FC2ブログ
今年のGWに初めてお会いしてYYさんなのですが、お仕事で地方におられて東京の実家へ帰省されていた時にお会いしました。今回夏ひと月ちょっと前に連絡をいただいて、夏休みで帰省するのでその時の私の都合を聞かれて帰省の日を決めておられました。平日の夜にお泊りになるのですが、この時期ですので私も翌日はお休みをとることにして、のんびりした気分です。シティホテルのお得なプランがあったので予約をしておいて、先に私がチェックインしてYYさんが来られるのを待っていました。

シティホテルに泊まるときは朝ごはんも楽しみなのですが、お得なプランにJALのマイルが貯まるというコースもあると表示されていたので、それを予約してしまったところ、なんと朝食無しのプランだったみたいで、ちょっと残念なことになってしまいました。もうすぐホテルに到着すると連絡をいただいたので、ロビーでお待ちしていて、大きなスーツケースを引っ張ってYYさんがやってきました。初めてのホテルだったのですが、予想以上に大きくて、広いロビーを歩いて、部屋の方へ向かいました。チェックインした時もそうですが、中国からの観光客がバスで乗り付けるのでかなり大きのお客さんがいます。

15333065220.jpeg 

夜とはいえ暑い中をスーツケースを持って駅から歩いてこられたので、暑い暑いとおっしゃっているので、YYさんにはすぐにシャワーを浴びていただいてすっきりしていただきました。YYさんはこの暑さの中でもワンピースでいいとこのお嬢さんという感じで、まさかこれからクンニをたっぷりと楽しむとは誰も思っていないだろうなと思います。そのあとに私がシャワーを浴びて、ホテルのガウンを着て部屋へ戻りました。ベッドの上で大の字で横になっているYYさんの足元のへ行って、ガウンの前を開いて脚を触ったりします。中はもうパンティははいておられないのですが、脱毛されてツルツルになっていて、YYさんの身体が小柄なこともありますが、20代半ばなんですが少女のあそこを舐めるような気分でちょっと背徳感です。

脚の間に入らせていただいて、太ももの内側から脚の付け根にかけて舐めたところで、付け根と小陰唇のひだの間をゆっくりと舐めます。最初にお会いした時はかなり強めに舐めて、それで気持ちはよかったみたいなのですが、逝く感じはなくて、2回の時には少しソフトに舐めたところ逝っていただけたので、今回もまずはソフトにゆっくりと舐めていくことにします。ひだのぎりぎりのところを舐めて少し焦らしたあとに、ひだの上に舌の乗せてクリトリスの上を覆うようにしながら舌を動かしていきます。舌先でクリトリスに直接触れないぎりぎりのところをつんつんと押すようにしていると、クリトリスの先のとがった感じがはっきりしてきて、それとともにヒクヒクとします。

若い方って最初軽いヒクヒクっていうのはあまり自分ではわからないみたいなんですよね。でもそれを続けていけば気持ちよくなるのははっきりしていますから、ヒクヒクがなくならないように舌を動かす場所を探りながら舐めていきます。YYさんはひだが短いほうなのでいつものようにクリトリスをひだで挟んで舐めるのがちょっと難しいのですが、できるだけクリトリスには直接触れないようにして舐めていきます。YYさんの場合は、最初だんだんとクリトリスが固くなって形がはっきりしてきたところで、何かのタイミングで急に感じるのか、そん時にぐんとクリトリスが大きく膨らみます。そうすると、ヒクヒクの仕方も動きが大きくなって、YYさんも静かにされていたのが声が漏れ始めてきます。

感度が上がってくると、YYさんは脚を閉じてくるのですが、それに合わせてクリトリスを少し押すようにします。いよいよ逝きそうになると、ギュッと強く太ももで私の頭を挟んでこられるので、口が離れないようにしっかりと腰をつかんで舐め続けます。その間も快感が持続しているみたいですが、最後には脱力されて腰を落とされます。その直後は全体に敏感になっているので、軽く触れるだけでピクンと身体が反応します。そうなると少し落ち着くのを待って、また舐め始めることになります。YYさんは膣のところの動きがいやらしい動きをして、感じてくると膣の入り口あたりが盛り上がったりもとに戻ったりと、膣全体がゆっくりとヒクヒクするような動きになります。

途中で、アナルのところを舐めてみると気持ちがよいみたいで、腰を少し浮かせ気味にして、私が舐めやすいようにして、しばらくの間楽しんでおられました。何度か逝かれたのではないかと思っているのですが、途中で、クリトリスの皮をむくようにされたので、それからはクリトリスを直接舐めるようにしました。固くなったクリトリスは先端がとがっていて、その下のところを舐めるとかなり刺激が強くなって、YYさんはそこを舐められるのがお好きなんですね。刺激も強くなると、膣の動きもかなり大きくなって、YYさんが指も入れて欲しいとおっしゃるので、人差し指でGスポットのあたりを刺激しながらクリトリスを舐めていきます。YYさんも腰を浮かせて身体を反らせながら絶頂に達するとがくんと脱力されて、そこらあたりでクンニは終わりになりました。絶頂後は少しYYさんと抱き合って余韻を楽しんでいただくのですが、最後は背中を撫でるとそのたびに身体をピクンとされていたので、身体全体まで感度が上がっているみたいでした。

15333065740.jpeg 15333065990.jpeg

そのあとは、少しお話をしながらそのまま眠りました。彼氏の話とかおもちゃの話とかしましたが、少し前からちょっと人気のあるクリトリスに吸い付くタイプのおもちゃがなかなか良いとのことです。使い始めはさほどでもなかったのですが、3回目くらいですごく気持ちよくなったそうで、ローターの振動とは違ってソフトにクンニしているときとちょっと似ているかも知れないですね。

朝方になって、YYさんが背中を向けていた私の肩をポンとたたくので、くるっと振り返って、少し太ももとかを触ったあとにクンニを始めました。まだ半分身体の方は眠っているのか、ソフトに舐めているとクリトリスのヒクヒクする反応が小さいみたいです。そうしていると、YYさんがもどかしいのか、クリトリスの皮をむくようにされるので、直接舐めさせていただくことにしました。刺激が強いですが、YYさんはそれも平気なので、スイッチが入ったように感じるようになりました。つんと先のとがったクリトリスを舌を左右に動かして刺激していると、さらにクリトリスが固くなって、膣のところも大きくヒクヒクとなります。それと同時に、少しお漏らしもされました。初回にお会いした時は、途中からかなりの勢いでお漏らしをされてベッドがびしょびしょになったのですが、その時と同じような感じ方になったみたいです。でも、おもらしの量は2,3回くらいピュッと出るくらいでしたので、大惨事になるほどではありません。

後でお話を伺うと、強く舐めるとずっと気持ちよくてそれもいいのだけど、逝く感じにはならないらしいです。絶頂もあるけど、もっともっとという感じになって、逝くときはそのあと触られるとちょっと無理となるので、その時によって、どちらかになるそうです。私としては逝っていただく感じの方が好きですが、逝かなくても気持ちがよいのであればそれはそれでいいかなと思います。

一人仕切り舐め終わったところで6時半くらいでしたが、私はそれから起きて、コーヒーとか飲んだりしていましたが、YYさんはもう一眠りスースーと気持ちよさそうに眠っておられました。YYさんの予定で10時くらいにはホテルを出ないといけないのですが、8時過ぎくらいにYYさんが再び目を覚まされたところで、最後に少しだけまた舐めさせていただきました。

ホテルを出る時間もあるので最後は少しだけになりましたが、それからシャワーを浴びてお化粧と髪の毛のブローをされて、予定の時間ぴったりに準備完了でホテルと出ました。仕事で遠くにおられるので定期的にはお会いできないのが残念ですが、クンニはほんとにお好きみたいなので、また帰省されたときにお会いできればいいなと思います。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/1048-057e6635