FC2ブログ
信じられないくらいに大量の雪が降りましたが、その雪がまだ道路の隅に残っている状態でしたが、先日お会いしたYPさんから連絡をいただいて、前回同様に仕事帰りにお会いすることになりました。同じ場所で待ち合わせをして、私がいつも使っている前回と同じラブホへと向かいました。早目の時間でしたが結構部屋の方は埋まっているものですね。ケーキと飲み物を持って部屋へ入ると暑いくらいに暖かくしてあります。一息入れながらケーキを食べてしばしYPさんが以前にお付き合いのあった舐め犬の話とかいろいろお話をしました。

ケーキも食べ終えたところでYPさんにシャワーに入っていただきました。前回と同じレイアウトの部屋だったのですが、ここは脱衣所のない部屋があって今回もその部屋でした。いつも使っている割にはあまりよく考えずに部屋を選んでいるのでしっかり覚えておかないとだめですね。YPさんがシャワーから出てこられてから、私がシャワーを浴びて、部屋を暗めにして、さっそく始めさせていただきます。前回はとちゅうちょっと強めになってしまったのですが、YPさんは強めにしなくても十分に感じる方だというのが分かりましたので、今回は出来るだけソフトにじんわりと舐めてみることにします。

15167958300.jpeg 15167958750.jpeg

掛布団を落としてYPさんの脚の間に入らせていただきますが、YPさんは大きめの枕を抱きかかえるようにされています。YPさんは逝くときにもあまり脚と閉じたりしないので、最初から脚を大きく開いておられて、私としては舐めやすい感じです。ムチムチっとした太ももを頬に感じながらももの内側から脚の付け根へと舐めていきます。脚の付け根から小陰唇のひだの間をゆっくりと上下に舐めていきますが、ひだのぎりぎりのところを舐めているとYPさんも少しだけ声がもれてきます。舌をひだの上に軽くのせたところで、ひだの両側に沿って舐めるのですが、最初はひだが小さいように思えるYPさんの小陰唇なのですが、前回と同じように、舐めているうちにだんだんと充血してふっくらとしてきます。

最初はひだの中には舌を差し入れないで、ひだの外側をゆっくりと舐めていきます。いよいよひだの中に舌を入れてみると愛液が溜まっていて、少ししょっぱい味わいがあります。上下に動かしていた舌を少しクリトリスの周辺でとどめてじんわりと動かしていると、クリトリスもムクムクと大きくなってきて、全体にヒクヒクとしだします。まだ舐めてそんなに時間も経っていないので、ヒクヒクが続くように舌の動きを合わせますが、逝ってしまわれてはもったいないので、軽く軽く舌を合わせるだけにします。舌の動きがヒクヒクにうまくシンクロするとヒクヒクが持続して、YPさんの声も少しはっきりと聞こえるようになります。

クリトリスは小陰唇のひだの外側から軽く舌を押し付けるようにすると、くっきりと形がはっきりするくらいに固くなり、YPさんの声も急に大きくなります。そのまま舐めていると逝ってしまわれるので、そうなると少しクリトリスから舌を移動して、膣の方を舐めさせていただきます。膣の入り口のあたりに舌を置いていると、ゆっくりと膣の中が盛り上がってきて、舌がもう少し奥の方へ入って行くようになります。奥から出てくる愛液の少し苦みのある味わいを舌の先に感じながら、もう少し舌先を差し込むようにすると、さらに中が盛り上がってきます。膣の中も気持ちがよい女性の方はよくこんな風に膣の中が動いたりしますね。YPさんも膣のところが気持ちがよいようで、膣のところを舐めるときは私の鼻がクリトリスのところに当たっているのもありますが、クリトリスがヒクヒクとします。

終始軽く舐めているだけだったのですが、クリトリスははっきりと大きく固くなっていますし、ヒクヒクも連続してきましたので、クリトリスの上に舌を乗せて軽く押すようにしていると、すぐにも逝きそうになってしまわれたので、そのままギュッと押すようにして逝っていただきました。もちろん逝ってしまわれても口は離さずに舌をクリトリスに触れさせていますが、YPさんはその間も、クリトリスがヒクヒクし続けて、少し落ち着いたかと思ったら、またすぐに絶頂の戻る感じで、何度かそんな繰り返しがあって、最後にはYPさんが息をつかれて一段落になります。

そのあとも続けて舐めさせていただいていましたが、一度逝かれてしまうと、少し舐めているだけでクリトリスが固く大きくなって、その大きさも逝くたびに大きくなっているように思います。軽く舐めてクリトリスがヒクヒクしてきたところで少しまた膣の入り口あたりを舐めて一休みしたところで、またクリトリスに戻って舐めるのを繰り返します。膣の入り口もだんだんと締ってきて舌の先だけしか入らなくなってきます。YPさんもヒクヒクとなったときの声もだんだんと大きくなってきます。3回目くらいの時に腕を伸ばして乳首を指で触らせていただきましたが、乳首を刺激するとそれに合わせてYPさんの声が大きくなって、クリトリスもヒクヒクと動きます。4回目にはYPさんが指も入れて欲しいとおっしゃったので、指を挿入して、Gスポットを刺激しながらクリトリスを舐めていると、クリトリスがじわっとしぼんできてしっかりと逝ききったようになりました。

15167959340.jpeg 15167959800.jpeg

ここで休みしたのですが、4回ほど逝っていただいた割にはまだ時間は少し残っているくらいでした。YPさんは感じやすくてすぐには逝かないように舐めてみましたが、それで4回は逝っていただいたので、もう少し時間が経っているのかと思っていました。軽く舐めて逝かないようにしたほうがよいかどうか伺ってみましたが、YPさんも逝きそうで逝かないのはもどかしいので逝ってしまいたいと思う反面、ここで逝ってしまうのはもったいないという思いもあるとのことでした。

少しお話をしたところでまだ15分ほどありましたので、4回逝かれてお疲れかもと思いつつ、もう少し舐めますかとお聞きしたところ、OKのようでしたので再び舐めさせていただきましたが、ちょうどアラームがなったところで、最後にまたしっかりと逝っていただけて良かったです。以前はYPさんは一度逝くともうしばらくは触らないで欲しいという感じだったのだそうですが、逝かれたあとにすぐに軽く舐め始めるのがよいのか、比較的長く継続する絶頂を味わっていただきながら、回数もそれなりに逝っていただけるので、休日にじっくりと時間をかけて舐め続けてどんな風になってしまわれるのか見てみたい気がします。

軽く舐めるのがYPさんには合っているのは分かってきましたが、逝かれる時にここを刺激すれば絶対に逝っていただけるポイントはまだはっきりは分かっていません。でも、クリトリスが大きくなってヒクヒクする反応がはっきりとあるので楽しく舐められます。終わってからまた写真をとらせていただいて、一段と寒くなった街中を歩いて駅のほうまで戻ってきました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/1016-96c3bc8d