FC2ブログ
昨日のことになってしまいましたが、ROさんとお会いしました。お盆のころにお会いしてから土日の予定が合わずに少し時間が空いてしまいました。お会いし始めたころは舐め犬にはまってどんどんお会いする舐め犬を増やしていたROさんですが、だんだんと落ち着いてこられたようです。いつものようにお昼ご飯を持って自宅まで来てくださいました。それを食べながら最近の様子や、芝居の話などをしながらリビングで過ごした後に、シャワーを浴びていただきました。今日もピンクのスリップを着て出てこられて、私が歯を磨いた後に、寝室の方へ移動していただきます。

ベッドの上で少し太もものあたりを少しさわらせていただいて、下のほうへ移動して太ももの内側を脚の付け根へ向かって舐めさせていただきます。脚の付け根あたりを上下に舐めている間に、あ~、とおっしゃいながら舌の感触を待ち遠しそうに楽しんでいただけているのが嬉しいですね。完全にヘアーを脱毛されているので、すべすべのIラインのあたりを舐めていくときも舌がぺったりと張り付くようにして舐められるのがかなりよいです。徐々に小陰唇のひだに近づきながら、上下に舌を動かして舐めていきますが、ひだの先端に軽く触れるようにするとトーンの違った声を出されて感じておられます。ひだの先端に沿って舌を軽く触れながら上下させるのはどなたも気持ちいいみたいですね。

14748023260.jpeg 14748023130.jpeg 

ひだはまだ閉じたままですが、その両側をゆっくりと舐めていくと、すこしずつですがひだもふっくらとしてきて自然に開き始めます。愛液が徐々にひだの間に溜まってくることもあるのでしょうけれど、開く始めたひだの間に徐々に舌を差し入れてゆっくりと上下に動かしていきます。ROさんは感じやすいのでここでクリトリスの周りをぐいぐいと舐めてしまうと逝ってしまわれますので、最初はじっくりと軽めに時間をかけて舐めていきます。ROさんも最初はあまり声を出さないようにして我慢しながら舌の感触を味わっていただいています。そうしているうちにクリトリスのほうも大きく固くなってきているのがわかります。ROさんもときどきクリトリスを私の舌に押し付けるように腰を浮かし始めておられるのですが、まだ逝かないようにソフトに舌で受け止めるようにします。

いよいよ限界かなというところで、舌をクリトリスの上から少し押すようにしていくと、声をあげながら逝かれました。力がはいって力んだ身体が脱力して、ROさんも腕を両側へ広げてしばしばったりと身体をのばしたままです。そこからまた軽く舐めるようにして、徐々にまたクリトリスの固さがいっぱいになるまで時間をかけて舐めていきます。一度逝かれてしまえば後はいつでも逝けるのですが、そこは少しタイミングをはかりながら上り詰めたところで再び少し強めにクリトリスを押すようにして逝っていただきます。だんだんとクリトリスの先も露出してきて、舌が直接触れるのでそのたびにROさんも大きな声を出して感じておられます。最後のほうはクリトリスを直接刺激して、連続して逝っていただいたので、ROさんも限界になって少しお休みすることになりました。

横に並んで休憩していたのですが、少しお話をしているうちに、ROさんはお疲れだったのかそのまましばらく寝てしまわれました。ROさんが気が付かれたところで買ってきてくださったタイ焼きをおやつに一緒にいただきました。しばらくはゆっくりとお話などをした後に、再び寝室の方へ移動してクンニを再開させていただきました。クリトリスを直接刺激したので痛くはないけどジンジンしているとのことでしたので、これからはクリトリスは包皮で包むようにしてから強めに舌で押すようにすることにします。その方がじんわりと気持ちよさが続いてしっかりと逝っていただけそうです。舐め始めて軽く舌を触れているだけでもすぐにROさんは感じてきておられます。すぐにも逝きそうでしたのでじっくりと包皮でクリトリスを絡めるようにしながらうねうねと舌を動かしながら感じていただきます。それでROさんが腰を浮かしてこられたところで、それに合わせて強めに舐めていくとしっかりと逝っていただけます。

何度か逝かれたところでROさんが脚を伸ばしたいとおっしゃいます。最初にお会いした時からですが、脚を伸ばして逝くとしっかりと逝ききった感じになられるようで、いつも最後だけ脚を伸ばして逝っていただいていました。脚を伸ばした状態で舌を伸ばしてクリトリスを上から全体に押すようにして舐めていくとすぐに逝ってしまわれます。続けて同じように舐めていると4回ほど連続して逝かれたところで限界になって、一休みとなりました。

14748022990.jpeg

ここでまたベッドでいろいろお話をしながら身体が回復するのを待ちます。最近リンパマッサージに行かれた話などをしていましたので、横になったROさんの腰のあたりを指で押したりして、リラックスしていただきたりしました。そろそろということで再び脚の間に入らせていただいて、クンニを始めさせていただきます。何度も逝っていただいている間に小陰唇のひだもいい具合にふっくらとしてきますので、クリトリスを包み込みやすくなります。少し舐めているうちにすぐにクリトリスも固くなりますが、固くなったところを包皮でくるむようにして、下の方を舌でくいくいっと押すようにするとそこがROさんの気持ちのよいポイントで、気持ちいい、とおっしゃいながらそのまま同じように舐めていくと、逝ってしまわれます。胸の方も時々腕をのばして乳首を触られていただきますが、やはり乳首も一緒に触ると声のトーンも割りますので、より気持ちよくなれるみたいですね。

最後のほうになるとクリトリスが完全に小さくなってしまうまでぐいぐいと舐めるようにして連続して逝っていただくのですが、逝き方が深くなっていくと、あ~、と声をあげていたのが、お~、ぐぁ~、とかに変わって、逝き終わったところでやはりぐったりとされます。そうなるとまたソフトに舐めていくのですが、だんだんと逝くまでの感覚も短くなっていきます。しっかりと逝ききりたくなったところで、再び脚を伸ばして逝きたいとおっしゃって、脚を伸ばして舐めさせていただきます。そのまままた5回ほど連続したところで、限界に達して終了になりました。

前回までは舐めているときに数秒だけ声も出さずにじっとして、気を失うようになっておられたのですが、今日はそういうことはなくて、やはりクリトリスをできるだけ包皮でくるんで舐めるようにしていたので、刺激はきつくはないですがその分じわっとした感じで気持ちよくなっていただけたのではないかと思います。ROさんのようにクンニされるのが楽しくてたまらないという感じで、舐め犬の時間を過ごしていただけると私としても舐めがいがあります。また次回にお会いする予定を立ててROさんは帰っていかれました。
連休も最後ですが、今日は初めてですが朝から待ち合わせをして、TMさんとお会いしました。先月に初めてメールをいただいたのですが、お会いできる時間が午前中がよいということで、私も休日ですが普段の平日の仕事へ行くのと同じような時間に家を出て待ち合わせ場所へ向かいました。さすがにまだ人通りも少なく待ち合わせも人が少ないのでTMさんが私を分かってくださってお会いできました。アラフォーの主婦の方ですが、かなり細身の方です。そこからラブホへと歩いて行ったのですが、少し後ろを歩いてついてこられたので、会話はかなり少なめでした。

まだ朝早いので多分泊りのお客さんとかが部屋にいるからでしょうか、部屋もちょうど1つだけ空いていたので、そこに入ることにしました。ちょっと古臭い感じの部屋でしたがまぁかなり広々としているのでそんなに悪くはありません。まずはTMさんにシャワーを浴びていただくことにしました。ガウンを着て出てこられて、それから私がシャワーを浴びます。ソファーに座って待っておられたので、そこから一緒にベッドの方へ移動しました。ガウンのすそを少し開いて脚のあたりを触らせていただきます。細身の方なので脚の方もかなり細くてすらっとした感じです。

早速ではありますが、掛布団を落として、TMさんの脚の間に入らせていただきながら、太ももの内側あたりから舐めさせていただきます。脚の付け根の方へと舌を進めて行くにしたがって、TMさんも感じてこられたようです。メールのやり取りでは最近あまり濡れないので興奮剤とか持って行った方がよいでしょうかとおっしゃっていたのですが、全くそんなものは必要がないくらいに感じやすい方なのが少し舐め始めたところで分かりました。

14742950570.jpeg

脚の付け根あたりを上下にゆっくりと舐めているあたりで少しだけ声を出し始められました。小陰唇の両側あたりまで舌を進めて、ひだには触れないようにしながらぎりぎりのところを舌で触れながら舐めていきます。脚のだんだんと慣れてこられたのか舐めやすいように開いてきました。そして、小陰唇のひだのところへ舌を軽く触れるようにして上下させると声も少し大きくなったようです。小陰唇が小さめなので舌で全体を覆うことができるくらいで、全体を覆いながら舌をゆっくりと動かしていきます。まだそんなに長くは舐めていないのですが、クリトリスがしっかりと固くなっているのが、包皮の上からでもよく分かります。大きさはそんなに大きな方ではありませんが、とがったところがかなり固くなっています。

舌でクリトリスの位置をはっきりと感じながら、それでも最初のうちは全体を舌で覆いながらゆっくりと舐めて感度をあげていただきます。下から上に向かってペローンと舐めると声もおおきくなるので、そういう舐め方がお好きのようです。ゆっくりと舐め続けているうちにクリトリスもこれ以上ないくらいに固くなってとがってきていましたので、その上から包皮で包むようにしながら少し強めに舌で押すようにして舐めてみると、ちょっとクリトリスよりも下のところを押すようにすると、身体をすこしのけぞるようにして力みながら感じておられて、そのまま押し続けている間も、声を出しながら気持ちよさそうにされて、舌を緩めたところでTMさんも脱力して、はぁはぁと激しい呼吸をされて、逝っちゃった、とおっしゃいました。

少し軽めに舐め方を変えながら、逝かれた後も続けて舐めていました。ガウンの前を開いて、乳首も触らせていただくとより感じ方が激しくなってきます。アラフォーの方にしては痩せているのに胸の張りのある方で、手の中にすっぽりと納まるきれいな形をされていました。最初に逝かれた時の様子をみながら、2回目、3回目も逝っていただけそうな方だなと思って、しばらくは軽く舐めながらまた逝きそうになられる時を待って舌の感触を味わっていただきます。かなり感じてこられたところで、クリトリスを包むようにして押していくと、やはり2回目もすっきりと逝っていただけました。

そこで少しお休みをして横に並んで抱き合うようにして、逝った後の余韻を楽しんでいただきました。このあたりからTMさんも落ち着いてこられたのか、割とお話もできるようになって、メールでおっしゃっていたよりも全然感じやすいですね、というようなお話をしました。少し休んでから、再びクンニを始めましたが、かなり感じておられたので膣の入り口あたりをなめてみたところ、入り口がかなり締って小さくなっており、そこへ舌を少し入れるようにするとクリトリスを舐めている時とはまた違った感じ方で声を出されます。膣の入り口とクリトリス周りとを交互に舐めたりしながら、また逝っていただける状態になるまで感度を高めていただいて、そろそろ逝けそうかなというところでぐいぐいと押すようにすると、やはり身体を少し反らすようにして身体に力を入れながら逝ってしまわれます。

舐めながら身体全体を触ったりもするのですが、感度が高まっているので、それも気持ちよさそうにされたいました。クリトリスを直接舐めたりとしましたが、大きく声をあげて反応をされていました。そのあと軽くクリトリスの周りを舐めたりしても逝きそうになられていたので、直接舐めるのはちょっと強すぎたかも知れません。また何度か逝っていただいたところで、再び横に並んで抱き合いながら余韻を楽しんでいただきました。それから、TMさんが、入れて欲しい、とおっしゃるので挿入もさせていただいたのですが、かなりきつくて挿入できてからも、入り口から先端までギュッと締め付けられるような感触です。TMさんとの挿入はもちろん初めてというのもありましたが、腰の動きを止めても締め付けられる気持ちよさで、珍しく射精までしてしまいました。

もう少し挿入でも楽しんでいただければよかったのですが、少し休んでから今日の舐め犬は終わりになりました。ブログのほうは書いてもOKということでしたので、書かせていただきましたが、写真はNGでしたので、ホテルの写真だけです。TMさんがシャワーを浴びられてから、外へ出ましたが、まだ昼になったばかりの時間ですので、まだまだ人通りもこれからという具合で、空いていました。
今日は連休の真ん中ということですが、週末に入る前にOKさんから連絡をいただいて、お会いすることになりました。OKさんが用事を済ませてから待ち合わせをしたのですが、渋谷は今日はお祭りだったのですね。ラブホのほうへ向かう途中で道玄坂に神輿などが出ていて、人も少し多かったような気がします。それでいつものラブホの前まで来てみたのですが、なぜだかそこにも神輿が、、、。かなり狭い道なのですがはっぴを着た人たちが道一杯にいます。少し待ってみようかと思って近づいてみるのですが、そこで待機をしているのか全然動いていません。さすがにその中を分け入ってラブホに入ることもできず、仕方ないので他のラブホへと入ることにしました。

そこは初めてだったのですが、部屋はかなりおしゃれな感じできれいです。OKさんはさっそくシャワーを浴びに浴室へと入られて、すっきりして出てこられました。それから私がシャワーを浴びたのですが、出てくると、テレビが映らない、とOKさんの声がします。歯を磨き終えてからベッドのところへ行ってリモコンを操作すると一応電源は入りました。でも、AVの方は出てこなくて、真っ暗なままです。OKさんはいつもAVを見ながらクンニを楽しまれるので、いろいろと試してみたのですが、結局AVは見ることができなくて、かなりテンションも低めです。

14742110590.jpeg

とりあえずガウンの上から胸のあたりを触らせていただきます。ガウンの前を開くと乳首を口に含んでゆっくりと舌を絡めていきます。反対側の乳首は指で触っていたのですが、今日は乳首が敏感で少し痛いとのことでしたので、胸全体を手のひらでつかんでもむようにしていきます。胸のあとは徐々に下のほうへ移動していきます。お腹のあたりから脚の付け根のほうまで下りてきたところで、掛布団を落として脚の間に入らせていただきます。太ももの内側を脚の付け根のほうへと舐めていき、付け根のところを上下にゆっくりと舐めていきます。そして徐々に小陰唇のひだの近くまで舌を近づけていきます。ひだのところへ舌が触れたところで、OKさんが、もう少し焦らせてから、とおっしゃるので、再び脚の付け根あたりを入念に舐めていきます。そして、いよいよひだの先端を舌の先で軽くなぞっていきます。

いつもならこのあたりで声が漏れるところなのですが、今日はやはりテンションが低いのか静かにしておられます。軽くひだの両側を舌でなぞるように舐めたり、クリトリスのあたりを包皮の上からくねくねと舌を動かしながら舐めたりしていきます。小陰唇のひだも充血してかなりふっくらとしてきました。それまでは静かにされていたOKさんなのですが、急にクリトリスのところを私に口に押し付けるようにして腰を上下に動かしたりされます。かなりソフトに舐めていたのですが、それがちょっと物足りなかったのかもしれないですね。何度かそんな風に、クリトリスのところを擦り付けるようにされていたのですが、ちょっと落ち着いてこられたので、またマイペースでひだの包むようにしてゆっくりと舐めていきます。

時々、舌をよけるようにされたりしていたのですが、そのうちに脚の方に力が入ってきておられるのが分かりました。すこし声のほうも大きくなってきた感じがしましたので、クリトリスを包皮で包み込みながら口で吸いこむようにして、全体を舌で少し押すようにして舐めていきます。OKさんの声も大きくなって、それまで少し感じてこられたら腰を動かして逃げるようにされていたのが、そういうこともなく、だんだんと太ももの力み具合が強くなってきたなと思ったら、あ~、とおっしゃって逝っていただけたようです。いつもほど大きな声ではありませんでしたが、テンションが低かっただけに何とか逝っていただけたようでよかったです。

ここでOKさんが股間を私の口から外すようにされたので、一休みさせていただくことにしました。しばらくは逝った後の余韻にまどろんでおられましたが、そのあとは横になりながら、少しお話などをしていました。胸の方を触ったりしながら、落ち着いてきたところで、再び下の方へ移動して、クンニを始めさせていただきます。充血してふっくらとしたクリトリスと小陰唇を口に含むようにしてゆっくりと舐めていきます。同じ調子で舐めていたところ、OKさんが腰をはずされたので、ちょっとまた休憩です。どうも、クリトリスの方も今日は敏感であまり舐めていると痛くなりそうな感じだったそうです。OKさんとはもうお付き合いも長いので、休憩中も仕事の話やら、割といろいろなことを話したりします。その間にも脚を絡ませたり、後ろから抱き付くようにしてみたりと、今日はかなりまったりと過ごしました。

最後に再び脚の間に入らせていただいて、クンニをしましたが、逝っていただくというよりは、軽いクンニの心地よさをゆっくりと楽しんでいただくような舐め方です。もう一度逝きそうな雰囲気はなかったので、私もじっくりと舐めることに集中します。そろそろ時間かなというところで、私も舐めるのを終了して、再び横に並んでしばしゆっくりとします。しばらくして、もう時間になりましたので、OKさんもシャワーを浴びて帰る支度です。

OKさんは前回からちょっとした理由により写真をNGにしておられるので、今日は部屋から出る前のベッドの状態を撮影してみました。外へ出ると雨が降っていて、祭りはもう終わっていましたが、相変わらず人は多いですね。今日はちょっと出だしからいつものラブホに入れなかったり、AVが見れなかったりと、ちょっとトラブル続きでしたが、まぁそれなりにまったりとした舐め犬の時間を過ごさせていただきました。
少し涼しくなってきて過ごしやすいかなと思っていたら連休の初日はちょっと暑かったですね。今日はKTさんとお会いしました。先月もお会いしたのでこれまでよりも間隔が短いのですが、実は前回お会いした時にWOWOWの放送で見たいものがあるとおっしゃっていたので、私のところでBDに録画しますよ、というわけで、録画ができたのでそれを渡すついでに舐めさせていただいたわけです。いつものようにお昼のお弁当を買ってきてくださって、まずはリビングでそれを一緒にいただきました。予約の取れない焼肉屋さんがお店で出しているカレーライスだそうで、焼肉屋さんで作っているだけあって、お肉の具合がよくて大変おいしくいただきました。

お昼ご飯も食べ終わって少しお話をしてからシャワーを浴びていただきました。今日もピンクのスリップ姿でシャワーから出てこられて、寝室の方へ移動します。最近バターコーヒーというのを飲んでおられるそうで、肌がしっとりとするそうです。それを聞いて私の友達の娘がそういえば家でそういうのが流行っていると話していたのを思い出しました。私も冬になると特に脚がカサカサになってかゆくなるので、そういうのを試してみたいところですね。掛布団を下へ落として脚の間に入らせていただいて、太もものところから舐めさせていただきます。KTさんの太ももはバターコーヒーで肌がしっとりとなる前からプルプルして気持ちがよいのですが、脚の付け根のあたりを舐めさせていただくときには太ももにちょっと頭を預けるようにしてブルブル感を感じながら舐めているとかなり心地よいです。

14741201560.jpeg

KTさんはそんなに何度も逝く方ではないので、まずはじっくりと時間をかけて感度を高めていただきます。小陰唇のひだの両側をやさしく上下に舐めていきますが、少しだけ声がもれてきます。それから小陰唇全体を覆うようにして舌をうねうねさせる感じで舐めるのですが、ときおり少しだけヒクっとなったりして徐々に感じ始めておられるのがわかります。クリトリスが固くなってくるまではソフトに軽く包皮の上から刺激をしていきますが、小陰唇の方もだんだんと充血してきて全体にややふっくらとした感触になってきます。感度が高まってくると舌が気持ちよく当たるようにだんだんとKTさんの腰の角度も舐めやすい位置に変わってきて、舌がうまく全体を覆えるようになってきます。ときおり、舌の先端でクリトリスを包皮の上から小刻みに刺激してみるのですが、KTさんの反応する声もだんだんと感度が高まってきているのを知らせてくれます。

感度が上がってくるにしたがって、KTさんの脚にも時折力が入るときがあるのがわかります。まだそれほど連続して力が入る感じではないので、同じようにソフトにクリトリス周辺を舐めたり、小陰唇全体をペローンと舐めたりしながらじっくりと焦らずに舐め続けていきます。そうしているうちに脚に頻繁に力が入るようになって、かなり感度が高まってきたのが分かりますので、少し唇をクリトリスの周りに押し当てるようにして、キュッキュと押すようにして、逝けそうかどうかをみながら舐める調子を変えていきます。太ももの裏あたりもかなり熱くなってきましたので、クリトリスを包皮でしっかりとくるむようにしながらその上からぐいぐいっと舌で押すようにしていたところ、あ、逝く、とおっしゃって1回目逝っていただきました。もちろん逝かれている間にも舌は離さないようにしているので、逝くとおっしゃってから声を出して絶頂を迎えられている時間がかなり長かったようです。

しっかりと逝っていただいて、そのあとはしばらく身体がプルプルと震えておられたので、その間は脚の付け根あたりなどを舐めさせていただいて、身体が落ち着いてきたところで、軽めに小陰唇を覆いながら普通のクンニへ入らせていただきます。逝かれた後すぐにまた連続して逝かれる方ではないので、ここでまたじっくりと逝けそうな状態までになるのを待ちながら小陰唇全体を舐めさせていただきます。一度逝かれたあとなので、小陰唇のひだの間から愛液が溢れているのが分かります。クリトリスは大きくなったままですが、まだ逝きそうな感じにはなっておられないので、小陰唇の周りを中心に舌をうねうねさせながら舐めていきますが、だんだんと脚にも力が入る頻度が高まってきて、声もそれにつれて大きくなってきます。時々1回目に逝かれたときと同じようにクリトリスを包皮でくるんで押すようにしますが、まだもう少しかなというところです。何度かそんな風にして、KTさんの感度を調べながら舐めていきますが、口とKTさんの腰がいい角度で当たるところでぐいぐいとしてみたところ、急にKTさんの声も大きくなって、逝く、とおっしゃって再びしっかりと逝っていただきました。ここで、ちょっと休憩をさせていただきましたが、私の舌が離れてからもKTさんの身体はぴくぴくとして落ち着くまでにはしばらく時間がかかりました。

14741201240.jpeg

KTさんはどちらかというとおっとりとした感じの方なので、舐めているときもそんなに大きな声は出さないのですが、やっぱり逝っている間は身体をよじりながら声も大きくなって感じていただけるので、そのギャップを見ていて私の方も興奮が高まります。休憩をしてベッドで横になりながら少しお話をするのですが、KTさんとはあまりエロい話はしないで、普通の世間話をしていることが多いです。身体も落ち着いてこられたかなというところで、再びクンニを始めさせていただきました。この時に低い三角枕を腰の下にひいていただいたのですが、小陰唇を舌で覆うのにはちょうどいい感じの高さになって、再びゆっくりと全体を舐めるところから始めさせていただきます。2回目の時に何度もぐいぐいと舐めて試した見たのでちょっと強すぎたかなという気もしたので、最初と同じように舐め始めはとても軽めに舐めていきます。

2回いかれているので、ひだの間にもしっかりと愛液が溜まっていて、その味わいが舌にひろがります。2回逝っていただいているので、焦らずにゆっくりとした舌の感触をしっかりと味わっていただきます。軽くですが時間をかけて舐めていると自然と感度も上がってきて、KTさんの脚に力が入りだしてきたのが分かります。腰の位置が少し高いだけでも舌の当たる角度が違ってきて、この位置だとゆっくりと舐めていてもいい感じでKTさんの感じるところに舌がうまく触れているようです。かなり感じてこられたかなというところで、また包皮でクリトリスをくるむようにしながらぐいぐいっと舌で押すようにしてみると、逝く、とおっしゃって今日3回目の絶頂を迎えていただきました。3回目は2回目よりも、逝くとおっしゃてから身体のぴくぴくとした震えがおさまるまで時間がかかったようで、かなりしかりと逝っていただけて良かったです。

そろそろいい時間になっていましたので、ここで今日は終わりにして、最後に写真を撮らせていただきました。写真はいつも脚全体を撮らせていただいてから、部分を撮ったりするのですが、太ももが好きなのでできるだけ太もものむっちり感が分かるような写真を撮りたいといつも思って入るのですが、なかなか難しいのですよね。ほっぺたで触れたときのプルプルした感触の心地よさが伝えたいのですよね。シャワーを浴びていただいて、一緒に用賀の駅までお送りしてから、お別れしました。別れ際にはBDに録画した番組を見るのを楽しみにしてニコニコされていました。
CFさんから先月最初にメールをいただきました。30代の主婦の方ですが、旦那様とのセックスが昔からあまり合わないので悩んでおられました。連絡いただく女性の方に多いですが、旦那様とは仲もよくて信頼しているのだけど、セックスの面でうまく逝っていないというのは残念なことですね。ネットで出会って実際に会うとか初めてで、かなり思い切って連絡をくださったそうです。とりあえず最初はお茶をしながらお話をしてからということでお約束をしました。用賀の方まで来てくださるとのことで、改札口で待ち合わせをして、スタバの方でお茶をしながらお話をすることにしました。

お会いしてみるとスタイルの良いきれいな女性で、緊張されていたのだと思いますが、よくお話をしてくださって、スタバでしばらくいろいろお話をしました。でも、さすがに舐め犬に関することはあまり大っぴらにはお話しずらいので、自宅の方へ移動することになりました。自宅のリビングでお話していると、旦那様が前戯があまりなくてすぐに挿入するような感じだそうで、それが合わない原因みたいです。女性の方にいっぱい感じていただいた方がどんどんセクシーになっていって、セックスするにも盛り上がっていいと思うのですが、前戯の少ない男性って多いみたいですね。どうしてなんでしょう。

私でも大丈夫とのことでしたので、今日のうちにクンニもさせていただくことになり、シャワーを浴びていただきました。バスタオルを巻いて出てこられて、寝室のほうへご案内して、歯を磨いているあいだしばし待っていただきます。部屋を少し暗くして、CFさんの横に並んで、少し脚を触らせていただきます。脚はかなり細めですらっとされています。そのまま、布団を下へ落として、脚の間に入らせていただいて、太もものあたりから舐めさせていただきました。パンティははいておられたので、脚の付け根あたりまで舐めさせていただいたところで、とらせていただきました。ヘアーは自然にされているようですが、もともと薄めの方のようです。小陰唇のひだとの間をまずは入念に軽く舐めさせていただきます。お子さんはまだ小さいそうなのですが、出産してからあまり濡れなくなったとおっしゃっていましたので、まずは軽めにじっくりと感じていただくのがいいかなと思い、ひだの上も軽く触れるようにしながら上下に舌を動かしていきます。

ひだの両側を舐めているところで、それまで静かにされていたCFさんも軽く声も漏らして、徐々に感じてきておられるようです。少し舌を伸ばすと膣から愛液がたっぷりと溢れているのが分かります。舌で小陰唇全体を覆うようにして少しずつ動かしていくようにしていると、私の腕のほうへ手を伸ばしてこられます。最初のうちは少し腰を下のほうへ向けておられたのですが、だんだんと舌の当たる感触が分かってきたところで舌がしっかりと小陰唇を覆えるようにいい感じの角度に腰を動かしてこられて、声もだんだんと大きくなってきましたので、かなり気持ちよくなっていただけているのが分かります。脚も大きく開いて舐めやすくしてくださっていたのですが、感じてくるととともに私の頭を挟むように閉じてこられて、気持ちよさそうです。腰の角度に合わせて小陰唇全体を包み込むようにして舌をうねうねと動かしていると、クリトリスも形がはっきりとしてきます。舌の動きを少し止めてみるとヒクヒクしてきているのがわかりましたので、濡れにくくになっているとおっしゃいましたが、十分に感じやすい身体をされているのがはっきりしてきます。

クリトリスも意外にはやく固く大きくなっていましたので、包皮で包むようにして少し押すようにするとCFさんの声も大きくなって感じておられるので、そのまま押し付けるようにしながら舐めていると、CFさんも腰を浮かすようにして私の唇にクリトリスがよく当たるようにされます。そのままぐいぐいっと押していると、あ~、と声をあげられて最後は脱力してがくんと腰を落とされたので、逝かれたかなと思ったのですが、少し軽めに切り替えてそのまま舐めさせていただきました。昔はすごく濡れるほうだったとおっしゃていましたが、比較的早く逝ってしまわれたので、今でもやはり感じやすい体質は変わっておられないみたいです。

一度逝ってしまわれてもクリトリスはすぐに固くなってきましたので、多分何度でも逝ける方なのだろうなと思って、少し落ち着くまではゆっくりと舐めさせていただきました。膣の入り口あたりを舐めさせていただくと声のトーンと変わってまた少し腰を浮かして舌が中へ入りやすくしてくださったので、ここもかなりお好きみたいです。再びクリトリスのほうへと戻って包皮の上から軽く刺激していくとすぐにまた逝きそうな感じで腰を浮かせてこられたので、そのまま押すようにしていきながら、今度は胸の方へも手を伸ばして、乳首を触らせていただきながら、逝っていただきました。逝かれたところでクリトリスから舌を話さないようにして押し続けていると、脚をギュッと閉じながら身体を反らすようにしてさらに深く逝かれて、最後にはガクンと脱力されました。胸を触らせていただいたときに気が付きましたが、身体は痩せておられるのに胸は大きくて、手のひらの中でふわふわする感触が気持ちがよいです。

2,3回逝っていただいたところで、CFさんが逝くときのパターンが分かってきましたので、これなら何度でも逝っていただけるなと思いつつ、逝かれたあとはさすがに敏感になっておられるのでしばしソフトに舐めるようにして、時間を空けてから、そろそろというところでまた逝っていただくようにしました。CFさんの小陰唇のほうも充血してふっくらとして舌へのあたりかたが柔らくなってきています。私の唇と女性の方の腰の角度がいい具合にマッチするとすごく舐めやすいですし、逝っていただけそうなときにしっかりと逝っていただけるので、いい感じです。

何度か逝っていただいた後に一休みして、CFさんもトイレに行かれてから、ベッドのところで少しお話をさせていただきました。話のネタに寝室においてあるクンニ用の椅子をご覧いただいたりもして。時間も少なくなっていましたが、もう少し舐めさせてくださいということで、クンニをさせていただきました。一息ついてしまったから、とおっしゃっていましたが、軽く舐めているだけでもクリトリスがもとの固さに戻ってきて、すぐにまた逝っていただけました。最後はちょっと逝っておられる間にぐいぐいと調子に乗って舌を押し付け過ぎたので痛くなってしまったそうで、申し訳なかったですが、CFさんがとても感じやすい方で何度も逝っていただけて良かったです。

CFさんは脚もすらっとされていてすごくスタイルもよいのですが、写真のほうはちょっと、ということでブログのほうだけ書かせていただくことになりました。こんなに感じやすい奥さまなのにあまり前戯をせずに旦那様はかなり損をされているような気がするのですが、夫婦間でもなかなか話せないこともあったりで難しいものですよね。
先週初めてお会いしたAYさんですが、さっそくまた連絡をいただいてお会いしました。先週は何度も逝かれて翌日から筋肉痛になられたそうですが、それが治まってまた舐められたいと思ったところ、今秋を過ぎると生理になってしまって、しばらく会えないので今週のうちにと連絡をくださったそうです。先週家に帰ってからぐったりとしてしまうかと思ったら反対にすっきりした感じだったそうで、AYさんも逝くとすっきりするタイプの方のようですね。まだまだ蒸し暑い中待ち合わせ場所から一緒にラブホへ向かいました。

あまりに暑いのでラブホのサービスのケーキを食べる前にAYさんはシャワーを浴びてすっきりとされました。その間に私はケーキを食べて、AYさんが出てこられたところで、私がシャワーを浴びてすっきりです。前回はAYさんがすごい汗をかいていたので、冷房もちょっと涼し目の設定にして、ベッドへ入らせていただきます。今日は胸から舐めて欲しいとおっしゃっるので、胸の方から舐めさせていただきます。今日はゆっくりと舌の感触を味わっていただこうと思っていましたので、乳首をゆっくりと舐めながら身体を触らせていただいて、それから下のほうへ移動して脚の間に入らせていただきます。太ももの内側を舐めていきながら、脚の付け根のところをじっくりと舐めさせていただきます。

14732570220.jpeg 14732570350.jpeg

小陰唇のひだのぎりぎりのところまで舌を進めて、上下に軽くなめていると、気持ちいい、とおっしゃってすでに感じておられます。それからひだの先端のところを舌で触れるか触れないかくらいにつんつんと舐めていきます。AYさんも前回よりは落ち着いて舌の感触を味わっておられるようです。だんだんと舌の接触する部分を多くして、ひだの両側を上下に舐めていきます。クリトリスの先端の部分に舌が直接触れるとすぐに逝ってしまわれるので、できるだけ直接触れないようにして、包皮の上から舌で覆うようにして、じっくりと快感が高まって行くようにします。AYさんもこの時には逝ってしまわないように我慢をしておられたそうです。舌を平たくして小陰唇を覆いながら、少しずつ舌を動かしていきます。

AYさんもだいぶ慣れてこられたようで、前回はもう体中が汗でびっしょりになるくらいでしたが、ガウンも脱いで裸になっておられたのもありますが、まだまだ快感の入り口のところに踏みとどまって舌を受け入れてくださっています。ときどき膣の入り口あたりを舐めるのですが、こちらもかなり気持ちがよいようで、少し入り口あたりに舌を差し入れるだけで声のトーンが変わってきます。AYさんの場合は最初から膣の入り口がせまくて、舌を差し入れると膣の穴が丸くなっているのがよく分かります。クリトリスも少し固くなってきましたし、太ももの後ろあたりもかなり熱くなってこられたので、そろそろ逝かれるのではないかという感じです。クリトリスの包皮の上から小刻みに舌を動かしてして刺激していると、逝きそう、とおっしゃるのでそこで初めてクリトリスの先端に舌が触れるようにしてしっかりと逝っていただきます。一度逝き始めるとクリトリスから舌をはずさなければいつまでも連続して逝きそうな感じなので、ひとしきり逝ききってしまわれたところで、舌を離して軽くるれるだけにします。

逝っておられる間は腹筋がひくひくと激しく動くのですが、クリトリスから舌をはずしたあとも、しばらくは余韻が続いて腹筋がひくとしばらくは動いています。落ち着いてきたところで、再び小陰唇全体を舌で覆うようにして、再び感じていただきます。一度逝ってしまわれると、後はクリトリスを直接刺激すると確実に逝かれるので、しばらくは私のほうで様子を見ながら次に逝っていただくタイミングをはかります。もう身体も落ち着いて汗も少し引いたかなというところで、再びクリトリスへ直接刺激を加えて逝っていただきます。逝かれている間にクリトリスの先端のAYさんが最も感じるところを軽くし舌で刺激つづけてみることにしましたが、舐めている間ずっと逝かれているようです。そうしているうちにクリトリスもようやくしぼむような感じになってきたので、そのまま舐め続けて完全にしぼんでしまったところで、AYさんが、もう無理、とおっしゃるので一休みすることにします。

ガウンを脱いでおられたのでさすがに前回ほどは汗はかいておられませんが、うっすらとは汗が残っています。両手で胸を包み込むようにして触り始めて、余韻を感じておられる間に身体中を触らせていただきます。落ち着いたところで、再びクンニを始めさせていただきますが、最初はやはり軽く舐めていきます。それでもクリトリスを直接舐めるとすぐに逝ってしまわれる感じです。なので、時間をかけてじっくりと舐めさせていただくのですが、やはりクリトリスの周りは包皮の上からでも敏感になってしまっていて、長く舐めていると逝きそうになられます。途中で前回と同様に指も挿入してほしいということになり、人差し指を挿入しながら舐めさせていただきます。舐めるだけでもすぐに逝きそうな状態だったのですが、指も挿入したのでそのまま逝きつづける状態になってしまいました。クリトリスをぐいぐいと舐めていくと、やはり最後はしぼんできて、それと同時に、もう無理、とおっしゃるので再び休憩となりました。

クリトリスで逝っておられる時は膣の締め付けもしっかりと指を握りしめられているような感触です。逝っておられる間にクリトリスを軽くではありますが、刺激し続けていると、その間はずっと逝っておられるようなので、こちらも軽めになめるようにして、逝っておられる時間ができるだけ長くなるようにします。その時間が他の方よりもかなり長いのですが、ずっと逝きつづけるのは拷問みたいな感じだそうで、ぎりぎりまで我慢するのですが、やはり最後には、もう無理、となってしまわれるようです。AYさんは感じてしまえば後はいつでも逝っていただけるような状態なので、私のほうでそろそろいいかなと思って逝っていただきますが、AYさんとしては、完全に逝くのをコントロールされているように感じられたとか。

14732570470.jpeg 14732570610.jpeg

軽く舐める気持ちよさも味わっていただきたいと思ってはいたのですが、少し舐めているとすぐに逝ってしまわれるので、そうなるとせっかくですから逝っておられる間はずっとクリトリスの先端を刺激し続けるものですから、最後には、もう無理、となってしまいます。そのためか、前回よりも舐め始めてからもう無理となるまでが短くて、何度も一息入れるようになりました。もう無理となった時にはほんとに苦しそうにぐったりとされているのですが、少しすると元気になられます。何度逝っても眠くなったりはならないようです。ただ、だんだん脚の方もがくがくとするようになってきて、油断すると脚が閉じられなくなるような感じになっているとおっしゃっていました。

休憩しているときにお話していたのですが、AYさんも昔はこれ以上連続して逝ってしまうと変になると途中でストップをかけていたことがあったそうですが、それをやめて我慢しなくなってから、今のように連続して逝けるような身体になったのだそうです。これ以上したら変になると、おっしゃる女性の方は多いのですが、その変になるというのはどんな状態なのか、変になるとか体験したこともない男性の私としては非常に興味がわくところです。意識が飛びそうになるとかそんな感じなのでしょうかね。ともあれ、今回も時間いっぱいまでたっぷりと何度も逝っていただけてよかったです。