FC2ブログ
週末にMIさんが自宅まで来てくださいました。先週は生理直前でムラムラも最高潮で時間的にも余裕がありましたのでじっくりと舐めさせていただいたので、生理期間をはさむこともあって今度は2週間後で大丈夫ですかね、とお話をしていたのですが、何故か今回は生理期間中でも無性にムラムラしてしまって2週間も待てないとのことでした。お昼頃においでになったので、前回みたいに玄関で立ったままとりあえず舐める、ということはせずに、まずはリビングで買って来てくださったお昼ご飯を頂きました。

いつもは生理中はさすがにムラムラもおさまるそうなのですが、生理中でもムラムラしてしまったのは、先週じっくりと舐めてクリトリスが翌日も大きいままだったとおっしゃるくらいですから長時間の刺激の余韻が残ったままになっていて数日は敏感なままだったのかもしれません。ムラムラを鎮めるためのクンニなんですが、MIさんの場合はせいぜい1,2回ほどしか逝っていただけないので、かえってムラムラを高じさせてしまうのでしょうか。よくお会いする方でだいだい月に1回くらいですね、とお話はするのですが、MIさんからすると、何故そんなに我慢できるのかわからない、ということになります。MIさんはよく話もされますし面白い方なので、私も楽しく過ごさせていただいているわけですけど。

16169305070.jpeg

ご飯も食べ終わったところで、シャワーを浴びていただきます。クンニを始めると裸になられるのですが、シャワー後はブラとパンティをつけて出てこられます。いきなり脚の間に入って舐め始めるのではなく、最初はキスから始まって、ブラをとって胸を舐めさせていただいて、それからパンティをとっていただいて脚の間に入らせていただきます。とにかくキスがお好きでクンニの時以外でもよくキスをされるのですが、キスをすることで気持ちも高まって濡れてくるとのことです。今回もパンティをとるときに、糸引いてる、と自分でもおっしゃるくらいに濡れておられます。

太ももの内側から脚の付け根へと舐めて、小陰唇のひだの両側をゆっくりと上下に舐めます。それから、ひだの上に舌を軽く乗せて舐めるのですが、一休みした時もそうですが、最初に舌がひだに触れる時がすごく気持ちいいとのことで、ひだの先端に沿って舌を滑らせていくと、MIさんの声も大きくなります。クリトリスの上に舌を乗せるころには、クリトリスも固く大きくなっています。固くなったクリトリスの先端あたりを包皮の上から舌先で軽く押すようにすると、すぐにヒクヒクと反応が返ってきて、それを続けていると、やぱい、逝きそう、とおっしゃるのですが、今のところ足を延ばさないとMIさんは逝けないので、M字の状態でできるだけ感度をあげていただきます。

クリトリスを刺激しているときは包皮の上から軽く舐めているだけで、強くしたりはしないのですが、そのほうがかえって気持ちがよいみたいですので、軽くゆっくりと舐めるのを続けます。何度も逝きそうなくらいに気持ちよくはなられるのですが、そのまましばらく我慢をしていただいて、十分に感度が高まったところで、脚を延ばして舐めさせていただきます。タイミングがいいと脚を伸ばせいて逝っていただけるのですが、今回はなかなか難しいようで、逝きそうになってMIさんも力まれるのですが、なかなか逝っていただけません。難しそうですね、とお話したら、ちょっと中断してフェラをして休憩する、とおっしゃるのでしていただくことにします。

もともとフェラはそんなに好きではなかったそうなのですが、何度かしていただいているうちに、好きになってこられたそうです。今度はMIさんが私の脚の間に入られて、脚を大きく広げさせられて舐められました。ゆっくりと舐められるのでしばらくすると逝きそうな感じになってきたのですが、途中で脚を閉じられたので落ち着くことができました。かなり長く舐めていただいたところで、あごが疲れたということで、私の上の乗ってこられて、前回のように素股でこすりつけてこられます。生理が終わりそうなタイミングなので出血したらいけないからと挿入はされませんでしたが、しばらくして身体を入れ替えて、再びクンニをさせていただきます。

私が舐め始めるとまたすぐにクリトリスも固くなってヒクヒクさせながら感じ始めます。やはりM字で十分に感じていただいたところで、脚を閉じていただいて、逝っていただけるかなと思いながら舐めさせていただきます。感じてこられたところで、脚にギュッと力を入れてこられて、太ももも熱くなってきて、逝っていただけそうかなと何度か思ったりもしたのですが、なかなか逝っていただけないみたいです。少し口を離して、難しいですね、プリンでも食べますか、と買って来ていただいたプリンを頂いて休憩しましょうと言うと、逝こうと思って頑張ってるのに何でそんなやる気ないの、と不満を述べられましたが、一息入れたほうがいいということで休憩することにします。

16169304880.jpeg 16169305150.jpeg

プリンをおいしくいただいてから、再び寝室へ戻って、舐めさせていただきます。時間も少なくなってきましたので、今日は逝っていただけないかな、と思いながら舐めさせていただいていましたが、M字開脚でもクリトリスもヒクヒクと反応してすごく感じていただけます。脚を伸ばしていただいたところで、これまで痛くなってはいけないからと舐めていなかった、ひだがちょうど交わるクリトリスの先端のところを正面から舐めてみることにしました。直接クリトリスに触れると痛くなりそうでかなり軽く舐めていたですが、それがちょうどよかったのかゆっくりと動かしているだけでも、そのままで、とおっしゃって逝きそうになっておられます。しばらくすると、あ~、と大きな声を出して逝っていただけました。ただ、同時に太ももをつってしまわれたので、絶頂を持続していただくことはできませんでした。

これまではクリトリスの先端を包皮の上から押すようにするとM字でもヒクヒクと反応があったので、脚を閉じたときもそこを中心に舐めていたのですが、もう少しクリトリスに直接触れるほうがよかったみたいです。これまでかなりの回数お会いしてきましたが、ようやくMIさんの逝けるポイントが分かったように思います。

MIさんにはクンニで逝っていただきたいので、お会いする前に、逝けるまでは挿入とかはしないでおきましょう、とお話していたのですが、とりあえず逝けたということで、MIさんが上になって挿入されました。いつもと違ってゆっくりと出したり入れたりを繰り返されて、気持ちよくなってしまいましたが、逝きそうにならないように時々MIさんの腰の動きを止めたりさせていただきます。すでにお帰りの時間になっているのですが、やめられない、と少しオーバーして私のもしぼんできたところで終わりになりました。

とにかく今回はようやくMIさんの逝けるポイントらしきものが分かったのがよかったです。次回はほんとにそこで確実に逝けるのかどうか確かめつつ、お会いした時から目標にされていた連続逝きに少しでも近づけるようにしていきたいですね。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/1185-e7e5a525