FC2ブログ
30後半のややぽっちゃりなMOさんとお会いしてきました。MOさんとは数週間前に出会い系サイトの私の書き込みにコンタクトをいただいてからメールのやり取りをしていました。お互いの都合が合わずに先延ばしになっていましたが、その分メールでいろいろお話ができてよかったと思います。

MOさんは舐め犬という言葉もご存じなかったのですが、私のブログをお知らせして見ていただきました。やはり最初は、女性がクンニだけをしてもらって何もしなくてよい、そんな女性にとって都合のよいお付き合いなんてありえるのかというのがMOさんの最初の疑問でした。

舐め犬をご存じない方からすると挿入・射精をしなくても満足する男性というのが信じられず、ホントにクンニだけを楽しめるなら是非会ってみたいけど、もしかしたら騙されているのかも知れないという不安がネックとなるのですね。

当日は待ち合わせ場所に出かける前に電話番号を交換してお話をしました。電話で「クンニ」や「クリトリス」などを声に出して話したのが始めてのMOさんは不思議な感じがするとおっしゃっていました。確かに文章で見たりはするけれども、声に出して誰かとお話しすることは限られた関係でしたありえないですね。

待ち合わせ場所でお会いして、コンビニで軽い食事と飲み物を買ってホテルへ入りました。

ソファーでお話しながらやなり舐め犬の世界について興味津々なMOさんと舐め犬についていろいろお話しました。やはりどうして射精しないで満足なのかここでも何度も聞かれました。クンニというと女性が一方的に奉仕してもらっているという感覚が強いようですが、私からすると秘部を開いて舐めさせていただけるというだけで、十分なお返しになっていることを説明させていただきました。

いきなり舐め始めるのは抵抗があるとのことでしたので、ソファーでよく感じるという乳首を服の上からさわったりスキンシップから始めました。下半身をなでながらパンティに指が到達する頃にはパンティからたくさんの愛液が染み出していました。そのまま舐め始めましょうかといいましたが、シャワーを浴びて心を一度落ち着けたいとのことで、シャワーを浴びていただきました。

201001302258310.jpg

シャワーを浴び終わってベッドに横になっていただき、まずは乳首を舐めさせていただきました。乳首は敏感でだんな様に指で触られると痛いくらいなのに、舌で舐められるととても気持ちがよいので不思議だとおっしゃいます。かなり慣れてこられたところで、クンニを始めさせていただきました。シャワーで一度洗い流した後ですが、再び愛液がたくさんあふれています。

そっと舌をクリトリスの上に乗せる程度に舐め始めましたが、この時点で逝こうと思えばいつでも逝けるほどに感じておられたので、ほんとにそっと舌を這わせます。小さなクリトリスですが先のあたりに舌を合わせて、数ミリ程度ゆっくり動かすようにしていました。動きがとても少ないこともあり、MOさんはその舌の動きに神経を集中させて、まるで体中がクリトリスになったような感覚になられたとのことです。

逝きそうになってしまうので、途中で休憩を挟んで落ち着いていただいたあと、再び同じようにそっとした舐め方でクンニを始めました。最後には少しだけ舌の動きも大きくして、逝っていただきました。逝った後も余韻がずっと続いておられて、ベッドでMOさんの横に戻った私をずっと抱きしめて余韻を楽しんでいただきました。

後でお話を伺ったところ、逝ったときは身体が宙に浮いているような感覚になったとのことです。クンニで最後まで逝ったことがなかったためでしょうか、MOさんには舐め犬を存分に楽しんでいただけたようで嬉しく思います。また、都合が合えばお会いしましょうと言ってお別れしました。

MOさんのようにクンニでセックスとは違った満足感を味わえるのにその経験をされてない方がたくさんいらっしゃると思いますので、舐め犬がもっと普通のこととして広まればなぁと思います。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/284-e1ec2465