FC2ブログ
寒さも厳しくなって危うく風邪をひきそうになりましたが、なんとか風邪にいたらずにすみましたが、油断大敵ですね。先週初めてお会いしてた学生さんのBKさんと再びお会いしました。舐め犬のように長時間のクンニは初めてのことだったので気持ちよさを気に入っていただけたようです。自宅の方まで直接来てくださいました。お会いする前に今回は動画を撮ってみたいとおっしゃっていて、自撮り棒を持ってきておられました。まずはシャワーを浴びていただいて、寝室へ入っていただいて、それから私もシャワーを浴びて寝室へ行きました。

シャワーの間にスマホの設定場所をだいたい決められたようで、ベッドの横のテレビのところに自撮り棒が立てかけてありました。最初から動画を撮るのかと思っていたのですが、しばらくしてからということで、少し部屋を暗めにしてベッドに横になっていただきます。もう少し暗くとおっしゃったのでもう一段暗くしてみましたが、動画を撮ろうというのに、最初はやはり恥ずかしいものなのでしょうか。前回は舐め始めたところから腰を激しく動かしておられたので、今回は最初は動かないようにできるだけ我慢してみるとのことです。

15133410990.jpeg

脚の間に入らせていただいて、太ももから脚の付け根へ進んで、小陰唇のひだの両側を軽く舐めたあとにひだの上に舌を乗せて上下させます。BKさんが腰を激しく動かすのは気持ちよくなってきたらそのまますぐにも絶頂まで進みたいからだそうで、せっかちなところがあるのですね。今回はひだを舐めているときは声は出されていましたが、腰はほとんど動かさずに舌の感触を感じていただいているようです。BKさんのひだは少し小さめなので舌を平たくして舐めると、舌がひだの中の尿道とかのあたりにもぺたりと触れながら舐めることになります。腰を動かさないようにしているので、舐めている途中で尿道のあたりがヒクヒクしてくるのがよく分かります。

そうは言ってもそんなに長い間はじっと我慢はできないみたいで、感じて来られるにしたがって腰の動きも大きくなってきます。舌がクリトリスの先端にふれると時折ガクンといきなり腰を落としたりされるので、クリトリスに歯が当たりそうでちょっと怖いのですが、できるだけ唇でガードするようにします。いつもは逝きそうになってこられたら、舌でクリトリスを押すようにして、徐々に押す力を強めて絶頂まで行っていただくのですが、BKさんはクリトリスを包皮の上から押すようにするよりはクリトリスに直接刺激をした方がお好みのようで、固くなったクリトリスを舌で上下左右にはじくようにして刺激をすると絶頂を迎えやすいようです。BKさんが感じで腰を浮かせてこられたところで、クリトリスに唇を押し付けて、ぷくっとしたクリトリスを舌で刺激していくと、大きな声とともに絶頂を迎えられて、そのあとガクンと腰を落としてしばらく静かにされています。

かなり感じてこられたところで、そろそろというわけで、スマホを持ち出されました。最初は手でもって私が舐めているところを撮っておられたのですが、顔が写らないように撮ろうとするとうまいアングルが見つからないみたいで、やはり自撮り棒で固定して撮ることにされます。スマホの位置も決まったところで、また舐めさせていただきますが、明るいほうがきれいに撮れるだろうということで部屋を一番明るくしたのですが、あっけらかんとして感じのBKさんですが、少し恥ずかしいとおっしゃっていました。撮影はしていますが、いつもと同じ感じで舐めさせていただいて、膣の入り口あたりはBKさんがかなりお好きな場所みたいなので、腰を浮かせてこられた時には、ここへの刺激が欲しいのだなと思って、舌をできるだけ差し入れるようにして舐めていきます。舌を差し入れていると時々膣の内側がうねうねと動くときがあってすごくいやらしい感じがします。

クリトリスを舐めているときはかなり強くしても大丈夫なので、BKさんが絶頂を迎えそうになって身体を浮かせて緊張してこられたらできるだけ持続してクリトリスへの刺激を続けます。特にクリトリスが目一杯固くなっている時に舌が触れると、BKさんがそれまで以上に大きな声をだして感じておられます。途中で指の挿入を求められたので人差し指を入れたのですが、中指がいい、とのことなので中指に変更します。Gスポットあたりを刺激しながら固くなったクリトリスを舌で強めに刺激すると、少し獣気味なうなるような声に変わって絶頂を迎えられます。かなり感じてこられると、逝きそうになっているときには、気持ちいい、とおっしゃっていたので、だんだんと、ぎもちいい、になってそのうちに、気持ちいい、とおっしゃっているのでしょうけど、いもいいい、みたいになっていきます。 

15133411140.jpeg  15133411270.jpeg

途中で撮影は止めたのですが、1時間くらい撮影されていたみたいです。私はどんな絵になっているのか見ていないのですが、今度機会があれが見せてもらいたいなとおもいます。撮影は終わったのでまた部屋をやや暗くしてクンニを続けます。絶頂を迎えられた時に口を離さずに舐めていると、もうだめ、とかおっしゃるようになって来られるのですが、そうおっしゃいながらも腰をガクンと落とされたあとにまた腰を浮かせてこられるので、まだまだ快感が欲しいのだと思って、ぐいぐいと舐めさせていただきます。特に胸が感じるBKさんは、乳首を指ではじくようにしながらクンニをしていると、一番激しく感じられるみたいです。

最後のほうで、クリトリスを舌で上下に舐めていると、いくいくいく、とおっしゃって今まで以上に逝かれたあとにガクンと脱力されたのですが、後から聞いてみると、それまでも逝ってはいるのだけど、その時は、いくいくいく、と言いたい感じだったのだそうです。私はそれまではほんとに逝く感じではなかったのかなと思ってしまいましたが、そうでもないようです。そのあとも何度も絶頂を迎えておられましたが、最後のほうは、もうダメ、とおっしゃることが多くなってきて、最後はほんとにもうだめということでクンニを終了しました。

しばらくベッドで横になって休憩していましたが、そんな時でも胸を触ると敏感に感じすぎるみたいで、他の場所を触らせていただいたりしていました。途中でBKさんが私のパンツの上に手を置いてさすってこられたので、元気になってきたのですが、手を置いていなくてもピクンとなるのをちょっと不思議がっておられました。お話をしている間も触っておられたのですが、気持ちいいなと思いながらも話をしているうちにしぼんできてしまいました。若い方なのでいろいろと興味の湧くことはたくさんあると思いますが、今のうちからこんなに感じる身体をされているので、これからもたくさん楽しんでいただければ嬉しいですね。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/1004-553eba6c