FC2ブログ
DoctorX風にタイトル書いてみましたが、先日掲示板に私が書いたようにしたメッセージが出ていまして、何件かメールをいただきました(舐め犬クンニ掲示板のメッセージ)。このような書き込みがあったことはメールで知らせてくださる方がいらっしゃって、投稿直後に知っていて、とりあえずそのままにしておいたのですが、これを見て舐め犬希望のメールをくださる方がいましたので、一応私ではないということをお知らせしておきたいと思います。

最近はブログのほうからメールをいただくことが多くなりましたので、掲示板のようなものはほとんど使ってはいませんが、今もメッセージを掲載しているのは、舐め犬ネット、くらいです。検索すると、ワクワクとか、バター犬さんのSNSとかの昔のメッセージも出来ますが、一応IDの登録を行ってから書き込むところばかりで、今回のような誰でもその場で書き込める掲示板にはメッセージを書いていませんので、お間違えのないようによろしくお願いいたします。このメッセージへのレスにも私のことを擁護してくださる書き込みもあり、大変恐縮しつつ嬉しく思っていますが、それに対してもまた私が書いたかのようにお礼のレスを付けたりしていて、面白いですね。

経緯は簡単で先頭の記事の最近のコメントのあたりを読んでいただければ、分かると思いますが、私とのやり取りが気に食わなかったのでしょうね。ネットが殺伐とするのは、まだ一般の方がインターネットを使いだす前の、大学や研究機関だけがアクセスできた時代から変わらずあるわけですが、どうもネットでは他人を敵か味方かのどちらかに分類して対応する人が一定数いるようですね。だから、味方でなければ即敵だと思うのでしょうか。ほとんどの人は、味方でなければ、単に無関心なだけですよね。私にしても、好意をもって接してくださる一部の方はいらっしゃいますが、ほとんどの方は、舐め犬?なにそれ?、ってことになっていると思います。

気に食わない舐め犬さんにダメージを与えるために、ネットで女性のふりをして悪口を書きましょう、なんて誘いに乗った時点で人間としてアウトですから、ふつうそんな誘いに乗るわけないですよね。気に食わないのも単にその舐め犬さんがたくさんの女性の方と会っているのが羨ましいだけにしか聞こえません。たくさんの女性と会っているということは、その人なりにブログを読みやすくしたり、それなりの努力をした結果であって、その人に会う女性の方が減ったとしても、自分が出会える女性が増えるわけでもないですし、気に食わない相手がダメージを受ければそれで満足というネットによくあるパターンですね。

まぁ、そういう人も自分が気にった女性に巡り会えれば紳士的な舐め犬として接するつもりなのでしょうけど、そういう性根のところは往々にして会話の端々から露見してしまうものですから、気を付けた方がいいですよ。うまく露見しなければ、その女性にとってはいい舐め犬さんということになりますから、それでいいとも言えますけど。
今朝は雪がまた積もるとかいう予報だったのですが、そういうこともなくてよかったですね。いろいろ忙しくてしばしブログを更新していませんでしたがやはり寒いですね。先週も実は新しくお二人の方とお会いしていたのですが、ちょっと時間がなくてブログに書けなかったのと、まあブログに書いてもいいかな、とちょっと迷い気味にされていたので今回は書かないことにさせていただきました。次回また新たな展開があれば書かせていただこうかなと思っています。

twitterの方でちょっとつぶやいたのですが、出張中にホテルで顔を虫にかまれて大変なことになっていて、テンション下がりっぱなしです。眉の少し下を噛まれてかゆいなと思ったのもつかの間、あっという間に腫れてきて、お岩さんのごとく片目がぼっこりとなってしまいました。昨日出張から戻ってきた時にはほぼ腫れも引いてまともな顔になっていたのですが、ホテルなのにこういうことでは困りますよね。昨年もほっぺたを噛まれてこの時もかなり長い間腫れていました。

それで今週なのですが、なぜだか仕事が途切れたので今週は平日をお休みをしようかとおもったりしていて、平日の昼間しかお会いできない方がいらっしゃったらどうかなと思っています。今週はたまたまそうなりましたけど、通常は無理なので、継続して平日の昼間にお会いすることは難しいのですが、ちょっと試してみたいなという方がいらっしゃいましたら当日でも気が向いたら連絡お待ちしていますね。

一昨日あたりから続き物の夢を見ていて、私が癌で手術をしなくちゃいけなくなっています。昨日はとうとう病院まできて、手術の準備で待たされている状態でした。なぜだか手術を待っている人がたくさん病院に入院しています。でも、みんな大広間みたいなところに雑魚寝しているんです。順番の回ってきた人は手術ができるかどうか、体温計と何かの機械を装着されます。その機械で手術可能かどうかを判定しているのですが、手術を受けるためにはもう一つ条件があって、大便が出たかどうかが重要なポイントなのだそうです。私はそれを知らずに機会を付ける前にトイレにいって大便をしてしまったので、しばらく出そうにありません。しかたないので、機械を装着したままぶらぶらして過ごすのですが、手術の終わった人がなぜかマッサージを受けていて、脂肪を絞り出すようにぐりぐりと身体をつままれていて、みなさん悲鳴のような声をあげて苦しんでいます。装着している機械で判定しているのは、そのマッサージに身体が耐えられるかを判定しているのだそうです。手術がOKになってもあんなに苦しむのならちょっと嫌だなと思ってみていたのですが、母親がやってきて手術できるらしいからと言います。でも、まだ大便は出ていないと言ったのですが、小便でいいことにしてもらったんだからさっさと準備しなさいと言います。だんだそれは?、と思いながら手術の準備をしているところで、目が覚めました。でも、まだ癌で手術をしないといけないという意識はあって、ああ変な夢を見たな、あんな手術を受けなくてよくなって安心した、と思っていましたが、もちろん私が癌で手術をしなければならないという事実はなく、ここもまだ夢の中ということが、ほんとに目が覚めてからわかりました。

今回もなかなか面白い夢をみたものです。なんかこういう不条理なのは印象に残りますね。

新年を迎えて仕事のほうも普通に始まってこれまでの寒さにも慣れてきたかなと思ったところで今度は雪が大量に降るみたいなことを言っていますが、そろそろ本当に降りだしてきたみたいなので明日の朝は積もってしまうのでしょうか。今週はせっかく都内にいることの多い週なのに雪が積もってしまってはお会いするのも難しくなりそうで残念なことです。積もってもすぐに溶けてなくなればよいのですが。

そう言いながら別にお約束が入っているわけではないのですが、隔週で都内にいるということでたまに平日の夜のお誘いも入ってきたりしていましたので、余計な心配をしてしまいました。

新年を迎えるとブログに載せているリンク元ランキングを毎年リセットしているので、このところの更新状態を見るのがちょっと楽しみです。Googleがhttpとhttpsで分かれてしまうので、なんとかならないものかと思うのですが、途中で設定をいじると消えてしまったりするので、そのままにしてあります。以前はYahooの方が多かったのですが、このところは合計するとGoogleからの検索の方が多くなっていますね。アンドロイドのスマホだとGoogleでの検索が標準になるから、その影響でしょうか。

あと、年末に「女性専用性感マッサージ」のサイトから相互リンクをお願いされたのでリンクを張っていただいたのですが、ここはいわゆるプロの性感マッサージのリンクですが、素人の私もリンクを載せていただいて、ちょっとだけですがここからのアクセスもあるみたいで、どれくらいこれから増えていくのかちょっと興味を持ってみています。こうしてリスト化されてみると女性用の性感マッサージも結構たくさんあるのですね。
三連休の最後ですが、OKさんとお会いしました。このところ月に1回くらいのペースでお会いしているので、脚の間に挟んでいただくのもすっかりなじんだ感じがします。いつもはラブホでお会いしているのですが、久しぶりに自宅のほうでお会いすることになり、用賀の駅で待ち合わせをしました。以前に一度自宅でお会いしたのですが、かなり前のことになります。途中で飲み物を買って自宅の方へ来ていただくと、リビングでしばしお話をしました。

昨年4Kテレビに買い替えたのですが、4Kってどんな感じ?、ということで4Kで録画してあった熊川哲也のバレエの番組をご覧いただくことにしました。ちょうどこの公演を観たかったとのことで、これを見ながら舐めてもらえる?、ということになって、久しぶりにリビングのソファーで舐めさせていただくことになりました。そうと決まったらOKさんはシャワーを浴びることにして、バスタオルを巻いてでてこられました。念のためソファーに別のバスタオルをひいてその上に座っていただきます。私もソファーでのクンニはしばらくしていなかったので、床に座ってOKさんのパンティをはいていない脚の間に顔をうずめるのはベッドの寝ころんで脚の間に入るよりもちょっといやらしい感じがして興奮するものですね。家のリビングはカーテンをしてもそんなに暗くはならないので、OKさんも最初はちょっと恥ずかしそうにされていましたが、舐め始めるとそういうこともなくなってきたいみたいです。

今日お会いするのが決まっていたのですが、OKさんは朝から我慢できなくて一度オナニーをされてきたそうです。それでも、舐め始めると小陰唇のひだの間には愛液がたっぷりと溜まっていて、舌で掬い取って舐めがいがあります。愛液を全体に絡めながらひだのあたりをまずはゆっくりと上下に舐めていきます。感じてこられるとひだも充血してきてぷっくりと厚みを持ってくるのですが、それを舌で左右に動かしたりします。時々は口の中に全体を吸い込むようにして舐めるとOKさんも気持ちがよいみたいです。だんだんとクリトリスも固くなってきて、太もものあたりも熱くなってきましたので、そろそろOKさんも逝ってしまわれるかなとちょっと強めに包皮でくるんだクリトリスを押すようにしてみますが、もうちょっとタイミングが合わないみたいでなかなか最後までは逝けない状態が続きます。

14525232140.jpeg

あまり強くなるのもどうかなと思いつつ、強めにしたり弱めにしたり、強弱を付けながら舐めていましたが、最後はぐいぐいぐいと舌を押し付けるようにするとともに、OKさんも、あ~、と言いながら逝っていただけました。逝っている間に身体も微妙にピクピクと震えるようになって、かなり深く逝っていただけたようです。そのあと、エッチなビデオはないの?、ということでサーバーに保存してあるビデオをテレビでそのまま見れるので、それをちょっと見ていただきました。OKさんはラブホではだいたいAVを見ながら逝くときにはいいシーンを見ながらということが多いので、やはりビデオがあったほうがよいみたいです。

同じビデオなら寝室のテレビでも見られますよ、ということで、今度は寝室の方へ移動して、ビデオをご覧いただきながら舐めさせていただくことにします。保存してあるビデオはほとんど無修正で、OKさんも無修正のはあまりご覧になったことがないので、ちょっと興味を持たれたようです。ビデオをご覧いただきながらゆっくりと舐め始めました。1回目はソファーで口の当たる角度がちょっといい感じではなかったのですが、ベッドのでだとちょうどいい具合に口がクリトリスのあたりに当たるようになりました。クリトリス周辺は一度逝ってしまったので、かなり敏感になっていて、あまり強くするとOKさんの手が伸びてきて、ちょっと休憩となってしまいますので、できるだけ軽く舐めるようにします。

OKさんの方も好みのビデオを探しながら、逝けそうなシーンでは脚にも力がはいってきますので、私も少し強めにクリトリスを包み込むようにしながら舐めていきます。途中で休憩なども交えて、その間はOKさんを後ろから抱きかかえるようにして、胸のあたりを触らせていただいたりしました。暖かい部屋でこうして抱き合いながら少しだけ汗ばんだ身体を寄せ合っているのは気持ちよくて癒されます。そのあと、胸を舐めて欲しいとおっしゃるので、胸をしっかりと舐めさせていただきましたが、そのまま下のほうへするすると降りて行って、クンニを再開しました。

軽く舐めるだけですでにかなり感じておられるのですが、それにもまして愛液が下へ垂れるくらいにたっぷりと溜まっています。それまでちょっと強めに長く舐めてしまったので、クリトリスの周辺では軽く舐めていきます。それでも、クリトリスの気持ちいい部分いい部分い軽く舌が触れているだけでも気持ちがよいみたいです。逝きそうになられた時もそんなに強くせずに、舌は離さないようにして、舐めていましたが、今日は身体を震わせるようにして、逝ってしまわれました。そのあとも一休みしてから舐めさせていただきましたが、逝っていただくという感じよりは軽く舐めているうちに身体が震えてきてそのまま限界に達したという感じでした。

クンニが終わってシャワーを浴びてから、一緒に買って来てくださったケーキを一緒にいただきました。最後のほうは逝っていただくために舐めているというよりは、軽く舌が触れているだけでも気持ちよさそうにされているので、舌の柔らかくて暖かい感触をゆっくりと味わっていただいた感じでした。OKさんはお付き合いは長いですが、そんなに何度も逝くという体質ではないので、こんな感じで何度か逝っていただいた後はまったりと舌の感触を楽しんでいただくのもいいかもしれないです。
お正月も終わって完全に通常モードですが、CHさんとお会いしました。年明けか今日かということで連絡をいただいたのですが、年明けは仕事が終わるかどうかという感じでしたので、休日のほうがゆっくりお会いできるということになりました。お近くなので直接家まできてくださいますので、私のほうは自宅で洗濯などしながらお待ちしていました。天気もよかったので自転車で来られたみたいです。リビングでちょっとお話をしてシャワーを浴びていただきました。CHさんはいつもだいたい黒の下着ですが、今回も黒の下着で出てこられて、布団乾燥機でちょっと熱いくらいになった布団の中に入って待っておられました。

私もベッドの横に入って、太ももを触りながら、掛布団を落として下のほうへ移動します。ベッドのマットもぬくぬくになっていて、腹這いになってCHさんの脚の間に入らせていただくとお腹が暖かくて気持ちよいです。太もものところから舐めさせていただいて、パンティの際間を軽く舐めていきます。CHさんからちょっとだけ声も漏れたりします。パンティをとらせていただくと、脚の付け根のところから小陰唇のひだの間を軽く舌を触れる程度にして、上下に舐めていきます。小陰唇のひだに軽く舌を触れてみると、愛液がひだの間に溜まっているのがわかります。CHさんも少しトーンの高い声を出し始めました。

DSC_0394_convert_20160111084241.jpg

ひだの両側へ舌を差し込むようにしてひだが伸びてくると舌を平たくしてじっくりと下から上へと舐めていきます。感度も上がってきてひだのほうも少しふっくらとしてきたところで、ひだ全体を覆うようにして上下に舐めていきます。時折、ひだを吸い込むようにしてみますが、やっぱりひだを吸い込むのは気持ちよいみたいですね。できるだけ舌を平たくして密着させながら少しずつ動かして舐めていきますが、愛液が舐めとったあとも少しずつ出てくるのが味わいで分かります。こうしてできるだけソフトにして舐めながら逝くときにはしっかりと逝っていただきたいと思っていたのですが、ゆっくりと舌を動かして、クリトリスもまだしっかりとは固くなっていない状態で、CHさんが脚を閉じ気味にして腰を浮かすようにされたと思ったらヒクヒクヒクとなって、逝ってしまわれました。私もあまりに急に逝かれてしまったので、対応不足で、しっかりとクリトリスを押すようにできなくて、普通に逝ってしまわれました。

CHさんもそんなに何度も逝けるわけではないので、じっくりと高めてから大きく逝きたかったそうなのですが、急に逝きそうになってそのまま逝かれてしまったそうです。逝かれたあとも続けて舐めさせていただいていて、CHさんが指も入れて欲しいとおっしゃるので、人差し指を挿入しながらクリトリスを中心に舐めていきました。逝かれた後ではありますが、膣も締ってきて指がだんだんと強めに包まれていくので、CHさんが再び気持ちよくなって来られたのは分かりますが、逝くところまでは達しないまま、ちょっと休憩することになりました。CHさんも逝ったあとだから連続しては無理かなと思って、指も入れてもらったけど、やっぱり時間がかかるみたいとおっしゃっていました。

しばらくお話をしてから、再びクンニを始めさせていただきました。再びソフトなクンニから始めさせていただきます。クリトリスはすでにしっかりと形が分かるくらいになっていますので、しばらくは膣の入り口あたりを舐めさせていただきますが、入り口のあたりに舌を当てるようにしてゆっくりとうごかしていると、新たに愛液が少しずつ溢れてくるのがわかります。CHさんもこのあたりを舐めていると声を漏らして気持ちよさそうにされています。だんだんと感じてこられると、膣の入り口が狭くなって膣も締ってきているのがわかります。膣の入り口をゆっくりと舐めたあとに、クリトリスへと戻るとCHさんの声のトーンも少しかわります。クリトリス全体を包み込むようにして軽く動かしていると、CHさんの太もものあたりが熱くなってきたのがわかります。そのまま続けていると、逝きそうになってこられたので、CHさんが腰を浮かすのに合わせて、舌をクリトリスに押し付けるようにして、今度はしっかりと逝っていただけました。

同じようにして続けて舐めていると、再び逝っていただけそうになって、CHさんも腰を上げて脚を閉じ気味にされたので、クリトリスから舌を離さないようにしていましたが、逝っている途中でCHさんが脚が釣りそうになって、中断することになりました。CHさんは逝きそうになて力んだときに脚が釣りそうになることが多いので要注意ですね。そのあとはベッドで横に並んで脚を絡めたりしながら少し長めに休憩させていただきました。舐めているのも好きですが、こうして休憩しているときに身体を寄せ合ってまったりと時間を過ごすのも気持ちよくて好きです。もう一度クンニを始めようかなというところで、CHさんが胸も舐めて欲しいとおっしゃるので、CHさんの背中に手をまわしながら乳首をゆっくりと舐めさせていただきます。もう片方の乳首に移るときにちょっと起き上がって膝をCHさんの股間に押し当てるようにしながら、乳首を口に含ませていただきました。

DSC_0395_convert_20160111084226.jpg DSC_0396_convert_20160111084212.jpg

そのあと、するするっと下の方へ移動して、そのままクンニを再開させていただきました。乳首をしっかりと舐めさせていただいた後だからでしょうか、クリトリスの周辺を舐めているときにすでにCHさんの声も漏れてきて、感じておられるのがわかります。また最初は軽く舐めていると、そんなに長くは舐めていなのですが、いままでよりもずっと短い時間で逝ってしまわれました。やはり、何度か逝ったあとは、感度が高まっているので、徐々に逝くまでの時間が短くなるみたいですね。(これは男性とは逆ですね)。ソフトな舐め方に戻してクンニはそのまま続けていましたが、またすぐに逝かれましたので、今度は逝かれている間に少し強めに唇を押し付けて舐めさせていただきました。逝っている間に、少しクリトリスもしぼんだところで、唇を押し付けるとまたぷくっとしてきますので、そこを舐めるのですが、完全に逝ききってしまうとクリトリスも完全にしぼんでしまうのです。

もう最後なのでクリトリスに直接舌を当ててなめていたのですが、CHさんの声も今まで以上に大きくなっていましたが、さすがに直接だったので刺激が強すぎで途中でストップがかかりました。CHさんも最後はびりびりとしてきたとおっしゃっていましたが、こうして逝ったところでさらに舐めると気持ちよさの質がちょっと違うそうです。一旦逝ってしまったあとに、再び波が来るという感じらしいです。そこで直接クリトリスを舐めるときは人によっては刺激が強すぎることになるので、注意しないとですね。

クンニを終えてから、リビングで買ってきていただいたエクレアをいただきました。CHさんは前回もそうでしたが、ドリップコーヒーも持参してくださって、コーヒーでいただきました。以前のブログで、モンカフェというのを、モンプチと私が書いてしまっていたそうで、あれでは、猫の餌です、と言われてしまいました。まぁ、そういう間違いもありますよね。クンニを終えて、二人で猫の餌を味見している図もなかなかシュールですけど。
女性のオナニーグッズとかたまに見たりしているのですが、振動が中心ですが最近吸引機能の付いたものが少しでているみたいですね。最初に見たのは、Womanizerというものですが、クリトリスに吸い付くようになっていて、吸い付いたり離したりが繰り返されて刺激を与えるそうです。ホームページにビデオもありましすが、オフィスでいらいらしている女性がいて、need a break? とテロップが出た後にすっきりして戻ってくるものです。動作音も静かなのでちょっとオフィスでトイレにいくふりをしてすっきりしてこれますよということなんでしょうね。(Amazonで売ってますね)。

61EKkt.jpg

それから今CES 2016で展示されているという、Fieraです。こちらはオナニーグッズではなくて、女性がその気になれないときにこれを使って性感を高めるとよいというものらしいです。こちらはクリトリスだけというよりはそのあたり全体をじんわりと覆って吸引して血流とかを高めるので、多分Womanizerよりもソフトなものなのでしょうね。(こちらはまだUSでしか買えないそうです)。

030.jpg

クンニをしていてもたまに吸い付くようにしたりしますが、小陰唇のひだをするするっと吸い込んだり出したりすると気持ちよさそうにされる女性は多いですね。吸い込まれるって感触はなかなか指とかローターでは得られない感触なのでいいのでしょうか。

クリトリスは吸引するというよりは、私の場合は逝きそうになられたときに、唇をクリトリス周辺に押し当てるようにして、固くなったクリトリスをより充血させて固くなるようにして、しっかりと逝っていただくようにしています。たまに、吸い込むようにもしますけど、それだけを繰り返すことはこれまでにあまりありませんでした。Womanizerの広告のところに、touchless stimulationとか、multiple orgasumsとか書いてあるので、ローターのようにクリトリスに直接振動を与えて刺激しないので、痛くなったりしないし、それだから1回だけでなく、2回、3回とオナニーする気になるというのでしょうね。

ちょっと今年はクンニでも吸引を取り入れてどんなものか試してみたいです。それにWomanizerを使ったらどれくらい気持ちがいいものか女性の方に試していただきたいものです。舐め犬としては、なかなか最近の高性能なおもちゃにはついていけないところもありますが、クンニの良さはやはり舌の暖かさだと多くの女性の方もおっしゃっているので、おもちゃに負けないように頑張りたいですね。
今日は仕事帰りにMAさんとお会いしてきました。しばらくお会いしていないなぁと思ったら最後にお会いしたのは去年の夏だったのですね。平日が都合がよいとのことだったのですが、仕事始めでちょっと急ぎの仕事があったのでどうかなと思い、4日の夜に改めて連絡させていただくことにしていたのですが、まずまず仕事の方はうまく進んだので、お会いすることができました。このところ暖かいので外で待ち合わせをしていましたが、涼しくて気持ちがいいくらいでした。仕事帰りということでMAさんが軽い食事も買ってきてくださって、いつもいくラブホの方へと入りました。ここは部屋も割と広いし新しい感じなので気持ちいいです。

久しぶりにお会いしますし、食事をいただきながらいろいろとお話をしていましたが、食べ終わるころにMAさんが先にシャワーを浴びてこられて、いつもの舐め犬用の赤いスリップを着て出てこられました。交代で私のほうがシャワーを浴びて出てきましたが、エアコンで部屋はポカポカです。一緒にベッドの方へ入って、掛布団を落とすとMAさんの足元の方へと移動して、今年最初のクンニを始めさせていただきました。MAさんはパンティは脱いでおられて、舐め犬のほうももう慣れておられるので、最初から大きく脚を開いて私の舌を待っておられます。

14520022040.jpeg 14520022420.jpeg

太ももの内側を軽く舐めた後にすぐに脚の付け根あたりへ移動してそこからはゆっくりと小陰唇のひだの際まで舐めてきます。舌を平たくしてひだのぎりぎりのところを下から上へとまったりと舐めていくと、MAさんも声を少し出しながら感じておられます。夏にお会いしたころはまだここまでゆっくりと舐めてはいなかったので、なかなかひだに舌がとどかないもどかしさを感じていただけたかも知れません。いよいよひだのところに舌を触れて、ひだの両側に沿って舌の先の方で上下に舐めていきます。やはり、クリトリスの脇あたりを舌が通るときにはMAさんの声も少し大きめになります。そして、十分にじれてきたところでひだの上に舌を触れさせながらひだの先を舐めていきます。この時がいつも一番女性の方の反応が大きくなるところですね。

小陰唇のひだまで舌がたどり着いたらあとは出来るだけゆっくりと舐めていきます。やはり舌を平たくして舌が触れる面積を広くした方が気持ちよさをより感じていただけるようです。じっくりと時間をかけて舐めているうちに、クリトリスも包皮の下でしっかりとした形を現し始めます。クリトリスの上あたりを舐めるときにも舌を平たくして、全体を包み込むようにして舐めていきます。少しだけ舌を押し付けるようにして舐めてみますが、舌はできるだけ力を抜いて、ぬめぬめと絡みつくようにしてクリトリスを包んでいると、クリトリスもより固くなってきます。MAさんも感じてこられて少し私の口にクリトリスを押し付けるようにされますが、すぐには強くは舐めずに最初に逝っていただくまでは舌もソフトにしたままクリトリスへ絡めていきます。

ときおりひだの間にも舌を差し入れるようにしますが、すぐにクリトリスのところへ戻ってきて舐めていると、MAさんの声も大きくなってきます。そろそろかなと思っていると、MAさんの方から腰を持ち上げて私の口にクリトリスを強く押し付けて来られたので、それと同時に唇をクリトリスの周りに押し付けるようにして、舐めていきます。MAさんが、逝きそう、とおっしゃるのと同時に舌をクリトリスへ押し付けるようにして、MAさんが力んでおられる間は舌を離さずに押し付けていきます。クリトリスが少ししぼんだところでMAさんの声も落ち着きますが、小さくなったクリトリスを包むようにしてさらに舌を押し付けていくと、再びMAさんも大きく声を出して絶頂が持続しているようです。しっかりと逝っていただけて、MAさんも満足そうにされています。

引き続き舐めていますが、その時はかなりソフトに舐めていきます。逝ったところで敏感にはなっていますが、かなりソフトに舌を乗せる程度にしていますので、連続して舐めていても大丈夫そうです。そんな風にソフトにしていると、だんだんとクリトリスも固くなってMAさんにも気持ちよさがかえってきました。焦らずにじっくりとソフトに舐め続けることで、再びMAさんの方から腰を押し付けるようになってきましたので、私も舌を少し強めに押し当てながら舌でクリトリスの固さを感じます。固くなったクリトリスは先のほうが露出してきましたので気を付けながら舐めるのですが、舌が直接ふれると、ひやぁ~、と声をあげながらMAさんは気持ちよさそうです。ぐいぐいと舐めていくと、MAさんも再び、逝きそう、とおっしゃいながら1回目の同じように時間をかけて絶頂を感じておられます。最後にクリトリスに直接触ってしまったので、びりびりと感じた、とおっしゃっていたのでちょっと刺激が強すぎたかも知れません。

そんな感じで3回ほど逝っていただいたあとにちょっと休憩して、ベッドで横になってしばしお話をしていました。MAさんも最近はセフレさんとゆっくりとしたポリネシアン・セックスで新しい体験を試しておられるとのことで、セフレさんも余裕をもって快感を楽しみながらのセックスを気に入っておられるとのこと。クンニもこうしてソフトにじっくりと舐めるほうが気持ちよいのといっしょで、セックスもせかせかと激しくするだけでなく、まったりと楽しむのもよいみたいですね。私もよく挿入される女性が十分に感じて後では挿入したまま動かずにじっとしてその気持ちよさを味わっておられることがおおいので、同じことなんでしょうね、とお話していました。

14520021120.jpeg 14520021430.jpeg

しっかりと休憩して落ち着いたところで、再びクンニを始めさせていただきました。軽く舐めているだけでもかなり感じておられて、だんだんとクリトリスも固さを取り戻してくると、やはりMAさんから腰を押し付けるようにしてこられます。そこですぐには逝っていただかずに、今度は膣の入り口あたりを時間をかけて舐めさせていただきました。何度も逝ったあとの膣の入り口はしっかりとふさがっていて、舌を差し入れるようにすると上下に挟まれてしまうように感じます。入り口あたりで舌を軽く出し入れするように動かしていると、MAさんもこれまでとはちょっと違ったトーンで声をあげながら感じておられます。締って閉じている膣に舌を無理に差し入れる感じが気持ちよいのでしょうか。

クリトリスとは違う場所でしっかりと感じていただいた後に、クリトリスの方へ舌を移動させるとしっかりと固くなっていて、そのままぐいぐいと押すようにすると、そのまま腰を浮かせてこられて逝ってしまわれました。もちろん、逝っていただいている間は舌は離さずに押すようにしていましたので、長い絶頂を感じていただけたようです。そのあとも、2回ほど逝っていただいてからクンニを終了させていただきました。やはり長い時間絶頂を感じていただける方が女性の方も満足度が高いようですので、今年も今の舐め方を続けていきたいなと思いました。普段上品なMAさんなので、感じておられる時も上品な感じなのですが、絶頂が続くとさすがに身体をくねらせながら大きな声を出して感じておられるので、そのギャップに興奮させられますね。

仕事帰りということで時間はちょっと短めではありましたけれども、今年最初のクンニもしっかりと感じていただけたみたいでよかったです。舐めているうちにだんだんと口の角度もぴったりとMAさんのクリトリスに密着するようになってきて、お互いの息も合ってきますね。

y0648.png

皆さま、明けましておめでとうございます


旧年中は舐め犬として多くの女性の方に利用していただきありがとうございました。

今年も貴女の太ももの間に挟まれながらクンニをする私を暖かく見守ってくださいね。仕事の都合で出張が続いたりしていましたが、今年は少なくともべったりと平日ずっと出張というようなことはないと思いますので、平日の夜もお会いできる機会が増えるかと思いますので、土日祝日は都合が悪いという方からのお誘いもお待ちしております。もちろんお付き合いの続いている方からは今年も引き続き、性欲が溜まった時の便利な玩具として使っていただけるようにお願いいたします。

誰にも言えない秘め事、もっとクンニされたい、もっとクンニしたい、誰にも言えないけど舐め犬なら安心です。クンニができれば幸せなおめでたい男ですので、貴女のクリトリスを、小陰唇を、丁寧にゆっくりと舐めながら高みへとご一緒させていただきます。秘め事は誰しも持っていますし、クンニが好きなんて大人の女性としては当たり前のこと、舐め犬を試してあなたの感度も高くなるかも知れません。ね、欲しいときにクンニのある生活を想像してください、きっと今年はよい年になりますよ。