FC2ブログ
この週末は舐め犬の予定もなく、のんびりと過ごしていました。一応いつもの出会い系サイトの掲示板へ投稿は行ってはいましたが、まったく期待はせずに。

女子ゴルフを見ながら携帯からアクセスしてみるとNRさんの足跡がありしたので、メッセージを送ってみましたところ、舐め犬に興味を持って会ってみたいとのことでした。お誘いを受けたらできるだけお断りはしたくないので、予定外でしたが渋谷でお会いすることになりました。

メールでのやり取りでもデブスだけど構わないかと気にしておられたのですが、舐めさせていただく上でそれほど容姿は重要でないとお答えしましたので、安心されたようです。

NRさんは30代前半の独身の女性で、ぽっちゃりタイプです。出会い系サイトに最近登録されたそうでこの週末はかなり悶々として過ごしておられたとか。特に舐め犬を求めておられたというよりは、物珍しさと私の書き込みの丁寧なところが気に入られた様子でした。

渋谷で待ち合わせをしたのが6時でしたので、そのままホテルへと向かいました。どちらかというと地味なおとなしいタイプの女性でちょっと性格がつかみづらいところはありますが、真面目そうな方というのはお話をしていて分かります。

幸いホテルの部屋も2軒目で1室空いていましたのでそちらへ入りました。初対面でもありますので、シャワーを浴びることにしました。出会い系はあまり慣れていらっしゃらない様子でしたのでリラックスしてもらうのもあって一緒にシャワーを浴びて、身体などを流して差し上げました。少しほぐれてはきましたが、やはりまだちぐはぐな感じの会話になっています。

ベッドに横になっていただいて、太ももの辺りから舐め始めました。肌が弱いので剃刀を使いたくないからと脚の無駄毛の処理はほどんどされてなくて、陰毛の毛深さとあいまって太ももの内側も太目の毛が生えています。毛深い方は好きなのですが、太ももにすりすりさせていただいたらすべすべではないので少し違和感がありました。(舐めいているうちにそのような違和感はなくなってしまいましたが。)

20091130002713


逝くのには時間がかかるとおっしゃっていたので、あせることなくソフトに下から上へ舐め上げながらNRさんが潤ってこれられるのを待ちました。まだ恥ずかしさがあるのかあまり声をだしたりされないので、なかなか反応が読み取れなかったのですが、30分ほどして感じてこられたのか太ももがピクピクしてこられました。最初はどれくらいの強さがよいのか難しいところなので、ピクピクの反応を見ながら徐々に強さを増したり戻したりしていました。

1時間くらい経った頃でしょうか、小さく「いく」といわれて、1度目の終了を迎えました。逝った直後はやはりクリトリスに触れられるのもくすぐったいとのことなので、太ももあたりを舐めて落ち着いたところで割れ目全体を覆うように舐め始めました。1度逝っても大丈夫かお聞きしたところ、大丈夫とのことでしたので、安心して舐め続けました。

それからまた30分くらいで静かに逝かれました。さすがにちょっとぐったりされた様子でしたので、お茶など飲みながらお話をしました。これまで肉体的な関係は少なく、身体は開発されていないけれども、30歳を超えてから性欲がとても強くなってしまって、もてあましておられたとのことです。お話の途中でブログに載せたいから脚の写真を撮りたいと申し出て、撮らせていただきました。

お話をしている間に時間が経ってしまい、休憩時間が終わりに近づいたので、ホテルを後にしました。

普通の出会い系サイトですから、NRさんは舐め犬というよりセフレを求めていたのだろうとお話をしながら感じました。でも、セックスでは逝きにくいので舐め犬にも満足していただけたようです。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/261-9d66f1ce