FC2ブログ
久しぶりにYPさんにお会いしました。昨年の終わりくらいに初めてお会いして、それから3回くらい舐めさせていただいたのですが、それから仕事をかわられたというのもあってから、連絡をいただいていませんでした。仕事を変わられたのと一緒に東京を離れられたそうで、今回は私が休暇中で時間も自由ということで東京へ戻ってこられた機会にお会いすることができました。仕事を変わられてからは禁欲生活だったとのことで、からっからとおっしゃっていました。きれいな方なので彼氏とかすぐに見つかる気がするのですが、お付き合いというような関係はしばらくはしたくないとのことで、とりあえず舐め犬で性欲解消ということでしょうね。

午前中から待ち合わせをして、ラブホのほうへ向かいました。以前は仕事帰りにお会いしていましたので、できるOL風だったのですが、カジュアルな服装で気軽な感じでお会いできます。ホテル街に行ってみるとさすがに部屋は空いていますが、この時間でも結構カップルが歩いていたりして、こんな時間からどういうこと?、と自分たちのことは棚に上げて思ってしまいます。部屋に入ってから、サービスの飲み物とデザートをいただいて少しお話したところで、YPさんにシャワーを浴びていただきました。代わって私がシャワーを浴びて出てくると、ベッドに入っておられたので、部屋の照明を調節して私もベッドに入らせていただきます。

15458025750.jpeg 15458025850.jpeg

いい感じな暗めにして、YPさんの太ももからふくらはぎあたりを触らせていただきます。YPさんは枕を重ねて背もたれにして身体を起こした体勢で脚を開いておられます。舐め始めるときには別の枕を抱きかかえるのですが、以前にお会いしていた時もだいたいこんな体勢が多かったですね。太ももから脚の付け根あたりまで舐めた後に、脚の付け根とヘアーのIラインの間をゆっくりと上下に舐めていきます。舌をひだの上に乗せると、ヘアーの間から小陰唇のひだへ舌が触れます。YPさんのひだは小さいのでそのままその中に溢れている愛液に舌が触れて、しょっぱい味わいがあります。久しぶりだからでしょうか、舐め始めからひだの中は愛液でいっぱいです。その少し上ではこちらもクリトリスがすでにぷくっとはっきりとした形をしているのが分かります。

小陰唇のひだの両側をいつものようにゆっくりと舐めてから、クリトリスの上に舌を乗せるようにしていると、YPさんが指でクリトリスが剥けるように上にひっぱっておられたので、久しぶりでとりあえず早く逝ってしまいたいのかを思いましたが、そうかといって強く舐めるわけにはいかないのでクリトリス中心に舌で覆うようにして舐めていきます。そうしていると、YPさんが、明るくしてもいい?、と言って部屋の照明を少し明るくされました。どんな風に舐めているのかよく見えるように、そうされたのですが、舐めるところを見ながら興奮を高める女性は割といらっしゃいますね。

クリトリスのところを舐めていると、どんどん大きくなってきて、先の方はひだの中から飛び出してきています。何とかうまくひだでくるむようにして、舐めていきますが、少し唇を押し付けるようにするとさらに固く大きくなって、その下の付け根あたりを舐めるとYPさんも声を出して感じておられるのでいい感じで感度が上がってきています。そのあたりで、以前にもありましたがクリトリスがヒクヒクとするようになって、その動きに合わせるようにして舌を動かしていきます。そして、YPさんが、逝きそう、とおっしゃってしっかりと逝っていただけました。逝きだしたところで、クリトリスから膣の入り口あたりまで全体的に大きくヒクヒクとしてすごくエロい感じなのですが、ちょっと落ち着いたところでまだ固いままのクリトリスを押すようにすると、再びヒクヒクが戻ってきます。だんだんとクリトリスも小さくなっていきますが、固さが残っているうちは舌で押すようにして、しばらく絶頂感を感じていただけたみたいです。

絶頂も落ち着いたところで、また軽く舐め始めます。少し膣の入り口あたりも舐めさせていただきますが、逝かれたあとなので入り口がきゅっと締っています。そこに舌を割り込ませるようにして膣からの愛液を味わえます。しばらく舐めていると、再びクリトリスが固くなってきます。YPさんの声が大きくなるのと一緒にクリトリスも急に大きく固くなったりするのですが、逝きそうで逝かない感じでしばらくするとクリトリスも少ししぼんでしまったりします。かなり感じていただいてはいるのですが、逝くところまではいきません。YPさんも後でちょっと前よりは逝きにくくなってるのかも、とおっしゃっていましたが、最初に早く逝っていただこうと思って少しクリトリスを直接舐めて逝っていただいたのがよくなかったかも知れません。とりあえず、そこで少し休憩しました。

休憩後に舐めているとまたすぐにクリトリスが大きくなってきますが、しばらくすると逝っていただけたので、休憩して落ち着いたほうが舐め続けているよりは逝きやすいみたいです。逝くときにはやはりクリトリスから膣のところまで全体にヒクヒクとするのでとても分かりやすいです。

15458026020.jpeg 15458026130.jpeg

また、逝かれた後も身体が落ち着いたところで、また普通に舐めさせていただくようになりましたが、1回目のと同じでクリトリスが大きくなってきて、YPさんの声も大きくなってきたところで、しぼんでしまうというのを繰り返しました。YPさんも、今日はもう逝けそうにないかも、とおっしゃるのでちょっと休憩してお話をしていました。YPさんは自分のあそこのことはよく分からないとおっしゃるので、指で触りながらこのあたりがクリトリスでYPさんの場合は大きくなると先がひだから飛び出したりするとか話していましたが、指でクリトリスを包皮の上から触っていると再び感じた来られた様子でしたので、また舐めさせていただくことにします。

途中で、あっ、と少し大きな声でおっしゃったので、逝かれたのかも知れませんが、クリトリスは一応ヒクヒクとしていました。YPさんの場合はヒクヒクがすごくはっきりとしているのですが、ヒクヒクしているのは自分ではわからないそうです。多くの女性がそんな風におっしゃるのですが、男性の場合はペニスがヒクヒクするとはっきりと分かるものなので、あんなに大きくヒクヒクしているのに何故その感覚がないのか不思議です。舌でヒクヒクを感じているので、実は思ったほどにはヒクヒクしてはいないのかも知れないですけど。

このあたりで時間もいいくらいになりましたので、クンニは終了して写真を撮らせていただきました。脚はそんなに太くはないのですが、触ると見た目以上にムチムチとした感触があって、気持ちがよいのですよね。駅までご一緒していろいろお話をしていましたが、温泉に入ったあとの、ぽっ、とした気分とおっしゃっていたので、久しぶりでしたが一応何度かしっかりと逝っていただけてよかったです。クリトリスが目一杯大きくなったときにタイミングよく逝っていただけると何度も逝っていただけるように思うので、一度ゆっくりと時間があるときに、じっくりとクンニをしてどんな風になって逝かれるのか見てみたいですね。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/1068-85c557ac