FC2ブログ
週末にMIさんが自宅まで来てくださいました。ブログの記事では連続していますが、MIさんに年末にお会いしてから初めて2週間空けてお会いすることになりました。1週目はそれほどムラムラしていなかったそうで、2週間空けても余裕かもとおっしゃっていたのですが、2週目はかなりムラムラして毎日オナニーして逝っていたそうです。でもなんとか週末まで我慢してくださいました。生理前だからムラムラしていたのもあると思いますが、このところお気に入りの玄関ですぐに立ちクンニをまたしたいとおっしゃっていたのですが、生理が始まりかけていたのでそれはなしになりました。

お昼ご飯をいつも買って来ていただくのでそれを受け取ってから、ご飯を食べる前に舐めさせていただくことにします。シャワーを浴びて、新しく買った下着をつけて出てこられたのですが、私がリビングにいたので、前回使ったダイニングテーブルで舐められたい、とおっしゃるのでヨガマットをテーブルの上に敷いて舐めさせていただきます。ここだとMIさんが脚を伸ばしたまま舐められるのですが、MIさんが力んでこられると脚に肩を押されて口がクリトリスから離れそうになるので、なかなかうまくいきませんでした。それでやっぱり寝室へ行くことにして、ベッドでハグをしてしばらくキスをします。キスがお好きなのでキスをしながら気持ちが高まってくるそうです。それからブラを外して乳首を舐めます。いつもならしっかりと乳首も舐めるところなのですが、とにかくムラムラしているので、乳首は短時間でとにかく、早く舐めて、ということですので、パンティを取らせていただいて脚の間に入らせていただきます。

16188317420.jpeg

いつもなら太ももから脚の付け根、小陰唇のひだの両側をゆっくりと舐めるのですが、ここも省略で、早く舐めて、とのことでしたので、ひだの上に舌を乗せてゆっくりと動かします。すぐにいつものように声をあげながら感じておられます。ムラムラしていただけあって、シャワーの後ですが愛液が溢れていて、クリトリスも舐める前からかなり大きくなっています。ひだ全体を舌で覆うようにしているだけで、ヒクヒクと動き出して、ヒクっとするたびに声をあげておられます。クリトリスへ移動して、固くなったところに沿って舌を動かしますが、指でオナニーするときはいつもこの辺りを触っていたということで、かなり感じやすいポイントです。そのあと、固くなったクリトリスの先端のほうを包皮の上からかるくツンツンと刺激します。軽く触れているだけなのですが、一番感じるところなので、ヒクヒクとしてまたそれに合わせて声をあげておられます。

クリトリスの先端を軽く舌で触れていると、いつも、逝きそう、とおっしゃるのですが、M字開脚ではまだまだ逝けそうもないので、脚を閉じて舐めるまでにできるだけヒクヒクが続くようにして、しっかりと感度をあげておきます。十分に感じてこられて、そろそろ逝きたいと思ったところで、脚を伸ばしたい、とおっしゃいます。いつもならもう少し時間をかけてからと思うのですが、今日はさすがにムラムラが激しいのは舐めていても分かるほどでしたので、脚を閉じて舐めさせていただくことにします。前回、逝けるポイントばかりを舐めすぎて帰ってから痛くなったとのことなので、ほんとに逝く直前までは包皮の上からクリトリスの先端のところを舐めさせていただくことにします。同じところを舐めていても、脚を閉じたほうがずっと気持ちいいそうで、ゆっくりと舐めていると、MIさんの脚に力が入ってきて、そろそろ逝きそうな感じになってきました。

そこで逝けるポイントを少し舐めるようにしましたが、逝きそうにはなるのですが、なかなか逝けないのが続きます。途中で舌をそんなに動かさずに逝けるポイントに触れさせてほんの少しだけ動かしてみると、声のトーンも変わってかなりいい感じになってきて、あ~、あ~、と声が大きくなったところで逝っていただけました。そのまま舌でクリトリスを押すようにしていたところ、痛い、とおっしゃるので強く押しすぎたかと思ったのですが、そうではなくて太ももが釣ってしまったみたいです。なので、逝った後の絶頂の持続を味わっていただくことはできませんでしたが、逝くことは逝っていただけました。そのあと、前回、フェラをお願いします、という”お願いします”プレイが気に入ったみたいで、今回は、ご褒美をお願いします、にランクアップして、そう言ったらフェラしてあげる、とおっしゃいます。

フェラをして元気にしてもらわないとMIさんも挿入はできないのですが、ご褒美をお願いします、というと満足気に笑いながらフェラをして元気にしてくださいます。ヒクヒクと動いたりするのが面白いらしく元気にするだけでなくて長めにフェラも楽しんでおられるのですが、ちょうどいいくらい舐めたところで、あごが疲れた、とおっしゃって上に乗って挿入をされます。前回は私がお尻を吊った後遺症であまり動けなかったので、MIさんがずっと上になっておられましたが、今回は途中で私が上になったりしました。挿入を楽しまれたところで、一息入れて、お昼ご飯を頂くことにします。

いつもは寝室が暑いとおっしゃっているのですが、今日は足先が冷えて逝きにくいとのことで、ご飯を食べている間に温めのお風呂を入れて一緒に入ることにします。いつもはMIさんが私のほうに背中を持たせかけながら入るのですが、途中で向き直るとキスをしながら、手で私のを握ってこられます。元気になってきたので、入るかな、とおっしゃいながら、入れようとされるのですが、さすがに愛液が流れているので摩擦が大きいみたいです。少しずつ入れていると入りましたが、動くとお湯が邪魔になるので、少しだけ入れてみてそれで終わりにしました。

16188262340.jpeg 16188262510.jpeg

お風呂からあがると、Yバックのパンティを買ったというのでそれを着けて写真を撮らせていただくことにします。逆光なんですが、自然光で撮るときれいに撮れますね。鍛えているお尻もさらに丸くなった気がします。

そのあと、またダイニングテーブルで少し舐めてみましたが、脚を伸ばしてその間にうまく入れるので、そのまま逝っていただけるかと思うのですが、MIさんが力んでこられるとやはりうまく舐められなくなるので、あきらめて寝室へ移動します。お風呂で身体もあったまったところで、じっくりと舐めさせていただいたところで、MIさんが脚を閉じて舐めます。逝けるポイントを舐めるとそれなりに感じておられて逝きそうにはなるのですが、いつものようにそんなにすぐには逝けないみたいです。あまり逝けるポイントを舐め続けて痛くなってはと思うのですが、最初に逝っていただいた時のように軽く舌を触れさせて少しだけ動かすのなら大丈夫かなと思って、その舐め方でしばらく舐めさせていただきます。すると、逝きそう、とおっしゃるので、そのままの舐め方を続けていたところ、あ~、とまた大きな声を出しながら逝っていただけました。この時は、脚を吊ることもなかったので、口を離さないようにして舌でクリトリスを押していると、久しぶりにMIさんにも絶頂感を長めに味わっていただくことができました。いつもよりも長く絶頂を味わえたのでかなり満足そうにされていました。

ここで、また、”お願いします”プレイの後にフェラで元気にしていただいて挿入をしました。前回はMIさんがかなり深く逝かれたのか膣の締まりがきつすぎて押し返される感じでしたが、今回も、2回逝かれた後はかなりきつく締まっていてやや押し返されそうなくらいです。でも、そのうちに、どんどん濡れ方が激しくなってきて、ヌルヌルというよりもシュルシュルくらいにたくさん濡れてしまって、締まっている感は薄れていきました。ひとしきり挿入を楽しんでいただいたところで、私のも柔らかくなってきたので、一休みして買って来てくださったイチゴを頂くことにします。

食べ終わってからまた寝室へ移動してクンニを再開しましたが、途中で、MIさんが珍しく寝落ちしそうになったとのことで、2回逝ってかなりお疲れになったみたいです。脚を閉じて舐めてみたりもしていましたが、3回はやはり難しそうですし、MIさんもちょっと眠そうにされていましたし、いつになく寒いとおっしゃるので、一緒に布団で横になって休むことにしました。気が付いたら30分ほどウトウトしたりしていたみたいで、そろそろMIさんもお帰りになる時間になっていました。このところ、お会いすると確実に逝っていただけるようになってきたのでいい感じです。MIさんも一度逝けるとそんなにがつがつとせずに、余裕をもってクンニを楽しんでくださるので、楽しく過ごすことができました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/1188-f6c14f10