FC2ブログ
連休中にお会いしたYKさんとようやく予定が合って再びお会いすることができました。

メールの返事も途切れがちであったので、一度舐め犬を体験してもらったけれど、もう興味をなくしてしまったのかと思っていたものですから、かなり嬉しかったです。実は彼女は、感じやすく、クリトリスもすごく大きくなり、手でむかなくても包皮から半分飛び出したくらいにまで大きくなるので、とても気に入っていたのでした。

待ち合わせの時間に隣の駅の彼女の家の近くまで車で迎えに行きました。小林麻央似の目のはっきりとした美人です。今日はジーパンにキャミソールといういでたちで素敵です。

お酒がかなり強いらしく、家に着いたらビールをお召し上がりになりました。僕はというと車でお送りする必要があるのでアイス・ティです。気分もよくなたところで、シャワーを浴びて(これがちょっと残念ですけど)、前回はリビングのソファーで舐めさせてもらったのですが、今回は寝室のベッドでもう少しリラックスしてもらうことにしました。

エステなど行っていないとのことですが、色が白くてスタイルがよい身体です。まずは脚のほうから舐め始めて、足の指先を舐めてみたところ、ここはくすぐったいらしくあまり好評ではありませんでした。そのほかの部分はどこも敏感で、舌を這わせるたびに身体がビクビクとふるえます。

クンニを始める前に、せっかくベッドに来ていただいたので、上半身も舐めさせていただきました。少し小ぶりの形のいいおっぱいも、少し舐めただけで乳首が固くなります。

だいたいからだが潤ったところでいよいよクンニに入りました。まだ閉じたままの小陰唇を下からそっと舌を這わせます。この瞬間がとても好きなのですが、だんだん開いてくる小陰唇の間から愛液の少ししょっぱい味が染み出してきます。舌で押し開くと中はもう愛液でいっぱいです。全部を吸い取るように舐めあげていると、今度はクリトリスが固くなって飛び出してきます。しっかり硬くなったところでクリトリスを覆うように吸い付き、舌で刺激を与えると、枕やシールを強く握り締めながら絶頂に達していただきました。

その後、少しソフトに脚の付け根などを舐めながら落ち着いたところで、再びクンニを始めます。YKさんもいった後続けて舐めても平気な方です。ころあいを見てまたクリトリス中心の舐めに戻るとまたすぐにクリトリスはもとの大きさに戻ります。この間、何度も連続していっていたとあとから聞きました。

YKさんは感じ方がかなり激しいのでついついクリトリスの刺激を続けてしまうのですが、この調子長時間はつらいらしく、舐め犬としてはもう少し抑え目にして時間をかけたほうがよかったのかもしれません。

またまた、写真を忘れてしまいました。でも、家も近いので舐め犬だけでなく、食事なども一緒にしたいですねといって今回はお別れしました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/211-583b8ba2