FC2ブログ
8月も終わりとなりますが、今週はもともと舐め犬のお約束もなかったので本でも読みながらのんびりと過ごすことになるかなと思っていたのですが、MSさんから急に時間ができたのでとLINEからお誘いをいただきました。これまでは車でお越しになっていたのですが、午前中にお出かけされていたので、初めて電車で用賀まで来られました。改札口で待ち合わせをして、お茶などを買ってから、自宅まで来ていただきました。

考えてみればMSさんは最初に連絡をいただいたときには、逝ったことがないので、とおっしゃっていたのですが、最初から何度も逝っていただけて、その後もお会いするたびに濃厚な内容になっているように思います。MSさんもそんな気持ちよさが気に入っていただけたみたいです。それでもお話していると、こうして会うために出かけてくる途中には、やっぱり引き返そうかなと躊躇するそうです。やはり奥さまですから、こうしたお付き合いには気が引けるところがどうしても出てくるものなのでしょうね。でも、まぁ、マッサージですっきりするのと同じようなものだと思って、楽しんでいただきたいと思います。

20140831085254f53.jpg

リビングでしばしお話をしてから、MSさんにシャワーを浴びていただきました。今日は黒のスリップで出てこられて、寝室へ案内します。私が歯を磨いている間お待ちいただくのですが、薄暗くした部屋で一人で待っているとここでも躊躇する気持ちがわいてくるとのことです。歯を磨き終えて寝室へ戻って、布団の中に入っておられるMSさんの横にするりと入ります。始める前に少し抱き合ったりしてスキンシップです。私の脚を股間に挟むようにしてクンニの前に少しばかり気持ちよくなっていただきます。そのあと、掛布団を落として、足元のほうへ移動して、クンニを始めさせていただきます。いつものように太ももからパンティの際までをゆっくりと舐めていきます。

パンティの際に沿って舐めている間でも、あるポイントでは刺激が直接伝わるところがあるみたいで、その時には急に大きな声を出されます。パンティをとらせていただいて、徐々に小陰唇に近づいて行くのですが、やはり最初に小陰唇に直接舌が触れるときは刺激が大きいようで、特に大きな声をあげられて、そのあとは快感の中に囚われてしまいます。小陰唇の間には愛液がたっぷりと溢れていて、トロトロになった割れ目を下から上へと舐めさせていただくにつれて、MSさんの息遣いも激しくなっていきます。このまま逝っていただくとそのあとは際限なく逝ってしまわれるので、できるだけゆっくりと舐めさせていただきます。全体を舌でペロンとなめたり、膣の周りに舌を転がすようにしたりしますが、クリトリスの上は軽く舐めているだけでも、MSさんの呼吸は激しくなって感じてきてしまいます。これ以上は無理かなというところで、唇を押し当てるようにして、しっかりと逝っていただきますが、その間はMSさんは私の手をしっかりと握りながら逝かれます。

一度逝かれてしまった後は、クリトリスの固さが戻ってきたと思ったら、すぐにも逝きそうになられて、何度も逝っていただくのですが、そのたびにクリトリスの大きさも少しずつ大きく固くなるようです。途中から逝くときには乳首も触らせていただきますが、乳首も一緒に刺激するとより深く逝かれる女性の方が多いようですね。何度か逝っていただいているうちに、限界に達してしまわれて、私の頭を両手でつかむようにされて、もう限界、ということでしばし休憩させていただきます。抱き合いながら少し落ち着いてこられたところで、MSさんが私のものを手でまさぐるようにされて、元気になってきます。そのあと口でしていただいて、MSさんが上に乗って騎乗位でしばらく挿入を楽しんでいただきました。

挿入のあとはMSさんは私のものを太ももの間に挟むようにして、そのまま上に乗ってまどろんでおられるのですが、その時間がゆっくりとしていてなんだかいい感じです。落ち着いたところで、再びクンニを始めさせていただきましたが、やはり少し舐めているだけでクリトリスも固くなってしまい、すぐに逝かれてしまいます。クリトリスがすっとしぼんだところで舌で全体を覆うようにして、逝っている間にも軽く刺激させていただくと、逝っていただくときの快感の時間がながくなるようです。しばらくするとまた限界に達して休憩になるのですが、そのあと、今度は69の体勢でMSさんに口でしていただきながら、クンニをさせていただきました。MSさんは上に乗ったまま、クリトリスへのクンニで逝ってしまわれて、しばしぐったりとしておられました。

2014083108522972c.jpg 201408310852164a3.jpg

身体の向きをかえるとまた私のものを脚の間に挟んで私の上でまどろんでおられましたが、いつもよりも長くキスをされて、舌を私の口の中へ深く挿入されていました。あとでお聞きすると舌が絡んでいるのが気持ちがよかったとのことです。たっぷりとクンニで逝っていただいた後は身体のどの部分でも触ると気持ちがよくなってしまうことはたびたびあったのですが、舌まで気持ちよくなるとは思っていませんでしたので、ちょっと驚きました。

時間もちょうどいいくらいになっていましたので、舐め犬は終了してリビングへ移動して買ってきていただいたケーキを食べさせていただきました。
かなり涼しい日になりましたが、ちょうどお盆の夏休みに初めてお会いしたNZさんと再びお会いしました。舐め犬の気持ちよさを好きになっていただけたようで嬉しい限りです。土日の休みはあまりないとのことでしたので、私の仕事帰りにお会いすることになりました。今回はレースのショートソックスをはいておられたのもありますが、前回よりもさらに奥様には見えないような感じです。待ち合わせ場所から雨が少し降る中をラブホテルへと向かいました。

私の方は途中でおにぎりを買わせていただいて、ホテルの部屋へ入ると、NZさんがシャワーを浴びている間におにぎりを食べました。NZさんはシャワーを浴びてから、軽いお酒を飲んでリラックスされています。ちょっとベッド周りが狭い部屋でしたが、二人でベッドへ移動して、NZさんの気持ちの良い太ももあたりを触りながら、足元の方へと移動してその間に入らせていただきます。すべすべでいい感じの弾力のある太ももが顔の両側にあると幸せな気持ちになります。パンティをはいておられたので、最初は太ももからパンティの際までを舐めさせていただきます。パンティをとって、今度は脚の付け根あたりを舌を平たくして舐め始めるとNZさんも少し声を漏らし始めるくらいに感じてこられたようです。

20140827224317fb3.jpg

NZさんの小さめの小陰唇に向かって徐々に舌を進めていきますが、小陰唇のひだに舌をかるく合わせるようにすると溢れている愛液の味わいがありました。NZさんは感じやすい方ですが、濡れやすいと、言われたことがあるとのことで、今日も膣の入り口の周りには愛液でしっかりと潤っています。小陰唇のひだの間に舌を入れると、その愛液を舐めとるようにして舌を上下に動かしていきますが、NZさんの声も徐々に大きくなってきます。クリトリスは剥けてはいないのですが、大きくなる前からその存在が舌ではっきりとわかるくらいに、盛り上がっているのが舌の感触でよくわかります。

その盛り上がりの上を舌で覆うようにしながら舐めていると、時折クリトリスから舌をはずすようにされて、腰を下へ向けられます。それを追いかけるようにして舐めた方がいいのか、少しクリトリスとはべつの場所を舐めた方がいいのか、今のところはわかりませんが、十分に感じてこられるまでは腰の動きに合わせて舌の押し付け具合も少し軽くさせていただきました。膣の入り口あたりもかなりお好きのようですので、クリトリスと交互に入り口あたりを少し舌を差し入れながら舐めさせていただきます。さらに感じてこられると、舐めとった愛液が出てきているのが味わいで分かります。

クリトリスの盛り上がりが十分になってきたところで、少し唇を押し当てるようにして、盛り上がりを大きくして舌で刺激するとそれまでよりも声を大きくして感じておられます。そのまま舌を押し当てながら動かしていると、クリトリスの固さがすっとなくなり、そのあとNZさんの呼吸も一段落しますので、その時に逝っていただけてるのだとおもいます。一度そうなられると、何度でもまたクリトリスがしっかりと固さを取り戻して、感じでいただいて、を繰り返します。途中で乳首へも手を伸ばして、舐めさせせていただいたところ、それまでよりも強く感じておられたようです。はなりクンニでしっかりと感じていただいた後は、乳首と一緒に刺激をすると気持ちがよいようですね。

連続してずっと感じていただいていたのですが、途中で、ちょっと休憩、とおっしゃるのでNZさんの横へ移動して、一休みです。NZさんが脚を私の脚に絡めるようにされるので、すべすべ感がとても気持ちがよいです。その太もものあたりをゆっくりと手でさするように触らせていただきながら、時折、小陰唇のほうへも指を伸ばすと、それだけで気持ちよさそうにされています。クンニを再開してから、再び連続して感じていただいていたところ、挿入したくなった、とおっしゃるので挿入させていただこうとしたのですが、ちょっと固さが足りずにNZさんの締った膣から押し出されてしまいました。NZさんに少し手伝っていただいて、手で元気にしていただいたのですが、やはり先の方だけ入るのですが、そのあとは押し出されて、残念ながら挿入は断念しました。

代わりにクンニをしながら指を挿入させていただいたのですが、かなり締っている膣の中で、指1本だけでも十分に締め付けられるくらいです。膣の中は刺激はクリトリスほど直接的ではないそうですが、NZさんは挿入されるのも気持ちよくとお好きだそうです。舐めているほうのクリトリスも固さも大きさも最初よりはかなり大きくなっていて、唇を押し当てると、口の中でぶくっとした塊のように感じられるくらいになっています。時間をかけるとクリトリスってどんどん大きさと固さが増していくようになるものですね。

20140827224306a09.jpg 20140827224255072.jpg

何度か途中に休憩を挟んで、その間はNZさんと抱き合うようにしていましたが、手はどうしても太もものあたりから股間のあたりに伸びてしまったり、乳首をつまんだりしながら、NZさんには終始感じていただいていたように思います。舐め犬の体勢のお話とかして、顔面騎乗はまだやってないですね、とお話していましたが、やはり女性の方から顔を上をまたぐのはかなり恥ずかしいそうです。顔面騎乗で気持ちの良いところを女性の方に舌のところへ持ってきていただくと、どのあたりが気持ちがよいのかよくわかるので、次回には是非試していただきたいと思いました。

仕事帰りでしたので前回よりはちょっと時間も短めでしたが、ホテルを出て少しまだ降っている雨の中を駅までご一緒して帰ってきました。このところ都内で仕事をする日が増えたので、こうして仕事帰りにクンニをさせていただくのもいいものですね、昼間に仕事をしているときにも張り合いが出ます。
朝からやや天候が思わしくなかったので、多摩川の花火大会は開催されるかどうかちょっと心配でしたが、そんな中、SMさんが自宅まで来てくださいました。もともと花火の人は知らずにお約束していたのですが、せっかくですから、花火が見られるといいですねとお話はしていたのですが。SMさんはいつも舐め犬のあとはしばらく脚がガクガクするので、持ってきていただいたお弁当を食べてその間に落ち着くという感じでしたので、ちょうどいいので、お弁当を見ながら花火を観ましょうということにしていました。

前回からちょっと時間もあきましたので、リビングでいろいろお話をして、そのあとにシャワーを浴びていただきました。今日は黒のスリップで、お腹のあたりがレースの模様が入っていて、ちょっとおしゃれな感じです。私が歯を磨いている間に一人で寝室で待つのは寂しいとおっしゃって、いつもリビングで待っておられるので、歯磨きが終わったあとに一緒に冷房で涼しくなった寝室へと入りました。もう何度もお会いしているのですが、舐め始めるまでは恥ずかしいので最初に抱き合いながらSMさんの気持ちが落ち着くのを待ちます。その間も、私の太ももを股間に挟みながら少し腰を動かして、気持ちよくなっていただきます。

20140823202604eae.jpg

SMさんはすぐに逝ってしまわれるので、今日はできるだけソフトにゆっくりと舐めさせていただくことにしました。太ももから脚の付け根をパンティの際にそって舌を進めていきます。頃合いを見計らってパンティを脱いでいただいて、徐々に舌を小陰唇へと近づけていきます。前回からブラジリアンワックスをされていたのですが、夏ですから全部してしまいましょう、と言われて今回は全体を脱毛されたそうで、まだそんなに生えてきていない状態でしたので、パイパン状態でした。小陰唇の上に直接舌が触るようになるとすでに声を漏らし始められて、気持ちよさそうにされています。でも、ここで少し強めにしてしまうと多分逝ってしまわれるので、できるだけ全体を舌で覆うようにして、ねっとりと舐めさせていただきます。

そうはいっても、もうすでに逝きそうな感じになっておられるので、我慢の限界らしきところで唇を押し付けるようにして、しっかりと逝っていただきました。一度逝ってしまわれるとクリトリスも敏感になってしまって、そのあとは、軽く舐めていてもだんだんと声を詰まらせるようになってしまわれるので、そうなったら再び強めに舌を押し当てて、逝っていただくようにします。SMさんの声もだんだんと低めの唸るような声になっていき、逝っている間は息も絶え絶えな状態で感じておられて、逝ったあとに呼吸も戻って落ち着くような状態です。そんなことを繰り返して、さすがに限界になってきたところで、休憩にさせていただきました。

休憩中は落ち着くまで抱き合って、呼吸を整えていただくのですが、その間も乳首などを触らせていただいていると、感じてしまわれてゆっくりと落ち着いてはいられないようです。今日は久しぶりに乳首でも逝ってしまうとおっしゃるくらいに感じておられました。クリトリスからアナルまでを指でかるく撫でていると、それだけでもかなり気持ちよさそうにされていて、腰をくねらせながら、指の挿入を希望されたので、人差し指を挿入するとかなり強く締っていて、Gスポットのあたりを押し上げるようにすると再び大きな声をあげて逝きそうになっておられました。久しぶりということもあって、今日は感じ方が激しいのでしょうかね。

そのあとは横になって休んでいましたが、いつものようにSMさんが私のものを口で元気にしてくださって、舐めているとやっぱり入れたくなる、ということで上に乗って挿入されました。膣も快感でしっかりと締っていてかなりきついのですが、挿入してSMさんが起き上がる姿勢になると奥の方でどこかに当たるらしくて、当たったところがこすられるとすごく気持ちがよいそうです。でも、あまり気持ちよすぎて変になりそうとのことで、ときおり、私の上にかぶさるようにして(そうすると当たらないそうです)、落ち着きを取り戻しておられます。でも、起き上がった状態で腰を動かしているととても気持ちがよいらしく、その時には、我慢の限界のような唸るような声をあげられていました。

201408232026167a3.jpg

途中で、おやつにSMさんが持ってこられた餡蜜をいただいて、甘いもので元気を取り戻して、再び寝室へ戻ってクンニを再開しました。なんだかいつもよりもひどく感じられるような気がして、花火の始まるまでに終わりましょうと言って、いつもよりは若干短めな感じはしたのですが、それでもSMさんはもう限界のような感じになっておられました。

天気もいい感じに回復して花火も始まりそうでしたので、リビングで買ってきていただいたお弁当の準備をして、その間にSMさんは持参された浴衣に着替えられました。知らなかったのですが、SMさんは自分で着物を着れるそうで、浴衣もすいすいという感じで来ておられました。花火が始まるとともにお弁当を食べ始めて、食べている間は、涼しい部屋の中から花火を見ていました。SMさんは予想以上に大きく見えるので、ちょっと感激しておられました。

お弁当を食べ終わったあとはベランダへ出て、スマホで写真も撮りながら花火を見ていましたが、いつみてもきれいでいいものですね。スマホでもISOと露出を調節できるのでいろいろな設定で撮ってみたところ、例年よりもきれいに撮れました。フォーカスが自動にしかできないので、そこがちょっと問題でしたけど、まずまずな感じです。

20140823202638be6.jpg 201408232026497c7.jpg
暑さがまだまだ続く中、MAさんから「舐め犬依存症」というメールをいただきました。前回いままでになくじっくりとクンニを楽しんでいただいた感じがしたのですが、それがかなり気に入っていただけたのか、先日お会いしたばかりのようにも思いますが、お会いしていただきました。前回は滞在中のシティ・ホテルへお邪魔したのですが、やはり普通のホテルでは声を思いっきり出すわけにもいかないので、今夜は最初のころに行っていたラブホへ行くことになりました。いつものラブホは満室だったのですぐ近くのラブホへ入ってみたのですが、和室中心の珍しいラブホテルで、近くで祭りが行われているらしく、ホテルにも祭囃子が聞こえてきて、なんだか情緒があります。

仕事帰りでしたので、私のほうはおにぎりを食べさせていただいて、MAさんにはその間にシャワーを浴びていただきました。MAさんはたまにしかラブホへ来られないので、お風呂にローションマットがあったりして、興味津々な感じです。シャワーの後はいつもの赤いスリップを今回は持ってこられていて、そのままベッドの上で待っておられました。MAさんは直前にメールをいただくことが多いのですが、前回もそうですが、なぜか私が出張がなくって都内にいる時期にはかったかのようにメールをくださいます。そういうわけで、今回もメールをいただいてすぐにお会いすることができました。タイミングってなかなか合わない方もいるのに不思議なことですね。

20140823002218736.jpg 20140823002252632.jpg

ベッドの上でMAさんの太ももあたりを触らせていただきながら少しお話をした後に、足元へおりて、太ももから舐め始めさせていただきます。パンティはすでに脱いでおられましたが、今日はヘアーもきれいに剃られてツルツルの状態です。舌が脚の付け根から小陰唇の間あたりにたどり着いた頃に、軽く声をあげて感じ始められました。ヘアーがないので、小陰唇のひだがぷくっと盛り上がっているのがいやらしい感じです。舌がそのひだに触れると、あ、と声のトーンも変わって、舌の動きに合わせてMAさんも腰を動かし始めます。前回同様に少しお話のほうは控えて、舌の感触をじっくりと味わっていただいているようです。

しばらくするとクリトリスもぷくっと形がはっきりとしてきます。そうなると舌を小陰唇の下から上へペロンと舐めるようにすると、クリトリスに舌がこすれるので、この舐め方がお好きなようです。時折、膣の入り口の方へも舌を差し入れてみますが、最初は入り口も柔らかな感じがするのですが、感じてこられるにしたがって締ってくるのでしょうか、舌を差し入れてみるだけでも、入り口が狭くなっていくのがわかります。クリトリスもしっかりと固くなったところで、腕を伸ばして、乳首を触らせていただくと、スイッチが入ったように身体をよじりながら感じていただいて、軽く、逝く、とおっしゃって逝っていただけました。

逝くときにはクリトリスがしぼんでくるのがわかるのですが、そのまましぼんだクリトリス全体を覆うようにして、逝っている間も刺激をしていると脚を折りたたむようにして、快感に耐えておられるようでした。しばらくは軽く舐めるようにしていますが、すぐにもクリトリスは固さを取り戻して、同じように快感が高まってきたところで、乳首へ腕を伸ばして刺激させていただくと、すぐにもまた逝ってしまわれます。乳首の刺激がトリガーとなって逝っていただくパターンになってきましたが、頃合いを見計らって乳首に手を伸ばすとほぼ逝っていただけるようになって、今日は何度も逝っていただけたようです。

途中からクリトリスもかなり敏感になって、MAさんも最後のほうでは、今日はなんだか電気が走るような刺激が何度かあったとおっしゃいます。しばし休憩をして、冷房で身体が冷えてしまったMAさんはしばしお風呂で温まっておられました。戻ってこられてからは、いつものように私の舐め犬の体験の話などいろいろお話をさせていただきました。まだ、少しだけ時間がありましたので、もう一度舐めさせていただくことにしましたが、やはりクリトリスの感度はそのままで、しばらくはソフトにゆっくりと小陰唇全体やら膣の入り口あたりを舐めさせていただくのですが、十分に感じていただいたところで、乳首を刺激するとやはりすぐに逝ってしまわれました。

201408230022431f7.jpg 20140823002257a5d.jpg

そのあとは一緒に写真を撮らせていただきました。今回は和室の部屋でベッドの足元にちょっとした箱庭があり、珍しいのでそれも一緒に納まるように撮らせていただきました。1枚はMAさんが自ら撮られた写真です。また、ベッドの横の壁には鏡がありましたので、MAさんが私の上にのって顔面騎乗のスタイルで撮っていただいたり、顔面騎乗の上から私を撮っていただいたりしました。私が写っているのままたの機会に載せさせていただきたいと思います。

ホテルと出るころにはさすがに祭囃子も聞こえなくなって静かになっていましたが、大通りへでると風もあって、やや涼しげな感じで、気持ちよく駅までご一緒させていただきました。帰りの電車の中はちょっと眠たかったのですが、家に帰って来て少しご飯を食べたところで急激に眠くなって眠ってしまいました。舐め犬の疲労感でぐっすりと眠れるのもいいものですね。
夏休みも残すところこの週末だけとなってしまいましたが、適度に舐め犬のお誘いもいただき、その他の日はのんびりと過ごすことができて、体調の方もすこぶるよく気持ちよく朝も目が覚めます。今日はMSさんが家まで来てくださいました。車でお越しいただくと比較的近いこともありますが、初めてお会いしてから日も浅いのですが、今日で3回目の舐め犬になります。リビングへ入っていただいて、しばしお話などをさせていただいてから、シャワーを浴びていただきました。今日のMSさんは黒で全面がレースになったスリップを着て出てこられました。いつもなら歯磨きだけのところですが、私も一応汗を流してから、寝室の方へ伺いました。

もう3回目になるわけですが、最初はちょっと緊張するとおっしゃいます。掛布団を下へ落として、足元のほうへ移動すると、太ももの間に入らせていただいて、ゆっくりと舐め始めます。ピンクのパンティをはいておられましたが、その際に沿って舌を進めていくと、軽くMSさんの声が漏れてきます。パンティを脱いでいただいて、徐々に小陰唇へ舌を近づけていたところ、不意に舌が小陰唇のひだに触れてしまうと、あっ、とMSさんが大きな声を出されました。ひだの両側を丹念に舐めているだけで、すでにクリトリスが盛り上がっているのが分かりました。その下では、愛液がひだの中にたっぷりと溜まっています。

20140816183733517.jpg

前回もたくさん逝っていただいたので、今日はできるだけソフトに時間をかけてと思っていたのですが、軽く舐めているだけで小陰唇のひだは広がって、クリトリスもはっきりと固くなってきました。少しだけ顔を出したクリトリスの先に舌が当たると、それまでとは違った低めの声で唸るように感じておられます。時々、本当に敏感なところに舌が触れると、思わず大きな声になってしまい、手で口を押えながら快感に耐えておられるようです。唇をクリトリスに押し当てるようなこともなく、軽くクリトリスの上を舌で刺激しているだけで、逝ってしまわれたようです。そのあとも続けて舐めていましたが、すぐに快感が戻ってきて、簡単に逝かれてしまいます。

徐々に舌を強めに押し当てるようにしていきますが、逝く直前に声が大きくなり、クリトリスがしぼんで逝っていただいている間は舌を軽く添えていますが、逝ったばかりで呼吸も激しくなっており、徐々に落ち着いてくるのを待っています。とにかく、逝ってしまわれてからも、クリトリスが元の固さにすぐに戻ってまたすぐに逝ってしまわれるような状態になってしまい。連続して何度も逝っておられる間に、私の頭の抑えて、これ以上すると変になる、とおっしゃって少し休憩させていただきます。MSさんの隣に並んで抱き合いながら、でも脚はMSさんの太ももに挟まれて状態で、MSさんの呼吸が落ち着いてくるまで、しっかりと抱き合ってキスをしたりしながら時間を過ごします。

落ち着いたところで、私が指で小陰唇のひだを撫でていると再び感じてこられて、私のものを手で撫でながら快感を感じるとギュッと握って指での刺激に耐えておられるようです。しばらくするとMSさんが口で元気にしてくださって、私の上に乗って挿入をされました。熱くて締った膣の中で気持ちよさを感じながら、MSさんも声をあげながら感じておられます。その状態で指でクリトリスを触って欲しいとおっしゃるので、軽く触ったところすぐに逝きそうになられて、やっぱり無理、と指での刺激はなしにして、挿入を楽しんでいただきました。しばらくして、膣から押し出されるようにして抜けてしまうと、それをMSさんがまたの間に挟むようにして、私の上でしばしまどろんでおられました。

少し落ち着いたところで、MSさんに私の上から降りていただいて、再びクンニをさせていただきます。もうトロトロ状態になっていますので、軽く舌を触れるだけで、クリトリスが固さを取り戻します。しばらく舐めている間に、クリトリスがしぼんできてMSさんが逝かれているのですが、そこでもう少し強めに唇を押し当てるようにすると、少しだけクリトリスがぷくっとなり、そこを舌先で刺激すると今まで以上に大きな声をあげながら、深く逝っていただけたようです。ただ、それでもすぐに回復してクリトリスは固く大きくなります。そうすると何度目かに逝っていただいたところで、MSさんからストップがかかりますので、しばりクンニを休ませていただきます。

そんな風に舐めて逝っていただいた後、抱き合いながら今度は指で刺激して逝っていただいたりと、実際にはほとんど休憩するどころではなく、終始、舌か指で逝っていただきながら、たっぷりと感じていただく間に時間が過ぎていきました。最後の方には指の挿入も希望されて、人差し指を挿入しながら親指でクリトリスを押すようにすると、またすぐに逝ってしまわれました。

20140816183721e31.jpg

とにかく今日は、女性はこんなにも連続して逝ってしまわれるものなのだなぁと思いながら、舐め犬を楽しんでいただきました。しばしベッドでまどろんでおられる間に写真を撮らせていただいて、そろそろ時間になってきましたので、リビングで一緒に買ってきていただいたケーキをごちそうになりました。ケーキを食べて、そのあと少しお話などをさせていただいたので、少しは身体のほうも落ち着きを取り戻したかなと思います。MSさんは車で来られているので、少し落ち着いてからでないと、ちょっと不安になります。

今週お会いした方はみなさん逝った後に舐めていても大丈夫で連続して何度も逝っていただくものですから、私としてもちょっと驚くばかりです。連続していると呼吸も落ち着く暇もなく、また絶頂を感じられるので、苦しそうにも見えてきます。のんびりと舐めながら時折逝っていただくのがいいのか、こんな風に何度も何度も限界に達するまで連続して逝っていただくのがいいのか、思案のしどころではありますが、お会いするのはだいたい月に1,2回がせいぜいというところですから、お会いした時にはたっぷりと感じていただくのがいいかなと思います。
夏休みもちょうど真ん中を過ぎました。今日はかなり時間が空きましたが、CPさんとお会いしました。お約束していたのが2回ほど延期になってしまって、それまで1月に1回くらいでお会いしていたのですが、かなり久しぶりの気分です。いつもは家のほうへ来てくださるのですが、今回はラブホへ行ってみたいとのことでしたので、外で待ち合わせをしてラブホの方へ向かいました。お盆で世の中はお休みの気分ですが、一応平日ということもあり、ラブホの方もサービスタイムが土日よりは長いような気がしました。その分、ゆっくりと過ごすことができてよかったです。

ホテルの部屋もすでにかなり埋まっていましたが、いくつか空いていました。部屋へ入ってしばし飲み物を飲みながらお話などをして暑くなった身体が冷えるのを待ちました。それから、CPさんにシャワーに入っていただいて、そのあと、私がシャワーをしている間に、CPさんは布団へもぐりこんで待っていてくださいました。ベッドの上に座って、最初はCPさんがキスをしたいとおっしゃるので、しばらくキスをして、それから横になっていただきます。もう何度もお会いしているわけですけれども、やはり時間があくとちょっと緊張するものですよね。

20140813232712bb1.jpg 20140813232723f33.jpg

キスをしている間にも、CPさんは腰をくねくねするようにして、すでに感じていらっしゃるようです。脚の間に入らせていただいて、ガウンをめくるとすでにパンティは脱いでおられて、少し舌を触れただけでもさらに腰のくねくねは大きくなっていましたので、いつものように徐々に小陰唇へと舌を近づけていくことはせずに、いきなり小陰唇の上へ舌を合わせてみました。ひだの間にはすでにたくさんの愛液が溢れていて、私の舌が触れるのを待っていてくれたようです。

軽くクリトリスの上を舌で刺激すると、そんなに大きくはないのですが、はっきりとした形のクリトリスの先が舌に当たるのが分かります。それと同時にCPさんの声も大きくなりました。今日は早目に逝っていただいた方がいいかなと思い、クリトリスの先を舌ではじくようにしてクンニをさせていただきました。舌ではじくと同時に、CPさんの身体もピクンとなって、腰がヒクヒクと動きます。クリトリスの固さも十分に固くなっていましたので、最初から少し強めでしたが、剥けているクリトリスの先を刺激していくと、CPさんの声も大きくなって短い時間で逝っていただきました。

そのあとも、軽くクリトリスの周りで舌を動かしているだけで、少ししぼんだクリトリスがすぐにも固さを取り戻して、その先がぷくっとしているのが舌の感触で分かります。先ほどと同じように刺激を続けていると、再び逝ってしまわれました。逝った直後はしばし呼吸を整えるためにソフトに舐めるのですが、そのあとはまたすぐにクリトリスが固くなってしまうので、何度でも連続して逝っていただけるようです。今日は久しぶりでもありますから、こんな風にしてCPさんの限界まで続けて逝っていただこうかなと思い、クリトリスを中心にして、舐めさせていただきました。何度でも逝っていただけるような感じでしたが、さすがに途中で、変になりそう、ということでひとまず休憩させていただくことにしました。

クンニを中断すると、CPさんは少しの間ギュッと抱き合っているのがお好きなので、落ち着くまで抱き合うようにしています。そのあと、CPさんは起き上がると私のものを触って元気になってきたところで、口で気持ちよくしてくださいます。ひとしきり舐めてくださった後は、しばし布団をかぶって横になって休憩です。クーラーで冷えた部屋で布団をかぶって暖かくなってくるとついついうとうとしてしまいそうになりますが、少し休んだところで、再びクンニをさせていただきます。先ほど何度も逝っていただいた後ですから、クリトリスは十分すぎるくらいに敏感になっていて、露出している先の方を直接舌で刺激するだけで、すぐにも逝きそうになって、腰をガクガクをさせながら、感じてくださいます。

逝くときにはそんなに固かったクリトリスがしぼんでしまうので、それで逝っていただけたと分かりますから、そのあとは少し軽めにして、CPさんの呼吸が落ち着くのを待ちます。軽めに舐めていてもすぐにクリトリスは元の固さを取り戻してきますので、またすぐにも逝きそうになられて声をあげられます。そんな風にして、多分5~10分に一度くらい逝っていただくのを連続していると、やはり途中で、もう変になるから限界、とおっしゃって、再び休憩に入らせていただきました。時間の方はたっぷりとありましたので、こうしてCPさんが限界に達したら休憩してを繰り返していました。

201408132327353ad.jpg

何度目かの限界の後にCPさんが口でしてくださったあとに挿入を希望されたのですが、CPさんの膣は十分に濡れてはいるのですが、いつも挿入では痛いようで、今日はまた久しぶりということもあるのでしょうか、少しだけ挿入しただけで痛いということで挿入はやめることになりました。CPさんはご自分が痛いので、私も痛いと勘違いされているようですが、やはり挿入する機会が少ないとたくさん濡れていても痛くなってしまう方もいらっしゃるのですね。以前にお会いした方は彼氏と別れてから、婦人科検診でお医者さんの指を挿入されたときに少し痛かったので、セックスしないとそんなになってしまうのかとちょっと悲しかったとおっしゃっていました。

挿入はできませんでしたが、今日は何度も限界までクリトリスで逝っていただけたので、十分に楽しんでいただけたかなと思います。最後に休憩して、そろそろ帰る時間になった時に、ぼんやりして写真を撮らせていただくのを忘れてしまっていたのですが、CPさんの方から写真は?と教えていただいて、最後に写真も撮らせていただきました。私としても、あれだけ限界まで何度も舐めさせていただいたのは久しぶりなことでしたので、ちょっとうっかりしてしまっていました。外へ出ると、そんなに暑くもなくなっていて、風に当たりながら駅までご一緒するのが心地よかったです。
夏休みもまだまだ序盤でのんびりと過ごしていますが、少し前からお約束をしていたNZさんとお会いしてきました。お約束をしてからもLINEでちょくちょくとお話をしていて、すごく人当たりのいい感じの方でした。アラサーの奥さまなんですが、実際にお会いしてみると奥さまという感じではなくて、お嬢さんと奥さんの間くらいの感じで、とても朗らかに接してくださる方です。見るからに細いのですが、ご本人は下半身はそうでもないと、やはり相変わらず女性の方の基準はかなり厳しいものですね。

ホテルへ入って、NZさんはお酒が好きということでしたのでお酒を選んで、私はお茶を選んで、一息入れながら、舐め犬までどうやってたどり着いたのかとかをお聞きしたりしていました。落ち着いたところで、シャワーを浴びていただくことにしましたが、部屋に脱衣所がないところだったので、私はちょっとベッドの方へ移動して見えないところで横になっていました。そのあと私がシャワーを浴びて、一緒にベッドの上に乗って、NZさんが太いという太ももなどを触らせていただいていました。特に運動などしていないとおっしゃっていますが、程よく筋肉の張りが感じられるすべすべの肌をされていました。やっぱり女性の肌に触れているのは幸せなものですね。

201408122023033e7.jpg

LINEでお話をしていた時に、NZさんは舐められているところを見ながらだと興奮しそうとおっしゃっていたので、ソファーのある部屋にしたのですが、さすがに初対面で最初がソファーはどうかなと思い、最初はベッドの上で舐めさせていただくことにしました。脚の間に入らせていただいて、太ももから脚の付け根へと舐めていきますが、カラフルなパンティをはいておられてよく似合っておられました。とは言いながら、すぐにも脱いでいただいて、徐々に小陰唇の方へと近づきながら舐めていきます。小陰唇のひだも小さめなのですが、両側を丹念に舐めていると少しだけ声も漏らし始めました。まだ舐め始めたところなのですが、クリトリスの形は割とはっきりとしていて、すでにちょっと興奮されているのかなと思いました。

膣の入り口の舐めたり、クリトリスの上を刺激したり、ゆっくりと舌の感触に慣れていただこうとしていましたが、クリトリスが意外にすぐに固くなって形もはっきりしてきました。小陰唇全体を舌で包み込むようにすると、全体がすっぽりと収まるくらいに小さくて、固くなったクリトリスのところを上からちょっと強めにぐっぐっと押してみると、NZさんの声も大きくなって、かなり感じていただけているようです。そのまま舌全体を使ってクリトリスを刺激していたところ、脚をきゅっと閉じて私の顔を挟むようにしたかと思ったら逝ってしまわれました。少し舐め方をソフトにしてそのまま舐めていても、NZさんは平気そうです。クリトリスの固さもすぐに戻ってきて、同じように刺激をしているとそれほどの時間もかからずに2回目も逝かれたようです。

ちょっとお茶でのどを潤したあとには、せっかくですのでソファーの方でも舐めさせていただきました。最初は、舐めているところをご覧になったり、私の髪の毛を触ったりしておられたのですが、だんだんと身体を反らせてクンニの気持ちよさの方に浸ってしまわれたようです。ちょっとソファーが低かったのもありますが、適当なところでやはりベッドへ戻っていただいて、再び何度か逝っていただいて休憩させていただきました。このころにはお互いに慣れてきたこともありますが、布団の中で脚を絡ませるようにしたり、少し抱き合うようになりながら、お話などしてしばし休憩をさせていただきました。

何度も逝くにしたがって、クリトリスもますます大きく固くなっていったのですが、舐めるのが強すぎるということもないみたいでしたので、固くなったクリトリスをほぐすように舌でこねるようにするとかなり逝きやすいことが分かりました。膣の入り口へ舌先を差し込むのも気持ちがよいそうで、クリトリスから舌をはずしているときは、舌先を膣へ差し込むようにして、感じていただきました。すでに何度も逝かれているので、差し込む舌の感じで、膣がかなり締っているのも分かりました。横に並んで休んでいるときに、NZさんが時折私のものに触れてくださって元気にしてくださるので、何度目かの休憩の後で元気にしてくださったところで、挿入させていただくことにしました。

はやり、膣はすごく締っていて、私が腰の動きを止めると、キュッと、ときおり強く締め付けるのが分かりました。NZさんもクンニの後の挿入は気持ちがいいと思うとおっしゃっていましたので、時折腰の動きを止めて、NZさんの膣のちょっとした動きを感じながらしばし挿入させていただきました。最後はやはり締り過ぎる膣に押し出されてしまいましたが。NZさんは上半身がとにかく細くて、腰回りも小さいのですが、贅肉が少ないためか腹筋とかの筋肉も、手のひらで触れていると感じるのに合わせてキュッキュッと小気味よく動いています。

20140812202315a07.jpg

お盆とはいえ、平日ですのでサービスタイムも土日よりは長めでしたので、かなりゆっくりと時間を過ごしながら、NZさんには何度逝っていただいたか分からないくらい逝っていただいたように思います。途中からはどんな舐め方をしていても、感じてくださるのではと思うくらいにクリトリス周りは敏感になって、軽く触れただけでも声を出して感じておられました。

今回はソファーでも舐めさせていただいたわけですけど、これから続けて会っていただけたら、顔面騎乗とかまた新しい体勢でのクンニも楽しんでいただきたいです。ホテルを出たらちょうど雨も止んでいたのですが、歩いて駅へ向かいながらちょっと腹筋が痛いかもとおっしゃっていました。何度も逝くのがよいか、逝きそうなところで行ったり来たりを続けるのがいいか、そんなところも慣れてきたらNZさんの好みもはっきりしてくると思いますので、今回よりも楽しんで舐め犬を使っていただけるようになればいいなと思います。
今日から夏休み突入して気分も高揚しているなかで、FMさんと再びお会いしました。少し前に初めてお会いしたのですが、長時間のクンニをとても気に入っていただけたようです。今回は2回目ということもあり、用賀の方へ来てくださって、ゆっくりと過ごさせていただきました。お昼ころに駅の改札で待ち合わせをして、一緒に軽いお昼ご飯を買って、家まで来ていただきました。台風が来ているせいか、今日は暑さもひと段落で、とても過ごしやすい感じです。リビングでお話をしながらお昼をまずは食べました。初めて来られると、だいたいの方が、本がたくさんあるので、テレビが大きいのを指摘されるのですが、FMさん部屋を見渡しながら、そんなことをおっしゃっていました。

食事も終わってお腹も落ち着いたところでシャワーを浴びていただいて、寝室へご案内しました。薄いグレーの落ち着いた感じのスリップを着て出てこられて、歯を磨いている間、涼みながらお待ちいただきました。まだ2回目なので少し緊張感と恥ずかしさがあるとおっしゃっていましたが、太ももあたりを撫でさせていただきながら、掛布団をはいで、下のほうへ移動しながら脚の間に入らせていただきました。脚を開いたところで、パンティが目にとまりましたが、グレーのスリップとは対照的に赤いスケスケのパンティをはいておられたので、ちょっとドキッとしました。しばし、パンティの際を丁寧に舐めさせていただいたあとで、するっと脱いでいただいて、今度は脚の付け根から小陰唇へかけて徐々に舌を近づけていきます。

20140809172950945.jpg

FMさんは私よりも背が高くて全体に大柄な方なのですが、長い脚でムチッとした太ももに挟まれながら、クンニをしていくのは気持ちがよいです。小陰唇の間に舌を差し入れると、膣の入口近くには愛液がしみだしていて、そのぬるりとした感触を割れ目の間全体に広げるようにして、上下に舌を運びながら、クンニを続けていきます。ソフトな感じでありますが、FMさんもだんだんと感じてこられて、声を出し始めました。舐め始めはクリトリスも存在感がないくらいなのですが、ゆっくりと時間をかけて舐めているうちに、だんだんと形も舌先に伝わってくるようになります。前回で、感じてこられたら少し強めに舐めても大丈夫というのが分かりましたので、クリトリスへの直接の刺激をしっかりと感じていただけるように、ゆっくりと感度を高めていただくことにしました。

小陰唇のひだも厚みをまして柔らかくなってきたところで、FMさんが早くも、逝きそう、とおっしゃるので、クリトリスを同じ調子でかるく刺激しながら、最後に唇を押し当てて、クリトリスが固く飛び出したところを舌で刺激すると、それまでとはトーンの違う大きな声を出して逝っていただけました。そのまま落ち着くまでクリトリスへの軽い刺激は続けていたのですが、FMさんの呼吸も落ち着いてきたところで、小陰唇から脚の付け根あたりをまんべんなく舐めるようにして、余韻を楽しんでいただきました。一度逝ってしまわれると、後は少し強めにクリトリスを刺激するだけで、何度でも逝っていただける方なので、膣の入り口あたりを舐めたり、全体をかるく舐めたりした後、頃合いを見計らって強めに舐めて何度も逝っていただきました。

途中で、もう無理、ということでクンニはお休みして、横に添い寝をする形で抱き合いながらすこしのんびりとした時間を過ごさせていただきます。最初は後ろから抱きかかえるような体勢でしたので、背中から肩口あたりに唇を付けたりしていたのですが、背中もかなり感じるらしく唇を付けるたびに声をだしておられました。そのあとお互いに向き合って抱き合いながら、FMさんは私のものを手で触ってくださっていましたが、私が乳首を触りながら太ももをFMさんの脚の間に挟んでももらっていると、それだけでも逝きそうになられていました。

FMさんはブログで私が射精をしたくないというのを読んで、挿入するのが嫌いだと思われたようなのですが、挿入自体は私ももちろん気持ちがよいので遠慮なくおっしゃってくださいとお伝えして、手で触っていただいて、元気になったところで、コンドームを付けました。ちょっとまだ固さが足りなかったので、FMさんがしばらく口でしてくださって、再び元気になったところで、挿入をさせていただきました。何度もすでにクリトリスで逝っておられるので、挿入してもしっかりと締っていて、しばし私が上になって腰を動かしていましたが、じっとしていても気持ちがよいとのことで、時折挿入したままで動かずにいて、FMさんの膣がきゅっとなるのを感じていました。

FMさんにしっかりと感じていただいた後は、少し休憩をして身体を休めていただいたりを繰り返しながら、かなりしっかりと感じていただきながらも、まったりとした時間を過ごさせていただいたように思います。横に並んで抱き合っているときなどは、FMさんは私よりも大きいので、私が抱き付いているような感じで、妙な安心感があります。肌がなんというかムチッとスベスベのちょうど間くらいで、なんだか心地よいのですね。お茶を飲んでいる間に、FMさんがあおむけなられたので、お尻の間に顔を押し付けるようにして、膣のあたりからアナルへかけてたっぷりと舐めさせていただきましたが、お尻のすべすべして頬に当たる感じが気持ちよいです。

20140809173007da2.jpg

FMさんは奥さまですので、そんなに遅い時間まではご一緒はできないのですが、FMさんももう身体が持たないというくらいに何度も逝っていただけたところで、ちょうど夕方くらいになりましたので、ベッドに横になっておられるところを写真に撮らせていただきました。いつも女性の方の太ももの気持ちよさを写真で伝えたいと思うのですが、なかなかそれが伝わるように撮るのは難しいものですね。

今日から夏休みと言うのもあるかもしれませんが(小学生でもあるまいしとは思いますが)、昨日よく寝たこともあり、普段の週末よりも格段に身体の調子の良い一日だったのですが、夏休みも最初をFMさんとこうしてまったりと気持ちよく過ごすことができて、なんだかいい夏休みんなりそうな感じです。明日は雨みたいですが、明日さもこれくらいが続いて過ごしやすければいいですね。今週が夏休みの方は多いと思いますが、みなさん楽しい夏休みを過ごしてくださいね。
MAさんとは平日しかなかなかお会いすることができないのですが、前回と同様に私がちょうど平日も都内で仕事をしている時期にうまい具合にお誘いのメールをいただきました。都内のホテルに泊まっておられるとのことで、そちらにお邪魔させていただいたわけですけれども、そのホテルが以外にも私のオフィスのすぐ近くで、仕事帰りにちょっと寄り道くらいな感じで教えていただいた部屋まで伺いました。

20140804234640ffc.jpg

いつものように朗らかな声で迎えてくださって、部屋の方へ入らせていただきました。机の方にはパソコンが開いていましたので、MAさんもお仕事をされていたようです。仕事帰りでしたので、おにぎりを1つ軽い食事に買ってきましたので、それを食べながら近況などについてお話をしました。食べ終わったところで、シャワーをお借りしてすっきりとさせていただきました。そのあとMAさんがシャワーを浴びられて、パスタオルを巻いて出てこられました。いつもは私をお会いする時は赤いスリップを着ることにされているのですが、今回は持ってこられなかったそうで、どうしましょうとおっしゃっていましたが、部屋も寒くはないですし、裸の上にバスタオルだけで舐め犬をさせていただくことになりました。

MAさんは背も高い方ですので、すらっと伸びた脚の間に入らせていただいて、太ももにすりすりしながら唇を当てて舐め始めさせていただきます。心地よい柔らかな肌を感じながら、舌のほうは徐々に脚の付け根へと進んで、感じるポイントへと近づいて行きます。舌を広げるようにして、じっくりと脚の付け根を下から上へと舐めていきます。舌が小陰唇へ近づいて行くにしたがってMAさんも少し声も漏らされました。小陰唇に舌が触れると、ため息のような声で、気持ちよさそうにされています。まだクリトリスも柔らかいままですので、小陰唇のひだに沿って舌を上下させながら、少しずつ感度を上げていただきます。

クリトリスが形をあらわすまではソフトにゆっくりと小陰唇を包み込むようにして舐めさせていただきます。これまでは舐めている間ももっと饒舌にいろいろお話をされるのですが、今日は静かにされて舌の感触を味わっていただいているようです。時折、膣の入り口あたりに舌を差し込むようにするとこちらもクリトリスとはまた違った気持ちよさがあるそうで、もっと奥まで舌が入るように腰を浮かすようにして、感じておられます。しばらくして、舌をクリトリスの方へ戻すと、もうすでに形のはっきりするくらいに固さが増しています。舌を少し固くしてクリトリスへ押し付けるようにすると、MAさんの声も少し大きくなります。でも、ラブホではないので、あまり大きな声にはならないようにして感じておられるようです。

20140804233905155.jpg 20140804235314a85.jpg

途中で、指も挿入してほしいとのことで、人差し指を挿入させていただきながら、クリトリスを中心に舐めさせていただきます。指をGスポットのあたりで上に向けて押し付けるようにするとより感じていただけたようで、腰の動きも少し大きくなります。一人きり感じていただいたところで、指は感じすぎるので、挿入は終わりにして、舌だけでのクンニに戻りました。今度は腕を伸ばして、身体をまさぐるようにしながら、MAさんの乳首へ指をのばしたところ、それまで以上に気持ちがよかったのか、声も大きくなってきます。そのころにはクリトリスはしっかりと固くなって、舌を強めに押し付けるようにすると気持ちよさそうにされています。

MAさんは彼氏もいらっしゃるのですが、はやり舐め犬の時だけは相手のことを気遣わずに自分の気持ちよさだけにひたっていられるので、普通のセックスとはまた違って、こうして舐め犬を使って楽しむのを気に入られたそうです。MAさんとはいつもそんなに長い時間クンニを続けるわけではないのですが、今日も、こうして短い時間に集中して感じていただいて、すっきりとできたそうです。私が帰ったあとは、すっきりした気分んで、また仕事を続けられるそうです。

20140804233906d0f.jpg

舐め終わった後はいろいろとお話をさせていただきました。もともとお話好きな方なのでいろんな話題が出てくるのですが、舐める時間はちょっと短かったですが、こうしていろいろとお話もさせていただいて、楽しい時間を過ごさせていただきました。最後に写真を撮らせていただいたのですが、MAさんはいつもいろいろとポーズを考えてくださったりして、たくさん写真を撮らせていただいています。MAさんのお写真だけでなく、また今回も私が舐めているところを撮っていただいたりしました。

仕事帰りの舐め犬は久しぶりな感じですが、休日にじっくりと時間をかけて快感でヘロヘロになるまで舐めさせていただくのもよいですが、こうしてオナニーの代わりみたいにして、平日の夜に軽く舐め犬をさせていただくのも、いいものですね。
相変わらず暑い日々ですが、春先にお会いしたKTさんとお会いしました。お会いする間隔はゆっくりしていますが、かなり以前からお会いできる日を決めてくださって、お約束していました。用賀の改札で待ち合わせをして、リビングへ到着すると、買ってきてくださったお弁当でお昼にさせていただきました。暑い中を来てくださったので、食べ終わるとすぐにシャワーを浴びていただいて、ひんやりとした寝室の方で涼んで待っていただきました。私も汗をかいたので軽くシャワーを浴びて、寝室へ戻りました。

KTさんは今日は白いスリップを着ておられて、胸のあたりがひだひだが重なったようなデザインで、そこかちょっと可愛らしい感じです。KTさんは、お話しする時はおっとりというほどではないですが、落ち着いたゆっくりとした口調でお話されるので、お話をしていると私のほうも落ち着いた気持ちになってきます。KTさんのムチッとした太ももに触らせていただきながら、ベッドの横になっていただいたところで、足元のほうへ移動して舐め始めさせていただきました。KTさんの太ももは固すぎず柔らかすぎずなちょうどよいムチッと感で、ほおずりしながら舌を脚の付け根へ這わせていくのも気持ちがよいです。

20140803080323fe4.jpg

パンティはすでにはいておられなかったので、脚の付け根から連続して徐々に小陰唇の方へ近づいていったり、ヘアーの生え際あたりをキスをしながら、クリトリスの近くまで移動したりを繰り返してから、舌全体で軽く小陰唇のひだに触れるように覆ってみたところで、KTさんも声も漏らして感じ始めておられます。少し小ぶりな小陰唇の間からも愛液が少し漏れてきたのが分かります。最初はクリトリスも場所がはっきりしないくらいに小さいのですが、形がはっきりとしてくるまでは、小陰唇全体をゆっくりと舐めて、舌の感触を味わっていただきます。だんたんと舌にクリトリスの形が感じられるようになると、KTさんの声も少しトーンが上がってくるようです。

KTさんは一度逝かれると何度でも逝かれる方なので、最初はゆっくりと時間をかけさせていただきました。あまり強く舌を押し付けないようにして、小陰唇全体を舐めたり、膣の入り口あたりに舌を差し入れたりしてみます。それでも、大きくなってきたクリトリスの先に舌があたるとKTさんの声も自然と大きくなって、すでに十分に感じてきておられるのが分かります。ときおり、唇を押し当てるようにして、クリトリスをぷくっとさせて舐めると、KTさんの呼吸も乱れ気味になるのですが、程よいところでまたソフトに舐めるようにして、逝くまでの気持ちよさを味わっていただきました。

何度目かに唇を押し当てるようにしてみたところで、それまでよりもKTさんの声が大きくなりましたので、そのまま舌を強めに押し当てるようにしていると、逝きそう、と言われて、それまでまっすぐにのばしていた脚も折りたたんで、腰をくねらすようにされて逝ってしまわれました。逝っていただいている間も舌をクリトリスに軽く触れるようにして、そのあとの余韻も楽しんでいただいたところで、少し休憩にさせていただきました。抱き合うようにしてKTさんが落ち着いてくるのを待ちましたが、その間も指でクリトリスに触れるとかなり感じておられます。KTさんの方は落ち着いてくりと、私のものを手でまさぐるようにして、固くしてくださします。お互いに触りあっていたところで、指を入れて欲しいとおっしゃるので、手のひらはクリトリスのあたりを覆いながら、人差し指を挿入させていただきました。

指の挿入ではこれまでも逝ったことがあるとのことでしたが、指を挿入しながら手のひらをクリトリスに押し付けるようにすると、膣のなかで子宮口が上下するように動いたりして、不思議は感じでした。挿入によるものなのか、クリトリスの手のひらによる刺激によるのかは分かりませんが、一度逝ってしまわれた後は、逝きやすくなっているようで、すぐに指の挿入で逝ってしまわれました。逝きながらおでこを私の顔に押し当てるようにされていましたので、そのままキスもしたりしながら、余韻を楽しんでいただきます。

少し落ち着いたところで、再び脚の間に入らせていただいて、クンニをさせていただきますが、少し触れたただでも敏感になっているクリトリスで快感を味わうために、KTさんも最初とは違って脚を広げ気味にして、淫らな姿でクンニを味わっていただいています。形もくっきりと固くなったクリトリスを唇を挟み込むようにして、舌を押し当てていると、そんなに時間もかからずに再び逝ってしまわれました。クンニで逝っていただいたたり、そのあと、指で逝っていただいたりを繰り返して、快感が高まった状態を楽しんでいただいていたのですが、最後にクンニで逝っていただいたところで、さすがに限界ということで、終了させていただきました。

20140803080326ddb.jpg

時間のほうもちょうどよい時間になっていましたので、KTさんはちょっと横になって落ち着いたら支度しますね、とおっしゃるので、しばしまどろんでいただいている間に、脚の写真を撮らせていただきました。写真を撮った後は、しばし、KTさんの気持ちのよい太ももを名残を惜しむように撫でさせていただいていました。何故かはよくわからないのですが、気持ちがよいのですよね。

身体も落ち着いたところでシャワーを浴びてもとの服装に戻られると、つい10分前まで快感にひったっておられた時のとろけるような表情とは別人のようにしっかりとした主婦の姿に戻られます。このような変化を見させていただいているので、普段街で見かける奥さま風の女性の方も実は感じているときには、こんな風になるのかなとか、妄想してしまったりするのでしょうね。
2014.08.01 読んで濡れる
暑さが続きますけれども、皆様は体調にお変わりございませんでしょうか。

私はというとあまりに暑いので寝るときの冷房の温度を下げてみたところしっかりと風邪をひいてしまいまして、先週末の舐め犬のお約束をしていた方々にご迷惑をかけてしまいました。土曜日はまだ大丈夫かなと思ってお会いしたのですが、いつもならあたりが暗くなるくらいまでは舐めさせていただくところを途中でギブアップしてしまいました。また、日曜日のお約束をしていた方とはキャンセルになってしまいました。私の方は毎週のようにどなたかと会っていただいて、クンニをさせていただいているわけですが、お約束している女性の方は月に1度くらいなんとか都合を合わせて時間を作っていただいているので、大変申し訳ないことをしてしまいました。

今は体調も戻って大丈夫なのですが、体調管理は大切ですね。

そんな中でもメールとかでやり取りをさせていただいて、舐め犬についていろいろ話をしたりもしているのですが、よくこのブログをご覧になって、読んでいて濡れてしまいます、と感想をいただくことが多いです。そういうものなのですね、とちょっと感心しながらも、こんな文章で濡れていただけるなんて嬉しいことだと感謝です。せっかく濡れているならば、その場できれいに舐めとらせていただきたいところですよね。

先日から、エロ漫画の歴的な推移についての本を読んでいたのですが、はやりエロ漫画も単にセックス描写などが入っていればそれでいいかというと、読者の感情移入を誘わないとなかなか長続きするいい作品にはならないとのことです。考えてみれば私くらいの年代より下の世代はちょうど少女漫画が全盛を迎えたころに思春期を過ごされた女性の方が多いと思いますので、少女漫画で自分を主人公に置き換えながら読み進めることに慣れておられる方が多いのかなと思いました。

ブログは私目線で書いていますが、読みながら私の舌が下半身をまさぐっていく様を思い描きながら、その感触を想像されているのでしょうか。想像の世界であれば好きなタイプの男性を私に置き換えることもできますし、現実よりももっと官能的な場面を想像できるのでしょうね。

また反対に、現実の舐め犬では、そんなに長くクンニをされたことがないとおっしゃる女性の方が多いので、長時間のクンニでどんどんと感度が高まって感じてしまうことは未知の世界で想像よりも気持ちよすぎてはまってしまう方もいらっしゃいます。想像していた気持ちよさとはまた格段に違った何かを体験できたということなのでしょうか。具体的な気持ちよさは男性の私には分からないのですが、最初の恥ずかしさを通り過ぎてしまって、性欲に身をゆだねるようにしてクンニを欲するように変貌していく女性の方を見ていると、かなり気持ちがいいのだと思います。

あまり想像力が豊かな方だと、実際に体験してみてさほどでもなくてがっかり、ということもなきにしもあらずですが、新しい世界を知ることができたと言ってくださる方も多いですので、この夏の思い出に試してみてはいかがでしょうか。体調は万全になるように気を付けておきたいと思います。お盆の週は夏休みになりますので、平日の昼間しかお会いできないような方からのご連絡もお待ちしていますね。