FC2ブログ
昨日になりますが、MSさんとお会いしました。私が夕方からお芝居に出かける予定となっていたのでいつもより短くなるのですが、その分いつもよりも早めにお昼前から自宅の方へ来てくださいました。このところお忙しくされていたのですが、ようやくそれから解放されたそうです。お昼前ということでお昼ご飯を買ってきてくださったので、ちょっと早めですが先にご飯を頂きながら、いろいろとお話をしていました。まぁ、いつもお会いしてからはしばらくリビングでお話はしているのですけどね。

食べ終わったところでシャワーを浴びていただいて、寝室の方でしばしお待ちいただきました。歯磨きを終えて私も寝室へ入ってMSさんが横になっておられるそばですっと布団に入って、MSさんの太ももあたりを触らせていただきながら、そのまま抱き合ってしばらくキスなどをしていました。抱き合いながら私の脚をMSさんの股間に差し入れて脚を絡ませながら気持ちを高めていただきます。それからおもむろに下の方へ移動して、布団を剥ぎ取って、MSさんの脚の間に入らせていただきます。太ももから舐め始めて、脚の付け根あたりに舌をぴったりとくっつけてゆっくりと動かしていると、MSさんも感じてこられて少し声を漏らし始めます。

14772333960.jpeg

だんだんと小陰唇のひだの周りに舌を近づけて、焦らすようにして、小陰唇の周り舌を触れていきます。しっかり時間をかけた後に、小陰唇のひだに触れると、あっ、とMSさんも声をあげられます。最初はひだの先端ん軽く舌が触れるくらいにしてひだの上から下まで少しずつ舌を移動しながら舐めていきますが、だんだんとひだに触れる範囲を大きくして、最後はべったりと舌で覆うようにして、ひだの両側を舐めていきます。ひだの間に舌を差し入れるころには愛液がひだの中にたっぷりと溜まっています。小陰唇全体を舌で覆うようにして、少しじっとして舌を動かさないでいても、MSさんには十分に感じていただけているようです。ひだの上を左右に舌を動かして、だんだんとクリトリスの上あたりに近づいていきます。クリトリスの上から舌で包み込むようにしてゆっくりと動かしていると、クリトリスがだんだんと固さを増してくるのがわかります。

ここで、包皮と一緒にクリトリスの周辺から口の中に吸い込むようにして、舌を動かしていくと、MSさんの声のトーンも少し高くなっていきます。クリトリスを包皮でくるっと包み込んで、その上から少し強めに押すようにして舐めていくと一段と声も大きくなって、腰を浮かせながら私の口に股間を押し付けるようにされます。そうなるともう十分に感じておられるので、クリトリスの下あたりを押すようにすると軽く逝っていただけたようです。そのまま休まずに軽めに舐め続けながら、再び逝っていただけるチャンスをまちます。こういう時は膣の入り口を舐めさせていただいたりしますが、逝かれた後には愛液がさらにたくさん溜まっているのが分かります。

最初はあまりクリトリスに直接あたらないように包皮でくるみながら徐々に舐め方も強くなっていきます。MSさんはクリトリスのところを吸い込むよりは唇を押し付けるようにしてクリトリスをぷっくりとさせてから刺激する方がお好みのようです。ぐいぐいっと押すように舐めていると少し大きめに逝かれたので、そこで一休みさせていただきます。MSさんの余韻が落ち着くまでしばらく抱き合いながらMSさんの背中などを撫でたりしていきます。脚はMSさんの股間に差し入れて太ももで押すようにしていたのですが、途中でMSさんが脚を組み替えて、指で触って欲しいとおっしゃるので、キスをしながらクリトリスを指で触らせていただきます。固くなったクリトリスを包皮の上から指で刺激しているとMSさんもかなり感じておられるようです。

しばらく指で触っていたのですが、かなり感じてこられたので、下へ移動してクンニを再開させていただきました。すでにクリトリスは敏感になっていたのですが、舌で舐めていると、クリトリスを直接刺激する方が気持ちよさそうにされているので、途中からは包皮で包むのはやめて、固くなってむき出しになったクリトリスを押すようにして舐めていきます。何度か逝かれたようなのですが、クリトリスを直接刺激していても大丈夫そうで、MSさんもクリトリスがもっと剥けるように手を股間のところに添えたりしておられるので、舌の力を緩めずにぐいぐいとむき出しになったクリトリスを舐めていきます。

いつもよりはかなり強めに舐めて続けていたのですが、MSさんが、逝く~、とおっしゃるので同じ強さでぐいぐいと舐めていたところ、大きな声をあげて逝ってしまわれました。そのあとも同じように舐めていたのですが、その間中ずっと大きな声をあげ続けてかなり深く逝ってしまわれたようです。こんなに長く大きな声で逝かれたのは初めてではないかと思うくらいに、しっかりと逝かれたので、舌を離すと、MSさんはそのままぐったりと横になられてしばらくじっとされていました。いつもなら逝かれたあとは抱き合いながら余韻を楽しんでいただくのですが、今日はめずらしくそのままぐったりとされていました。

最近のお疲れもあったのかも知れませんが、そのあと、しばらく眠られたので、私も一緒に横になって眠っていました。小一時間くらい眠ったのかも知れませんが、そこでアラームが鳴ったので私が出かける時間になってしまいました。いつもなら休憩をはさんで3回か4回くらいクンニをするのですが、今日は2回だけで終わりになりました。でも、あんなに深く逝かれたので、こうして少し眠って落ち着かれた方が車で来られているので、安心できます。アラームで目を覚まされてまだすこしぼんやりされているうちに写真の方もとらせていただきました。このところずっとソフトに軽めにという舐め方をしてきたのですが、強く舐めても平気な方の場合にはたまにはこんな風に強めに舐めて深く逝っていただけるのもよいのかも知れませんね。
先月に初めてお会いしたTMさんとお会いしてきました。前回は都内でお会いしたのですが、時間が限られていて、自宅の近くでお会いした方が長い時間お会いできるということで、少し郊外の方へお出かけしてきました。お昼前からお会いしたのですが、私が車で待ち合わせ場所へ向かう間にお昼を買ってきてくださって、ラブホへ入ってから早速いただきました。このラブホは私がちょうど舐め犬を始めたころにこのあたりの方とお会いする時にはいつも使っていたラブホなのですが、久しぶりに入ってみると部屋が改装されたのかちょっときれいになっていました。公開へくるとショートタイムで3時間というのが太っ腹でいいですね。

ご飯をいただきながらあれこれとお話をしてから、TMさんにシャワーを浴びていただきました。そのあと私がシャワーを浴びてベッドのほうへと移動します。ベッドに横になったTMさんのガウンのすそのところを広げて脚のあたりを触らせていただきます。2回目なのでTMさんも落ち着いた感じです。前回お会いしてから少し太ったとTMさんはおっしゃるのですが、もともとがかなり細身の方なので、そう言われても全然わからないくらいですね。そのあと掛布団を全部下へ落として、TMさんの足元の方へ移動すると脚の間に入らせていただきます。太ももの内側を脚の付け根へ向かって舌を進めてききます。脚の付け根に近づくとTMさんも少し反応をされて感じておられるのが分かります。

14771413660.jpeg

前回は割と何度も逝っていただけたので、今回は私も落ち着いて舐め始めることができます。脚の付け根のところに舌を平たくしてペタッと接触したままにしていると、気持ちよさそうな声が少しもれてきます。徐々に小陰唇のひだに舌が近づくにすれて、もう腰を少しくねらせながら感じておられます。小さめの小陰唇のひだの両側をねっとりと舌で覆いながら舐めあげて行ったあとに、小陰唇の中へ舌を差し入れてゆっくりと上下させていきます。ひだが小さいので舌を平たくして舐めていると、尿道のあたりとか舌がぴったりと張り付くようになります。

最初のうちから舌がクリトリスに直接は触れないように、このところは少し包皮ごと吸い込むようにして舐めてみているのですが、TMさんの場合はひだが小さいのでクリトリスを完全に包み込むのはちょっと難しい感じです。その代わり、舌全体で覆うようにしてゆっくりと左右に動かしながら、性感を高めていただくようにします。TMさんは逝くときに、逝くとはおっしゃらないので、いつ逝けたのかははっきりとはわからないのですが、クリトリスが十分に固くなってきたところで、上から少し押すようにしているとTMさんの声もおおきくなり、連続して舐めている間は腹筋も緊張したままで、ふっと脱力されたところで逝き終わったのかなとわかります。そんな時は、舌もゆるめにして、クリトリス周辺をゆっくりと舐めるようにします。

何度か逝かれた様子の後で、かなり大きく脱力されたので、そこで少し休憩をさせていただきました。TMさんは細身なので舐めながら見上げていても、逝きそうになっているときなどは腹筋に力が入っているのがよくわかるくらいです。ですが、40代の割には胸がきれいなお椀型をしていて、仰向けに寝て舐めさせていただいているときも形が崩れないんですよね。少し休憩したあとには、その胸から舐めさせていただきました。少し長めに舐めさせていただいたのですが、かなり胸も感じられるようで、舌と右手で両方の乳首を刺激していると、逝きそうになっておられのではないかというくらいに感じた声を出しておられます。何度か逝ったあとはやはり身体全体が感じやすくなっていますね。

そのあと下の方へ移動してクンニを再開しましたが、もう舌を軽く触れるだけで声が出てしまうくらいに余韻が残ったままのようです。最初はやはり逝っていただくのではなくて、軽く舐めながら感度を高めていただきたいので、全体を舌で覆いながらゆっくりと舌を動かしていきます。舐めだしてすぐにもまた逝きそうなくらいに声をだされていたので、できるだけクリトリスを包皮でくるむようにして少し強めに押すようにすると、さらに声を大きくされます。特にクリトリスの下側のポイントに舌がうまく触れているときには大きな声をあげて感じておられるようです。時折はクリトリスに直接舌が触れたりもするのですが、そんときには格別大きな声をだして感じておられます。あまり直接刺激するのを続けると痛くなってしまうので、時々様子を見ながら刺激さていただいていますが。

クリトリス以外でもやはり膣の入り口あたりはかなり感じるようで、舌を少し膣に差し入れるようにすると声もおおきくなります。周辺を舐めながらこうして性感を高めていただいてから、クリトリスをぐいぐいっと押すようにすると、逝っていただけているのではないかという手ごたえがありました。休憩前と同じで、逝かれた後にそれまでよりも大きくガクンと脱力されたときに、一休みとさせていただきました。ここで並んで横になっていて、ちょっとだけ眠ってしまったりもしながら、いろいろとお話をさせていただきました。

休憩の後はこれが多分最後になるかなというタイミングでしたので、何度か逝っていただいてから、TMさんの腰をしっかりとつかんで、唇をクリトリスのところへ押し当てるようにして、大きくなっているクリトリスがさらに大きくなるようにして、ぐいぐいと舐めさせていただきます。逝かれたと思った後もそのままの調子でぐいぐいと押すようにして舐めていると、TMさんの声がそのたびに大きくなっていきます。舌を緩めることなくかなり長めに舐め続けていたのですが、TMさんが今までにない大きな声を出しながら、腰を浮かせて身体全体を緊張させて感じておられます。ひとしきり逝ききっていただけたかなと思ったところで、舌を離したのですが、TMさんがおっしゃるには今までに経験したことがないような逝く感触だったそうです。やはり舐め犬でも、こんなの初めて、と言われるのはすごくうれしいものですよね。

完全に逝ききっていただいたところで抱き合いながらキスなどをしていましたが、指でクリトリスのところを包皮の上から触っていると身体を少しプルプルとさせながら感じておられます。TMさんの手が私のものに触れて固くなっていたのですが、腰のこともありますし、今日は無理しないで挿入はなしにしておきましょうということで、ここで舐め犬の方は終了となりました。しばらく抱き合いながら横になってTMさんに余韻を楽しんでいただいたのですが、しばらくの間はやはり身体が時々ピクピクっと動くような感じです。落ち着いたところで、シャワーを浴びていただいて、お昼ご飯と一緒に買ってきていただいたコーヒーを入れてゆっくりとお話をしながらいただきました。
2016.10.15 突然の不幸
秋らしくなったとおもったらすでに少し寒いくらいになっていますが、皆様お元気にお過ごしでしょうか。私はといいますと、先週末に突然の不幸に襲われてしまいました。不幸なんていうと誰かが死んだのかとか思われるかもしれませんが、そんなに深刻なことでもないのですが、舐め犬としてはちょっと残念な出来事です。

体育の日でしたかね、朝、さぁこれからマッサージに行ってすっきりするぞと朝ごはんのトーストを食べ終わってコーヒーを飲んでいた時に、くしゃみをしました。くしゃみです。くしゃみなんですよ。そしたら腰のところがギクッとなりました。突然の痛みになんだこれはと思ったのですが、かるくぎっくり腰になったみたいです。なったことないのでぎっくり腰なのかどうかも分かりませんが、脚を伸ばしたまま身体を曲げようとすると痛くてダメです。あらら~、と思っていたところに、追い打ちをかけるように再びくしゃみが出そうになり、大丈夫かなと思いながらくしゃみをしたら、やっぱりダメで同じところがズッキンとなりました。

検索してみるとぎっくり腰になった時はいたくてうずくまるとか書いてあるのですが、それほどではありません。そのあと普通に歩いてマッサージに行きましたし、背骨とかボリッとされても痛くはないですし、とにかく立ったまま腰を曲げなければ大丈夫でした。

次の日から仕事にいきましたが、さすがに重い鞄を持ってうろうろ歩いていると疲れがたまってあまり腰にはよろしくない感じです。数日過ぎても劇的によくなることはなくて徐々に痛みが少なくなっていく感じですね。一人暮らしでも日常生活にはそれほど支障がでるほどのことではなかったのですが、何故かこういう時に限って舐め犬のお誘いが増えるという、不幸が倍増することになり、平日の仕事帰りの舐め犬を2回もお断りしなければならないことになりました。舐めているときは私はうつ伏せになって首から上だけを動かしているので、クンニができなくはないですが、その体勢になるまでに、あ痛たたとか言っていたら女性の方も気分よくクンニを楽しめないですよね。

その間に連絡のあった方からお大事にと言われながら、せっかくの舐め犬のチャンスを逃してしまうのは悲しいですね。今週末もどうなるか分からなかったのですが、とりあえず立ったり座ったりの時にあいたたたということにはならなくなってきました。やれやれです。でもせっかく治りかかっているので挿入とかはしない方がよいですかね、女性に上に乗って勝手に使っていただくなら問題ないかな、とかいろいろ思案してしまいます。
ブログの記事では連続になりますが、ROさんと前回お会いしてお別れする時に今回のお約束をしてありましたので、再び自宅の方へ来てくださいました。ROさんはいわゆる多頭飼で複数の舐め犬さんと順調にお付き合いをされているのですが、前日もお会いされて舐め犬を楽しんでこられたとのことです。逝くときに力が入るので、今日はお尻のあたりが筋肉痛だそうです。リビングで買ってきていただいたお弁当を食べながらいろいろゆっくりとお話をして、それからシャワーを浴びていただきました。

ベッドへよこになると脚をまっすぐに伸ばされて、クリトリスが見えてる、とおっしゃいます。前日に舐め犬をしてもらってクリトリスの刺激がまだ残っていてふっくらとしているのでしょうか、普段なら脚をまっすぐ伸ばして上からみてもクリトリスは飛び出しては見えないのだけど、今日は見えてる、そういうのは初めてのことだそうです。クリトリスっていっぱい刺激を受けたあとはなかなかしぼまなくて一晩経っても結構充血したままとかいうことをよく聞きます。そんな状態になるとちょっと触れただけでもかなり快感みたいですね。電車の振動とか、自転車のサドルとか、実際に気持ちよくなるとおっしゃる女性の方が以前にもおられました。エロ漫画みたいなエピソードですが、そういう話もあながち男の妄想だけというのではなさそうです。

14760681090.jpeg  14760680990.jpeg

ROさんが脚を開いて待ちわびておられるので、脚の間に入らせていただいて、太もものあたりから舐めさせていただきます。脚の付け根をゆっくりと舐めて、小陰唇の周辺を舐めながら、そろそろひだのところに舌を触れさせるところで、再び反対側へ舌を運ぶと、ROさんが、焦らされてる、とおっしゃいます。前日の刺激が残っていてウォーミングアップは必要なのか、すぐにも小陰唇を舐めた方がよさそうです。なので普通ならもう少し周辺をゆっくりと舐めるところなのですが、小陰唇のひだに舌を乗せていきます。クリトリスの上あたりに舌が来ると、あ~きもちいい、と声をだされました。ROさんはすぐに逝ってしまわれるので、最近はそういうお相手の場合はできるだけすぐには逝かないようにソフトに舐めさせていただくようにしています。クリトリスを包皮の上から舌で包み込むようにして軽く舌を押し当てるようにします。そんなに舌を動かさなくても、柔らかい舌の感触と、暖かさに包まれて気持ちよくなるようです。

ソフトクリームを崩さないように下から上に舐めあげるような感じで、小陰唇のひだを舌に絡めながら上下に動かしたあと、クリトリスを包み込んでゆっくりと左右に動かしたりしていきます。ROさんはクリトリスを直接刺激しても痛くはないのですが、やはり包皮にくるんでその上から刺激した方がじんわりと気持ちよくなっていただけるので、そのほうがよさそうです。そんなに舐めなくても今にも逝きそうな感じではあるのですが、クリトリスには直接触れないように気を付けながら、小陰唇のひだを口の中に吸い込むようにして、それでクリトリスを包み込んで少しぐいぐいと舌で押すようにします。ROさんの太ももの後ろ側も熱くなってきているのがわかります。このあたりって逝きそうになると急に熱くなってくるので、逝くまでもうすぐだなと分かりやすい場所です。

少しだけ強めにぐいぐいと舐めてすっきりと逝っていただいたところで、そのまま舌を離さずに、さらにぐいぐいと押すようにすると、ROさんも一旦は逝ききった感じになりつつも、再び逝く感じが戻ってきて、それが続いたあとに、完全に脱力されて余韻に浸られます。そうなると舐め方もかるくソフトにもどして、またROさんの身体の準備ができるのを待ちます。感じてこられると小陰唇のひだの先端からクリトリスの先が少しだけ飛び出してきますので、そのあたりを舌先で軽くペロペロするとROさんの反応も大きいのでそのあたりもお気に入りのポイントかなと思います。膣の入り口あたりも舐めるのですが、ROさんの入り口はもともと小さいみたいで、舌先がちょうど入るくらいで、その小さな入り口も逝かれた後はさらに小さくなって舌を差し入れるときゅっと締ってくるのがわかります。

次に逝かれるまでの間は小陰唇のひだに舌を絡ませたりしているのですが、クリトリスが敏感になり過ぎたときはやはりひだを通して刺激するのがよさそうです。いつもは唇を押し当てるようにして、クリトリスがぷくっとなったところを舐めたりしていますが、このところはクリトリスを包皮ごと吸い込んでみたりしています。こういう舐め方も気持ちいいみたいですね。何度か逝かれたあとに脚を閉じて舐められたいとおっしゃいます。ROさんは脚を閉じるとしっかりと逝けるのですが、いつもは最後にそうされていたのですが、今日は最初からもうそういう風に逝きたいみたいです。脚を閉じて5回くらい連続して逝ったところで、限界になって、一休みです。ROさんはしばらくは横になったままじっとして余韻に浸っておられます。連続して深く逝くとやはり疲れるのでしょうね。

14760680880.jpeg

しばらくベッドでお話をしたあとに、再び舐めさせていただきます。一応また小陰唇のひだの周辺から舐めていきますが、ROさんはもういつでも逝けるような状態だと思います。休憩をした後って、小陰唇のひだの間に愛液がたっぷりと溜まっていることが多いですが、ROさんのひだの中も愛液の味わいでいっぱいです。膣の入り口もさらに狭くなっているみたいです。軽くひだを上下に舐めているだけで、太ももの裏が熱くなって今にも逝きそうな状態になっておられるのがわかります。今日は吸い込んで舐めるのを多めにしていますが、時々包皮で完全にくるまれていなくて、クリトリスに直接舌が当たることもあり、その時はROさんも今までよりも大きな声で、あ~、とおっしゃって感じておられます。やはり直接刺激するとかなり強いみたいですが、時々こんな風に刺激をしてみるのも、いいみたいです。連続して刺激すると、前回までもちょっと低めの唸るように声を出して快感に耐えておられる感じでしたが、今日は少し控えてみました。

何度か逝かれた後にやはり最後は脚を伸ばした状態でということで、またここでも4,5回逝かれて限界になったところで、一休みになりました。多分前日も何度も逝っておられると思うのですが、40代の女性の性欲は底がないみたいです。落ち着いたところで、リビングへ移動しておやつをいただきました。おやつを食べた後に再びされるかなと思っていたのですが、前日からの逝きすぎでお尻が痛いので今日はこの辺にしておくとのことで、終了となりました。

ROさんは舐め犬さん何人かとお会いされてるのですが、こんな風に複数の舐め犬さんとお会いになっている女性がその印象を他の女性のかたと共有できれば、舐め犬を試してみたいけど不安だなと思っておられる女性の方がもう少し安心して連絡を入れてみたりできそうな気がするのですけどね。舐め犬を始めたころに活発に書き込みをしていたバター犬さんの舐め犬専門店のSNSでは、女性のコミュニティでそんな情報共有もされていたみたいですけど、今はどうなんでしょう。