FC2ブログ
GWに自宅に泊まりに来てくださったNNさんが再び泊りに来てくださいました。GWにお会いした時には、旦那様に、東京へ頻繁に遊びに行き過ぎじゃね?、と指摘されて、しばらくは来れそうにないので、たっぷりと舐めてもらいます、とおっしゃっていたのでした。それが、今度は遊びに来るのではなく、仕事関連の用事で東京へ来ることになったので、堂々とやってこられました。平日だったのですが、この機会でないとなかなかお会いできないのと、NNさんも朝から夕方までは仕事なので、朝私よりも早く出て、私が帰ってから戻ってこられるので、大丈夫かなと思ってお泊りしていただきました。

東京へ来られて仕事が終わったところで、自宅のほうへ到着されました。すでにかるく夕食は食べたとのことでしたので、私もNNさんが来られるまでに夕食を済ませて、自宅でお待ちしていました。いつものようによくしゃべってくださるので、リビングでいろいろお話ながら、買ってきてくださったプリンをいただきました。それからしばらくして、シャワーを浴びていただきます。私もそのあとシャワーを浴びて一緒に寝室の方へ移動しました。

15283806890.jpeg

GWにお会いした時にどんな感じで逝っていただいたのか忘れていましたが、とりあえずいつものように舐めてみることにします。太ももの内側から舐め始めて、小陰唇のひだのすぐ横あたりをゆっくりと舌を上下させて舐めていきます。いつもこうして少し焦らすようにして始めるのですが、後でお話していた時に、こうして焦らさせるのがとてもたまらなくて好きだとおっしゃっていました。実はNNさんは生理が終わったところなのでそれほどムラムラしているわけでもなかったそうなのですが、こうして焦らされることによって、興奮してきたとおっしゃいます。普段はオナニーはされない方なので、ムラムラしていないと、あまり感じないかもと思っておられたのでしょうね。

それから小陰唇のひだに軽く舌を触れさせながら上下に舌を動かしていくと、NNさんからも声が漏れ始めます。舌を平たくしてくっつけたままひだをうねうねと舐めているとかなり感じてこられたみたいです。でも、クリトリスはまだそれほど大きくはなっていません。ひだに挟むようにしてゆっくりと押すようにして舐めていると、徐々にクリトリスの形が分かってきます。かなり感じてこられたところで、少し強めに舐めていると、より感じてこられたのか、脚をあげるようにしておられます。少し時間はかかりましたが、クリトリス中心で刺激していたところ、最後には逝っていただけました。

少し休憩している間にブログを見直してみると、前回はクリトリスを直接刺激するようになってより感じていただけたみたいですので、もう少し強いほうがお好きなのを思い出しました。休憩を終えてからは固くなって先のほうがむき出しになってきたクリトリスを直接舐めてみました。痛そうでもないので、そのまま直接舐めるようにします。前回は終わってからシャワーを浴びているときに、クリトリスをみると腫れたように膨らんでいたのでちょっとびっくりされたそうですが、強い刺激で連続して舐めているとそんな感じになって、翌日もまだ敏感だったりしますね。強く舐めるようになってからより感じるようになったようです。途中で私が付かれるのを気遣ってくださって、NNさんが顔面騎乗になって舐めました。顔面騎乗ではアナルと膣の間あたりを指で押さえながら舐めたりするのですが、指で押さえるのはなかなか気持ちがよいみたいです。

そろそろ逝きそうな感じになってきたところで、再びM字開脚の体勢になって、少し激しく舐めてみると脚をあげて逝っていただけました。この時に、口を離さないようにして、さらに固くなっているクリトリスのあたりを舌で押すようにしていたのですが、絶頂がそれまでよりも長くなって、かなり深く逝ってしまったことに、NNさんも驚いておられました。それ以降は逝かれるたびに同じように口を離さないようにして長い絶頂を感じていただいたので、NNさんもかなり満足されていたようです。寝る前に、もう一度逝っていただいて、時間的にはまだ少し早かったのですが、そのまま眠りました。

朝は6時台に目が覚めたので、朝から舐めさせていただきましたが、朝からすっきりと逝っていただけました。すっきりしたところで、NNさんは私よりも早く家を出ていかれました。

15283806980.jpeg 15283807160.jpeg

仕事が終わって帰ってきて、昨日と同じようにご飯を食べた後にシャワーを浴びていただいて、クンニを始めます。昨日はちょっと強く舐めすぎたかなと思い、クリトリスに直接触れないようにして舐めた方が逝ったときに気持ちがよいかも知れないですね、とお話して、ソフトに舐めてみることにします。実際に、クリトリスを直接強く刺激すると最初はよいのですが、ずっとそんな調子で舐めているとだんだんと麻痺してきて逝くのに時間がかかってしまうのですよね。クリトリスはひだに挟んだままにして、その上から舐めていくことにします。昨日の余韻がまだ残っているのか、軽く舐めているだけで最初からかなり感じておられます。昼間仕事をしているときにも、あそこがジンジンして早く舐められたいと思っておられたそうです。

クリトリスには直接触れないのですが、時々ひだの上から強めに押したりしながら舐めていると、かなり感じてこられて、脚をあげるようにしたところで、しっかりと逝っていただけました。直接触れなくても逝っていただけるのであれば、その方が多分いいような気がしますので、今日はその舐め方で逝きたいと思います。逝っておられる間はやはり口は離さないのですが、その時の方がクリトリスがちゅっととがったようになっていて、舐めている時よりも固くなっているように思います。その上から舌でおさえるようにすると、逝ったあとにまたすぐ逝くような感じになって、絶頂が持続するのですよね。昨日初めて絶頂が持続するのを体験されたから、逝くたびに長めの絶頂を感じられるようになって、かなり喜んでおられました。

寝る前には結局また3回ほど逝っていただけました。逝くときにかなり力んで力がはいるので、今日は舐め始めから腹筋が痛いとおっしゃっていましたが、2番続けてなので、さらに腹筋が痛くなってしまいますね。3回続けて深く逝ったので、すぐにも寝られそう、とおっしゃって、まだ12時にはなっていませんでしたが、私も一緒に眠りました。2番連続して舐めたので、私も疲れていたのか、そのあとは完全に熟睡してよく眠れました。その分、朝はまた早く目が覚めたので、朝からクンニをさせていただきました。あさもすっきりと逝っていただけて、今回は合計8回逝っていただけて、NNさんも満足していただけてよかったです。

NNさんはそのあと、ささっと支度をして、私よりも早い時間に出ていかれました。今回はたまたま東京に仕事ができてきてくださいましたが、NNさんも奇跡的なことだ、とおっしゃっていましたので、次回は本当にしばらくはお会いできないとは思うのですが、せっかく絶頂が持続するのも体験していただけましたし、またゆっくりとクンニを楽しんでいただきたいものですね。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/1042-cf8244b5