FC2ブログ
週末にUSさんとお会いしました。USさんはお仕事だったので、夜お仕事帰りに待ち合わせをして、ホテルへ向かいます。天候もよくて厚着をしてきたらちょっと暑いくらいでしたが、さすがにまだ緊急事態宣言も解除されてはいないので、夜ともなると人出はやや少ないようですが、ホテルのほうはしっかりと部屋が埋まっています。部屋に入ってから、USさんは軽く食事をして、私のほうはいただいたスウィーツを食べながら少しお話をしてから、私が先にシャワーを浴びました。USさんの時は何故かこのところ私が先にシャワーするのです。

USさんもそのあとシャワーを浴びてベッドへ入ります。横になるときに、いつもガウン着てましたっけ?裸でしたっけ?、とおっしゃるので、自宅の時はガウンがないから裸ですが、ホテルの時はガウンを着てますよ、ということではあるのですが、ガウンの模様が身体につくかもということで、裸で横になることにされました。若い方はあまり寒く感じないみたいなんですよね、私はガウンを着ていてちょうどいい感じなのですが。

16127133810.jpeg

USさんが横になられたところで、さっそく脚の間に入らせていただいて、太もものところから舐め始めます。いつもはヘアーはツルツルなのですが、今回は少し生えかけの状態です。脚の付け根と小陰唇のひだの間をゆっくりと舐めていきます。できるだけひだには触れないようにして、両側を舐めたあと、ひだに沿って上下にゆっくりと舌を動かします。それから舌をひだの上にのせて全体を覆いながらうねうねと動かします。ムラムラがたまっているときは、これくらいでもかなりヒクヒクとするのですが、今日はそれほどでもなさそうです。そこからクリトリスのほうへ移動して、包皮の上から舌で覆うようにしながら、クリトリスの固さを確かめてみます。少し固くなってぷくっと盛り上がっているのが舌につたわってきます。

クリトリスの固くなっているところをなぞるように上から下へ移動していって、先端のところでチロチロと刺激すると、USさんも少し声を出して感じておられます。クリトリスを包皮の上から舌を左右に同じ調子で動かしながら刺激していると、クリトリスも徐々に固さと大きさを増してきます。できだけ、軽くソフトに舐めていますが、クリトリスの先端のあたりが特に固くなってくると、舌先で押してみたりして様子をみます。押したときにそれに反応するようにヒクとなるとかなり感じているとわかります。できればヒクヒクを続けたいので、うまく調子を合わせて舌を動かします。さらに唇を軽く押し付けるようにすると、固くなったクリトリスがさらにぷくっとしてきて、固さを増します。いい感じに、パンパンになったところを舌先で軽く刺激すると、USさんの声もちょっと大きくなります。

USさんの場合はクリトリスがしっかりと固くなってくると先端の上側を舐めると気持ちよさそうにされることが多いので、すべすべしているところを軽く舐めていきます。時々、下のほうへ移動してひだの間も舐めるのですが、下へ移動するたびに愛液が増えてひだの中にいっぱいになっていたりします。今日はクリトリスもいい感じに固くなって、USさんもかなり感じているみたいだなと思ったら、USさんはいつもかなり感じるようになったところでトイレに行きたくなったといって、中断するのですが、今日はそれがなくてかなりじっくりと舐めることができています。そろそろこれ以上はクリトリスも固くはならないだろうなというところで、USさんが、やぱい、言うようになります。USさんの場合は、やばい、が一番感じているときなので、今日はわりと早めにそんな感じになってくださったみたいです。

ひだの中も愛液でとろとろになっているので、それを舌ですくい取って全体にからめながら舐めてみたりします。クリトリス中心に舐めているところで、こうやって小陰唇も含めて全体を舐めるようにするとまた違った刺激が伝わるみたいで、大体の場合は女性の声のトーンも変わったりします。そうこうしているうちに、やはりトイレに行きたくなったということで、しばし中断します。トイレから戻ってくると、USさんがベッドの横にあった電マを見つけて、ちょっと使ってみたいとおっしゃいます。長いお付き合いですが、そういうことは初めてで、少し驚きながらスイッチを入れて股間にあててみます。あまり強く当てると痛くなりそうなので、うまくクリトリス全体に均等に当たるようにして軽く押し付けるようにしてみます。しばらくすると脚をやや閉じたり開いたりしていたかと思うと、逝った、とおっしゃるので電マを離します。

16127134090.jpeg 16127134220.jpeg

逝くことはいけたけど、やはり舐められるほうが気持ちがいい、ということで、再びクンニに戻って舐め始めます。いつも後半になると、少し強めに舐めてみるのですが、クリトリスの先端のところを同じ調子で舐めていると、再び、やばい、と言い出しました。それから乳首も指で触っていたのですが、今度は、胸がやばい、とおっしゃいます。胸がやばいというほど胸が感じるとは今まで知らなかったのですが、今日はやはりトイレでの中断が一度だけしかなかったので、身体全体もかなり感度が上がっているのかもしれません。

USさんの場合は、普通の人が逝くときみたいに、逝ったところで一段落ということもなく、そのまま舐め続ける感じなのですが、また逝く、とおっしゃったりして、わりと連続して逝っていたみたいです。一番いいころに設定していたアラームが鳴ったのですが、せっかくでしたので30分ほど延長してそのまま続けさせていただきました。USさんの場合は、舐め続けているうちにどんどん感度が上がっていく感じなので、こうして少しだけ休憩時間を延長して舐めさせていただくことが多いですね。

終電が早くなっているとのことで、ちょっと心配しましたが、早くなったといっても30分程度なので全然大丈夫でした。そうはいっても、週末の遅い時間なので、電車の中はかなり人が少なかったですね。このままコロナも下火になって、また通常の楽しい舐め犬生活が戻ってくることを期待したいですね。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/1176-8e4b9dc4