FC2ブログ
一段と寒さが増してきましたが、昨日今日などはここ用賀でも大きな荷物を持って帰省される方を多く見かけます。私の方も金曜日にはなんとか仕事も納めて年末ムードです。テレビ好きな私としてはここ数年の年末・年始の番組が今一つぱっとしないのが残念ですが、大みそかから新年にかけてのテレビの予約も確認して、明日から帰省してまいります。実家でもまた何もすることもなくのんびりと過ごすことになると思いますが、今年お会いした方などのことを思い出したりするのも、楽しみの一つです。

知らぬ間にこのブログもかなり長く続いていますが、それというのも、ブログを通してお誘いいただける女性の方々がいらっしゃってのことですので、今年も楽しく舐め犬生活を送れたことをお礼申し上げます。都合がうまく合わずにお会いできなかった方もいらっしゃいますが、またよろしかったら連絡いただければと思います。継続してお付き合いいただいている女性の方の顔ぶれも長く続けていると徐々に変わってくるものですが、ムラムラっとしたときに思い出していただけるのはありがたいことです。私も暇なときには思い出したり、今度お会いした時にはこんな風に舐められたらなとか、あんな風に感じていただけたらなとか、いろいろと想像を膨らませています。

継続してお付き合いして気心も知れて好きに楽しんでいただけるようになっても、我を忘れてしまうほどに深く逝っていただけたりすると、やはりそんな姿を私に見られて恥ずかしがったりされる方などはいくつになっても可愛らしく感じてしまいます。そうかと思うと逝ったあとにしばらく休憩していると、いきなり私の上にまたがってこられたりして、そういう大胆さも嬉しく思います。顔の上に自分からまたがっていくのは最初はみなさんかなり恥ずかしそうにされるのですが、やはり快感には勝てなくて一度味わった気持ちよさは何回でも楽しんでみたくなるのでしょうね。

お会いしている方のお仕事とか普段どんな風に過ごされているかとかほとんど知らない方が多いのですが、私の場合、お誘いいただく方は普段真面目な方が多いように思います。普段真面目な方のほうが、かなえられない願望などで頭の中では想像をたくましくしておられたところに、クンニで味わう快感から一線を越えてしまうと、大胆にすべてをさらけ出して感じていただけるそのギャップが私の喜びです。なので、私が気持ちがいいのか、などお気遣いなくお会いしているときは好きに感じていただけたらと思います。逝っていただいた後に、普段は見せないであろう脚を広げたままの淫らな姿でぐったりされているのには興奮させられてしまいます。

何年続けていても、女性の方の性欲や感じ方など、まだまだ男の私には神秘的なところが多いのですが、それだからこそこうして大好きなクンニを続けることができているのだと思います。年末・年始は本来のパートナーさんとお過ごしになる方がほとんどでしょうから、このブログもあまりご覧にならないかもしれませんが、よいお年をお迎えくださいませ。

Merry Christmas !!
2013122323520991b.jpg


皆様、今年はどんなクリスマスイブをお迎えになったでしょうか。私は普通に仕事です。イブは本来のパートナーさんと過ごされる方がほとんどだと思いますので、私のように舐め犬で隙間に存在している者はもともと休日だとしても一人で過ごして、明石家サンタでも見て寝るのが例年です。

今年は暑くなったあたりからたくさんのお誘いをいただきましてありがとうございます。基本的に土日祝日にお会いすることにしているので、お会いする予定など調整させていただきましたが、一部に混乱があってご迷惑をおかけしてしまった方もいらっしゃって申し訳ありません。最近はスマホのカレンダーでお約束したらちゃんと記入するようにしていますので、大丈夫かと思います。

また、今年は舐め犬さんのブログがものすごく増えたように思います。メールをいただく女性のお話を聞いているとクンニをたっぷりとしてくれる男性はかなり少ないような印象ですが、こうして同好の舐め犬さんが増えるということは女性にとってもよいことかなと思います(ちゃんとした舐め犬さんでないとたくさんいてもダメですけどね)。舐め犬である前に一人の人間ですから、お付き合いとなると相性などあるとは思いますが、できるだけ継続してお付き合いしてだんだんと緊張もほぐれて楽しく一緒の時間を過ごしていただけるように心がけていきたいと思います。

時々ブログにも書いていますが、お会いしてからその後予定などが合わずに時間が空いてしまいますと、なかなかメールもしずらいところもあるかも知れませんが、数か月に1度とか、年に1,2回とかのペースでお会いしている方もいらっしゃいますので、以前にお会いした方からも思い出したら再度お誘いなどいただけると嬉しです。私からは迷惑にならないようにメールはしないのですが、メールをいただくのは好きですのでお誘いに限らず時々メールをいただけると嬉しいです。

今年も残り少なくなりましたが、寒さに負けないように、体調には気をつけてお過ごしくださいませ。
今日は天気もよくて家の部屋から見える景色もすっきりとしていましたが、CPさんが家まで来てくださいました。前回おいでになった時に、もう道順は覚えたから大丈夫とおっしゃっていたので、待ち合わせはせずに直接来ていただきました。でも、これまでも何人かの方がそういいながら道に迷ってしまわれたので心配していましたが、道に迷うこともなく来られたようです(そもそも迷うほどの道順ではないのですけどね)。

リビングで少しばかりお話をしてからシャワーを浴びていただきました。今日も可愛らしい部屋着を持参されて、私が歯を磨いている間はリビングの方で待っていますということで、そのあと一緒に寝室へ入りました。寒いのでできるだけ暖かくしてありましたので、裸になっても大丈夫です。一緒に布団の中に入って、まずは抱き合いながらキスをしました。CPさんはキスをするのがお好きなのですね。ブラをはずして胸の方から舐めさせていただきました。乳首の周りに舌を這わせるようにして、気持ちよくなっていただきます。胸を舐めているだけでも、腰をくねらせるようにして下半身でも感じておられるようです。

2013122220303576d.jpg

前回もおっしゃっていましたが、今回会うまでの間も私との舐め犬を思い出しながらオナニーをして、こうして会える日を待っていてくださったとのことです。掛布団をはずして足元へいどうして、太ももから脚の付け根へと舐めていきます。パンティをとって小陰唇の周りから舐めようとしたところ、小陰唇の割れ目でクリトリスに近い上の用からも愛液が溢れているほどに乳首への愛撫だけで感じておられたようです。CPさんには前回も逝っていただけませんでしたが、感じやすいのは間違いなくて、クリトリスの上から刺激していると、その固さが増してくるのがわかりますし、すぐに尿道のあたりがヒクヒクと動き出します。それでも、オナニーをしてもなかなか逝けないのだそうです。

ヒクヒクが続いていると太もものあたりも熱くなる時があって、そのようなときは多分もう少しで逝けそうな状態なのだろうと思うのですが、なかなかそこまでは至らないのが残念です。途中からM字開脚はやめて脚を伸ばした状態でクンニをさせていただきました。クリトリスを剥くようにして直接刺激するとかなり声のトーンも変わってこられるので、あまりしないのですがクリトリスの周りに手を添えてできるだけ向けるようにして舐めさせていただきました。やはり直接舌がクリトリスに当たる方が気持ちよさそうにされています。

しばらくしてちょっと休憩させていただきましたが、そうすると前回と同様にCPさんが、今度は私の番、とおっしゃって私の上に乗るようにして乳首とかを舐め始めます。CPさんは舐められるのも好きなのですが、舐めるのもお好きなのでした。そうして今度は私のパンツを脱がすと口で元気にしてくださいます。かなり長い間口で気持ちよくしていただいた後は、上に座るようにされて小陰唇をペニスへ擦り付けるようにして楽しんでおられました。そうするうちに今度は挿入したいとのことで、上に乗って挿入されようとしたのですが、うまくいかずに私が上になって挿入することになりました。実は前回も挿入は試みたのですが、しばらく挿入されていなかったためでしょうか、CPさんが痛みを感じられたので途中でやめたのでした。今回も最初はちょっと痛そうにされてしましたので、ゆっくりと挿入しましたが、入ってしまうと気持ちいいとのことですので、そのまま挿入で気持ちよくなっていただきました。

挿入の気持ちよさは感じ方が違うのでしょうか、挿入を終えて隣に並んで横になっているのですが、しばらくの間はCPさんは余韻にぼんやりとされていました。かなり時間も経っていましたので、ここで休憩をしてCPさんが買ってきてくださったデザートをいただくことにしました。リビングへ移動してデザートをいただきましたが、そのあとはCPさんが私の膝の上に脚を乗せてくださって、太ももあたりをさすりながらしばしお話です。気持ちがよいのでその時に太ももの写真を撮らせていただきました。

デザートの後は再び寝室の方へ戻ってクンニを再開さていただきます。十分に感じておられるので、少し舐めるだけでも声を漏らし始められて、ヒクヒクが始まるのですが、やはり今日も逝くまでは至らずという感じです。もう3回目ですのでそれほど緊張感もないとは思うのですが、CPさんが自分でおっしゃるようになかなか逝けない体質のようです。女性の方からは逝くのにはどこに力を入れるとか人それぞれに逝き方があるのをよく伺うのですが、何度か逝けるとそれも分かってきて逝きやすくなるのかも知れませんね。舐めているうちに、CPさんも一緒に舐めたいとおっしゃるので、横向きになった69の体勢でしばし舐めさせていただいて、最後のもう一度挿入することになりました。

2013122220330791b.jpg 20131222203036c31.jpg

なんだか今日はクンニよりも挿入でのほうが気持ちよくなられたようで、挿入の後はしばらく動けない、とおっしゃってしばしの間まどろんでおられました。挿入が嫌いだからクンニで気持ちよくなりたいとお誘いをいただく方もいらっしゃれば、CPさんのようにクンニも挿入もどちらも好きという方もいらっしゃいますね。CPさんもクンニでじっくりと感じられた後だから、より一層、挿入も気持ちよいのでしょうね。クンニの後、挿入させていただくときには、ほとんどの場合すでに膣が締っている状態で、その中を分け入るように挿入するので、少し濡れただけで挿入するのとは気持ちのよさが違うのだと思います。

写真の撮らせていただくときには、CPさんがやはり胸も撮って欲しいとおっしゃるので、いろいろアングルなど試しながらいいのを撮らせていただきました。胸元のところのムチムチとした素肌の感じも素敵ですね。OKな方には写真もお願いしているわけですが、最近は女性の方も一緒にポーズなど考えてくださったりして、かなり楽しいひと時です。以前に、写真撮ってる時が一番楽しそうにしてるね、と言われたこともあったりして。一番楽しいのはやはりクンニの時に間違いはないですが、私の大好きな太ももを撮らせていただくときにはどうしてもテンションが上がってしまいます。
寒さも落ち着いてだいぶ体も慣れてきたようです。先月のように急に寒くなるのはちょっと対応しきれないものですよね。これからの季節は風邪を引かないように気をつけないと、せっかくお約束いただいている週末が台無しになってしまいます。

舐め犬ですから、クンニをじっくりと楽しんでいただければ、後は好きなようにしてくださいと、お会いした方には言っていますが、そうは言っても最初から女性の方が好きなように欲望をさらけ出すのはなかなか難しいものですよね。初対面では緊張感もありますし、やはり多少の遠慮とかもしてしまうものです。そこはある程度の回数をお会いすることでお互いの人となりをわかってきて、だんだんと気の置けない仲になっていけるものだと思います。

ネットで知り合うというのは怖さもありますが、反対にお互いの背景などをまったく知らずにお付き合いができるので、何でも話せてしまったりします。はじめから私を自分の股間へと誘いこませる前提でお会いするわけですから、そこを乗り越えてしまえば、実際に身体を触れ合わることで慣れてくるように思います。

最初のうちは私がクンニをたっぷりとさせていただいて、常日頃たくさんクンニをされてみたいと思われている女性の方の欲望を満たしていただくことが多くなります。そうして、クンニで逝ってみたいとか、長時間舐められてみたいという、当初の欲望が満たされてくると、こんな風にもできるかなとか、あんな風にもできるかななど、欲望は果てしなく広がっていきます。一緒に楽しい時間をすごさせていただきながら、一方的に舐められていたのが、女性の方から上に乗って舐められたいとか、逝ってしまって一休みしている間に私のペニスを弄んでみたりとか、されたいことから徐々にしたいことにも欲望が広がっていくみたいです。

痛いことや汚いこと(私の中でおしっこは汚くないのですが)以外であれば、女性の方からいろんな形で性欲をみたして楽しみたいと思うことを好きに試してみたりされると、私も実は興奮してしまいます。普通にお会いしているときにはとてもまじめそうに見える方が、興奮が高まることで、あるところからたががはずれたように、快楽におぼれていく、そのすぐそばにいられることは、これ以上の喜びはありません。

お会いしている女性の方からは、こんなに性欲があるなんて変なのかなとか、こんなことしたいと思うなんておかしいのかなとか、いろいろ気にされいることをお話いただいたりしますが、私もそうですが、時にはちょっと羽目をはずして欲望の赴くままにひと時に快楽に酔いしれるというのは、誰しも思っていることではないかと思います。それで日常の生活の刺激になって、楽しい毎日が過ごせるならば、そんな秘密の時間を持つことはいいことですよね。

どうも、女性の身体というのは不思議なもので、いくらでも快感が積み重なっていって、限界というものがないように思います。どうしてなんでしょうね。クンニをされたいというところから始まって、したいこともどんどん増えて、どんどん試してみて、快感におぼれながら、今度はこんなことという具合に、回を重ねながら二人で気持ちいいことを見つけて行きましょう。
今日は今年一番の冷え込みのようでしたが、寒い中をSMさんが家まで来てくださいました。暖かい部屋へたどり着いてからリビングでしばしおしゃべり。先日私が脱毛のことをブログに書いたので、ブラジリアン・ワックスのことやら私が購入したSoieのことなど脱毛についていろいろと。SMさんは手足はほとんどムダ毛が生えておらず、その必要はないのですが、ビキニラインなどはどの脱毛方法がいいのかとかなり考えておられるようでした。

落ち着いたところでシャワーを浴びていただきました。きょうは黒のスリップで浴室から出てこられましたが、リビングも暖かいので私が歯を磨いている間はリビングで待っておられて、一緒に寝室へ入りました。いつものことなのですが、いきなり脚の間に入らせていただくには心の準備ができていないとのことで、しばし抱き合いながら人肌の感触に慣れていただきます。ほどなくして、もう大丈夫とのことで、掛布団を下ろしてSMさんの脚の間に入らせていただきます。内腿から脚の付け根へゆっくりと舌を進めた後は、脚の付け根あたりを入念に舐めた後にパンティをとらせていただきます。いつももうこのあたりでかなり感じておられるのですが、今日もぐっと声を抑えながら声が出るのを耐えておられます。

20131214194809a60.jpg

小陰唇へ舌が触れると軽く身体を震わせるようにして感じてくださっていますが、あまりクリトリスを刺激するとすぐに逝ってしまわれるので、今日は特にゆっくりと舐めるようにしました。徐々に舌全体が小陰唇を包み込むように広げていき、そのあとは、クリトリスよりも膣の入り口あたりや、アナルの周りも入念に舐めさえていただきます。膣の入り口あたりはかなり気持ちよさそうにされていましたが、このあたりならば逝ってしまわれることはなさそうです。時々クリトリスへ戻ったりもしますが、できるだけ皮の上から舐めるようにして、調節の刺激は避けるようにします。

そうしているうちに、クリトリスの刺激が続くと少し避けるようにされていたSMさんが舌へ押し付けるようにされたので、そろそろいい時期かと思い、クリトリスをやや強めに舐めさせていただくと、声をあげながら逝かれてしまいました。そのあとは、クリトリスをはずして落ち着くまでゆっくりと舐めながら、頃合いを見計らってクリトリスへ戻って逝っていただくのを繰り返します。SMさんは何度でも逝ってしまわれるので、だんだんと呼吸も荒くなってきて、そろそろ限界かなというところで少しお休みにしました。

何度も逝ってしまった後はしばし呼吸が整うのに時間がかかりますが、そのあとは並んで横になりながら、SMさんが私のものを手で元気にしてくださって、そのあとは口でしてくださいます。面白いことですが、SMさんはクンニをしているとすぐに逝ってしまわれてだんだんと息もつけない状態になってしまうので、反対にSMさんが私にいろいろしてくださっているときは責められる心配もないので、落ち着ける時間ということになってしまっています。もともと男性のペニスのように大きくなったりすごく変化するのが面白くて、自分にも生えていたらいいなと子供のころに思われていたので、このところ口でするのが楽しくなってしまわれたそうです。

私のが元気になるとSMさんが私の上に乗って、挿入はせずに擦り付けるようにしてしばし楽しんでいただいたあとに、今度は挿入していただきました。挿入していてSMさんが起き上がると奥の方へあたるようで、それがかなり気持ちいいとのことです。そこで逝きそうになられたのですが、逝ってしまうとどうなるか分からないとのことで退避されて、すこし休憩してリビングで買ってきてくださったお菓子を一緒に食べました。

休憩が終わると、SMさんが私をマッサージしたいとおっしゃって、ベッドにうつ伏せになった私の背中から足までを化粧用のオイルでマッサージしてくださいます。マッサージしながら、時折私の身体に抱き付くようにされて肌と肌の感触が気持ちいいとおっしゃっていました。それから仰向けになってマッサージをしてくださっていたのですが、口でペニスを再び元気にしてくださるようになってしまいました。しばらくして、私の上に乗ってこられて69の体勢で私も下から舐めさせていただきます。あまり強くするとすぐにまた逝ってしまわれるので、軽く舐めさせていただきましたが、途中から向きを変えて挿入されました。

201312141948100a1.jpg

今回も身体を起こすようにすると奥に当たって逝きそうになってしまうと途中で動くのをやめたりされていたのですが、とうとう我慢できずに逝ってしまわれました。休憩前は逝ってしまうとどうなってしまうか自分でも分からないとおっしゃっていたのですが、大きな問題もなく、気持ちよく逝っていただけたようです。SMさんは今のところクンニでもクリトリスでも何度も逝けて限界もないようなのですが、ご本人としてはそれがすごく気になるようで、このまま底なしだったらいつまでも快楽を貪ってしまいそうで怖いとおっしゃいます。私としてはお会いしている時間はいくらでも快楽を貪っていただいくのが嬉しいところなのですけどね。

そろそろ時間ということで、いつものように写真を撮らせていただこうとしたのですが、SMさんが今日は初めて挿入でも逝かれてクリトリスでは何度逝かれたのかも分からないくらいでしたので、腰がただずにポーズどころではなく、のたうち回っておられるところを撮らせていただきました。そのまま這うようにしてシャワーを浴びに行かれたのですが、いつもより時間がかかっておられたので、大丈夫なんだろうかとやや心配しました。浴室から出てこられてもまだやや足取りがおぼつかないところもありましたが、買ってきていただいたお弁当を一緒に食べさせていただいている間にようやくもとに戻られたようです。

いつも時間いっぱいまで堪能してくださるSMさんですが、今日はかなり激しく逝きつづけられて、立てないくらいにまでなるなんて、やはり女性の快楽は男性をはるかに凌いでいるに違いなく、うらやましく思います。
MRさんから久しぶりに連絡をいただきました。5か月ぶりくらいになりますが、このところお仕事がかなり忙しかったそうで、しばしの息抜きとしてお誘いくださいました。最初にお会いした時のラブホがよかったそうで、待ち合わせのあとそのラブホへ向かいましたが、すごい人気みたいでたくさん待っているカップルがいましたので、仕方ないので近くの別のラブホへ入ることにしました。そこは土曜日の昼もサービスタイムが長いので時間的にはゆっくりできます。

部屋へ入った後しばしお話などしてから、シャワーを浴びていただきました。その部屋は浴室がガラスを通してうっすらと中が見えるところで、人影がぼんやりとわかる中でシャワーをされているのが分かるのは風情があっていいかもしれません。入れ替わりで私がシャワーを浴びましたが、浴室にローションマットが敷かれていて、ローションも用意されていました。いまどきちょっと珍しいところです。時々そういうところはありますが、多分まだラブホのローションマットは使ったことがないと思うのですが、使ったら楽しそうではありますね。

20131207210544c70.jpg

前回お会いしてからかなり時間は経ちますが、やはり3回目というのは緊張感もかなりほぐれてきて、リラックスして本当にクンニをじっくりと楽しんでいただけるようになるころかなと思います。横に並んでしらばく太もものあたりと触らせていただいて、手に移る感触にも慣れてきたところで、掛布団をはがして下のほうへと移動します。最初は脚を閉じたままで太ももへ舌を這わせていましたが、すぐに脚の間に入らせていただいて、内腿から脚の付け根へと舌を滑らせていきます。ヘアーの生え際にそって舌を上下させながら徐々に小陰唇へ近づいて行くとMRさんの声もだんだんと大きくなってきます。

MRさんは感じてくるとかなり息が荒くなって、腹筋にも力が入るようなので長時間になるとお疲れになるのではないかと思ってしまいますが、最初にお会いした時よりは脚も開き気味にして舐めやすくなっています。小陰唇をヘアーの上から軽く触れるように舐めあげながら、徐々に舌全体を密着させるように舐めていくと、MRさんの声と呼吸も荒くなってきて、感じておられるのがよくわかります。だんだんと固くなってきたクリトリスに合わせるように、脚の下に差し込んでいる腕にMRさんの腰のあたりの温度がかなり高くなっているのが感じられます。前回はそろそろ逝きそうになっていただけたところで、乳首にも手を伸ばしたのがよかったらしく、初めて逝っていただけたので、今回もそろそろかなと思い、ガウンの上からMRさんの乳首へも刺激を始めました。しばらくすると声がさらに大きくなり、逝きそう、とおっしゃって逝っていただけました。しばらく舐め続けていましたが、大きな声で感じておられたのは持続していましたが、さすがにそのまま舐め続けるのは苦しいらしく、途中でストップをされました。

前回よりもかなり早く逝っていただけたので、やはり3回目でリラックスしていただけていたのがよかったのかも知れません。一休みして少しお話などをした後に、逝くときはガウンの上からでしたので、今度は直接乳首の周りもゆっくりと舐めさせていただきましたが、それだけでも腰をくねらせるようにして下半身でも感じていらっしゃったようです。そのままわき腹からお腹を経て、ヘアーの周りに舌を移動して、自然にクンニを再開しました。MRさんはスポーツはされていないそうですが、腹筋が結構しっかりとあって、引き締まったウエストをされています。クンニで感じてこられるとその腹筋に力が入って、キュッキュと動くのがよくわかります。

1回目もそうでしたが、ゆっくりと全体を舐めたり、膣の入り口あたりに舌を差し込んだりした後に、どちらかというと下の先でクリトリスのあたりをペロペロと舐めるのがお好きなようで、MRさんの反応も大きくなります。2回目も快感が十分に残っていますから、1回目よりも短い時間で腰のあたりが熱くなってきて、同じように乳首に手を伸ばしてつまんだり、乳首の先を指で軽くこするようにしているうちに、1回目と同じように呼吸もかなり荒くなったところで、逝きそう、とおっしゃって逝っていただきました。私もMRさんがどんな風にすると逝きやすいのかが分かってきましたし、MRさんもリラックスできていたのがよかったのだと思います。必ずしも逝っていただかなければダメということではないですが、やはり気持ちよく逝っていただけるのは舐め犬の私としてもうれしいことです。

20131207210542429.jpg 2013120721054111b.jpg

MRさんは逝かれるとちょっと疲れる感じがするとのことですので、2回逝っていただいたところで、少し長めに休憩して、布団の中に入って、ラブホの話や、大人のおもちゃのお話をしました。MRさんは真面目そうな方なので、ラブホやおもちゃのこともいろいろとご存じなのにはちょっと驚きましたが、やはりそういうことには誰しも興味を持ってあたりまえですよね。今日は2回目までも割とすぐに逝っていただいたので、まだ少し時間もありそうでしたので、もう一度お願いして、舐めさせていただきました。

MRさんの好きな舐め方も、逝くときの舐め方もだいたい分かってきましたので、そのあと3回目もしっかりと逝っていただけました。MRさんがお疲れにならなければ、時間を少しおきながら、何回でも逝っていただけそうな予感がします。普段は落ち着いた感じでお話などされるMRさんなので、そんなに激しくはないですが逝くときの乱れ具合とのギャップで私も興奮してしまいます。久しぶりでしたが、それぞれの方のお好きなタイミングでこうして舐め犬を楽しんでいただけるのは嬉しいことです。だんだんとお互いのことも分かってきて、やはり3回目というのは楽しさがより大きくなるものですね。
2013.12.01 ボディケアー
お天気の良い週末ですが、今週は舐め犬のお誘いもないので、家でのんびりと休養しています。ま、仕事もしているので完全休養というわけでもないですが、昼間の間はリビングに差し込む日差しでポカポカしながら、ぼんやりしたり本を読んだりです。

最近は週に1回整体というかマッサージをしに行っているのですが、おかげさまで毎日すこぶる調子がよいです。時々腰がどんよりと疲れたりしていたのですが、その日の疲れはその日のうちに眠っている間にだいたい解消してしまって、疲れが次の日へ持ち越すことがなくなりました。やはり50歳を迎えてしまうと日々のケアーは大切だということですね。これで舐め犬でお会いした時も元気にしっかりとクンニをさせていただけますしね。

もう一つボディケアーでいうと、以前から冬になると乾燥するので脚やら腕がかゆくなっていましたが、ぼりぼりかいているのもみっともないので、乾燥肌用のクリームを買ってきて、出張先のホテルで風呂上がりにぬったりするようになりました。つぎにシャワーをするときに濡れるとヌメッとしたクリームの感触が残っているのにはまだ違和感がありますが、まずまずの状態です。で、風呂上がりに脚全体にクリームを塗っているとどうしてもすね毛とかが気になります。

そういえばホリエモンが刑務所暮らしでお風呂が少なく陰毛とかが部屋に落ちていることが多くて、綺麗好きな彼としては許しがたいことだったらしく、出所後に全身脱毛してしまったという記事を読んだのを思い出しました。すね毛とかなければクリームもす~っと肌になじんでもっと気持ちいいかなと思いました。というわけで、脱毛器のソイエを買ってみました。最初にムダ毛を2,3ミリくらいに切りそろえてから、脱毛するんですね。お風呂で使えるのでゆっくりと温まったあとに、ボディーソープをソイエに垂らして泡が出てきたところで、脚の上をゆっくりと滑らせてみると、ちょっとチクチクと毛を引き抜いている感じがありますが、そんなに痛みもなくきれいになってしまいました。

根元から抜けずに切れてしまっただけのところもありますが、また少し生えてきたところでソイエを使うとだんだんきれいに抜けていくのでしょうね。今でもすべすべして気持ちいいですけど。なんだか舐め犬でお会いしている女性の方の脚をなでなでさせていただいているような感触です。来週は腕もやってしまおうかと思ったりしています。

すね毛とかないと女性の方と抱き合ったりして、脚を絡ませているときに、女性の方も気持ちいいのかなと思ったりしているのですが、来週は舐め犬のお約束がありますので、お会いした時に感想でも伺ってみようかと思います。胸毛が好きな女性もいらっしゃるから一概に喜ばれるとは限らないとは思いますが、私自身が密着感が出て気持ちよさそうな気がします。