FC2ブログ
今年は帰省をしなかったのでお正月も東京にいました。それで、長く舐め犬をしていますが、昨年の舐め納めと舐め初めが同じMIさんになるとは初めてのことです。昨年暮れにお会いした時はかなり長い時間クンニをさせていただきましたが、女性の場合、クリトリスへの刺激が余韻となってかなり長く続くということもあり、舐め納めをしてからもクリトリスがうずいているのでもしかしたら年明けすぐにお願いするかも、とおっしゃっていました。その時はMIさんも半分冗談でおっしゃっていたのだと思いますが、年が明けてからもジーンズとかでクリトリスが擦れたときにうずうずとしてしまって、本当に年明けすぐに自宅へおいでになることになりました。性欲モンスターに対する装備もレベルも昨年のままではありますが、喜んで舐めさせていただくことになりました。

休暇中ということもあってMIさんの理性は半分壊れてしまったみたいです。午前中にお買い物をされてから自宅へ来てくださったのですが、ちょうど箱根駅伝で駒沢大が逆転するところで、それを見ながらしばしお話をします。その間も、私が脚フェチということで私の膝の上に脚の伸ばしておられたので、パンティの上から軽く触らせていただきます。本当は買ったばかりの下着でファッションショーとおっしゃていたのですが、触られているうちにそんなことよりも先に舐められたいということで、駅伝の決着がついたところで、さっそくシャワーを浴びていただきました。暖かくしておいた寝室のご案内して、私が歯を磨く間お待ちいただきます。

16097383480.jpeg

今回もいきなり舐めるよりも、上の方から自然にしたいとのことで、軽く抱き合いながらブラをはずして胸を触らせていただきます。乳首を舐めだすとすぐに声を出して感じておられます。上になって膝をMIさんの股間に差し入れると、それわざとやってるんでしょ、とおっしゃいながら膝に股間をすりすりし始めます。胸から徐々に下に降りて、そのあと脚の間に入らせていただきます。今日も焦らして、とのことで、脚の付け根あたりから舐め始めますが、Tバックをはいておられるので、パンティをはいたままでもひだのぎりぎりのところまで舐めることができます。両側の脚の付け根からひだの間を舐めたところで、パンティを脱いでいただきます。じっくりとひだの周りを舐めたところで、ひだの先に軽く舌を乗せて上下させると、さらに声が大きくなって、ひだの中には愛液がいっぱいです。

ひだの先端から今度は両側に舌をぺたんと乗せて、ゆっくりと上下に動かします。十分に感じていただいたところで、クリトリスに触れてみます。もうすでにしっかりと固くなっていますが、MIさんが気持ちいいとおっしゃるクリトリスのちょっと上あたりの固くなったところを舌先で軽く左右に動かしてみます。時々ヒクっとなったりして、そのたびにMIさんも声が大きくなります。軽く舐めた方がお好きなので、同じ調子でしばしクリトリスを舐めていきます。クリトリスを舐め始めてすぐなのですが、MIさんは脚を伸ばしてちょっと力を入れておられます。逝ってはいないのですが、すでに逝きそうになられたとのことです。日が空いたので逝っていただくことができるかなと思ったのですが、やはり脚を閉じていないと難しいようです。しばらくはMIさんもM字開脚で感じておられましたが、やはり脚を閉じてみるとおっしゃって、体勢を変えてクリトリスを軽く舐めさせていただきます。

舌が届きにくいのですが、何とか先端をクリトリスに届かせて包皮の上から軽くさすります。脚と閉じるとクリトリスはそんなに固くなくなるのですが、気持ちよさは同じみたいで、途中でかなり大きな声を出しておられました。しばらく脚を閉じて舐めた後に、ちょっと逝ったのかも、でもよくわからない、とおっしゃっていました。昨年からの余韻が残ったままなので、軽く触っているだけで気持ちよさそうにされて、逝くというのとはまた違った楽しみ方になっておられます。

そしてまたM字開脚に戻って舐め始めると、すぐにクリトリスは固く大きくなります。あまり無理に逝こうとして脚に力を入れるよりも自然に逝きそうになるのを待った方がいいね、ということで、クリトリスの感じるところを軽く同じ調子で舐めていきます。ときどき、その舐め方で、とか、それやばい、とかおっしゃってかなり感じてはいただいているのですが、逝くのは難しいみたいです。あまりクリトリスばかり舐めているとよくないので、膣の方にも舌を伸ばしてみますが、感じておられるので入り口はかなりしっかりと締っています。そんなところ舐めると入れたくなる、とおっしゃいます。挿入で逝くことはないとおっしゃていましたが、それと入れたくなるというのはまた違っているそうです。普通の方はクリトリスが敏感な間は膣のあたりでまた別の気持ちよさを感じていただくことが多いのですが、MIさんの場合は注意が必要ですね。

ちょっと一休みしたところで、MIさんと抱き合ったりしていたのですが、特に抱き合ったりしたときに私のは固くなったりすることが多いのですが、その時も固くなっていたので、MIさんが、固くなってるね、入れちゃう?と嬉しそうにおっしゃるので、挿入させていただくことにしました。少し先を濡らして入れようとすると、痛い、とおっしゃるので、濡れ方が少ないのかなと思ったのですが、MIさんの愛液もたっぷりと出てそんなことはないみたいです。それで先だけ入れてしばらく動かしてみて、また入れようとするとやはり、痛い、とのことです。太めとは言われますが、それほどでもないので、潤滑剤を付けてみてから、レスが長いからまだ慣れてないのかもですね、というと、処女になってしまったのかも、とふざけておられます。とにかく痛いみたいなので途中で止めて、またクンニを始めさせていただきます。

クリトリスをまた軽く舐めていると、やはりすぐに固くなって、すぐにも逝けそうな状態になるのですが、前回と同じで、軽く逝けているという程度には感じていただけるのですが、今日も逝くのは難しそうな感じがします。ちょっと膣とアナルの間あたりを押さえたりしてみると、やはり声を出して感じてはおられますが、さほど変わりはないみたいです。そうこうしていると、やっぱりまた入れたい、とおっしゃるのですが、年齢的にも、そんな急に言われてすぐ入れられるわけではないのですよね。それで、今度はMIさんに握っていただいて、抱き合いながらキスとかしていると、元気になってきましたので、再び挿入させていただくことになりました。今回は奥までいれても大丈夫とのことで、(はやり奥の方の濡れ方が足りなかったのかもです)、挿入を楽しませていただきました。クンニで感じたおられた分、膣も締るのですが、MIさんは自分で締めることもできるので、どう締ってる?、とおっしゃいながら私が動きを止めていると、キュッと締めたりされます。

途中でMIさんが起き上がってするのが好き、とおっしゃって、お互いに座った体勢で挿入して、MIさんが腰を使って気持ちよさそうにされています。多分この体勢だとクリトリスが当たるので気持ちがいいのだと思います。挿入しているうちにそろそろ私が出かけないといけない時間になってしまいましたので、そこで終わりになりました。今回もしっかりと逝っていただくことはなかったですが、MIさんもムラムラして仕方ないのはある程度解消できて、いろいろ楽しんでいただけたみたいでしたので、よしとしたいと思います。以前に会った舐め犬さんにも何時間も舐めてもらったとおっしゃっていましたが、MIさんの場合は逝かなくてもとにかくずっとクリトリスを舐めて気持ちいいのが持続していることがお好きみたいですね。

MIさんはトレーニングをされていて、お尻もいい形を保っておられるので、今度はお尻を入れて写真と撮りましょうとLINEで話していたこともあり、Tバックでお尻を入れた写真を撮らせていただきました。年末年始、ブログにMIさんとの内容が連続するのは、ほんとに性欲モンスターみたいで恥ずかしいとおっしゃっていましたが、書いてもいいよ、とのことになりましたのでこうして書くことになりました。そのあと、買ってきていただいたスイーツをおいしくいただきました。MIさんも明日から仕事とおっしゃっていましたが、理性が戻ってきてちゃんと仕事をされることを期待したいと思います。(そうでもなかったみたいですが、、、)
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/1173-3f868065