FC2ブログ
ブログを書くのも少し間隔が空いてしまった気もしますが、MAさんと仕事帰りにお会いしました。夏休み前にお会いしてからも、2回ほど連絡をいただいたのですが、私の方の仕事の都合やらでお会いできていませんでした。一瞬涼しくなったかと思ったのですが、また暑さが戻ってきてしまって、夜にお会いしましたがホテルまでの道は結構蒸し暑いままですね。いつもより少し遅い時間にホテルで待ち合わせをしたのですが、MAさんも遠くでの仕事帰りということで、きりっとしたスーツ姿でホテルへお越しになりました。しばしお話をしてからMAさんにシャワーを浴びていただきます。

仕事帰りなのでいつもの赤いスリップはないですが、ホテルのガウンを裸の上に羽織って出てこられて、代わってあたしがシャワーをしている間に部屋を暗くして、ベッドの掛布団を舐めやすいように背もたれにして整えて終えておられました。ベッドの上にゆったりと横になっていただいたところで、脚の間に入らせていただいて舐め始めます。太ももの内側を舐めて、脚の付け根あたりまで来ると、小陰唇のひだの周辺をゆっくりと舐めます。クリトリスを舐めるのは最後にして焦らされるのがお好きなので、小陰唇のひだに舌を乗せて舐めたあとは、膣の入口あたりとゆっくり目に舐めます。MAさんは普段は膣で逝かれるので、膣の周辺を舐めるのもお好きです。

15677752210.jpeg 15677752360.jpeg

十分に焦らせたところで、クリトリスの上に舌を乗せてゆっくりと動かします。もうすでに形が分かるくらいには大きくなっています。なので包皮の上から固くなったクリトリスを左右に振るようにして刺激していくと、MAさんの声も大きくなってきます。最初はゆっくりとソフトに舐めるのですが、いい感じで感度があがってきたところで、お相手それぞれで強さとか場所が違うのですが、MAさんは終始軽めに舐めている方がよくて、いよいよ逝くときには少し強く押し付けるようにします。今日はまだ逝きそうな感じにはなっていないので、ちょっと寄り道して膣の入口あたりと入念に舐めてみます。膣の方は感じてくると、内側から少し盛り上がるようになるのですが、舌先をちょっと差し入れていると、声も大きくなりますし、時折、膣の入口がヒクヒクと動いたりします。

クリトリスのほうへ戻てくると、大きさも先ほどまでよりは大きくなって、舐めていてもMAさんの声の大きさが違っているようです。そろそろいい感じになったかなと言うところで、ちょっと腕を伸ばして、ガウンの上から乳首を刺激します。腰の動きも大きくなって感じておられるのですが、動きが止まって逝ってしまう感じになる前に、MAさんが指を入れて欲しいとおっしゃるので、ここで指を挿入させていただきます。さすがに指を挿入して、膣の奥の上の方を指で押し上げるようにすると、腰を浮かすようにして逝ってしまわれました。膣で逝かれたような気もするのですが、クリトリスの方もこれ以上固くならないくらいにパンパンになっていましたので、どちらで逝かれたのかはわからない感じですね。

いつもなら大きく逝ったところで、MAさんが、ああすごかった、とかおっしゃって一休みとなるのですが、今回はそのまま舐めていても、MAさんはクンニを楽しんでおられたままですので、そのまま舐め続けることにします。指は挿入したままなのですが、逝かれた後ですので、クリトリスを舐めていると、指をぎゅっ、きゅっと締め付けてきます。クリトリスの気持ちいポイントを刺激すると、しっかりと指に反応が返ってくるのでとても分かりやすいです。クリトリスの刺激で指が締め付けられるのが続いたところで、今度は指を膣の中でぐっと持ち上げるように刺激すると、今度はMAさんが大きな声を上げて腰を浮かせると、何度か膣で逝かれてしまいました。

いつもならそろそろ一休みですが、今日は舐め続けていても、気持ちよさそうにされているので、もうすでにちょっとぐったり気味にはなっておられましたが、そのまま舐め続けることにします。そうこうしているうちに、今指は一本よね、もう一本入れてみたいな、とおっしゃるので中指も一緒に入れることにします。1本でもかなり強めに締っているのですが、2本入れるととてもしっかりと締め付けられます。入れているだけでも気持ちいいとおっしゃっていましたが、やはり指を曲げて膣の上の方を刺激すると、腰を浮かして喘ぎながら感じておられます。

15677752660.jpeg 15677753120.jpeg

指を動かしているときには、膣の中で感じておられると思うのですが、指の動きを止めてじっと入れておくだけにしてクリトリスの方をしっかりと刺激していると、パンパンになったクリトリスを軽く舌で撫でるようにするだけで気持ちよさそうにされています。そのままクリトリスの固さは弱まることが全くないので、気持ちよいのが持続しているのだと思います。それで、そのまま指を動かしたり、じっくりとクリトリスを刺激したりしながら舐め続けました。いつも割と短時間で一休みしていたので、MAさんは大きく逝くと続けて舐めるのは無理なのかなと思っていたのですが、そうでもなかったみたいです。

一応舐め犬ですので、指を動かして膣の中で逝っていただくのはほどほどにしながら、かるくクリトリスを中心に舐めていました。結構長く舐めたかなというところで、MAさんが身体を起こして話されたのでここで舐めるのを中断しました。いつもよりもずっと長くなりましたね、と話したところ、MAさんは、ずっと気持ちよくて、逝きそうで逝かない感じが続いていく、とおっしゃいました。MAさんとこんなに長く舐めたのは初めてでしたので、MAさんとしても新しい感覚だったそうです。もう何年にもわたって舐め犬でお付き合いしているのですが、それだけ長いお付き合いでもまだまだ初めての新感覚を味わったりできることもあるのですね。

そのあとはいつものようにいろいろお話などをしたところで、いい時間になっていましたので、今回は長いクンニを1回だけで終了となりました。いつものように、写真をいろいろなポーズで撮らせていただきましたが、夏ということでまた脚と腕をしっかり日焼けされていて、ソックスをはいているようなくらいにコントラストがありますね。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/1119-61f2dafd