FC2ブログ
今月の初めくらいにLRさんからメールをいただいて、今日お会いする約束をしていました。メールでは地味な感じとあったのですが、お会いしてみると目鼻立ちがはっきりした美人な方でした。1年ほど前からこのブログをご覧いただいていたそうで、嬉しいことですね。土曜日でラブホが混んでいたら嫌だったのでお昼前に待ち合わせをして、ホテルへ向かいました。ホテルに入ってからLRさんが買ってきてくださったお茶をいただきながらしばしお話をしました。明るく話をしてくださる方ですので、初対面の緊張感もすぐにほぐれてきます。綺麗な方なので彼氏はいらっしゃるそうですが、SEXの方はちょっと満足できない感じだそうで、それで舐め犬の私に連絡をいただいたとのことです。

それからLRさんにシャワーを浴びていただいて、続いて私がシャワーを浴びます。出てきてから、部屋を暗くするのにカーテンを閉じていると、LRさんは別に暗くしなくてよいらしくて、片方のカーテンは閉じないままです。そうは言っても照明はやや暗めにしてから、始めさせていただきました。メールでもできるだけ焦らして欲しいと書かれていましたので、脚の間に入らせていただいてから、クリトリスへたどり着くまでは出来るだけ時間をかけて舐めることにします。まずは太もものところから舐め褪せていただきますが、比較的背の高い方なので脚も長めです。ちょうどいい感じのムチムチ感のあるすらっとした太ももの内側を脚の付け根へ向けて舐めていきます。

15109910060.jpeg 15109911050.jpeg

ヘアーは脱毛されてすべすべになっていましたが、Vラインは形を整えるために一度脱毛してこれから生やしながら形を整えるそうで、そういうものなんだと初めて聞きました。脚の付け根から小陰唇のひだの間を舌先でたどりながら舐めさせていただきますが、小陰唇のひだがほとんどないくらいだったのですが、LRさんはinnocent pussyとおっしゃっていました。小学校高学年くらいなかんじかな。ひだの両側を上下に舐めたりしながら、いよいよひだのところを舐めていきます。普通ならひだを舌で左右にうぬうねと舐めたりするところなのですが、ひだがほとんどないので舌で覆うようにして舐めると自然とひだの中にも舌が届きます。膣のあたりからは愛液が滲みだしている味わいがあります。

クリトリスは最初はまだ小さくて少し膨らんでいるのが分かるくらいですが、時間をかけて舌で覆いながらゆっくりと舐めていきます。だんだん感じてこられると、時々膣から尿道のあたりがゆっくりとヒクヒクと動いたりします。舐め始めたところからLRさんは私の手を握っておられたのですが、感じてこられたところで握っていた手にも力が入ってきます。クリトリスもふっくらとしてきたところでクリトリスを覆うようにして舌を左右に動かしながら刺激をしていたところ、太ももの裏あたりに熱を帯びてきたと思うと、手の平も温度が上がってきてそろそろ逝きそうな感じになってきました。少し強めに舌を押し当てながら舐めていると、逝く、とおっしゃって太ももで私の頭をギュッと挟みながら大きな声を出して逝っていただけました。

逝かれて少ししたら口を離したのですが、それからまた続けて舐めさせていただきました。一度逝かれているのでもうクリトリスはふっくらと大きくなったままですが、途中でRLさんが、もう少し強く、とおっしゃるので、クリトリスのところに唇を押し当てるようにして、舌は押し付けるようにしながら舐めていきます。そうするうちにまた、逝く、とおっしゃって太ももで頭をしっかりと挟んで逝かれました。今回は私も口はすぐには離さずにクリトリスのところをしっかりと押し付けるようにしていると、LRさんは脚を私に巻き付けるようにしたりしながら、低めの呻くような声をあげながら割と長い間絶頂を感じていただけました。LRさんの息遣いも落ち着いてきたところで、一休みしたいとおっしゃるので、休憩になりました。ベッドで横に並ぶと、気持ちよかった、と抱き付いてこられて軽くキスをしたりしました。

一休みしたところでまたクンニを始めましたが、一度逝かれてからは10分ほど舐めると逝ってしまわれるくらいになって、逝かれる時の声の大きさとか、絶頂の時間とか、逝くたびに快感の具合がよくなっているみたいです。次の休憩でソファーのところでホテルのデザートをいただいたのですが、クンニもソファーでしたり、騎乗位とかもありますとお話をして、ソファーでのクンニも楽しんでいただきました。そこでも逝かれたあと、私が脚フェチということで膝の上に脚ののせてくださって、気持ちよく触られていただきます。同時に、LRさんが脚で私のものを刺激されたのでそれも気持ちよかったですね。

LRは脚が冷えてきたのでお風呂に入りたいとのことで、一緒に入らせていただきました。この時期、温泉でなくても暖かいお風呂は気持ちよいですね。そこでも、私が湯船のふちに腰掛けてLRさんがフェラをしてくださいました。あまり長くされると射精してしまいそうだったので適当なところで終わっていただきました。ベッドに戻ると、こんどはLRさんが騎乗位で上になって舐めさせていただきました。もうかなり逝きやすい身体になっておられたので、騎乗位でも最後はしっかりと逝っていただけました。

15109911470.jpeg  15109912140.jpeg 

メールでも逝きやすいと書かれていましたが、ほんとに逝く間隔も少しずつ短くなって、絶頂感は反対に深くなる気がします。指を入れながら舐めさせていただ時には、ヒクっとなるたびに指がすっと膣に吸い込まれるようないやらしい動きをしています。逝っていただくときは少し強めにしますが、クリトリスを直接は刺激しないようにしていたところ、直接舐められるのもされてみたいとおっしゃっていましたので、最後の方では逝きそうになってこられたところで、露出しているクリトリスの下あたりを直接舐めたりしてみました。その時はやはり絶頂の時間も長めで、そのあいだ唸るような声も大きく出しながら感じておられて、私もLRさんの腰をしっかりとつかんで口を離さないようにしながら刺激を続けました。

LRさんは途中で部屋の明かりを明るくされたのですが、お互いの顔が見える方がよいとのことで、明るいほうがお好きみたいです。写真を撮るときもさらに明るくして撮らせていただきました。これまでの経験でも、スタイルの良い方って裸を見られることにはそんなに抵抗がないみたいですね。舐め犬は初めてとのことでしたが、こうして何度も逝っていただけて私としてもよかったです。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/1001-a647acb3