FC2ブログ
平日の仕事終わりにYPさんとお会いしてきました。仕事の関係で東京を離れられていたのですが、去年の暮れに連絡をいただいた時に調べると交通費もそれほどではなかったので私がお出かけすることでお約束したところ、その前に生理になってしまわれて流れました。今年に入って東京へ戻ってこられて、3月下旬に連絡はいただいたのですが、やはりここは自粛しておいたほうが賢明ですかね、ということで延期していて、自粛解除になったのもあってようやくお会いすることができました。

待ち合わせ場所で声をかけていただいたときはマスクをしておられて、ちょっと雰囲気が違う?、と思っていました。お話をしながらラブホへと入って、サービスのスウィーツをもらって部屋に入って、マスクをとられたところで、やっぱり顔が違う、と思ってお話していました。YPさんがシャワーをされているときに考えていたのですが、メイクがナチュラルに変わっているのもありましたが、明らかに顔が小さいと気が付きました。シャワーから出てこられたところで、もしかして痩せてませんか?、とお聞きしたところ、5キロくらい痩せたとのことでした。どうりでかなり違う印象になるはずだと納得しました。YPさんがおっしゃるにはこれが本来の状態で、私がお会いしていた時期は太っていたとのことです。いずれにしても、YPさんはとてもきれいな方なので、太いときのややムチっとした太ももとかもそれはそれでよかったのですけどね。

15930960270.jpeg 15930960470.jpeg

私がシャワーから出てくると、こんなのありましたっけ?、と電マが置いてあるのを見つけられて、とりあえずつないでおきました、と電マをコンセントにつないで使う気まんまんのようです。部屋の明かりを暗くして、さっそくYPさんの脚の間に入らせていただきます。太ももから脚の付け根まで舐めていたところで、以前ならYPさんは枕を抱きながら脚を開いておられるのですが、今回はそうでもなくて舐めるところを見ているような気がしていました。すると、YPさんが、動画とか撮ってもいいですか?、とおっしゃるので、いいですよ、ということで、少し明るくして、スマホで近くから撮り始めました。ホントはちょうど私の斜め後ろくらいから舐めているところが分かるように撮りたかったようですが、位置的に難しいので、斜め横から撮り始めました。ちょっと動画を撮るには暗かったみたいですが、しばらくは動画を撮られながら、小陰唇のひだの両側を舐めて、それからひだの上を舐めたりします。いつものように口をくっつけて舐めていると動画としてどうかと思ったので、口は付けないで、舌でペロペロするような感じで舐めてみることにします。

しばらくは動画をとっておられましたが、クリトリスのあたりを舐めだしたところで、声をだして感じ始めたので、それから少しすると動画を撮るのは終了して、クンニを楽しむことに専念することにされたみたいです。感じてきてしばらくすると、クリトリスのあたりはストローくらいの芯が包皮の中にあるくらいに固さをもってきて、それを舌で左右に動かしながら舐めていきます。最初はそれくらいなのですが、YPさんのクリトリスは少し大きいので、だんだんと大きさが増してくると、小指の先くらいに芯が太くなった感じになります。クリトリスの太さとYPさんの声が連動しているので、感じておられるのがとても分かりやすいです。続けてお会いして、逝っていただけるのが分かっているのはやはり私も安心してお相手の様子を見ながら舐めることができます。

クリトリスもしっかりと固く太くなったところで、ソフトにクリトリスの下あたりを同じ調子で舐めていたところ、あ~、いく、とおっしゃって逝っていただきました。逝くときにはクリトリスが大きくヒクヒクと動くのですが、舌を押し当てるようにしているとそのヒクヒクが持続します。徐々にヒクヒクも落ち着いてきたところで、そのままソフトに舐め続けてYPさんの様子を見ます。以前は一度逝かれると連続しては無理なので一休みしていたような気がするのですが、目を閉じてじっとしておられるので、そのまま舐め続けることにします。逝かれた後のヒクヒクを引き継いで次にまた逝くというほどの連続した逝き方ではありませんが、そのまま舐めてしばらくするとまたクリトリスが同じくらいに固く太くなってきます。しばらくまた同じ調子で舐め続けていると、再び、逝っていただけました。そのあとも連続して舐めても平気そうです。年齢的な変化なのか、それだけムラムラが溜まっていたのかは分かりませんが、きれいな方がこうしてエロさを増すのはいいですね。

休憩をするまで、何回くらいでしょうか、5,6回くらいは逝っていただいたような気がします。回数が増えるにしたがって、目一杯に固くなったクリトリスの大きさが大きくなってきたように思います。特に付け根あたりの太さが増してきて、もともとそれなりの長さもあるので、唇で挟むことができるくらいになります。逝くときには男性のペニスと同じように、私の口の中でヒクヒクと大きく動くのですが、こうして逝っておられるのが動きとしてはっきりと伝わってくると、私も興奮してしまいます。最後は固さもマックスになってからやや時間がかかるようにはなりましたが、毎回しっかりと逝っていただいて、少し休憩させていただきました。

15930960590.jpeg 15930960690.jpeg

休憩が終わったところで、忘れていた電マをYPさんが使ってみたいとおっしゃってゴムをかぶせて私に渡しました。気が付いたのですが、いわゆるマッサージ用の電マって、強弱のスイッチしかないのですね。弱にして軽くYPさんのクリトリスにあててみました。目を閉じてじっと我慢するような顔つきをされていたのですが、すぐにもう無理ということで終わりました。何度も逝っていただいたあとでしたから、かなり敏感になっていると思うので、それには刺激が強かったのかもですね。

まだ少し時間がありましたので、もう少し舐めますか?、とYPさんの脚の間に入ろうとしたところ、まだ逝けるかなぁ?、とおっしゃながら舐めさせてくださいました。確かに舐め始めたところではクリトリスも柔らくなっていたので、なんども逝ってすでにすっきりしてしまったのかと思いましたが、ソフトにひだの周りを全体に舐めまわしたりしているうちに、クリトリスがムクムクと大きくなってきました。最後に逝った時と同じくらいに固く太くなってから、しばらく時間はかかりましたが、クリトリスの下あたりがピンと張った感じで固くなっているところを刺激していたところ、また大きな声を出して最後もしっかりと逝っていただけました。

クンニを終えて、YPさんが脚を閉じて横向きになられたのですが、お尻から太ももにかけて、明からに細くなっておられたのが分かりました。以前のムチッとした太もももよかったですが、痩せられて見た目としてはきれいな形になられたように思います。写真を撮らせていただいて、後で以前のものと比べてもかなり細いですね。今回は途中で止めずに連続して何度も逝っていただけたのですが、痩せられたのと関係あるようなないような。いずれにしても、たくさん逝っていただけて私としては嬉しいです。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/1152-88dd8313