FC2ブログ
先週SEさんからLINEで連絡をいただきました。舐め犬を探していたところブログに興味を持って連絡してくださったとのことです。お休みが平日ということでしたが、たまたま飛び石連休の間をいつも埋めているので、2日はお休みにしていましたので、お伝えしところ、ちょうどSEさんもお休みということでお昼からお会いする約束をしました。平日の昼間から舐め犬で時間を過ごせるというのは、なんだかいつもより背徳感があって気持ちも盛り上がります。

待ち合わせ場所にこられたSEさんはずいぶん若く見えました。LINEでは体型だけお聞きして年齢とかはお聞きせずにお約束したのですが、話の雰囲気から勝手に30代くらいの方かなと思っていました。若いですねと声をかけたところ、20代半ばということでした。1年くらい前に舐め犬というのを知ったそうなのですが、それで最近になって舐め犬を探していたということです。今までにほかの舐め犬さんにもお会いしたのかなとお聞きしたところ、実際に体験するのは初めてだそうです。若い方はたまに逝っていただけないこともあるので、今日は大丈夫かなとちょっと心配になりましたが、少し言葉を代わりたりしながらラブホへ向かいました。お昼でしたが結構部屋は埋まっているものですね。2,3室は空いていましたので、適当に部屋を選んで入りました。

16043215210.jpeg

LINEでお話していた時にはマスクをつけたままでもいいですか?とお聞きになっていたのですが、シャワーを浴びて出てこられてからはマスクを外しておられました。背がそんなに高くないこともあって、可愛らしい笑顔をされています。代わって私がシャワーを浴びましたが、SEさんはベッドに座ってテレビをご覧になっていました。さっそく始めましょうということで、部屋を暗めにしましたが、テレビはそのまま付けたままにして始めることにします。LINEでは緊張していたとおっしゃっていましたが、その時は落ち着いた感じに見えました。掛布団をはいで真ん中に横になっていただきます。足元から触らせていただいて、太もものあたりを撫でたりしながら、若いので弾力がしっかりしていますね、とか少しお話をします。

そして、いよいよ脚の間に入らせていただくことにします。太ももの内側から舐め始めて、脚の付け根のところに舌をぺたりと付けてゆっくりと動かします。そこでちょっとだけ腰を動かされます。ヘアーはきれいに剃っておられたので、小陰唇と脚の付け根の間をペロンと舐めていきます。小陰唇のぎりぎりのところを舐めていくと、SEさんが声を出して少しプルプルと震えるようになっています。敏感な方だなと思いながら、舌を右から左へクリトリスのちょっと上のところを舐めていくと、またちょっと声が大きくなって腰がピクッと動きます。SEさんはクンニは好きだとおっしゃっていたので、その通りのようです。次に舌を小陰唇の上にそっと載せるようにして軽く触れてみます。ひだの間には愛液の味わいがありました。ただひだはとても小さくて少女のようです。そのひだの両側に舌を差し入れてひだに沿って舐めていきます。

しばらく周辺を舐めたところでクリトリスへ移動しました。クリトリスはかなり小さいみたいですが、舌を触れさせただけで声も大きくなって、やはりかなり感じやすいようです。特にクリトリスのちょっと下あたりを舌で覆いながらゆっくりと動かすを、SEさんの声も大きくなります。最初は腰の動きも大きかったですが、だんだん慣れてくるとじっとして舌の感触を味わっておられるようです。クリトリスのところに軽く舌を乗せて左右に動かしていたところ、気持ちいい、とおっしゃって、そのまま続けていると、逝きそう、とおしゃいます。そのまま舐め方を変えずにクリトリスを舐めていると、だめだめ逝く、とおっしゃって、腰を大きく上下させたあと、身体をややのけぞらすようにして逝っていただけました。そのまま私が口を離さないのでしばらくのけぞった姿勢のままで、落ち着いたところでがくんと腰を落として一段落です。逝っていただけるか心配していたところ、意外に早く逝っていただけたので私としては一安心しました。逝くときには太ももで私の頭を挟むようにされたので、とても気持ちがよかったです。

逝かれた後ですので、あまり舌を動かさないように軽く触れてみると、続けて舐めても大丈夫そうでしたので、様子を見ながら徐々に普通に舐めるようにしていきます。クリトリスを避けて、膣のところを舐めるようにします。ここなら逝った直後でも大丈夫なので、舌を少し差し入れながら舐めていきます。逝ったあとなので、ちょっと中の方が締った感じがあります。SEさんも気持ちがいいのか脚を広げ気味にして舌を差し入れやすくしてくださいます。そろそろまたクリトリスの方へ戻ってなめていたところ、同じ調子で舐めていると、再び、逝きそう、とおっしゃって少ししてからまた腰を大きく上下させながら逝っていただけました。SEさんがかなり逝きやすい体質みたいで、それから4回ほど逝っていただいて、一休みすることにしました。オナニーでも1回ではなく何回か逝くとおっしゃっていましたので、逝きやすい方なんですね。

16043215290.jpeg 16043215360.jpeg

あまり何回も逝っていただいては疲れてしまいそうなので、休憩のあとは出来るだけ逝くまでの時間を長くするように舐めていくことにします。ちょうどいいのは膣を舐めるのもお好きみたいということで、膣なら長く舐めていても逝くことはないですからね。膣にしっかりと舌先を入れながら舐めていると、中から愛液が湧いてくるのが味わいで分かります。少しアナルも舐めさせていただこうと思って、鼻を膣のところに当ててアナルまで舌を伸ばしたところ、SEさんの声の調子も変わって、とても感じておられるみたいです。SEさんもアナルが舐めやすいように腰を浮かしておられますので、しばらくアナルを舐めさせていただきます。そのあと、少し上の会陰のところで舌で押すようにしましたが、そこもかなり気持ちよさそうです。

しっかりと周辺を舐めさせていただいてから、クリトリスを舐めさせていただくことにします。そのころには小さいですが、クリトリスも小さいですがしっかりと固くなっています。そっと舌で覆いながらゆっくりと左右に動かします。しばらくして、逝きそう、とおっしゃって、逝っていただけました。今回は少し時間をかけましたので、より深く逝っていただこうとSEさんの腰をしっかりと抱きかかえてクリトリスを舌で押すようにしてみます。するといったん落ち着きそうになったところで、ふたたび、あ~、と叫びながら身体をのけぞらせて絶頂感を持続されています。かなり長めに絶頂を持続していただいたところで、脱力されたので私も口を離して一休みにしました。

少しお話とかしてから、まだ大丈夫そうすか、とお聞きしたところ、あと1回くらいなら、ということでしたので、最後は胸のほうも舐めさせていただきます。胸を舐めながら膝をSEさんの股間に押し付けるようにしていると、SEさんも脚で挟み込んで股間を擦り付けるようにして、感じておられます。徐々に下のほうへ移動して、わき腹からお腹を経て、股間のほうへ降りていきます。何度も逝かれたので身体を舐めていてもかなり感じておられるようでした。今回もすぐに逝っていただいてはもったいないので、ゆっくりと周辺を時間をかけて舐めたところで、クリトリスを舐めていると、逝きそう、とおっしゃって、そのあと、だめだめ、と言いながら逝っていただきました。再び、口は離さずにクリトリスが固い間は舌で押すようにしていると、SEさんも私の頭をつかんで叫ぶようにしながら絶頂感を持続されていました。

最近は逝っていただいてから絶頂感を持続していただけるようにはしていますが、だいたいはお付き合いの長い方が絶頂を持続できるだけなところ、SEさんは最初からこんなにながく絶頂を感じていただけて、私も興奮しながら嬉しさを感じていました。舐め犬のあと夕方から用事があるとおっしゃっていたのですが、何度も逝ってお疲れになっていなかったかちょっと心配しました。でも、若いですから大丈夫かなと思ったりします。SEさんは多分ソフトに舐めてればだいだい逝ける方だと思いますが、せっかくですので今度の機会にはできるだけ深く気持ちよく逝っていただけるようにしていければいいなと思います。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/1162-9ec9fb8e