FC2ブログ
5754.png
明けましておめでとうございます

昨年もこれまで同様に多くの女性の方に舐め犬として使っていただいてありがとうございました。舐めさせていただいた延べ回数はすこし少なくなったかなとは思いますが、昨今は舐め犬さんも増えてきていることですし、継続してお付き合いをしていただけるだけでも嬉しく思っています。継続してお付き合いをしてくださっている女性の方の顔ぶれも少しずつ変わっていくのですが、お誘いが増える休暇前後は別として、だいたい週にお一人くらいのペースで落ち着いてきて、私としてもそれぞれの方にじっくりと感じていただけるいい感じの頻度で舐めさせていただいています。

舐め犬を始めてもう10年以上にもなるかなと思いますが、昨年は終盤にかけて数年前にお会いしてから長いブランクがあった懐かしい方から連絡をいただくことが何件かあり、長く舐め犬を続けていてよかったなと思います。女性の方の発情は周期があったり周りの環境に左右されたりと、男性みたいな単純なものではないので、たまたま性欲が高まったところで久しぶりに思い出していただいたりしたんでしょうかね。これを読んで、じゃあ私も久しぶりに、と思っていただける方がいらっしゃればさらに嬉しいですけどね。

今年の課題としては、20代の方にどんな風にクンニすればいいのか、ということでしょうか。30代が近づくまでは、まだ性感が成熟していないのかなというのと、性欲自体もまだ溢れ出すほどではないのかなというような印象があって、深くしっかりと逝っていただけなかったり、どの舐め方がよいのか定まらなかったりと、悩んだりしています。そんなに多くはないですが、20代の方、特に半ばくらいまでの方から連絡をいただいた時には、すっきりと逝っていただいて次回に性欲が高まった時には、よしまた舐め犬を呼ぼう、となっていただけるようにしたいものです。

30代、40代の方でしたら、ソフトに軽く舐めるようになってから、初めてお会いしてもほぼしっかりと逝っていただけるようにはなってきているので、今年は、さらに内容を濃くして、何度も逝っていただいたその先にどんなことが待っているのかを期待していただきながら、舐めることができればいいなと思います。実際に、時間が許してこのまま舐め続けていたらどうなってしまうのだろう、と思うくらいに感じてくださる方が何人かいらっしゃいますが、女性の快感に限度はないとはいえ、もっと限界に近づいて至福の時を過ごしていただきたいです。

舐め犬を始めたときから思っていますが、愛を確かめ合うためのセックスと、性欲を解消するための舐め犬は別物だと思いますから、こんなにムラムラするのはおかしいのかなとか思わずに、ムラムラするからとりあえず舐め犬に性欲は満たしてもらってすっきりした生活を送ろう、という感じで、今年も気軽に連絡していただければと思っています。とりあえず会うかどうかは決めてないけどメールやLINEで話をしてみたいなというだけでも構いませんので、舐め犬が気になったらコンタクトしてみてくださいね。

それでは、今年もよろしくお願いいたします。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/1069-56241bc0