフトに舐めていたところ、尿道あたりのヒクヒクが始まり、AYさんの息もやや乱れ始めました。そのままの調子で舐め続けて、再び逝っていただけるかというところで、AYさんが脚をつってしまって、残念ながら途中で終了となりました。

初対面ではどうしてもどんな舐め方が好みなのかとか、探りながらクンニをしているのですが、AYさんは比較的静かにクンニを楽しんでおられたので、太ももの微妙な動きやら、息遣いの違いやら、微妙なところでの反応をよく感じることができました。舐め犬のお付き合いって、出会ってすぐにクンニをさせていただくという、不思議な関係ですが、AYさんとは休憩中にいろいろとお話もできて、少し短かったですが何やら楽しい時間を過ごさせていただきました。

もうすぐ梅雨もあけるようですが、じめじめとしたこの季節にクンニですっきりと気分爽快になっていただくのがよろしいかと思います。
2013.07.02 アサヒカメラ
最近たびたび檀蜜さんのヌードがアサヒカメラに載っているという広告を見かけたので買ってみました。胸も隠しているし、ヘアーも出ていないし、別に過激なところは何もないのですが、舐め犬視点からすると、多分しっとりした感触の肌をされていて、太ももに挟まれていたらさぞかし気持ちがいいだろうなぁと思います。

しっとりと吸い付くような肌の感触、若い方やスポーツされている方の張りのある肌の感触、きめの細かい柔らかな肌の感触、人それぞれに肌の感触は違いますが、どれもこれも好きです。じゃあ、なんでもいいのかということになってしまうかもしれませんが、太ももに挟まれている幸福感があまりにも大きいので、女性の太ももだったら何でもいいのかもと錯覚に陥ってしまいそうです。

檀蜜さんのヌードが見たいというのもありましたが、お会いした女性の方がOKされたら脚を中心にして写真を撮らせていただいているので、どんな風に撮ったらいいかのヒントになればという思いもありました。(後付けの理由?)

せっかくですから、きれいに写真を撮って、後日それを見ながら当時のことを思い出したりして、一人興奮を呼び覚ますことができるように撮りたいと思います。