FC2ブログ
連休の最終日ですが今日もいい天気で気分がいいですね。今日はMSさんがいつものように車で来てくださいました。MSさんとはお会いするようになってから、舐めるたびに新しい発見というか新たな快感の世界を見つけるようなお付き合いだったのですが、前回は平日の夜といういつもとは違ったシチュエーションでもあり、なんだか停滞気味な舐め犬となっていてちょっと残念な感じがありました。今日はまたいつものようにお昼過ぎからゆっくりとお会いできるので、うまくいくかなって思いながらお会いしました。リビングで結構いろいろな話をしてからシャワーを浴びていただきました。まだ、少し裸になるには肌寒いので、MSさんもスリップの上に薄いカーディガンを羽織って出てこられて、寝室でしばしお待ちいただきました。

私が歯を磨いてから寝室へ入り、ベッドに入られていたMSさんの横に並んでしばし抱き合いながら徐々に気分を高めていただきます。そのあと、掛布団を下へ落として、MSさんの脚の間に入らせていただきます。前回は私もしばしのブランクがあってこの体勢で舐めるのがいまいちしっくりと来ていなかったのですが、今回は違和感なく太ももの間に挟まれて舐め始めることができました。パンティはすでにはいておられないので、太ももから脚の付け根へ進んで、そのまま付け根と小陰唇のひだの間を舌を上下に動かしながら中心へと近づいて行きます。ときおりは舌を平たくしてまったりと密着させて舌の感触を味わっていただきます。

14585737060.jpeg

小陰唇のひだに舌が触れると、いつものように、あ、と声をあげられて感じておられます。最初はやはり性感が高まってくるまではゆっくりと軽めに、舐めるというよりは舌を密着させてぐにょぐにょ動くような感じで、舌の感触と暖かさを感じていただきます。ひだの両側をじっくりと舐めた後に、ひだの間に舌を差し入れると、MSさんの声もトーンが変わってきます。クリトリスを中心に刺激する前は、舌を平たくして下から上へとペロンと舐めるのが気持ちよさそうにされていて、そのあとにクリトリスの方へと舌を移動させると反応もそれまでとは違ってきます。だんだんとクリトリスもふっくらと大きくなってきて、MSさんも私の舌へ押し付けるようにされてこられたので、性感もかなり高まってきているのが分かります。

少しだけ強めにクリトリスを押すようにしてみますが、まだ逝くには十分には感じておられないようですので、もうしばらくまったりと舐めながら性感を高めていただきます。MSさんが腰を少し浮かせて押し付けるようにされたところで、私も唇をつぼめるようにしてクリトリスをぷっくりとさせると、固くなったクリトリスの下の方に舌が来るようにして、舐めさせていただいて、MSさんの、あ~、という今までよりもずっと大きな声を合図に、強めに押すようにして、MSさんが身体を硬直させて逝かれている間にさらに刺激が続くようにします。通常は逝くのが収まると脱力されて一息となるのですが、今日は逝かれた状態が長く続いて、その間クリトリスの刺激を続けて、かなり長い間ずっと逝っておられたような感じでした。

1回目は逝っていただいているときも、できるだけクリトリスに直接舌が触れないように包皮で包んでその上から強く舐めるようにしています。MSさんがほんとに感じてこられたらクリトリスを直接舐めても大丈夫みたいなのですが、最初からそうしてしまうとやはり痛くなってしまったりすることもありますので、直接舐めるのはもっと性感が高まってからにします。逝かれた後はちょっと軽めに舐めていますが、まだ敏感になっておられるのか、クリトリスの上を舐めるとちょっと腰をひくようにされます。代わりに膣の入り口あたりを時間をかけて舐めさせていただいて、敏感な状態が少し落ち着いてくるのを待ちます。

敏感さが落ち着いてくるとクリトリスも大きさを取り戻して舌の中でクリッとしてるのがはっきりと分かります。軽めに同じ調子で舌を左右に動かして舐めていると、再びMSさんが腰を持ち上げ気味にして私の舌へ押し付けるようにしてこられたので、それにあわせて少し強めに押すようにしていると、大きな声で、あ~、と言いながら再び逝っていただけました。MSさんが身体を硬直させて私の頭を挟んでいる間にもクリトリスからは舌を離さずに押していきます。硬直が解けて脚を大きく広げられたところでも、まだ舌を離さずに少ししぼんだクリトリスを追いかけるようにして、さらに刺激していくと、再び声のトーンも大きさが戻ってきて、連続して逝っておられるのが分かります。この時はMSさんが限界になるまでクリトリスに直接舌が当たってもそのまま刺激を続けて、もう無理というところで舌を離します。

ここで一休みして、横に並んで抱き合いながら、MSさんの呼吸が落ち着いてくるのを待ちます。落ち着いたところで再び足元の方へと移動して舐めさせていただくのですが、もう十分に感度も高まっていますので、それまでよりも短い時間でまた絶頂を迎えられます。クリトリスへの刺激もだんだんと直接舌を触れさせるようにして舐めていきますので、そのたびに、MSさんも声を大きく上げて逝っていただけるようになって、直接の刺激が続くとやはり限界を迎えて少し休憩をさせていただくのを繰り返しました。

14585736810.jpeg 14585736580.jpeg

今日はそんな繰り返しがいつもよりも多いように思いました。途中から休憩中はMSさんも私のものを触って元気にさせてくださるのですが、MSさんの声が落ち着いたところで再び足元へ移動して舐めさせていただきます。いよいよ感度もいっぱいいっぱいに上がったところで、トランクスタイプの私のパンツの横から引き出して触っておられたのですが、私の上に移動されると挿入をされました。いつもはちゃんとパンツを脱がそうをされるので、私から脱ぐのですが、今日はそんな風にパンツを脱がずに横から出して挿入されたので、なんだか新鮮な感じです。

MSさんが上になって腰を使われるのに合わせて私も動いたり、少し休んでMSさんの締った膣の中に入っている感触を感じたりしながら、MSさんにも挿入を楽しんでいただきました。最後はいつものようにじっとして挿入したままの状態を続けて、自然と抜けてしまうまで抱き合ったまま余韻を楽しみます。完全に抜けたあともしばらくはMSさんが上になったまま抱き合っているのですが、MSさんが私から降りられたところで、今日の舐め犬は終わりとなりました。

MSさんがシャワーを浴びられてから、買ってきてくださったパイをいただきました。前回は不完全燃焼で終わってしまったのですが、今回は目一杯逝っていただけて、すっきりとしていただけたみたいで、今日はたっぷりと感じることができてよかったですねとお話をしていました。何度もお会いしていると、いつでもいっぱいまで逝っていただけるとは限らないものですが、やはりお会いしている時間に目一杯逝っていだいてもうこれで十分となってお別れする方がいいですよね。
連休の中日、天気も良くなってきもちよいなか、SRさんとお会いしました。SRさんとは数日前に連絡をいただいたのですが、同年代の奥さまです。とても背が高くて、同年代とは思えないくらいにスタイルをしっかりとキープされています。用賀まで来てくださったのですが、お会いする前からSRさんの写真などを拝見していましたので、お会いしてからも気さくにお話をしながら家の方まで一緒に歩いてたどり着きました。リビングに到着して、初対面の方とよく話す、いつ頃舐め犬のことを知りましたか、とか少しお話をした後に、さっそく舐め犬を始めさせていただくことにしました。

家を出る前にシャワーをされてきたとのことでしたので、私だけ歯磨きをさせていただいて、しばし寝室で待っていただきました。私が寝室へ戻ってから、一緒に服を脱いで、準備をしていただきます。考えてみれば、ほとんどの場合、シャワーを浴びていただいて出てこられたところを寝室へご案内しているので、女性の方が服を脱ぐところに立ち会うのはかなり久しぶりのことのように思います。着てこられたワンピースをするっと脱がれてブラとパンティ姿になられたのですが、ご一緒しているとちょっとドキドキするものですね。そのままベッドの方へ横になっていただいて、掛布団を下ろすと、さっそくSRさんの足元のほうへ移動して舐め始めさせていただきます。

14584703700.jpeg

太もものあたりからキスをするように唇を当てていきながら、脚の付け根のほうへと移動して行きます。このときすでにSRさんは少し声を漏らして感じ始めておられます。パンティの際にそって脚の付け根を舐めさせていただきながら、SRさんは感じやすそうな方だなと感じていました。それからパンティをとらせていただいて、小陰唇のひだのところまでゆっくりと舌を上下させながら進んで行きます。背の高い方なので、腰回りもしっかりとして、顔を股間にうずめながら舐めていくのに安心感があります。舌が小陰唇のひだに触れるようになると、腰を少し動かし気味にして舌の感触を味わってくださっているようです。最初のうちは舌を平たくしてできるだけゆっくりと動かすようにしているのですが、微妙に舌を動かしているだけで、徐々にSRさんの声も大きくなってきて、かなり感じていただけているのがわかります。

クリトリスの上あたりをふわりと覆うようにしていると、クリトリスがまだ固くはありませんが少しふっくらとしているのがわかります。あまり押させつけないようにしながらクリトリスの上をゆっくりと舌を動かしていきます。だんだん感じが上がってこられると、腰を少し上向きにさせて、私の唇がぴったりとSRさんのクリトリスのところにいい角度で当たるようになってきて、SRさんも舌の気持ちよさに身をゆだねだしておられます。小陰唇のひだにそって舌を上下させたり、クリトリスの上をくねくねと舌を動かしたり、を交互にしながらクンニを続けていくと、SRさんの太ももの裏あたりがすーっと熱くなってきて、SRさんも身体を緊張させてこられたので、ちょっと舌でクリトリスを押すようにします。何度目かで、SRさんも腰を浮かすようにして、私の頭を太ももで挟むようにしながら、逝く、とおっしゃって逝かれてしまわれました。

割と短い時間で逝ってしまわれたのですが、そのあと軽く舌を当てる程度にしてそのままクンニを続けさせていただいたのですが、大丈夫そうでしたのでそのまま続けていくことにします。逝かれた後は軽く触れているくらいでもSRさんは声を出しながら感じておられます。やはり最初に感じたようにSRさんはかなり感じやすい身体をされているようです。やはり女性は年代が上がるほど感じやすく身体が成熟していくような気がします。逝ってしまわれた後で、膣の入り口あたりを舐めさせていただくと、SRの声の調子も少し変わってクリトリスを舐めている時とは少し違って感じておられるようです。入り口もきゅっと締って、少しだけ舌をそこへ差し込むようにするとさらに気持ちがよいのか声も大きめになります。

舐めいているうちにまた太もものあたりがすーっと熱くなってきましたので、ちょっと強めに押すようにしてみましたが、もう少しで逝きそうな感じのところまでいって引き返してくるように感じになります。あまり強く押すのはよくないかなと思って、軽めにクリトリスの上を舐めるようにしていると、今度はSRさんが身体を緊張させたかなと思ったところで、腰を持ち上げるようにして、再び逝っていただけました。2回目の時は最初の時よりも、大きく声をだして、太ももで私の頭を挟みながら大きく腰をくねらせて、最初よりも深く逝っていただけたようです。私も行っておられる間、できるだけ舌をクリトリスから離さないように、SRさんの腰を抱くようにして、SRさんの限界まで舌を押し付けるようにしました。

14584702950.jpeg 14584703310.jpeg

逝かれたあとに舌をクリトリスの上あたりへ触れさせるだけでもかなり敏感になっておられたので、あまり動かさないようにしてSRさんの身体が落ち着いてくるのを待ちます。逝きそうになられたときに、SRさんの場合は、クリトリスを包皮で包むようにしやすいので、だいたいSRさんが逝ける舐め方が分かってきました。2回目までよりは少し時間がかかりましたが、それでも短い時間で3回目も同じように逝っていただけました。そこで、何度でも逝けそうですね、と声をおかけしたところ、3回も逝ってしまって恥ずかしい、とおっしゃっていました。反対に私のほうは最初の舐め犬でこれだけ感じていただけて、嬉しいところです。

逝く回数が増えると膣の入り口あたりを舐めているときの愛液の量も少しずつ増えているのが味わいで分かります。入り口はさらに締ってほとんど舌の先を差し入れるのも窮屈なくらいになっています。クリトリスの敏感さが落ち着くまではしばらくの間膣の入り口あたりに時間をかけて舐めさせていただくのですが、そこからクリトリスの方へ舌を戻すと、ほとんど軽く触れさせる程度でも大きな声をあげて感じていただけます。3回逝ってしまって恥ずかしいとおっしゃっていたのですが、その後も、続けて逝かれて、結局6,7回程度逝かれたところで、もうちょっと十分、とおっしゃるのでクンニを休止して、お茶でのどを潤して、SRさんの横に並んで休憩させていただきました。

お話をしていると、2回逝かれたところで身体はもう十分に満足な状態になったのでそれ以上は逝きそうにないかな、と思われたそうなのですが、続けて舐めているうちに、急にまた逝きそうな感じがやってきて逝ってしまう、とおっしゃっていました。クンニでこんなに何度も逝ったことがないので、SRさん自身もしきりとこんなに逝って恥ずかしいとおっしゃいます。でも、最初の舐め犬でこんなに逝けるのはSRさんの身体が快感で満たされるように成熟してるということなのだと思います。私としては休憩のあとにまた舐めさせていただければと思ったのですが、SRさんは今日はもうこれで十分ということで舐め犬のほうはそれで終了させていただきました。

SRさんが逝くときの舐め方が分かりやすかったので短時間でなんでも逝っていただいてしまいましたが、今度機会がありましたら、回数よりも一回の時間をじっくりとかけてクンニの舌の感触をもっと楽しんでいただくように舐め方のほうがいいのかも知れません。写真もOKということで、SRさんの長くてすらっとした脚を撮らせていただきました。
JAさんからは1月に最初のメールをいただいたのですが、しばらく返信がとまっていて、先月再び連絡をいただいて、実際にお会いすることになりました。40代の奥さまですが、お会いして誰かに似ていると思ってその芸能人の顔も浮かんでいるのですが結局誰か分からずじまいでした(何の情報にもなってませんが、、)。待ち合わせの服装などを連絡し合っているときになって、緊張してきた、とメールに書いておられたのですが、お会いしてみるとすんなりとお話などしながらホテルの方へ向かいました。JAさんがお帰りになる時間までゆっくりと過ごしたいとのことでしたので、ちょうどサービスタイムが合うホテルを見つけてあったので、そこへ向かいました。しかし、この時間帯で長く過ごせるホテルを探すのはみなさん同じと見えて、すでに満室でした。それではということで、最初におすすめしたいつも使っているバリアンへ行くことにしました。JAさんもバリアンは行ってみたいとおっしゃっていたので、それはそれでよかったです。

チェックインして、サービスのデザートをすこしいただいて部屋へ入りました。最初ということで部屋に入ってからいろいろお話などをしていましたが、かなり長くお話をしていたので、JAさんのほうからそろそろシャワーを浴びてきますね、とおっしゃってシャワーを浴びていただきました。次に私がシャワーを浴びて出てきたところで、ベッドの方へ二人で移動しました。ベッドに横になっていただいて、さっそく掛布団を下へ落として、JAさんの脚の間へ入らせていただきます。普通に伸ばしておられた脚を開いて、太ももの間に入らせていただくと、恥ずかしい、とおっしゃていましたが、太ももへ唇と当てて脚の付け根の方へと舐めていくと、少しだけ声を出して気持ちよさそうにされています。

14578269820.jpeg

パンティの際を上下に舌を動かして舐めた後に、パンティを脱がせていただいて、小陰唇のひだの際まで舐めさせていただきます。ヘアーが柔らかい方でふわふわっとした感じです。それで、いよいよ小陰唇のひだの上に舌を軽く触れさせるようにした時は、JAさんの声のトーンも少し変わってきました。ひだの両側を舌を平たくしてゆっくりと舐めあげているときの感じから、JAさんは結構感じやすい方かなという印象を受けます。少し動きを止めて舌をクリトリスの上あたりに乗せてじっとしていると、軽くヒクヒクされていたので、やはり感じやすそうです。最初はどんな風に逝かれるのかそのタイミングなどもわかりませんので、軽くソフトに時間をかけて十分に感じてこられてから少し押すようにしていますので、時間をかけて舌をゆっくりと動かしていきます。

ひだの間に舌を差し入れて上下に動かしたり、クリトリスを舌で覆うようにしてゆっくり左右に動かしたり、を続けているうちに、JAさんのクリトリスもしっかりと固くなって形がはっきりとしてきます。JAさんもだんだんと慣れてこられたようで、気持ちよい場所だと私の口に押し付けるようにしてこられるので、それに合わせてその場所を入念に舐めたりしていましたが、太もものあたりもかなり熱くなっていましたので、ちょっと強めに押してみたりしてJAさんの反応を見てみます。包皮でクリトリスを包むようにして、強めに押してみると、JAさんも腰を浮かすようにされて声も大きくなって逝かれたような感じでした。しぼんでいくクリトリスをそのままぐいぐいと押していたのですが、舌が直接クリトリスに当たってしまっていたようで、痛いとJAさんに言われてしまいました。

ちょっと調子にのって力がはいってしまいましたが、再びソフトな舐め方に戻って逝かれたあとの余韻を楽しんでいただきます。徐々にまたクリトリスの固さも戻ってきましたので、また逝っていただけそうなタイミングを見ながら舐めさせていただきます。2回ほど逝かれたかなというところで、膣の入り口もしっかりと閉じて中がかなり締っているのだろうなと思わせます。その膣の入り口のあたりを舐めさせていただくと中へ少し舌を差し入れてみたところで声も大きくなりかなり感じておられたので、鼻はクリトリスのあたりを押さえつつ舌を入れて動かしているとかなり感じておられます。途中から腕を伸ばして乳首をガウンの上から触らせていただくとやはり今までよりも感じるみたいで、クリトリスを私の口に今までよりも強く押し付けておられます。そのまま脚を伸ばしてこられて私の頭を挟むようにされると、腰を浮かせて、逝く、とおっしゃってそのあとガクッと脱力されました。

先ほどまで私が逝っていただけたのかなと思ったのはちょっと違って、この時がほんとに逝かれたみたいです。落ち着いてきたところで、クリトリスの上を軽く舐めるだけでも今までよりも声を出して感じておられて、反応も全然違ってきています。膣の入り口のあたりも交代で舐めていたのですが、JAさんから、バックで舐めて欲しい、と言われましたので、枕を腰の下に入れていただいてバックの体勢で舐めさせていただきました。膣の中へ舌を差し入れたり、アナルを舐めたりしつつ、顔全体を擦り付けるようにして上下に動かしたりしているうちに、顔を押し付けてクリトリスを刺激していると再び、逝く、とおっしゃってバックで逝ってしまわれました。後でお聞きしたところでは、バックでというのは体勢のことではなくて、アナルを舐めて欲しかったのだそうです。こういう関係でもないと自分からアナルを舐めてとは言えないですからね。

それからちょっと休憩してベッドの上で舐め犬のことなどいろいろお話をしていました。JAさんが以前に性感マッサージを受けてみてちょっと失敗だったお話なども聞かせていただきました。こういうお話を赤裸々に話せるのも舐め犬の関係ならではですね。時間を確認したところまだ大丈夫でしたので、今度はJAさんの希望で胸のほうも舐めさせていただいて、そこから徐々に下へと移動して行って再びクンニを始めさせていただきました。途中で、指も入れて欲しい、とのことでしたので、人差し指を挿入しながら舐めさせていただきました。いわゆるGスポットあたりを強めに押すとJAさんが激しく感じておられるようで、そのままクリトリスとGスポットで逝ってしまわれました。

今までよりもぐったりとされているので、一休みさせていただいていたのですが、JAさんが、もう一度、とおっしゃるので再び指を入れながらのクンニを始めたところ、すぐにまた激しく感じて逝かれてしまいました。Gスポットのところがこんなに感じる方も少ないとは思いますが、クンニでしっかりと逝っていただいた後だったので、Gスポットでの感じ方もこんなに激しくなったのでしょうか。逝かれたあと、少し抱き合いながらJAさんが落ち着かれるのを待ちました。すぐには起き上がれそうにないとのことでしたので、少し横になっていただいたあとで、ちょうど時間のほうもいいころになっていましたので、シャワーを浴びていただいて帰り支度をしました。

最初にお会いする時はうまく感じていただけるだろうかとかいろいろ気になるのですが、こうして最初からしっかりと逝っていただけたようで、私としてもかなり嬉しかったです。写真のほうはどうしようかなとおっしゃっていましたので、べつになくても大丈夫です、と今回は写真はなしにさせていただきました。実はきれいな脚をされているので写真にとるといい感じだとは思うのですけどね。
検査20160301

やらなくちゃ、やらなくちゃ、と思いながら最後に検査してからどれくらいの月日が流れてしまったでしょうか。このたび、お誘いをいただいた女性の方からSTD検査のほうはどうされていますか、と聞かれましたので、いい機会だと思って検査をしましたが血液、尿、唾液ともに問題がないことが分かりました。

実は検査キットは買って持っていたのですが、なかなか重い腰が上がらず、開封してみたところ有効期限が切れていました。まさか、有効期限があるとは知りませんでしたので、ちょっと慌てて検査キットを取り寄せて検査をしてみた次第です。

唾液の検査が大きな綿棒でぐりぐりするタイプから、生理食塩水みたいなものでうがいをしたのを尿と同じように密封して送るようになっていたので、ちょっと楽になりました。ぐりぐりするタイプの時はおえおえとえづきながらの採取になっていました。

いつも思うのですが、本当は新しい方とお会いしたらそのたびに検査はすべきなのでしょうけれど、なかなかそこまではできなくてすみません。せめて半年に1回くらいはしたいものです。
昨日のことになりますが、SYさんと仕事帰りにお会いしました。先月は結局お二人の方とお会いしただけだったのですが、なぜか今週の水曜日には4通も連絡をいただいたりして、なにか女性の方が連絡を下さるのは不思議なタイミングが隠されているのかと思うくらいです。SYさんはその中でも初めて連絡をいただいたのですが、金曜日に泊りでお願いしたいとおっしゃっていました。私の都合で泊りはちょっと無理だったのですが、夜の時間帯で舐め犬をさせていただくのでもよいとのことでしたので、お会いすることができました。1年ほど前から舐め犬のブログはご覧になっていて、一度経験してみたいな、と思われていたそうなのですが、思い切って連絡をしてくださいました。

20代後半のOLさんですが、細身な感じで、写真を撮ってみて膝から下が特に細いのに気が付きました。最初から気さくにお話ができて私も緊張しなくて気楽にお話をしながら、いつも行くホテルへ行ってみましたがちょうど部屋が空いていました。部屋へ入ってすぐにSYさんがシャワーを浴びておられる間に、買ってきたおにぎりをいただきました。入れ替わりで私がシャワーを浴びてから、ベッドのほうへ来ていただいて、照明を少し暗くして、さっそく舐め犬を始めさせていただきました。掛布団を下へ落として、ガウンを着ておられるSYさんの足元に割り込むようにして、太ももの間に入らせていただきます。太ももはすべすべでプルンした気持ちよい感触です。太ももの内側にキスをするようにして始めましたが、ちょっとくすぐったいということでしたので、もう少し脚の付け根に近い方から舐めさせていただくことにします。パンティはすでに脱いでおられたので、脚の付け根にそって舌を平たくして上下に舐めていきます。

14571000510.jpeg 14571000070.jpeg

そのあたりからSYさんも軽く声を漏らし始めて、気持ちよさを感じていただいているようです。やはり最初は緊張されているでしょうから、できるだけ軽くソフトに舐めてSYさんの気持ちもほぐれてくるのを待つことにします。小陰唇のひだの両側にそってゆっくりと舐めた後は、少しずつ合わさったひだの間に舌を差し入れていきながら、奥への舌を進めていきます。続いてクリトリスの上あたりを舌で覆うようにしてゆっくりと動かしていましたが、クリトリスが小さいようでこの時にはまだクリトリスの位置が分かるほどではありません。それでも声のトーンも少し高くなったようなので、このあたりが気持ちがよいのは間違いないようです。

初対面の時にはどれくらいの強さがよいのか全く分かりませんので、軽くソフトに舐めながら焦らないようにしてSYさんの気持ちよい舐め方を探していきます。クリトリスの上あたりに舌を軽くのせるようにしていたところ、少しだけヒクヒクしてきた感触があったので、ひだの先端あたりで舌をチロチロと動かしてみたところ、今度はヒクヒクの動きがはっきりと分かりました。全体がほぐれるように少しずつ場所を変えながら時間をかけて舐めさせていただいていたのですが、クリトリスの形はまだはっきりとは分からないくらいです。でも、徐々にSYさんも慣れてこられたのか、気持ちがよいポイントではSYさんの方から私の口に少しだけ押し当てるようにされてきましたので、私もSYさんの気持ちの良いところがだんだんと分かってきます。

少し口を押し当てるようにしてみるとかすかにクリトリスが固くなって盛り上がっているところが分かるようになってきました。そろそろ全体的にほぐれてきて、これから気持ちよさもどんどん増していくところかなと思います。クリトリスを押すようにして舐めていると、SYさんもそれに合わせて脚を緊張させて力んでおられるのが分かります。このまま逝っていただけるかなと思いつつ、あまり押し付けて舐めるのが続いて痛くなってしまってはいけないと思い、少し弱めにして様子をみたりします。そういうことが続いて、うまい具合に口の当たる角度がクリトリスの固くなった盛り上がりとマッチしたところでくいくいっと押してみたところで、SYさんも浮き気味にされていた腰をガクッと落として脱力されました。逝かれました?とお聞きしたところ、はい、とおっしゃって、しっかりと逝っていただけて私も嬉しかったです。

そのあとも続けて舐めていても大丈夫そうでしたので、舐め続けていました。胸の方へも腕を伸ばして乳首を触らせていただいたりしていたのですが、舐めながら下から見上げるとSYさんの胸は大きくて仰向けになっているのにすごくいい形をされているのです。身体も細身なんですが、少し肉が付いた感じで、下から見上げていると、かなりエッチな身体をされているように思いました。逝かれたあとに、膣の入り口あたりを舐めさせていただくと、逝く前とは反応が全く違って、かなり気持ちよさそうにされています。そして、舌を差し入れるようにして舐めていると、愛液がどくどくと湧いてくるような感じです。なのでそのあとは、クリトリスのあたりと、膣の入り口あたりを交互に舐めさせていただくようにしました。

一度逝かれた後は、クリトリスの方も少し唇を押し付けると固くなってとがっているところがはっきりと分かるようになってきました。包皮の中に隠れているようですので、直接舌が当たってしまう心配はないようですので、ちょっと安心して時々強めに押すようにして舐めたりしました。SYさんが逝けるポイントも分かってきましたので、そのあとも何度か逝っていただけたみたいです。そのころには身体全体も快感が蔓延しているようになっていますので、腕を胸だけでなくわき腹やお腹の上あたりに移動させて、指先で撫でるようにしながらクリトリス以外も感じていただけるようにします。

14570999820.jpeg 14570999630.jpeg

途中から指も挿入してほしいと言われたので、人差し指を挿入して舐めさせていただきます。中はたっぷりと濡れているのですが、舐めながらクリトリスに舌を押し当てるようにすると締ってくるのがわかります。Gスポットあたりを刺激しながら舐めていたのですが、普通の方よりもクリトリスと膣の産道の距離が近いみたいで、舐めているクリトリスのすぐ下に自分の指が感じられます。なんだか舌と人差し指でクリトリスを挟み撃ちにしているような気分でした。

そうこうしているうちに設定していたアラームが鳴って時間になってしまいました。まだ余裕はありましたので、もう少しだけ舐めさせていただいて、終了になりました。SYさんとは初めてでしたが、時間が経つにつれてどんどん感じていただけるようになっていたので、最初に言っておられたように泊りでお会いできていたらこの後ももっと快感に深く浸っていただけたのになぁ、とちょっと残念な感じです。SYさんも、あっという間ですね、とおっしゃっていましたが、本当にクンニで楽しんでいただくと時間が経つのが早いものですよね。いつもは1時間くらいで休憩したりするのですが、先日のUSさんもそうでしたが、休憩せずに2時間ちょっとの間ずっと舐めさせていただいていたのにそんなに舐めた印象はなかったです。

最後に写真もOKということで、撮らせていただきました。SYさんはしばらくはお会いできなくなるのですが、一度お会いして安心感も増していると思いますので、また会える時になれば今度はもう少し長い時間舐めさせていただいて、もっと深く快感に浸っていくSYさんを見たいと思いました。
今日は結構寒かったですね。夕方も近くなってからUSさんから連絡をいただいて、今日はどうですか、とのこと。仕事もそれほど忙しくはなかったので、お会いすることになりました。前回お会いした時も確かまだ寒い時期だったような気がしたのですが、調べてみたら去年の1月にお会いしたのが最後だったのですね。その間、ときどき連絡をいただいていたのですが、あいにく出張をしていたりで、平日の夜が空いていなくて、お会いできていなかったのです。ときどきLINEで連絡をいただいていたのもあり、こんなに長く間が空いてしまっていたとは思いませんでした。

待ち合わせをして、近くのラブホへと向かったのですが、1年以上会っていなかったとは思わないくらい普通に会話などしながらホテルの部屋へ入りました。いつも思うのですが、USさんは小柄で話し方もホワンとした感じなんですが、話しているともしかしたらしっかりした女性なのかと思ったり、ちょっと不思議な感じの方です。部屋へ入ってからも、お会いしていない間に起きた大きな事件とかお互いに報告し合ったりして、その間に私は買ってきたおにぎりを二ついただきました。USさんの方からいろいろお話をしてくださるので、気楽に時間を過ごすことができます。Twitterで見つけた性格診断みたいなのを受けさせられたのですが、私の場合はちょうどSとMの傾向が半々の50%でした。確かに、特にどちらというわけでもないですが、診断結果ではどちらにも合わすことができると書かれていました。

14569355070.jpeg 14569356840.jpeg

あまりゆっくりと話をしていても時間がなくなってしまうので、USさんにシャワーを浴びていただいてから、続いて私がシャワーを浴びました。先月はお誘いが少なくて、ブランクが長いとM字開脚での舐め犬の体勢もしっくりと来ない感じでしたが、今週は一昨日も舐め犬ができましたので、USさんの脚の間に入らせていただいたときはかなりその感覚が戻ってきていました。まだ20代の半ばなので、太もものあたりは、すべすべでパーンという感じですが、小柄な方なので腰回りはすごく小さいです。太ももの内側から舐め始めて、パンティの際まで舌を進めていきます。パンティに沿って脚の付け根を舐めた後に、パンティをとらせていただいて、小陰唇のひだの近くまで舌を上下させながら近づいていきます。

この前が1年以上前ということで、昨年の軽く、ゆっくりとした舐め方はUSさんにはしていないかもと思い、ひだの両側を舐めるときもゆっくりと舌を上下させていきます。ひだに触れるようになると、舌は平たくしてできるだけ広い部分を一度に舌で覆いながら、動かしていくと、USさんも少し声を出し始めました。ひだの先あたりにそって軽く舌を触れさせた後は、まだ閉じられているひだの間に舌を差し込んでいって、ひだを開いていきます。最初のうちは小さいクリトリスなので存在感がないのですが、舐めていくにしたがって少しだけ形が分かる程度に大きくなってきます。無理にめくらないようにして、皮の上からクリトリスを舌全体で覆いながら舐めていきます。しばらくすると、クリトリスがヒクヒクとしだしてきます。それでも、まだ強く押し付けることはせずに軽く舐めていると、ヒクヒクの状態が継続していきます。ヒクヒクしているときはUSさんも声をだして感じておられるようです。

軽く同じ調子で舐めていると、ヒクヒクもそのまま持続しているようなので、それが途切れないようにして舐めていました。ヒクヒクするたびにクリトリスの大きさもはっきり分かるくらいに大きくなってきています。固さが増してくるとクリトリスも包皮から飛び出して露出するようになります。USさんは最初にお会いした時から、かなり強めに舐めても平気な方なのですが、今日のところは出来るだけ直接舌が当たらないようにして、舐め続けていきます。USさんの反応を見ながら舐めていたのですが、途中でUSさんが胸も触って欲しいとおっしゃるのでガウンの前をはだけて乳首へ手をのばします。やはり乳首をさわりながらのクンニはより気持ちがよいのか、USさんの声も大きくなってきました。

クリトリスが包皮から露出するよになると、クリトリスにはどうしても直接舌がふれることが多くなってしまいますが、できるだけ包皮で包み込むようにして舐めていきます。直接触れると、脚もがくがくしてくるのですが、これは刺激が強すぎる兆候ですから、クリトリスに直接触れることがないように、また軽めの舐め方に戻ります。USさんとの舐め犬では普通の女性のように、逝ったあとにガクンと身体が脱力するような逝き方は最初にお会いしたときだけだったので、今日はそうならないように、ゆっくりと舐めつつもクリトリスの状態をしっかりと舌で感じながら注意をしていました。

14569357240.jpeg 14569357810.jpeg

特に休憩を挟まずに、ずっと舐めていたところ、アラームが鳴って時間になりました。2時間くらい休憩を挟まずに舐めていたようです。通常は1時間くらい舐めたら休憩を挟むのですが、今日は気が付いたら時間になっていたというところです。USさんも、もう少し時間ありますか、とおっしゃるので、もう少しだけ舐めさせていただくことにしました。なかなか突き抜けるような逝く、を感じていただけなかったので、ちょっと残念ではありましたが、少し追加で舐めさせていただくことになり、舌でクリトリスの様子を注意して感じ取っていたら、USさんが声を大きくしたところで、クリトリスがしぼんでいるのがわかりました。どうやら、USさんはクリトリスが急にしぼんだ時に逝っておられるようです。

さすがに時間も迫ってきていましたので、写真を撮らせていただいてから、USさんにはシャワーを浴びていただいて帰り支度をしました。駅までの帰りも最近見たドラマや映画の話をしながら歩いていました。USさんとはかなり歳も離れているのですが、なんだか友達と話しているように感じのUSさんの話し方は、こちらも若返ったかと錯覚してしまうくらいに普通に話されるのですよね。
今日は暖かくなるとのことでしたが夜になると結構寒かったですね。仕事帰りにMAさんとお会いしてきました。今週はちょうど東京での仕事なのでこうして平日の夜もお会いできるのですが、MAさんも週末お会いできることはめったにないので、平日の夜に時間を撮れるのはいいですね。夜にお会いする時にいつも使うラブホの方へ行ってきました。まだ19時前だったのですが、ホテルの部屋はわりと埋まっていて、みなさん早くから入っているものなのですね。

待ち合わせ場所でお会いする前にMAさんがサンドイッチを夕食に買ってきてくださって、部屋へ入ると私はそれをいただきながらしばしお話をしていました。MAさんとはクンニの時間は比較的短いのですが、こうしていろいろお話する時間がながいですね。お互いの仕事のことやら話しているうちにサンドイッチも食べ終えて、それからMAさんにシャワーに入っていただきました。MAさんは舐め犬でお会いする時はいつも同じスリップと決めておられて、今日も赤いスリップ姿で出てこられました。入れ替わりに私がシャワーを浴びて、その間に部屋の音楽とかいい感じに設定されていました。

14567565140.jpeg

ベッドのほうへ入って今度は照明を設定して、掛布団を下へ落とすとMAさんの足元の方へ移動して、さっそくクンニを始めさせていただきます。最初はいつものように太もものあたりから唇を触れさせていきます。最初にお会いした時よりはこのところ柔らかくなった感じのある太ももですが、プルンとした感触で、太ももの内側から徐々に脚の付け根のほうへ舐めていきます。ヘアーはいつも綺麗にされていて、今日もツルツルです。ヘアーがまったくないと小陰唇のひだも目立ちますので、なんだかいやらしい感じが倍増しますね。脚の付け根とひだの間の柔らかいところに舌をあてて、下から上へと舐めていくと、MAさんも少しだけ声をだして感じ始めておられます。

小陰唇のひだはまだ開かないようにして、ひだにそって舐めていくと気持ちよさそうにされています。閉じたままのひだの先にそって舌を軽く当てると、MAさんの声も大きくなっていきます。舌をひらたくして軽くクリトリスの上から覆うようにして軽く舐めていきますが、いよいよ舌をひだの間に差し入れるようにして舐めると、中に溜まった愛液の味わいがほんのりとしてきます。やわらかくやわらかく舌をひだの間にそって浮かしていくと、また愛液が少し増えてきたように思います。小陰唇のひだも充血して、少しふっくらと柔らかくなってきます。そうすると、それを口の中に含むようにして、舌を絡めていきます。そうしているうちにもクリトリスはだんだんと大きくなってきますが、まだ舌は軽くのせてソフトに動かしていくだけです。

気持ちよくなってくるとMAさんも腰を動かし始めますので、私は舌を動かさなくても、ひだの上から触れさせておくだけで、MAさんの方が動いてくださるようになります。そうなるともう十分に感じてきておられるので、私もときどき唇をクリトリスのうえにおしつけるようにしてぷっくりさせるとMAさんの感じている度合いをよく見ながら舐めていきます。MAさんが腰を浮かせて突き出すように、私の舌にクリトリスのあたりを押し付けるようになってくると、そろそろ逝っていただけそうな感じになってきます。何度かMAさんが腰を押し付けるようにされたところで、私が押し付けた唇の中でクリトリスのしっかりと固くなっていましたので、ぐっぐっと舌を強めに押し付けていくと、MAさんも、逝きそう、とおっしゃって深くてしっかりとした絶頂を迎えていただきました。

逝っていただいてすぐは舐めるのも軽めにして、クリトリスの周辺をゆっくりと舐めて、また感じていただく準備に入ります。一度逝っていただいたので、膣の入り口あたりを舐めるようにすると、他の場所とは違ったように感じておられます。でも、2回目、3回目と逝っていただいた後に、膣の入り口を舐めていると、入り口がしっかりと閉じているのがわかります。逝くたびに閉じ方は固くなっていきますので、膣の中のほうは多分かなり締っている状態なのだと思います。そうなると閉じているところへ舌を差し込むようにするとそれまで以上に感じておられるようですし、舌を差し入れるたびに新たな愛液が溢れてくるのを味わうことができます。

14567565310.jpeg 14567565510.jpeg

そんな風にして膣のあたりを舐めた後にクリトリスの方へと戻っていくとまた新たな快感がやってくるようで、声のトーンが変わってきます。ここ何回かMAさんとお会いしていて、何度か逝かれたあとの絶頂は最初に比べて、かなり激しく身体をくねらすようにして、感じておられるので、感度がすごく高まっているような気がします。やはり逝くときに少し舌を押し付けるようにしているのが深く逝けるのに効果を表せているのだとおもいますが、今日は一度逝ったあとに、さらに逝ってしまった、とおっしゃっていたので、そういう舐め方がいいようですね。

途中で少しだけお話がはいりましたが、ずっと舐め続けさせていただいて、逝くときにもかなり長く深く逝っていただいていて、それまでで一番深く逝っていただいたところで、一応クンニは終了させていただいて、ソファーの方へ移動していろいろお話をしていました。今日は魂を抜かれたみたい、とおっしゃっていましたが、完全に身体をリラックスさせて舌に任せて何度も逝っていただけたのがよかったのでしょうね。このところクンニでしっかりと逝っていただくことができないことが続いたので、こうして気持ちよくなっていただけて、私も自信を取り戻すことができました。