FC2ブログ
コロナも若干下火になってきた感じはありますが、ちょうど6月の少し落ち着いた時期に初めてお会いしたMEさんから連絡をいただいて、お会いしてきました。前回と同じラブホでお会いしたのですが、お帰りになる時間が早めなので午前中に待ち合わせをしてラブホへ向かいました。泊りのカップルが出てくる時間かなとは思いましたが1つ部屋が空いていてよかったです。土曜日だったのですが、ここは土曜日も早い時間だと午後4時までサービスタイムみたいで、時間を気にせずに滞在出来てよいです。

MEさんはよく話をされるので、ホテルの部屋に入ってからもいろいろとお話をしていて、結構な時間が経ってしまいました。それからMEさんにシャワーを浴びていただきました。それから私がシャワーを浴びましたが、その間にMEさんはベッドの方へ移動されて、ベッドの上にあるモニターでテレビなどをご覧になりながら待っておられます。前回は舐めているときにMVを見ておられたのですが、他の女性の方はどうしているのか?と聞かれました。だいたいの女性の方は何も見ずにただ横になっておられるのですが、たまにAVを見たりする方もいらっしゃいますね、とお答えすると、今日はAVを見てみたいな、とおっしゃってAVのメニューを出してよさげなものを探しておられます。リラックスして枕にもたれた感じになっていただいて、さっそく脚の間に入らせていただくことにします。

16000824500.jpeg

前回のブログを読んでみたところ、最初に軽く舐めていたのがソフト過ぎたみたいでしたので、今日はしばらくしたらもう少ししっかりと舐めて感じていただけるかなと思いながら舐め始めました。太ももの内側から舐め始めて、脚の付け根をゆっくりと上下に舐めていきます。前回で逝きやすい方だと分かっていたので、落ち着いて舐め始められます。小陰唇のひだの両側をゆっくりと舐めていくと、MEさんから声が漏れてきます。前回はもう少し腰を動かしたりされていたように思いますが、慣れてこられたのか腰は動かさずにじっくりと舌の感触を味わっていただけているようです。小陰唇のひだでクリトリスを挟むようにしていると、クリトリスも少し固さを増してきて形がはっきりとしてきます。そこで、少し舌でクリトリスを押すようにすると、MEさんの声も大きくなりましたので、はやりこれくらいの強さの方がお好みのようです。

感度が高まるまでは出来るだけ全体的に舐めてみることにします。クリトリスの裏側とかよりも、最初のうちは舌を平たくしてひだで挟んだクリトリスにやや押し付けるようにした方が感じていただけているようです。しばらく舌を押し付けたところで、またひだの方を全体的に舐めたりします。クリトリスもちょっとぷくっとなってきたところで、クリトリス周辺をしっかりと舐めるようにします。これくらいになるとクリトリスの裏側のポイントであれば軽く舐めるだけでも感じていただけているようです。途中で腕を伸ばして胸を触ろうとしたところブラを付けておたれたのですが、MEさんがブラも外されたのでクンニをしながら腕を伸ばして乳首を触らせていただきます。

胸も一緒に触らせていただくようになってしばらくしたところで、MEさんが脚を閉じ気味にしてかなり感じてこられたので私もしっかりと舌を押し付けるようにしていたところ、逝く、とおっしゃって逝っていただけました。逝っておられる間も口は離さないでクリトリスに押し付けたままにします。あまり動かすとくすぐったくなったりするので、MEさんが逝っておられる間は動かさないで、できるだけ絶頂感が長く続くようにします。しばらくすると、身体の力も抜けて逝き切っていただけたようですので、再び軽く舌を動かしてクンニを続けます。一度逝っていただいた後なので、感度も高いままでクリトリスもぷくっと大きくなったままです。前回もそうでしたが、そのあと、何度か逝っていただけたところで、MEさんもちょっとお疲れになったようですので、一休みすることにします。

休憩中はまたいろいろお話をしたりしますが、私が他の女性に多く会っているので、MEさんとしても他の女性とどう違うのかとか気になるところのようで、そんな話などをしていました。

16000824630.jpeg 16000824850.jpeg

一休みして落ち着いたところで、再び舐めさせていただくことにします。時間をおいても女性の場合は感度もそんなには下がらないので、舐め始めてすぐにクリトリスも元のように固くなってきます。途中でちょっと舐め方が強すぎると言われてしまいましたが、逝かれた後はもうそんなに強めに舐めなくても十分に感じていただけるので、その点は注意しないといけないですね。休憩する前に何度か逝っていただけたりすると、私も舐めるのに余裕がでるというか、逝っていただかないと、、という焦りがないので女性の反応をしっかりと見ながら舐めているのは楽しいですね。

しばらくすると、逝きそう、ということで再び逝っていただけたのですが、逝くときには腰が動いたりするので私もしっかりと腰を捕まえながら舐めて深く逝っていただけるようにします。舐め犬でお会いすると最初のうちは自然に腰が動いたりして口がクリトリスから外れてしまったりするものなのですが、だんだん慣れてくると、あえて腰は動かさずに我慢していた方が舌の刺激をクリトリスで安定して感じられるのか、長くお付き合いしている方のほうがかえってじっとしておられますね。

休憩後も逝かれた後は、そのままクンニを続けて、また何度か逝っていただけました。MEさんはオナニーとかされないのですが、それでもこうして何度でも逝っていただけるのは嬉しいことですね。

コロナは落ち着き気味ではありますが、寒くなってくるとまた確実に増えるという話をまりますから、これくらいの時期にできるだけお会いしておいた方がいいのかなとか考えたりしていますが、(実際に連絡もちょっと増えてきていますが)、難しいところですね。こういうことを気にせずにムラムラした時にはタイムリーに呼び出していただいて、楽しんでいただけるようになるのは、来年まで無理なんでしょうかね。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/1157-5c30e64b