FC2ブログ
今日も涼しいですが、若干天気の方がこのところあやしいですよね。ご近所ということもあり、短い間に割とたくさんお会いしているCHさんとお会いしました。クンニの気持ちよさを覚えてこられたのか、クンニなしで8月を乗り切るのが難しいので、と少し前にメールをいただきました。今日は天気も悪かったので自転車でとはいかなかったのですが、このところは直接家まで来てくださいます。リビングで少しだけお話をして、さっそくシャワーを浴びていただきます。私が歯を磨いている間に寝室のベッドで横になって待っておられました。

掛布団を下へ落としてさて舐め始めようかとしたところ、今日は上の方からしてほしいとおっしゃいますので、胸の方から舐めさせていただきました。黒いスリップを着ておられましたが、そのままでも簡単に胸が出せるので、少し下着をずらす感じで乳首を露出させてそこから舐めさせていただきます。お会いしている女性の中ではかなり胸の大きな方で、ふっくらとした乳房に顔をうずめるようにしながら、舌の先で乳首を転がすようにしていると、だんだんと固くなってきます。反対の乳首を舐めるときには、CHさんの上にかぶさるようにして、ひざを脚の間に入れて押し付けるようにしていると、すでに愛液で少し湿っているのが分かります。

DSC_0204_convert_20150831001646.jpg

ゆっくりと胸を舐めさせていただいて、いよいよ下の方へ移動して、脚の間に入らせていただきます。CHさんは背が高いので脚も長くて、M字開脚で顔の両側に立つ太ももの内側を付け根へと舐めていきます。脚の付け根から小陰唇のひだまでは時間をかけてゆっくりと舌を上下にさせながら近づいていきます。小陰唇のひだの先に舌を触れると少しだけCHさんから声が漏れました。ひだの両側をゆっくりと舐めあげるようにしながら、徐々にひだの間へと舌を進めていきます。下のほうへ舌を移動して行くと愛液が溢れています。それを絡めながら今度は下から上へペロンと舐めていきますが、CHさんはペロンと舐めるのがお好きのようで、終始静かにはされているのですが、ちょっとだけ声のトーンが変わるようです。

焦らずにゆっくりとひだを舌で包みながら左右に動かしたりして、クリトリスがしっかりと固くなってくるのを待ちます。最初はあまり形も分からないくらいなのですが、感じてこられるとしっかりとクリトリスの形が浮き上がってきます。逝っていただくまではできるだけ軽めに舐めるようにしていますので、こうしてクリトリスが固くなるのを舌先で感じながら、舐めているのですが、あまり無理に逝っていただくというよりは、私もCHさんのちょっとした反応を楽しみながら舐めています。最初にお会いした時もそうでしたが、CHさんは1回目に逝かれる時は尿道から膣にかけて、連続してヒクヒクされるようです。今日もそろそろ感じてこられたかなと思ったところで、連続してヒクヒクが始まりました。少しだけ強めに舌でクリトリスを押すようにしていると、ヒクヒクするのが持続しています。

ヒクヒクがおさまったあとも引き続き舐めさせていただきますが、クリトリスの固さはそのままでしっかりと固くなっています。包皮で包むようにしながらその上から舐めさせていただきますが、かなり固くなってきたところで、少し強めに舌で刺激していきます。2回目以降はCHさんが逝くときがはっきりとは分からないので、いつもまだ逝っておられないと思って、舐め続けたりしているのですが、その時でも気持ちはいいとおっしゃいます。CHさんもご自身で、まだ発展途上だから、とおっしゃいますが、まだ大きくどーんと逝く感じは経験されておられないので、小さく逝っておられる段階ではないかと思ったりしています。まぁ、女性の場合ははっきりした現象がでないので、逝ったかどうかは個人の主観によるところで、私にはどんな感じなのか分からないのですけどね。

途中で2回くらい休憩をはさんで休憩中は身体を寄せ合って乳首を舐めさせていただきたりします。2回目のクンニの時はクリトリスもかなり固くなっていましたので、少し先の方の露出した部分を舐めさせていただいたりします。あまり強くするとこれまでも脚がガクガクするとおっしゃていましたので、そこまではいかないように少しだけ舌が触れるようにします。固くなったクリトリスを少し押すようにして舐めていると、ときおりヒクヒクされるのですが、今回はいままでにない感触だったそうで、逝くのが連続しているような感じだったそうです。確かにその時はCHさんも少し声を出しながら感じておられました。

DSC_0206_convert_20150831002101.jpg DSC_0205_convert_20150831001704.jpg

CHさんは脚が冷えやすいそうで、舐めている間にも脚が冷えてくるとあまり感じにくいようなので、途中から前回と同様ににレッグウォーマー(実はアームウォーマーだそうですが)をされて、それからは少し感度も上がってきたようにおもいます。やはり一番いい状態で舐めさせていただくのがよいですよね。長く舐めていると最初はそれほどでもなかったクリトリスがどんどんと大きくなって、最後には包皮のなかでパンパンになるくらいに固くなっています。そこをどのくらいの強さで舐めるのがいいのか、まだはっきりしないですが、うまく舐めていけば、そのうちの大きく逝っていただけるようになるのではないかなと思います。

一度大きく逝くのを体験していただければ、そのあとは、自然と逝っていただけるようになるとは思うのですが、まだCHさんも私も手探り状態というところですね。そこまでいかなくても気持ちよくなって時間を過ごしていただけているようですので、大きく逝けるのかどうかは先の楽しみということにしておきたいと思います。
いきなり涼しくなりすぎですよね。もう少し半袖で気持ちのいいくらいの気候が続いてくれたほうがいいのですが、多分また暑くはなるのでしょうね。SMさんとお約束をしていたのですが、以前にラブホの方へ行ったのが楽しかったそうで、今回はちょっと郊外のラブホへも行ってみたいということで、用賀でお会いしてから私の車で出かけることにしました。前日にSMさんがいろいろ調べて行きたいラブホをピックアップしてくださいました。最近はラブホのホームページも各部屋の写真を載せていたりして、そういうのを眺めながらここが面白そうだとか探すのって楽しいものですよね。

家から東名高速に乗って出かけましたがすぐに渋滞です。こんな時期に渋滞って事故かなと思ったのですが、普通に渋滞でした。夏休み最後の土日だからかもしれませんが、昼過ぎのこんな時間に渋滞するんですね。とはいってもそれなりに流れているのでそんなに遅くならずにホテルに到着しました。お目当ての部屋は残念ながら埋まっていましたが、他の部屋も入ってみるとなかなかきれいです。とりあえずシャワーを浴びていただいて、すこしのんびりしてから、ベッドへ入りました。いつものように最初は抱き合いながら徐々に気分を高めていただいて、私の脚をSMさんの脚の間に差し入れたりしていると、SMさんの呼吸も少し荒くなってきます。

14408551830.jpeg 14408551500.jpeg

ほどよいところで足元のほうへ移動して、脚の間に入らせていただきます。SMさんはクリトリスを刺激するとすぐにも逝ってしまわれますので、他の方以上にゆうっくりソフトに舐めていきます。脚の付け根あたりから小陰唇のひだまでを時間をかけてこちょこちょと舐めていきますが、ひだの近くを舌が通るとそれだけでも声を出し始めます。小陰唇のひだをつんつんと舌で触れた後に舌全体で覆うようにして、舌はほどんど動かさないようにします。それでも包み込まれる気持ちよさでしょうか、SMさんの声は大きくなっていき、腰をくねらすようにされます。最初に逝くまではやはりじっくりと時間をかけた方がいいと思いますので、舌の力も抜いて、ゆっくりと小陰唇のひだの両側を舐めていきます。クリトリスはだんだんと形がはっきりとしてきて、すでにいつでも逝けるような状態になっているみたいです。

SMさんは逝きそうになるのをこらえておられるような状態になっていましたので、そろそろかなと思い、クリトリスの上に舌を乗せてちょっと押し込むようにしていきます。逝かれる時にはクリトリスを包皮で包むようにして直接は触らないようにしているのですが、逝ってしまわれた後には絶頂感が続くように、むき出しにしたクリトリスを舌で刺激していくと、ステップアップするようにSMさんの声も大きくなって、最後は呼吸を止めて絶頂感に堪えておられるところで、舌をはずして、ぐったりと脱力されると荒くなった呼吸を整えるまではあはあと激しく呼吸をしておられます。呼吸も落ち着いてきたところで、再び軽く舐め始めていきます。1度逝かれてしまうと何度でも続けて逝かれてしまうので、私のほうで様子を見ながらクリトリスの固さも限界に近くなったところで、逝っていただくようにします。

何度か逝っていただいたところで、さすがに限界ということでクンニは休憩させていただきます。横に並んでしばしまどろんでいただいたところで、SMさんは起き上がって私の上に乗るようにして、SMさんの胸を舐めさせていただきます。(実は上になろうとしてSMさんが起き上がったとあころで、くらくらとして1度は起き上がれなかったのですが)。そのあとは自然とそのまま私の顔のところまで上ってこられて顔面騎乗になりました。最初はペロペロの舐めるような感じになっていましたが、感じてこられるとクリトリスを擦り付けるようにされるので、私も吸い付くようにしてクリトリスを刺激していきます。上の乗りながらSMさんは再び大きな声をあげて感じておられます。ラブホだとこういう時に遠慮せずに大声をだして乱れることができるのでよいですね。

そのあとSMさんが私のものを口でしてくださったのですが、69の体勢で始めました。私は軽く舐めているのですが、SMさんには感じすぎてしまうので、途中からSMさんは上に乗るのはやめて、落ち着いて舐めたいということでフェラに集中していただきました。元気になってからSMさんが上になって挿入をされました。何度も絶頂を迎えられたあとなので、いつものように膣の締りもきつくて挿入するだけで気持ちよさそうにされていました。でも、今日はいつもとは違って、かなり激しく腰を使って動いておられました。ラブホで環境も変わったのでより開放的になられたのでしょうか。挿入で逝きそうになると、何か出そうになって怖い、といつも奥の方まで挿入するのは途中でやめて浅めの挿入で動いておられます。挿入して気持ちよくなると、なかなか自分の意志で抜くことができないとおっしゃいながら、今日はいつもより長く乗っておられたようです。最後に抜いて降りられる時には、膣の締り具合もかなり強くなっていましたので、ぐっと握られたいたのが急に解放されたような感じになり、いかに強く締め付けられていたのかがわかりました。

SMさんはそのあとも私のものを触ったりしていたのですが、大きくなったままですので、また入れたくなったということで、再び挿入されて、楽しんでおられます。乳首を私がつまむようにしても逝きそうになってしまいますし、奥の方へ挿入して腰を動かしているとそれでも逝きそうになってしまいますので、微妙に浅めに挿入して動いておられるのですが、じっとされているときにどうしても、私のものがピクッとなったりしてしまいますが、それがまた敏感に伝わるみたいで、そのたびに声をあげて逝きそうになるのをこらえておられました。

14408551330.jpeg 14408551660.jpeg

ここで、しばし休憩して、SMさんが買ってきてくださったお菓子をいただきました。せっかくなのでコヒーも入れて、ゆっくりと休憩をすごします。身体も落ち着いたところで、そろそろ再開しましょうということで、ベッドへ戻ってクンニを再開させていただきます。もうクリトリスを刺激すると何度でも逝ってしまわれるので、逝ってしまわれた後は、SMさんの様子を見ながら再び逝っていただくタイミングを図ります。ここでも逝っていただいている時間をできるだけ引き延ばしたいので、クリトリスが完全にしぼんでしまうまで、刺激を続けて、やはりSMさんも2,3回ステップアップするように声を大きくして、絶頂を感じていただけました。一度の絶頂がかなり長くなりましたので、何度も逝かれてSMさんもかなりお疲れになったのではないかと思います。

ちょっと時間を過ぎていましたが、ラブホを出て、再びドライブして帰ってきました。このあたりは慣れているはずだったのですが、高速へ入る道を間違ってしまって、そのままちょっと遠回りになってしまいましたが、カーナビにしたがってそんなに渋滞もなく家に戻ってきました。
お盆を過ぎてちょっと涼しくなったのにまた暑い日になりましたね。いつもより早い時間からMAさんとお会いしました。先週の夏休みの期間にお会いするお約束をしていたのですが、旦那様の予定が変更になってお会いできなくなっていました。今日は多摩川の花火ということで、実は別の方とお約束していたのですが、お盆にもお会いしているので、お願いしてMAさんに譲っていただいたのでした。MAさんとはだいだい平日の夜にお会いしているのですが、私が最近は平日がダメになっているので、この機会をのがすとまたお会いできる機会がのびてしまいそうでしたので、ちょっと無理を言ってお願いしました。駅で待ち合わせをして、夏らしいワンピースを着たMAさんとお会いして家まで来ていただきました。

リビングでしばしお話をしてからシャワーを浴びていただいたのですが、お話しているときに私が最近買った低周波マッサージ器をお見せしていたところ、興味を示されて、これを写真を撮るときに貼って撮ると面白いね、とおっしゃって、それで写真に変なものが写っていますが、低周波マッサージ器のパッドで、決してなにか新しいおもちゃの類ではございません。シャワーから出てこられるといつもの赤いスリップを着ておられて、リビングへ戻ってこられてそこで私がシャワーをするのをお待ちくださいました。MAさんは最初にお会いした時から裸だったり、下着姿だったりするのに抵抗はあまりないようで、明るいリビングでもスリップ姿のままふつうにしておられます。

14402415830.jpeg 14402415480.jpeg

私もシャワーを終えて、一緒に寝室の方へ移動しました。前回、三角枕を使ったのですが、3つほどある三角枕から一番角度の緩いのをお気に入りということで選ばれました。普段オナニーをするときにヘアーのあたりとか、ひだの周辺なども性感帯だからそのあたりも触ったりするので、そこも舐めてほしいと言われたので、それではそのあたりをじっくりと舐めてからクリトリスを舐めるようにしますねとお話しました。早速足元の方へ移動して、太もものあたりから舐めさせていただきます。脚の付け根あたりまで進んだところで、付け根と小陰唇の間を時間をかけて舐めていきます。MAさんからも少し声がもれてきます。それからクリトリスから少し離れた周辺もじっくりと時間をかけて舐めさせていただきました。

いよいよ小陰唇のひだへ舌を触れさせたところで、MAさんの声も大きくなります。それから小陰唇のひだの両側をゆっくりと舐めあげたりするのですが、MAさんの声も大きくなってきて、腰をくねらすようにされています。ひだの間に舌を差し入れると愛液がたくさんあふれているのがわかりますが、このあたりでMAさんも自ら腰を動かして、私の舌にこすりつけるようにされてきます。クリトリスの上のあたりを軽く舐めていると、すでにぷっくりと固くなったクリトリスの形がはっきりとわかるくらいになっていて、MAさんも舌に押し付けるようにされるのですが、少しじらすようにして、舌は軽く触れる程度にさせていただいて、じっくりと性感を高めていただくことにします。

クリトリスのあたりをあまり舐めていると逝ってしまわれそうだったので、少しそこは外して、膣の入り口あたりへと舌を移動します。MAさんは普段セフレさんとセックスはよくされているからでしょうか、膣の入り口あたりもかなり感じるところのようで、舌を少し差し入れただけで声も大きくなり、もっと奥まで舌を差し入れるのを要求されるかのように腰を浮かせて舌に押し付けてこられます。それに応じて私も舌をできるだけ差し入れるようにするのですが、それとともに新たな愛液がわいてくるのが舌の味わいでわかります。しっかりと膣のあたりを舐めさせていただいた後、再びクリトリスの方へ戻って、軽く舐めていましたが、クリトリスもかなり固くなってそろそろ限界かなと思い、少し強めに押すようにして舐めさせていただいていたところ、MAさんも大きな声をあげて逝ってしまわれました。

逝ってしまわれている間も、舌をクリトリスから離さないようんしていると、やはりいつもよりも長めに逝かれていたようです。今まではもう少し静かに逝っておられた印象があるのですが、やはりクリトリスから舌を離さないのがいいようで、いつもよりも大きな声をあげて乱れるようにして逝っておられます。逝くのがおさまったところで少し軽めにしてクンニを続けていきます。すぐにクリトリスも固さと大きさをとりもどしたのですが、むき出しになったクリトリスの先に舌が触れるとMAさんが大きく反応されます。あまりそこばかりを舐めて痛くなってしまってはいけないので、時々触れる程度にしていました。再び逝きそうになられた時に先の方へも舌を押し付けるようにしたところ、再び逝っていただけましたが、その時に脚がガクガクしたとおっしゃって、よくブログに書いてあるのはこのことなのね、とちょっと喜んでおられました。

少し舌を離したままでクンニを休憩してそんなお話をしていました。それでまたクンニを始めさせていただいたのですが、そのあともクリトリスの固さがしっかりとしてきたところで、押すようにすると逝ってしまわれるようになりました。今まではMAさんはそんなに何度も逝く前に満足されて終わりになっていたように思うのですが、今回はもう一度休憩したとも何度か逝かれて、最後は逝かれている間もしっかりとクリトリスを刺激するようにしたところ、大きく逝ってしまった、とおっしゃっていました。MAさんは普段上品なかたなので、逝かれるときもそんなに乱れたりしなかったのですが、今回は声も大きく、身体もくねらすようにされて、素のままに快感に身をゆだねてしまわれたのかなと思います。

14402415280.jpeg 14402415040.jpeg

お盆からお会いしている方がいつもよりたくさん逝かれるようになって、逝っておられる間も乱れてしまわれてしまうので、ちょっと自分でもびっくりしていますが、夏というのはムラムラ感も高まってそうなっているのか、クンニが上手になったのか、よくわかりませんが、不思議なことですね。

今日はMAさんもなんとか時間を見つけてくださったので、時間も少し限りがあったのですが、それにしてもいつもよりもアッという間に時間が過ぎてしまった感じです。最後に写真を撮らせていただいたのですが、最初に書きました低周波マッサージ器のパッドをいろんな位置に貼って撮らせていただきました。リビングへ戻ったところで、実際にスイッチを入れてみたら気持ちいいかな、と試してみましたが、腹筋のあたりは筋肉があるのでビリビリとくるのですが、クリトリスのあたりは筋肉がないのでなんとも感じなかったそうです。これでオナニーできそうだと思ったんだけど、とちょっと残念そうにされていました。

MAさんは写真を撮るときに今日はどんな風に撮りましょうかといつも楽しそうに小物を考えたりされるので、写真を撮るのも楽しみです。
早々に夏休みも終わって仕事に励んでいます。かなり暑さも和らいで来ましたが、今度は台風の季節ですね。

今年の夏休みは一日を除いて毎日クンニをさせていただいて、これまでにない経験でした。そんな連日のクンニが終わって通常の毎日にもどるとなんだか物足りないような気もしてしまいます。特に今年は継続してお会いしていた方ばかりなのにも関わらず、今回飛躍的に逝っていただける回数が増えた方が何人かいらっしゃって、私もびっくりです。もしからしたらクンニがすこしは上手になったのかななんて思ったりしています。

昨年末あたりから、ソフトに舐めるキャンペーンとか言って、それまでよりも軽くゆっくりと舐めるようにしていたのですが、確かに強いのがダメに方はソフトにしたほうが気持ちがよいのですが、タイミングによっては強めにすることでさらに気持ちよくなれるみたいです。ただ、だからといって調子にのって強く舐めていると、クリトリスも麻痺して痛いだけになってしまうので、そこは注意です。

前にもすこし書きましたが、女性の方の性感の高まりとうまくシンクロして舐められているときって、女性の方が逝きそうになっている感じがそのまま私にも伝わってきて、今ここでもっと強めに舐めるとスッキリと逝っていただけるぞ、と感じながら一緒に絶頂を迎えている気持ちになれるものです。そのタイミングって、よしうまくやってやろう、とか思っていると空振りしたり、1回目でこうだったから2回目も同じ感じでとか、妙に意識しているとうまくいかないことがあります。

あとは深く逝っていただくときの、女性が絶頂を迎えている時間が持続するのもいいみたいですね。逝ったすぐあとも舐めていると、ちょっと無理、とおっしゃる女性の方もいらっしゃるので、逝ったあとは割りとすぐに口を話していたのですが、少なくとも逝くのが収まるまでは口を話さないでクリトリスをすこし押すようにしていると、持続時間も長くなるみたいです。それで、2回目、3回目のときなどには、逝っているときにすこししぼんだクリトリスをちょっと無理矢理大きくして、さらに完全にしぼんでしまうまで押し込むようにしていると、快感が倍増しているように思います。

長く舐め犬をさせていただいて、多くの女性の方を舐めさせていただいていますが、時々こうして、今までと違うなぁ、という進歩というか発見がまだまだあることを考えると、女性の性ってどこまで奥が深いのかと思ってしまいます。やはりお会いして3回目、4回目あたりに私もお相手の好みがわかってきて、女性の方も慣れてリラックスできるようになってきて、一番変化の大きな頃かなって思います。最初にお会いするときはかなり緊張もされるでしょうし、不安もあるでしょうけど、一度お会いしてしまえば恥ずかしがらずに性欲をさらけでして楽しんでいただいて、気軽に使っていただくのがいいですね。

そう言いながらお誘いのメールをいただいたのに、すでに予定がはいっていて都合がつかないこともたまにあり、そういうときは申し訳ないと思います。暇にしている週末もあるのですが、なぜか同じ時期にお誘いが重なることがあるのですよね。
夏休みも終わってしまいましたが、今回の休暇はなぜだかほとんど連日のようにクンニをさせていただいてとても楽しい休暇となりました。今日は休暇の最初にお会いしたMSさんと再びお会いしました。先週お会いした時に今日の日曜日はまだ予定が入っていないとお話したのですが、それじゃぁまた来ていいですか?、というわけでお別れするときに今日のお約束をしました。このところ少しは涼しくなっていたのですが、今日の日中はまた暑くなりましたね。MSさんはいつものように車でお越しくださって、暑いのでいつものケーキではなくアイスクリームを持ってきてくださいました。

とりあえずリビングへ入っていただいてしばらくお話です。MSさんは休暇中のお出かけでまだ疲れた取れていないとのことです。お盆に車で都内から出るというのは帰りが大変なことが多いですね。私は車で出かけるにしてもお盆は都内を走ったことくらいしかないので、好いていて気分がいい印象しかないですけど。程よいところでMSさんにシャワーを浴びていただいて、寝室へご案内しました。私が歯を磨いている間に布団の中に入って待っていてくださいました。その横にするりと入って、少し抱き合いながらスキンシップです。MSさんは小柄な方ですので、抱き合っていると腕の中にすっぽりと入るような感じです。

14397367360.jpeg

それから足元のほうへと移動して舐め始めさせていただくのですが、前回は何度か逝かれたあとに強めに逝っている間中舌を押し付けるようにしてみたところ、かなり深く逝ってしまわれたので、今回も逝かれたあとはどうなってしまうのか私も少し楽しみにしていました。でも、まず最初はやはりゆっくりと軽く始めて、じっくりと性感を高めていただきます。太ももの内側から脚の付け根へと舌を進めていき、ゆっくりと小陰唇のひだの近くまで舐めていきます。ときおりMSさんが、あ、と声を出しながら感じ始めてこられます。ひだの両側をゆっくりと舌を上下させているときは、あ、から、あ~、と声も変わって、舌の感触を味わっていただけているのがわかります。このようにゆっくりと舐めているときは、MSさんはひだの間を舌を平たくしてゆっくりと舐めあげていくのが一番お好みのようで、声のトーンもかわってきます。

じっくりと舐めている間にも、ときおりヒクヒクとなったりもしますが、逝ってしまわれないように軽く軽く舐めていきます。クリトリスのほうもどんどんと大きくなって舌ではっきりと形がわかるくらいになってきましたので、その上に舌をのせてゆっくりと左右に動かしていきます。同じ調子で舐めているとクリトリスもどんどんと固くなっていって、包皮の下でぱんぱんに膨れています。そろそろ逝っていただけそうだったので、固くなったクリトリスの先端の方を押すようにしながら、強めに舐めていくと、いつものように大きな声をあげて逝かれました。前回と同様に、逝っていただいている間も、ぐいぐいという感じで舌でクリトリスを推すようにしていると、MSさんの声も止まることなく、かなり長い間絶頂を感じながら脚をギュッと閉じたりして、身もだえておられました。

落ち着いたところで、再び軽く舐め始めてみますが、クリトリスのあたりへ舌が軽くふれるだけで、あっ、とおっしゃっていましたので、まだまだ敏感になったままのようです。クリトリスはすぐに固くなってもとの大きさに戻ってきましたので、軽めに舐めながらさらに先ほどのようにぱんぱんになるまで待ちます。ぱんぱんになって、少しヒクヒクするようになってきたところで、再びしっかりとクリトリスを押しながら舐めていると、私の腕をつかんでいる手に力をいれながら、再び逝かれてしまいました。このときも逝かれている間はしっかりとクリトリスを刺激していきます。クリトリスは逝っている間はすっとしぼむものですが、その上から舌をさらに押し付けるようにすると、深く長く逝っていただけます。同じように、このあとは、クリトリスの大きさが元に戻るたびに逝っていただけるようになって、何度目かのところで、だめだめ、とおっしゃって限界に達してしばし休憩をさせていただきました。

逝かれた余韻に浸りながら抱き合って気持ちを落ち着けていただくのですが、最初から連続して逝っていただいたので、かなりお疲れの様子です。こんな風に逝っていただけるようになったのは、前々回の最後のほうなのですが、ときどきこうしてMSさんの新しい感じ方がわかってきて、どんどんと逝っていただける深さも進化してきています。今回でこうして何度もしかも毎回かなり深く逝っていただけるようになったので、これ以上はないとは思いますが、これからは舐めている間中終始深く逝っていただけそうです。

休憩のあと再びクンニをさせていただきますが、クリトリスは軽く触れるだけで敏感なままです。さきほど連続して逝っていただいたのと同じように軽く舐めながらクリトリスがぱんぱんに大きくなるのを待ちます。しっかりと固くなったところで強めに押すようにするとそのまま逝ってしまわれます。少しクリトリスがしぼんできたところで、唇を押し付けるようにして、すこし無理やりですがクリトリスをぷっくりとさせて、さらに舌で刺激すると、声も大きくなって逝き続けられるのですが、最後は完全にしぼんでしまったクリトリスを舌を平たくして押し付けると、MSさんが、だめだめ、とおっしゃって絶頂が終わりになります。それでまた舐めていると、クリトリスの固さが戻ってきますので、あとはそれの繰り返しです。

14397367800.jpeg 14397368020.jpeg

3回目の休憩で、今度はMSさんが私のものをいつものように口でしてくださって、元気になったところで、上になって挿入されました。クンニですでにかなり感じておられたためか、今日はいつもほど腰を使って動かずに、じっとして挿入の感触を味わっておられる時間が長かったようです。連日舐め犬でお会いしていた疲れもあるのか、今日は固さがあまり長く持続しなくて、短めですがMSさんの強く締った膣に押し出されるようにして、挿入は終了になりました。少し二人でベッドに横になっていましたが、ちょっとうとうとしてしまいました。MSさんもお盆のお出かけのお疲れに加えて、かない激しく連続して逝かれたので、かなりぐったりとされているご様子です。

シャワーを浴びていただいてから、買ってきていただいたアイスクリームをおいしくいただきました。1週間の間にこれだけたくさんの方にお会いしたのは久々のように思いますが、これまた不思議なことに、これまでそんなに連続しては逝っていただけなかった方に何度も逝っていただけるのが続きました。女性の方は逝ってもそんなにお疲れにはならない方が多いのでよいですが、自分があんな調子で何度も逝ったら翌日はぐったりしてしまうだろうなと思います。そういうことでも、女性の逝き方ってなんだかうらやましいですね。明日からまた仕事が始まりますが、土日祝日を中心にして、またしっかりと逝っていただけるように、女性の方に楽しんでいただければと思います。
夏休みもクンニばかりしているうちに残り少なくなってしまいました。今日は昼間はお芝居に行ってきたのですが、帰って来てからCHさんにお会いする約束をしていました。帰って夕ご飯を食べたところで、CHさんから、もう帰ってますか?、と連絡をいただいて、家まで来ていただきました。自転車で来ていただける距離なので、それから20分ほどしてCHさんが到着されました。近くだと気楽にお会いできる感覚がありますので、そういうのがよいですね。

リビングでちょっとだけお話して早速シャワーを浴びていただきました。バスタオルを巻いて出てこられましたが、その下はレースの身体にぴったりとした下着をされています。黒のレースって大人な印象があって素敵ですね。私の方も軽くシャワーで汗を流して寝室の方へ入ります。CHさんのすらっとした脚を少し触らせていただいてから足元に移動して脚の間に入らせていただきます。お会いした最初の頃は脚を閉じ気味にされていて私が割り込んでいくような感じでしたが、もう慣れてこられたのか、膝を立ててM字開脚の態勢になってくださってすんなりと太物の付け根の方まで顔を近づけることができます。

DSC_0182_convert_20150816004604.jpg

太ももの内側から舌を脚の付け根の方へす~っと動かしていくと、少しだけCHさんから声がもれました。CHさんはどちらかというと静かに舌の感触を味わわれるほうですが、やはり最初の舌の接触の時は刺激が急に入ってくるので声も出てしまうのでしょうね。すでにパンティははいておられなかったので、脚の付け根から小陰唇のひだまでをゆっくりと時間をかけて舐めていきます。ひだの間からはすでに愛液が触れている味がします。CHさんはあまり濡れない方だったそうなのですが、舐め犬でクンニをされるようになってからかなり濡れやすくなって自分でも少し驚いておられました。小陰唇を軽く舌で触れるようにして、それに慣れてくると、ひだの両側をゆっくりと舐めあげていきます。

CHさんは小陰唇全体を下から上へペロンと舐めていくのがお好きのようですので、舌全体を平たくしてゆっくりと舐めあげていくと少し声が漏れてきました。柔らかな小陰唇のひだもだんだんと充血してふっくらとしてきています。できるだけ軽く触れるようにしながらクリトリスを包み込んで、ゆっくりと左右に動かしていくと少しヒクヒクするようになってきました。まだそんなに時間もたっていませんので、すぐには逝っていただかないようにして、同じようなにソフトに舐め続けていきます。クリトリスも形がはっきりとしだしたところで、CHさんの呼吸も大きくなってきて、ヒクヒクが少し連続した来たかなと思ったら、大きくヒクヒクして逝ってしまわれました。ヒクヒクが大きくなったところで、クリトリスへ舌を強めに押し付けて、ヒクヒクができるだけ長く連続するようにします。ヒクヒクが収まると同時に、CHさんも身体を脱力されて呼吸が戻ってきました。

やはりソフトに舐めた方が結局は逝きやすくていいのかなと思い、そのあとも続けてソフトに舐めさせていただきます。クリトリスも大きさと固さが増して、舌ではっきりと形が分かるくらいになっています。包皮の上からクリトリスを刺激していくとだんだんとCHさんの呼吸も激しくなって感じてきておられるのがわかるのですが、少しだけヒクヒクとしたり、またクリトリスの固さが戻ったりと、逝きそうでいけない感じが続きます。やはり2回続けては難しいかなと思ったのですが、気持ちよさそうにはされていましたので、逝っていただくことにはあまりこだわらずに舐めさせていただきます。何度も逝きそうな感じを続けたところで、ちょっと休憩しましょう、ということで少しお休みしてベッドで横に並んでお話をさせていただきました。

しばらくお話をしたところで、再びクンニを始めさせていただきましたが、すぐにクリトリスも大きさがもどってきます。しっかりと固く大きくなってきましたので、最初よりはちょっと強めに押すようにして舌を左右に動かしていたところで、CHさんの呼吸も荒くなってこられて、気持ちいい、とおっしゃるので唇を押し当てるようにしてぐいぐいと舌で押していたところ、CHさんも少し大きめに声をあげられて逝っていただけました。やはりちょっとお休みを入れた方がいいのでしょうかね、お話したのですが、そのあと、またクリトリスが大きくなってきたところで、同じくらいの強さで舐めさせていただいたら、それほど時間を空けずに再び逝っていただけいました。CHさんの逝くときの舐め方がわかったような気がしました。

またちょっと休憩を挟んで、これならまた何度でも逝っていただけるのかもしれないなと思って、しばらくはソフトに舐めながら、クリトリスが固くなってきたところで、同じような舐め方をしていたのですが、途中でクリトリスの固さがなくなってくるので、どうも強く舐めるのも長すぎるとよくないみたいです。3回すでに逝っていただけたので、無理に逝っていただかないようにして舐めることにしました。前回はCHさんも途中で脚をつってしまったので、そうならないように用心しながら無理に力が入らないようにされていました。途中で脚がちょっと寒いのでまたつってしまうかもと、持参された、レッグウォーマー(実は腕につけるものだそうですが)を膝から下にちゃくようされました。黒いレッグウォーマーをされていると、太もものあたりの白さが強調されてなんだかいいですね。いわゆる絶対領域ってやつですね。

DSC_0183_convert_20150816004721.jpg

2回目、3回目と同じような舐め方で続けて逝っていただけたので、ちょっと調子に乗って強めに舐めたために、クリトリスの方がマヒしてきたのでしょうか、それからはまた逝きそうで逝けない感じが続いています。やはりCHさんはソフトに舐めて逝っていただくのがよくて、逝きそうになったところで強めに舐めるのはほんとうはよいみたいです。お会いする回数が増えていくと、こんな風にどんな舐め方をすると逝っていただきやすいかわかって、そういうところがいいですね。休憩しているときも、脚をCHさんの股間に差し入れて、身体を触らせていただいたりと、だんだんスキンシップも多くなってきます。クンニだけでもよいのですが、こうして女性の柔らかな身体を触らせていただくのも好きなので、休憩の時間も楽しく過ごさせていただけるようになります。

逝くのは難しそうでしたので、乳首を舐めさせていただいたり、それでまた感じてこられたやはりクンニをしたりしながら残りの時間を過ごさせていただきました。気がつくと夜もかなり遅くなっていて、CHさんも舐め犬でクンニされていると時間があっという間に過ぎにいきますねとおっしゃっていました。クンニの方は終わりにして、写真を撮らせていただきましたが、ストッキングも持ってきておられたので、それをはいて写真を撮らせていただきました。レッグウォーマーでの写真もいいかなと思っていたのですが、ストッキングの方がやはりおしゃれな感じでよいですね。

シャワーを浴びていただいてから、最後に持ってきていただいたアイスクリームを一緒にいただきました。最近は自分では甘いものは買わないようにしているのですが、このお休みは結局こうして持ってきていただいたスイーツをいただいたりして、結構甘いものを食べてしまっています。でも、ちょっと疲れたあとの甘いものはあまりにおいしくて仕方ないですよね。
今日は若干涼しさを感じることができましたね。お盆の真っ最中というところですが、昨日は舐め犬のほうはお休みしていましたが、今日は久しぶりにMDさんにお会いしました。しばらくの間お忙しくされていたのでお会いすることができませんでしたが、夏休みということで再び連絡をいただいてお会いしました。時間は空きましたが、その前は何度もお会いしていますので、気軽な気分でお会いできるのがよいですね。そんなわけで、改札で待ち合わせをして、家まで来ていただきました。リビングでしばらくお話をしてから、シャワーを浴びていただきます。今日は黒のスリップで出てこられて、寝室にご案内して、私が歯を磨いている間しばしお待ちいただきます。

少し太もものあたりなどを触らせていただいてから、下の方へ移動して、脚の間に入らせていただきます。今日は焦らし気味にお願いしますとのことですので、太ももから脚の付け根まで舐めていった後は、できるだけゆっくりと小陰唇のひだのほうへと近づいていきます。久しぶりと言うこともありますが、太もものあたりを舐めているときから少し声が漏れて、身体もピクンと反応されたりしていましたが、小陰唇ぎりぎりのあたりを舐めあげていくと、すでにひだの中から溢れてきた愛液の味わいがあります。ひだにはできるだけ触れないようにしながら、ゆっくりと舌を近づけていきます。

14395425790.jpeg

舌が待ち遠しくなってきたところで、小陰唇のひだを舌の先でかるく触れてみると、MDさんの声も大きくなってきます。ひだの先端に沿ってゆっくりと舌を下から上へと動かしていきますが、それだけで、ちょっとヒクヒクとされているのが分かります。もともと大きめのクリトリスもしっかりと形が分かるくらいに固くなってきています。まずは舌の先でひだの両側を少しずつ押し広げていきながら、上下に動かしていきます。それから同じところを今度は舌を平たくして広く舐めながら動かしていくと、MDさんの声も大きくなってきます。やはりゆっくりと動かしていくほうが、女性の方は感じやすくなるみたいですね。せかせかと舌を動かしていると、もう少しゆっくり、とおっしゃる女性の方もいらっしゃいますから。

舌をクリトリスの上に触れるようにして、ここでもゆっくりと舌を動かしていくと、ヒクヒクするのがわかります。あまりに早く逝っていただくのも楽しみが少なくなってしまうでしょうから、逝きそうなのは分かってはいますが、逝ってしまわれないように軽く軽く舌を動かしていくだけにします。だんだんとMDさんももどかしそうに腰をくねらせながら声を出しておられるので、クリトリスからは舌をはずして、膣の入り口あたりへ移動します。MDさんの膣は舌を少し差し入れるようにすると内側から盛り上がってきて、舌がより中のほうへと吸い込まれていくような感じになります。そこをじっくりと舐めた後で、クリトリスのほうへ戻るとさらに感度が増していることがよくあります。

じっくりと感じていただいたところで、クリトリスを包皮と一緒に包み込みながら少し強めに舐めていきます。MDさんも私の手を握りながら、胸元のほうへと引っ張られるので、手で乳首のあたりとまさぐるようにするとさらに感じてこられます。少し腰を浮かすようにして、クリトリスを私の口へ押し付けるようにされるので、私もそれに合わせて強めにクリトリスを舐めていくと、しっかりと逝ってしまわれて、脱力しながら激しく息をされています。すぐにクリトリスに舌を触れさせると、ピクンとなってとても敏感になっておられるのが分かります。それでも、クリトリスには直接触れないようにして舐めていくと、すぐにクリトリスはもとの大きさに戻って、舌先がちょっと触れただけで感じておられるのが分かります。一度逝かれてしまうと何度でも逝かれるので、慌てないで軽く舐めるところから再び始めて限界になったところでぐいぐいと舐めることにします。

同じパターンで舐めても何度でもクリトリスは固さを取り戻して、少し強めに舌で押すようにすると、すぐに逝ってしまわれるようになってきます。逝っておられる時にさらにクリトリスを強めに刺激すると、逝っていただく時間が長くなるので、逝っておられる間も舌を離さないようにしていると、MDさんは脚を閉じて私の頭を強くはさみこみながら、身体をのけぞらすようにして、長く逝かれるようになりました。かなりの回数逝っていただけて、MDさんの息もかなり荒くなっていましたので、ひとまず休憩とさせていただきました。MDさんは途中でちょっと意識が飛んでいたとおっしゃいますので、逝っている間にクリトリスをさらに刺激することでかなり強く逝ってしまわれたのかも知れません。腕枕で抱き合って余韻に浸っていると、背中を撫でて欲しいとおっしゃって、私が手のひらで撫でていると、それだけでも気持ちがよいらしく声を出しながら感じておられました。

14395425970.jpeg 14395426160.jpeg

落ち着いたところで、MDさんが私のものを手で触ってこられて、そのあと口で元気にしてくださいました。いつものようにMDさんに上になっていただいて挿入をします。久しぶりなのでちょっと痛いかも、とおっしゃってはいましたが、いざ挿入してみるとしっかりと奥まで挿入して、感じておられます。これまでは腰をぐいぐいと使いながら感じておられたのですが、今日は軽く動かしているだけでかなり感じておられるようです。しばらく腰を使ってから、少しじっとして感触を確かめるようにされているときも、膣の中がキュッキュとなって動いているのが分かります。途中から体勢を交代して私が上になって、挿入をさせていただきましたが、お互いに汗びっしょりになって終わりになりました。

暑いのでしばし冷房の温度を少し下げて汗がひくのを待ちました。休憩しながらお話をしていましたが、汗も引いてきたところで、クンニを再開させていただきました。再び大きくなってきたクリトリスはもう全体が露出していますので、直接舌を触れて刺激していきます。すぐにもヒクヒクとしてきたかと思うと、すぐに逝ってしまわれました。再び逝くのを際限なく繰り返す状態になったところで、頃合いを見ながら、逝っていただくようにして、何度も感じていただきます。逝ったすぐ後は乳首を触るだけでもかなり感じておられます。

再び限界かなと思うところで一休みさせていただいて、今日はこれくらいで終わりかなと思ったところ、MDさんが最後に胸を舐めて欲しいとおっしゃるので、乳首を口含みながら指でクリトリスを刺激させていただきます。指の方はひだの間に溢れてきた愛液ですぐにもヌルヌルになって、指で逝っていただけるかなと、思っていたところ、MDさんから、やっぱり舐めて欲しい、とおっしゃるので、最後に再び何度も逝っていただきながらクンニをさせていただきました。

終わってから、MDさんがいつも買ってきてくださるスイーツをいただきました。今日は挿入で上にもなって動きましたので、少し疲れたところで、甘いものをいただいて元気になりました。それにしても今週お会いする女性の方は何故かほとんどの方が何度でも逝ってしまわれるようになって、不思議に感じがします。やっぱり軽め軽めに舐めている方が、クリトリスが強い刺激でまひしてしまうことなく長い時間敏感に感じていただけるのでしょうか。
地味に暑さが戻ってきて昼間はかなり暑くなりましたが、OKさんとお会いするために出かけてきました。まだお休みの方と仕事の方が混在しているので電車は割と込み合っています。OKさんからはいつものように前日に連絡をいただいたのですが、別の方のお約束が入っていて無理かなと思ったところ、お約束のあった方に確認してみると仕事の終わる時間がはっきりしないということで、次回ということになり、OKさんとお会いすることになりました。OKさんとはこのところよくお会いしているのですが、暑くなってきてますますムラムラ度が増してきているとのことです。

いつものラブホへ向かいましたが、夏休みと言うことですでにロビーで待っているカップルやら、女子会のグループやらがいましたので、別のホテルへ入りました。ちょっと昔風のデザインで円いベッドに鏡張りの部屋で、天井にも鏡が貼ってありました。でも少し広めで快適な感じです。

14393780300.jpeg

OKさんにシャワーを浴びていただいてから、私がシャワーを浴びている間に、OKさんはベッドに入ってのんびりムードです。OKさんはバスタオルを巻いているだけでしたので、バスタオルをほどいて胸から舐めさせていただきます。乳首を舌で舐めている間に空いている右手で身体をまさぐるようにさせていただきますが、脚のほうを触らせていただいていたところで、お尻のあたりがすでに愛液でヌルヌルになるほど溢れ出しています。今日はOKさんは久しぶりにお酒を買ってホテルに入ったのですが、以前はお酒を飲むと逝きにくいようでしたので、今日も逝っていただくのに時間がかかるかもと思ったりしていました。乳首を舐めているだけでもかなり感じてきておられたので、すぐに下のほうへ移動して、脚の間に入らせていただきます。

太ももから脚の付け根あたりへ舌を動かしていくだけで、腰をくねらせるようにして感じておられます。いつも焦らしてくださいね、と言われていますので、ゆっくりと小陰唇のひだの方へ近づいて行くのですが、それをもどかしそうにされています。小陰唇のひだに舌を触れさせると声も大きくなり、同時にすでに軽くヒクヒクとしてきました。OKさんもいつものようによさそうなAVを探して観ておられます。いつもよりもかなり短い時間で太ももの裏側が熱くなってきて、OKさんも脚を伸ばして身体を緊張させるようにされていましたので、クリトリスを包み込むようにして、舌先がクリトリスの先端あたりを押すようにしていると、逝きそう、とおっしゃって、そのまま大きな声をあげながら、長い時間逝ってしまわれました。逝っておられる間は脚をギュッと閉じて私の頭を挟む感じなのですが、逝っておられる間もクリトリスをぐいぐいと押していると、逝っておられる時間が長くなるようですが、それがこのところどんどんと長くなっているような気がします。以前は逝かれるとすぐに舌を離していたのですが、無理にでも押し付けていると、女性の方が逝く時間は伸びますし、逝き方も深くなりますね。

前回はお会いする日の朝からもオナニーをされてこられて、逝くまでに時間がかかったものですから、今朝は連絡を取り合っているときにオナニーは控えてくださいねとお伝えしようかと思っていたのですが、逝かれた後にお話を伺ったところ、今日も朝からオナニーをしてこられたとのことで、それでもこれだけすぐに逝ってしまわれるとはかなりムラムラが溜まっていたのでしょうね。少しお休みして、その間は身体を触らせていただいしながら、こんなお話とかをしていました。

身体も落ち着いてきたところで、再びクンニを始めさせていただきました。最初は舌で触れるだけでも身体がピクンとなるくらいにクリトリスも敏感だったのですが、ゆっくりと舐めているうちにだんだんと落ち着いてきました。やはり逝きそうになるまでは軽めにゆっくりがいいみたいですので、再び感度が高まってくるまでは、ゆっくりと舐めさせていただきます。膣の入り口あたりも舌を差し入れたりしますが、一度逝っておられるので、入り口はしっかりと閉じているくらいに締っています。だんだんとヒクヒクする頻度も増えてきて、再び逝かれそうな感じになってきたのですが、脚を伸ばして身体をこわばらせておられたところ、痛い、とおっしゃっるので、舐めるのが強すぎたのかと思ったら、脚をつってしまわれました。ときどきこういうことってありますね。

脚の痛みがなおるまで、しばらくお休みしてゴロゴロしていたのですが、今日お挿入もしたいということで、OKさんに後ろから抱き付いているときに元気になってきましたので、挿入をさせていただくことになりました。OKさんは入り口あたりが気持ちがよいようですので、あまり深くは入れずに先の方を出し入れするようにします。OKさんは挿入していると、太い、とたまにおっしゃるのですが、逝った後は膣がすごく締っていて、女性にすると挿入されるのがかなりきつく感じるので、そう思われるのでしょうね。他の女性の方でも、太くなった?、と聞かれたりするのですが、そんなはずはなくて、女性の方の締り具合がきつくなればなるほどそう感じられるようです。

14393780690.jpeg

今日は時間がたっぷりとありますので、挿入のあともゆっくりと横になりながらお話をしたり、OKさんの身体を触らせていただいたりしていて、最後にもう一度クンニもさせていただきました。もう一度逝っていただけるかは微妙な感じかなと思っていましたが、OKさんもAVの逝けそうな場面をいろいろ探しておられて、ちょっとヒクヒクしてきたかなというところで、少し強めにぐいぐいと舌を押し付けて逝くと、AVの画面で女優さんが逝かれるのとほぼ同時にOKさんも大きな声をあげて逝ってしまわれました。今回も、逝っている時間はかなり長くて、その間も舌をクリトリスに押し付けていると、その間ずっとお声をあげて感じておられました。

お休みに入って連日舐め犬でお会いさせていただいていますが、みなさんいつもより激しく感じて乱れていただいているようです。暑い時期ははやりムラムラがたまりやすいのでしょうかね。OKさんが職場を変わられてから、よくお会いしているのですが、ストレスが多少軽減されたのか、クンニですっきりしていただく回数が増えたからか、このところ顔が卵のようにつるんとしてすべすべな感じになったおられます。ムラムラするのは我慢とかせずに、やはり舐め犬などを使ってすっきりとしていただくのがよいということなのかも知れませんね。
休暇でゴロゴロしていたらスマホを何度も落としてしまって本体は大丈夫だったのですが、ガラスの保護シートをしていたのが割れてしまいました。さっそくauのお店で新しいのを貼ってもらいました。最近はお店で貼ってくれるので、綺麗に貼れていい感じです。ついでに買ってあったカバーもつけてこれで万全ですね。そんなことをして午前中が過ぎっていったあと午後からはITさんとお会いしました。先月に久しぶりに当日の連絡をいただいたのですが、生憎予定が入っていたので、今日はITさんもお休みということで今日でお約束をしていました。

ブログを見ると前回お会いしたのは今年の1月でした。その時も久しぶりにお会いしたのですが、その時は何度か逝っていただけたみたいなので、今日もしっかりと逝っていただければいいなと思います。用賀まで来てくださったので部屋へご案内して、リビングでしばしお話をしました。仕事内容が近いのでこれから舐め犬をする割には色気のない話が多かったですけど。しばらくお話をしてからシャワーを浴びていただいて、寝室へご案内します。ITさんはいつもバスタオルだけ出てこられるのですが、今日もバスタオルを巻いてシャワーから出てこられました。

14392848680.jpeg

寝室で横になっておられるITさんの横に座って少し太ももを触らせていただきます。まだ20代の方ですので、太もものムチムチ感と弾力がいい感じです。さっそく足元の方へと移動して脚の間に入らせていただきます。最初はまだ脚はそんなに大きくは開いておられなかったのですが、太もものあたりを舐めさせていただいている間にだんだんと大きく開いて私が間に入りやすくなってきます。太もものあたりを舐めているだけで少しピクンとされたりしていたのですが、もしかするとただくすぐったいだけだったのかも知れません。でも、徐々に小陰唇の方へと舌が近づいていくと、確かに感じてきておられるのが分かってきます。

確か前回まではかなり静かにされていたように思うのですが、今日は小陰唇のひだの両側を舐め始めたあたりから少し腰をくねらせつつ、声も漏らし始めました。舐め方もゆっくりと軽めにしていたのがよかったのか、微妙に舌が動いて行くのが気持ちがよいみたいです。クリトリスはそんなに大きくはないのですが、感じてきてすでにぷっくりとしていて、さらに全体が露出しています。あまり直接は舌が触れないようにはしていますが、直接触れるとそれはまた気持ちがよいようで、声も大きくなるようです。終始舌で小陰唇のひだを包み込むようにしながら、ゆっくりとを左右に動かしていくと、まだ舐め始めてそんなに経ってはいないのですが、ヒクヒクとしだしてきました。もしかするとおあししていない間にかなり感じやすくなっておられたのかなと思いました。

ITさんは、逝く、とはおっしゃらずに逝ってしまわれるのですが、ヒクヒクが連続してきたところでクリトリスを包皮ごと包み込むようにして舌でギュッと押すようにすると、声も大きくなり、身体をこわばらせながら逝っていただけました。逝っておられる間ははっきりとヒクヒクが続いています。意外に早く逝っていただけたので、そのまま舐め続けていきます。逝ってすぐあとですが、むき出しになったクリトリスのあたりと舌先で軽く触れてみると、それだけで、あっ、と声を出されて腰を引くようにされます。あまり刺激が強すぎてもいけませんので、再びゆっくりと舐めていきます。そうするとまたヒクヒクとしてこられたので、同じようにクリトリスを包み込みながら逝っていただきます。何度か逝っていただいた後に、ITさんが身体を横にされたので、それに合わせて首を傾けて舌をクリトリスから離さないようにします。

しばらくして、ITさんが私の腕をタップして、限界ということでしばし休憩させていただきます。感じやすくなったみたいですね、とお話をしつつ胸の方を触らせていただいたりもします。何度も逝かれたあとなので、乳首を触るのも気持ちよさそうです。もうそろそろ大丈夫かなというとことで、クンニを再開させていただいて、またゆっくりと舐めていきます。ITさんはうつ伏せになっておられたので、まずはお尻の穴のあたりを舐めていきますが、感じるときゅっと締るのがわかります。せっかく三角枕を持っているので、腰の下に入れていただいて、クリトリスからお尻の穴までペロンと舐めあげたりします。

途中でM字開脚の体勢に戻っていただいて、普通のクンニにもどりました。このころにはどんな風に舐めるとヒクヒクが始まって逝っていただけるか分かってきましたが、逝くばかりではと思い、膣の入り口あたりも舌を少し差し入れたりしながら舐めさせていただきました。クリトリスのほうへ戻って、軽く舐めているうちに、ヒクヒクが始まるとクリトリスを包皮で包み込んで舌で強めに押すと、ヒクヒクが強くなってそのまま逝ってしまわれます。少し時間を空けると何度でも逝っていただけるようになって、そのたびに身体をこわばらせて逝き終わったところで脱力して、逝くとはおっしゃいませんが、逝けた瞬間がはっきりと分かります。

14392848890.jpeg 14392849100.jpeg

途中で、再び私の腕をタップされて、バイブを試してみたいとおっしゃいます。そいうえば、前回はバイブで最後に逝っていただいたのを思い出しました。バイブを使うのは久しぶりですが、すでに何度も逝っていただいているのですが、バイブは少し振動が強すぎたみたいで、バイブよりも舌のほうが気持ちよいということで、舌でのクンニへ戻りました。簡単に何度も逝ってしまわれるので、逝かれたあとにすぐにまたクリトリスを包み込んで舌を押し付けてぐいぐいとしていると、本当に1分も間をあけずに3回くらい続けて逝ってしまわれました。そのたびに、しっかりとヒクヒクとしているのも、他の方ではあまり経験のないことです。

最後はやはり腕をタップされて終了しましたが、ITさんは横になったまましばらくまどろんでおられたので、私は胸を手でもんでみたり、お腹から太ももへと手のひらでさするようにしてみたりしながら、ゆっくりと過ごしていただきました。目を閉じてうっとりした表情でまどろんでおられる姿は可愛らしいですね。それにしてもお会いするのは3回目ですがこんなに何度も逝かれる方だとは思いませんでした。やはり3回目くらいですから、お会いしているときの緊張もとれて、リラックスして気持ちよさに身体を任せられるようになれたのかなと思います。
今日は朝からなんだか変な天気でしたね。雨が降ったり晴れてみたり。今週は私が夏休みだというブログの記事を読んでくださって、久しぶりにKTさんから連絡をいただいて、今日お会いする約束をしていました。KTさんはお昼ころにいつも来られるのですが、お弁当を買ってきてくださって、舐め犬の前に一緒にいただきます。今日はベトナム料理のお弁当ということで、私も久しぶりだったのでおいしくいただきました。生春巻きとそれにつける甘酸っぱくて少しピリッとしたソースが暑い時期には食欲をそそっておいしいですよね。

改札で待ち合わせをして家まできていただいて、リビングでお話をするのですが、KTさんにお会いするといつも思うのですが、ほんわかとした話し方をされて、それでいて割とよく話をされるので、お話をしていると妙に落ち着きます。それでまたお話で時間が無くなってしまうとあれなので、適当なところでシャワーを浴びていただいて、寝室のほうへとご案内しました。ピンクの前を閉じることができるスリップ?を着ておられて、少し太ももを触らせていただいてから、下の方へ移動して舐めさせていただきました。前回はどんな感じだったかブログで確認したのですが、軽めに舐めることで何度か逝っていただけたようなので、今日も軽めに舐めてできるだけ逝っていただきたいなと思います。

14392074580.jpeg

KTさんのムチッとした太ももの間に入らせていただいて、ぷわんぷわんとした感触を楽しみながら太ももの内側から脚の付け根へと舐めさせていただきます。前回はわりと静かにされていたのですが、脚の付け根から小陰唇の間を舐めさせていただいている間にも少し声を漏らされ始めました。クリトリスは小さめで最初は大きさもあまり感じられないのですが、小陰唇のひだの両側をゆっくりと舐めた後に、小陰唇の上から舌で覆うようにしてゆっくりと舐めていきます。ペロンペロンと下から上へと舌を動かして何度も舐めているうちに、KTさんの声も大きくなってきました。焦らないようにしてクリトリスの上あたりも軽く舌で覆うようにして舐めていきます。ゆっくりと時間をかけることで小さかったクリトリスも徐々に形が分かるくらいには固くなってきます。

小陰唇のひだの両側を下から上へと舐めるときに、クリトリスのあたりで少し舌を押し付けるようにするとKTさんの声も大きくなって感じておられるのが分かります。クリトリスへ舌が直接当たってしまうと痛くなるので、横から押し付けるようにするとそういうこともなくて、気持ちよくなっていただけるようです。十分に感じていただけたところで、クリトリスの上を舌で覆いながら左右に動かして、感じていただきます。すると尿道のあたりがヒクヒクとしてきました。最初はたまにヒクヒクとなるのですが、徐々にヒクヒクの頻度が増えて、連続してきたところでそれまで脚を伸ばされていたのですが、M字開脚のようになって、逝きそう、とおっしゃって逝っていただけました。逝っていただいている間もしっかりと舌はクリトリスの上に触れたままにしています。

余韻も治まってきたところで、再び普通に舐めさせていただくのですが、一度逝かれたあとはやはりクリトリスは敏感になっているので、できるだけ軽めに舐めさせていただきます。クリトリスも大きくなったままですが、軽く唇を押し当てて、ぷっくりとさせるとさらに気持ちがよくなるようです。KTさんはいつもヒクヒクと何度かなってから逝かれるのですが、今回はそのタイミングがかなり分かってきましたので、逝きそうになられたときに少しだけ強めに押すことで自然に逝っていただけるようです。コツがつかめたみたいで、感じてこられるとタイムリーに逝っていただけるようになってきました。KTさんも今日は今までよりもよく感じてくださっているようで、逝かれる時には今までよりも身体をくねらせたりしながら深く逝っていただいています。

3回ほど逝っていただいた後でしばし休憩をさせていただきます。舐め始める前に今日は顔面騎乗を試してみたいとおっしゃっていましたので、休憩後再開した時には上に乗っていただきました。顔面騎乗で舐めさせていただいているときは両手が空いていますので、KTさんの腰のあたりから背中まで手のひらでさするようにして、時にはアナル周りも軽く触ることでより感じていただきます。上になったままでは逝かれたしませんでしたが、気持ちよくなって来られて、舐めてもいいですか?、とおっしゃるので、向きを変えて69の体勢になって、舐めさせていただきます。KTさんも私のものをしっかりと舐めて気持ちよくさせてくださいます。

最初はお互いに舐めあっていたのですが、そのうちにKTさんがさらに感じてこられると、気持ちよさに耐えることで私のを舐める余裕がなくなって、私の身体に抱き付いたままでクンニの快感を味わっておられるようになってきます。さすがに逝くまでには至りませんでしたが、脚がガクガクとしてきたりするくらいには、感じていただけました。

14392074220.jpeg 14392074350.jpeg

最後は、気持ちよかった~、とおっしゃって私の上から降りられたのですが、まだ逝っておられませんでしたので、引き続いて普通のM字開脚の体勢で舐めさせていただいて、最後はすっきりと逝っていただこうと思います。クリトリスも包皮で覆うようにして、その上から舐めていると長時間でも大丈夫なようですので、唇を押し当ててクリトリスをしっかり固くさせながらも直接触れないように気を付けながらクリトリス周辺を中心に舐めさせていただきます。KTさんが逝かれる時のパターンがだんだんと分かってきましたので、クリトリスを中心に舐めるときには逝きそうな感触が得られると、少し強めに押して逝っていただけます。

だんだんと逝く深さも深くなっているようで、最後に逝っていただいたときは、逝っている時間も長いのですが、身体をよじったりの動きも今までにないくらいに激しくなっておられます。KTさんも、あまりに気持ちがよいので今日は乱れてしまいました、とおっしゃっていました。最後にしっかりと逝っていただけて、KTさんもちょっとぐったりというところで、クンニは終了になりました。

写真を撮らせていただいてから、駅の方までお送りしたのですが、舐めれば舐めるだけ気持ちよさそうに感じてくださっていましたので、明日は筋肉痛になりそう、とおっしゃていました。女性にもよりますが、逝きそうな感じになってくると自然と腹筋に力がはいったりして筋肉痛になる方は多いですね。でも、さすがにその理由まではお話はされないのでしょうね。
異常なくらいの猛暑日の連続でしたが、若干暑さも穏やかになってきましたね。朝外に出かけたときはかなり涼しかったのですが、昼になるとやはり暑くはなりましたけど。夏休みに入ってのんびりできていますが、MSさんとお会いしました。いつものように車で自宅の方まで来てくださいまして、リビングでしばしお話などをしていました。何度もお会いしているとなんだかんだといろいろお話をしてしまうのですが、程よいところでMSさんにシャワーを浴びていただきました。

黒いスリップを着て浴室から出てこられましたが、もう慣れたものですので、そのまま寝室へ入っていただいてしばしお待ちいただきます。夏になるとお待ちしている間に汗をかいてしまいますので、私のほうも軽くシャワーで汗を流して、寝室の方へ入っていきます。最初はMSさんと抱き合ってキスなどをして気持ちを高めていただきます。人それぞれですが、舐める前にこうして抱き合う方がいい方も結構いらっしゃいます。いきなり舐め始めるよりはこうしてスキンシップをとって徐々に高まる方が心の準備ができていいのでしょうね。

14391635570.jpeg

前回お会いしたときに今までよりもかなり感じておられたのですが、最初のころから考えてもお会いするたびにMSさんの身体の反応もどんどんと変わってきています。初めてお会いしたころはまだ身体が目覚めていなかったのだと思いますが、一度開花してしまって、急速に身体の感度が変わってきているのでしょうか。今日も最初は脚の付け根から徐々に小陰唇のひだの周辺まで舌を移動させていきます。待ちきれなくなってきたところで、小陰唇のひだに軽く唇をふれますが、それだけでMSさんは、アッ、と声をあげられます。抱き合っていたときにすでに感じておられたのか、すでにクリトリスも少しぷっくりと大きくなっていますし、愛液もひだの間に溢れてきています。

舌は平たくして下から上へとペロンと舐めるころには、多くくなって盛り上がったクリトリスがはっきりと分かるようになっていました。一度逝っていただくとそのあとはさらに深く感じていただけるので、今日は割と早くからクリトリスの上から舌を左右に動かして舐めさせていただきます。最初は包皮で覆われたままでクリトリスを舐めていますが、固く大きくなってくると、クリトリスの先がどうしても露出して舌に直接当たるようになってきます。舌が直接あたるたびにMSさんも声を大きくされるのですが、直接でも大丈夫だと分かっていますので、クリトリスが剥けてくるのに合わせて直接舌の刺激が伝わるようにします。

時折クリトリス中心の舐め方はお休みして、ペロンと小陰唇全体を舐めるようにもするのですが、舌を舐めあげてクリトリスに触れるところまで達するとそこでやはりMSさんの声が大きくなります。それで再びクリトリスだけを舐めるようにするとさらに快感が増しておられるようです。十分に感じてこられたところで、クリトリスを少し押すようにして強めに舐めていると、大きな声をあげて逝っていただけました。少し舐めるのを弱めにして、MSさんの呼吸がもとに戻るのを待って、再び普通に舐めさせていただきます。クリトリスの先はもう露出したままになっていますので、そこを軽く舌で刺激するだけで、かなり感じておられます。あまりそこばかりで痛くなってはいけないと思いながら、注意して舐めているのですが、気持ちいい、とおっしゃるのでだんだんと直接舐める頻度を増やしていきました。

何度か逝っていただいている間に、唇を押し付けてクリトリスが剥けてしまうようにして露出させて舐めても大丈夫そうだと分かってきました。逝っている間にはクリトリスがしぼむのですが、そうなっているときにさらに唇を押し付けて少しでもクリトリスをぷっくりと固くさせて舐めていくと、MSさんは私の頭を脚で強くはさんで何かに耐えるようにして感じておられました。その状態でも強めにぐいぐいと舌を押し付けていくと、さらに深く逝きつづけられるようです。何度か逝かれたところで、限界ということで、しばし休憩させていただきます。休憩のときもいつもよりぐったりと余韻に浸っておられる時間が長かったようです。

少し元気になられたところで、MSさんが私のものを触ってくださって気持ちよくさせてくださいます。私は乳首を触らせていただきていましたが、MSさんが感じてこられたので、再びクンニをさせていただきました。十分に感じておられるので、クリトリスに軽く触れるだけでも、ひゃ、と声をあげられます。またクリトリスが固くなってきたところで、刺激を続けていると、すぐに逝かれてしまいましたが、同じようにしぼんできたクリトリスを無理にむき出しにして舌先で刺激すると、先ほどと同じように脚を強く閉じて深く逝かれました。深く逝っていただいている間もこうして刺激を続けていると、何度かMSさんが、ダメダメ、とおっしゃってさらに深く逝っていただけれているのが分かります。後でLINEでMSさんが、今日は大いきしました、とおっしゃっていたのはこのことかなと思います。

14391635790.jpeg 14391635680.jpeg

再び限界になって休憩させていただきましたが、しばしMSさんはぐったりした感じでした。そのあといつものようにMSさんが私のものを触って元気になってきたところで、口でしてくださいました。かなり長い間口でしてくださった後に、上に乗ってこられて挿入をされます。なんだかいつもより激しく腰を使っておられたり、出し入れされたりしていて、一休みされるころには膣も強く締っていて、ギュッと握られているような感触です。挿入でもしっかりと楽しんでいただいたあとに、強い締りで押し出されてしまったところで、MSさんが私の上でしばしお休みされます。

終わったからリビングで一緒にケーキをいただいたのですが、その時もMSさんはかなりお疲れの様子でした。クンニでもかなり深く連続して逝っておられましたし、挿入の時も上になって激しく動いておたれたので、これまでになく体力をつかわれたのでしょうね。そういう時は甘いものがちょうどいいですね。

今日はこうして何度も逝っていただけたのですが、クリトリスを直接刺激しても大丈夫そうなので、次回から同じように何度も深く逝っていただけるように舐めてしまいそうです。女性の身体って快楽を得るのに限界がないみたいなので、お会いするたびにどんどんエスカレートしそうで怖いですね。
2015.08.07 夏休み
暑い毎日が続きますね。暑さも少し和らぐところで来週はようやく私も夏休みです。ほんとはじっくりとお休みをとりたいところなのですが、仕事の関係でそういうわけにもいかず、残念です。でも、気がついてみれば来月も5連休があったりして、まぁ、暑さに負けそうになったらしばらくはゆっくりできるサイクルになるのでそこはよかったかなと思います。

通常の週末ですとこれまでも暇にしているときもあるのですが、まとまった休みの時期には舐め犬のお誘いも増えるみたいで、来週もゆっくりと過ごしつつも舐め犬で楽しく女性の方と過ごすことができる休暇になりそうです。ただ、お誘いいただいてもすでにお約束が入っていたりして、皆様のご希望に添えないことがあるのが残念です。

いつも思うのですが、お誘いいただく女性の方はごく普通の方が多くて、普通の女性のかたでもクンニで気持ちよくなってすっきりしたいと、性欲が高まって来るものなのだと実感しています。先日お会いした方もムラムラが我慢できなくて、会社のトイレでオナニーをしてしまったそうで、なんだか昔のエロ週刊紙の記事みたいな話で、そういうことが現実にあるんだなぁとビックリすると共に、何故だかちょっと嬉しかったりしますね。

来週のお休みは今のところ継続してお会いしている方ばかりなので、私としてもリラックスしてお会いできます。はじめてお会いする方とのドキドキ感もいいですが、継続してお会いしているとお話ししたりするのも気があっていて楽しく過ごすことができます。舐める方はそれぞれの方の好みもわかっていますので、できるだけ自然に気持ちよくなっていただけるとよいのですけどね。

オナニーでどんな風に逝ったりするのかとかお話しすることも多いのですが、自分でするときは逝くことが目的みたいになっていて、割りと時間も短いみたいなのですが、クンニだと舌の刺激は指とかに比べると緩やかなので、じわじわといく感じがオナニーに比べていいところだと言われる方が多いです。それもあって私も昔に比べるとできるだけソフトに舐めながら最後には絶頂に至っていただきたいと思うようになって、軽めに舐めるようにしています。表現は悪いですが真綿で絞め殺す感じというのでしょうか、そんな風に気がついたら逝ってしまっていたというのが最近の理想です。

来週はお盆にも入りますから、私と同じように夏休みの方も多いと思いますが、暑さで疲れた身体を癒してみなさん楽しく過ごしてくださいね。
すこし久しぶりになってしまったのですが、SMさんとお会いしました。少しいつもより早い目においでになって、お昼のお弁当を買って一緒にいただくことにしました。久しぶりということもあって、リビングでの話も長くなりそうなので、それならばそのときにお昼を食べながらにしましょうということでした。それで、駅で待ち合わせをして、リビングまでごあんないしたのですが、SMさんは時々面白いものを買ってきてくださって、今日も面白いものみつけたからと飲み物を買ってきてくださいました。「お嬢様聖水」というものです。インパクトが強すぎるようにも思いますが、聖水と言われてあれを思い浮かべる人はすでに心が汚れているのでしょうかね。でも、お嬢様とついているとそれ以外には思いつかない気がするのですが、、、まぁ、とりあえず、冷蔵庫へしまって最後にいただくことにしました。

14385079640.jpeg

やはりあれやこれやといろいろお話をして時間も過ぎていきましたが、ご飯も食べ終わってそろそろということでシャワーを浴びていただきました。今日はブルーのスリップを着て出てこられて、私がシャワーをする間、リビングの方で待っていてくださいました。一緒に寝室へ移動して、ベッドに横になります。かなり時間も空きましたので、まずはいつものように抱き合って、少し気分を落ち着けていただきます。久しぶりすぎて貪ってはいけないと、前日にオナニーをしてちょっと身体を落ち着けてきたとのことなのですが、抱き合いながら軽く乳首の上を触るだけで、感じてしまってあまりオナニーをした意味はなさそうです。一息ついたところで、足元のほうへ移動して太ももから舐めさせていただきます。

私が太ももを舐めているときも、SMさんはまだお話をされていたのですが、それが一段落したところでパンティをとらせていただいて、じっくりと小陰唇のひだの方へ舌を近づけていきます。いつも逝ってしまわれた後は際限なく逝かれてしまうので、今日も最初は本当に軽く舌を触れさせるくらいで、小陰唇のひだの両側あたりを舐めあげていきます。それでも、かなり感じられて、ときどき脚を閉じるようにされます。ひだ全体を舌で覆うようにして、ゆっくりと左右に動かしたりしていると、SMさんが声をだしながら快感に耐えておられます。SMさんもいつもすぐに逝ってしまってはもったいないとおっしゃっているので、ソフトに舐め続けるのですが、だんだんと我慢しているときの声も大きくなってきて、手で小陰唇の上の方を抑えてひだを広げるようにされたので、もうそろそろ我慢も限界に達したかなと考えて、しっかりと舌でクリトリスを押すようにして逝っていただきました。

逝かれた後はもちろんまた軽く舐めるのですが、一度逝ってしまわれると、SMさんとしては逝きそうになるのを我慢することになりますので、私もすぐには逝かないようにできるだけソフトに舐めていきます。それでもやはり我慢しきれなくなってきますので、そうなるとぐっと力を入れてしっかりと逝っていただくようにしています。今日も最初はクリトリスは直接は刺激していなかったのですが、何度か逝かれたあとにはクリトリスを直接舐めて、逝かれる時の深さをどんどんと深くなるようにしていきます。SMさんも呼吸がどんどん激しくなって、逝かれたあとは少し脱力気味にぐったりをされています。

いつものように限界に達したところで一休みとさせていただきました。抱き合いながらSMさんには余韻を楽しんでいただきますが、私がちょっと乳首を触っただけでも、逝きそうになるくらいに感じておられます。少し身体の方も落ち着かれたところで、SMさんが私のものを触ってこられて、続いて口で元気にしてくださって、挿入となりました。何度も逝かれて膣もしまっておられるので、やはり最初はなかなかきつくて入りづらい感じです。しっかりと挿入された後はいつもより激しい感じで腰を使われて、女性上位で好きなように挿入を楽しんでおられます。ひとしきり楽しんでいただいた後は、腰を動かさずにじっとしながら挿入の感触を楽しんでおられました。入れているだけで気持ちがよいそうで、なかなか抜くタイミングが見つからないのですが、意を決して腰を浮かせて抜かれました。

そのあと再び口で元気にしてくださって、今度は横向きになってのバックで挿入をさせていただきました。バックでの挿入はかなり久しぶりとのことですが、女性上位ではSMさんが好きにタイミングを調整しながら快感をコントロールできるのですが、バックではそういうわけにもいかず、最後には挿入で逝ってしまわれたようです。それからはしばらくお互いに休憩をして、いろいろお話などをしていました。そうこうするうちに、SMさんの身体も落ち着いてこられましたので、最後にもう少しということでクンニを再開させていただきました。最後ですので、遠慮せずにちょっと強めにクリトリスを刺激させていただきます。逝っておられる時にしぼんでいるクリトリスを無理やり刺激するとかなり感じされるようで、唸るような声を出しながら逝ってしまわれます。いよいよ逝く切れ目がなくなりそうになって、限界ということで終了させていただきました。

14385079390.jpeg 14385079520.jpeg

とりあえず、シャワーを浴びていただいたのですが、シャワーへ逝くまでにかなりふらふらされていたので、その時は写真を撮らせていただくのも忘れてしまっていました。シャワーから戻られていよいよ「お嬢様聖水」をいただきましたが、味は普通にオロナミンCとかRedBullとかのビタミン系の飲み物と同じような感じです。ということは、色は黄色いのではないかということで、SMさんとそれはまずいよねとお話していました。そのあとリビングで忘れていた写真を撮らせていただいたのですが、リビングで外の光の中で写真をとると一段ときれいにとれますね。

そのあとはお土産に買ってきてくださった餡蜜をいただきました。甘いものはやはりおいしいですね。
夏も盛りになったころにMFさんからメールをいただきました。30代半ばの奥さまですが、ブログをご覧になって自分も長時間クンニをされたらどうなってしまうのだろうと興味を持たれたとのことです。それから何度かメールのやり取りをして、今日お会いするお約束をしていました。最初はやはりいろいろ不安などあり、お会いする場所もラブホがいいか自宅がいいかなどお話をしましたが、最終的には自宅でお会いすることになりました。改札口で待ち合わせをしましたが、プロフィールにも書かれていたのですが、小柄な女性の方でした。最初はおとなしそうな方なのかなと思いましたが、お話もいろいろしてくださるので、リラックスしてお会いすることができました。

自宅の方へご案内して、涼しくなった部屋でしばらくお話をしました。旦那様とはここ数年レス状態で、MFさんとしては、どんどん性欲が高まっているので、身体を持て余しているとのことで、外で相手を見つけたいと思っていた時に舐め犬のことを知ったそうです。やはり女性は30代に入ると性欲が強くなっていくものなのですね。それからシャワーと浴びていただきました。事前に何か着るものを持って来られたらいいですよ、とメールでお話していたので、楽になれる部屋着をもってこられてそれに着替えられました。私も暑くて汗をかきましたので、軽く汗を流してから歯を磨いて、寝室の方へ入っていきました。ベッドの上にちょこんと座ってMFさんは待っていてくださいました。

DSC_0146_convert_20150802014718.jpg

ベッドの上で横になっていただいて、私は太もものあたりを触らせていただきながら、少し落ち着くのを待ってから、足元の方へ移動して、太ももを舐めさせていただきました。パンティの際のあたりまで舐めていくと、すでに少し声あげながら腰をくねらすようにされています。それでパンティをとっていただこうとして、クンニを始める前にキスをしたりするというのをメールでお約束していたのを忘れていたものですから、MFさんから指摘されて、改めて横に並んで抱き合いながらキスをさせていただきました。キスをしたり、胸を触らせていただいているうちに、脚を絡めながらMFさんは呼吸も荒くなってきて、これだけでかなり感じておられるようです。あとでお話を聞いたところでは、このところオナニーの回数も増えて、ムラムラするのをどうしようかと思うほどに、性欲が高まっていたとのことですので、久しぶりのスキンシップだけでも感じてこられたのだろうと思いました。

再び足元の方へ移動するとパンティをとらせていただいて、脚の根元あたりから小陰唇のひだの方へと徐々に舐めていきます。小陰唇のひだの上に舌を触れさせると、声も大きくなり、脚をギュッと閉じたりされて、感じ方も激しくなりました。ひだの両側に沿って舌を上下させたり、膣の入り口のあたりを舐めたりして、クリトリスの周辺はできるだけ避けるようにして、徐々に気持ちよくなっていただきます。膣の入り口あたりを舐めるだけでも、ヒクヒクとされているのが分かります。そしていよいよクリトリスの上を舌で覆うようにして舐め始めたところ、再びギュッと脚を閉じて私の頭を挟むようにして、感じてこられます。呼吸もかなり激しくなっておられたので、大丈夫かなと思いながらも、舐め続けていると、脚をギュッと閉じて力んでいたのが一度ふわっと緩んで、再び力んでを繰り返すようになってきました。愛液もたくさん溢れていて、すごく感じやすい方だというのがわかります。

あまり早く逝っていただくのももったいないので、ゆっくりと舐めるようにしていましたが、それでもすぐにヒクヒクとなってこられて、最後に少し強めにクリトリスの上あたりを押すようにすると、逝きそう、とおっしゃって今まで以上に脚をギュッと閉じて私の頭を挟み込むようにして逝ってしまわれました。そのまま少し軽めにして舐め続けていましたが、一度逝かれたところで、ちょっと休憩ということで横になってくっつきながら余韻を感じていただきます。それから、触ってもいいですか、とMFさんが私のものを触って気持ちよくさせてくださって、舐めてもいいですか、と舐めていただくことになりました。メールでも舐められるのも好きだけど、舐めるのも好きなので舐めたいとおっしゃっていたのですが、いざ舐めていただくと、すごく上手に舐めながら、気持ちよいところを手で触ったりもされるので、このままでは逝ってしまいそうと思って、あぶなくなったところで交代していただいて、クンニを再開しました。

一度逝かれて敏感になったクリトリスはぷっくりとしたままで、先端のほうが露出してきています。軽くですが直接クリトリスを舐めてみたところ大丈夫そうでしたので、時折クリトリスの先端を刺激したりしながら、舐めさせていただきます。相変わらず、すぐに感じてこられてギュッと脚を閉じて力んでおられたり少し脱力されたりを繰り返すながら感じておられます。休憩のときにも、こんなに力がはいったら明日腹筋が痛くなるでしょうねとお話をしていました。それからしばらくしてもう一度逝っていただけました。そのあとは続けて舐めさせていただいて、徐々に様子を見ながらクリトリスへの直接の刺激の強さを増していったのですが、MFさんはクリトリスを強く舐めても大丈夫のようで、かえってそうしている方が、気持ちいい、とおっしゃっていましたので、強めがお好きのようです。

DSC_0145_convert_20150802014826.jpg DSC_0144_convert_20150802014751.jpg

次に逝かれるまではしばらく時間がありましたが、強めに舌先でクリトリスを押し付けるようにしながら、しっかりと逝っていただきました。オナニーでは2回までは続けてしたことはあるけれども、それ以上は初めてのことだそうです。少しお休みしたいとのことで、休憩させていただいて、横に並んで抱き合ったりしていました。それから、MFさんが再び舐めたいとおっしゃるので、口でしていただいて、十分に元気になったところで、入れてみたい、とおっしゃるので挿入もしていただくことにしました。MFさんが上になったのですが、上に乗るのは久しぶり、と楽しそうにおっしゃっています。何度か逝かれたあとなので、膣の締め付けがとてもきつくて、手でギュッと力をいれて握られているような感触です。

気持ちいい、とおっしゃいながら上で腰を使っておられたのですが、少し動きを止めて私に身体を預けて休んでおられる時も膣がびゅっとしまったり少し緩んだりを繰り返しています。手を伸ばしてアナルのあたりを指で触ると、締め付けが一段と強くなって、びっくりするほどでした。しゃがむような体勢になってみたり、身体を起こして腰をぐいぐいと動かしたり、再び動かれたあとで、また身体を預けてじっとしながらキスしたりしているところで、いつものことですが、膣の締め付けに負けて押し出されてしまって挿入のほうは終了しました。それにしてもこんなに膣が強く締る方は初めてかも知れません。

最初はブログはどうしようかなと考えておられたのですが、書いてもOKということで、こしうして書かせていただいています。写真も大きくならないようにということで、撮らせていただきました。シャワーを浴びていただいた後に持ってきていただいたケーキをいただきました。最近はダイエットのために自分では甘いものを買わないようにしているのですが、こうして舐め犬の時にいただくのはとてもおいしいですね。食べながらいろいろお話も楽しくさせていただいて、ゆっくりと過ごすことができたので、自宅でお会いしてよかったようです。後でメールで何度も逝けてすっきりしましたと言っていただけたので、また性欲が高まったきたときにはすっきりしに来ていただけると嬉しいですね。