FC2ブログ
少しブログを書くのが遅くなりましたが、平日の仕事帰りにERさんとお会いしました。前回から少し時間が空きしたので、どうしているのかな、と思っていたところ、連絡をいただきました。待ち合わせをしてから二人とも食事がまだだったので近くのスキ屋で食事を買って、ラブホへ入ることにしました。少し時間が遅かったのもあるかも知れませんが、満室のラブホが多くて、適当なところへ入ってみたら安いのですが結構古いラブホみたいです。まぁ、ベッドや浴室はきれいになっていたので大丈夫ですが、部屋の感じは一昔前という雰囲気ですね。とりあえずお話をしながら食事をしてから、ERさんにシャワーを浴びていただきました。

今までは、ラブホに入って、ケーキとかを食べてからコーヒーを飲んだりしてのんびりな感じで過ごしてからクンニを始めていたのですが、今回はERさんがかなり早くシャワーを終えて出てこられたので、早いですね、というと、急ぎました、とおっしゃっていました。他の女性とはホテルに入ってから30分くらいで舐め始めてると言ったからですかね。舐める時間がたくさんある方が私としては嬉しいですが、お仕事終わりで疲れているので少しのんびりしたいというERさんの気持ちもよく分かります。夜がもう少し長ければよいのですけどね。続いて私もシャワーを浴びて、ERさんと一緒にベッドに入りました。ここもLED電球なのか部屋を暗くしようとすると、途中で全部電気が消えてしまいます。真っ暗でも良いのですが、やはり薄暗い感じの方が落ち着いてリラックスできる気がするのですけどね。

15309754720.jpeg

腰の下に枕を入れさせていただいたところ、ちょっと固めの枕だったのでERさんの腰がかなり浮くようになってしまったのですが、大丈夫、とのことで、その状態で舐めさせていただきます。前回脱毛の予約の話をされていたのですが、脱毛を始めたとのことで、伸び始めたところな感じです。ERさんのムチムチした太ももに挟まれながら、脚の付け根あたりを上下に舐めて、それから小陰唇のひだの両側をゆっくりと舐めてほぐしていきます。ERさんにはまだクンニで逝っていただけていないのですが、今までは最後強めに舐めたりしていましたので、今回はソフトにじっくりと時間をかけてみることにします。ひだのところをゆっくりと舐めた後は、クリトリスのあたりをひだの上から舌で軽く押すようにしてみたりします。クリトリスの先のとがったところが包皮の上からでも分かりますが、そこを軽く押すと、ヒクヒクという反応は帰ってくるので、ERさんの感度はいいのですよね。

ただこれまでと同じように、ソフトに舐めているとマッサージみたいな気持ちよさなので、仕事終わりでお疲れのERさんは寝てしまいそうになるとのことで、今回も何度か寝落ちしそうになったとおっしゃっていました。その割には不思議なことに、クリトリスはしっかりと反応をしていて、ちょうどいいくらいの強さで押すようにするとヒクヒクと反応が返ってくるのです。じっくりと舐めていると、クリトリスも徐々に固さを増してきます。そこでクリトリスの下あたりの一番気持ちの良いところを軽く舐めていると、ERさんの息も少し荒くなってきたので感じておられるようです。そのまま舐めていると、脚に力を入れて力んでおられるので、逝きそうな感じにはなっておられるようです。何度かそんな感じで力まれたところで、ちょっと休憩、とおっしゃるので一休みすることにします。

ERさんは胸が大きいので、休憩しているときには胸の方を触らせていただいたりしています。もう何度かお会いしているので、休憩中にこうやっていちゃいちゃする感じで、お話とかするのは楽しいですね。ERさんののんびりした話し方も癒される要因かもしれません。しばらく休んでから再び舐めさせていただきます。また枕を下に入れて、クリトリスを中心に舐めさせていただきます。ERさんは途中で脚が痛くなったりと、M字開脚の体勢で脚の置き方に違和感があって、逝きそうな感じになっているところで中断になっているのですが、逝きそうになると無理なところに力が入っているのでしょうかね。クリトリスの周りをじっくりと舐めていると、今回はかなりクリトリスがパンパンになるくらいに固くなってはち切れそうになっているのですが、そのさき逝くというのが難しいみたいです。

舐め終わってからお聞きしたのですが、普段のオナニーではクリトリスと膣の両方を刺激して逝くとのことで、クリトリスだけで逝ったことはないとのことです。ほとんど逝きそうな感じになっているのですが、逝くための引き金として普段は膣の方の刺激が必要なのかも知れないですね。一度クリトリスだけで逝くのを体験していただければそれからはクリトリスだけでも逝けるようになると思うのですが、そこが難しいところです。今度は指を挿入するとかの補助を加えてクンニをしてみるのがいいかも知れません。最後に枕をはずしてERさんに脚を伸ばしていただいてクンニをしてみたのですが、脚の間に入らずに舐めるので舌がなかなかしっかりと届かないのでちょっと無理な体勢になってうまくいきませんでした。

15309754590.jpeg 15309754320.jpeg

今回は舐め始めるまでは早かったので時間も余裕があるし逝っていただけるかなと思いましたが、残念ながらうまくいきませんでした。少し時間が余ったので、普段のオナニーの仕方とかお話をしてゴロゴロしていましたが、こんな話絶対に誰ともしないよ、とERさんもおっしゃっていました。そういう話が自然とできるのも舐め犬のお付き合いのいいところですね。

最後に写真を撮っていたら、私が脚の脱毛をしているので、ERさんがそれを写真に撮ってくれました。まぁ、それだけ見ると女性の脚と言っても分からない感じですが、やはり女性の脚の写真のほうが柔らかさがありますね。その後、ERさんはまだベッドの上でごろごろされていましたが、疲れているところで一度ベッドで身体を休めてしまうと起き上がるのが億劫なものですよね。時間も近づいてきたので、頑張って起き上がってシャワーに行かれました。

ホテルを出て駅で反対のホームだったのでそこでお別れしました。ERさんとは年はかなり離れているのに、友だちみたいな感じで話をとかできるのが不思議です。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/1045-1628d37a