FC2ブログ
2010.07.28 気遣いと遠慮
暑いですが、みなさまお元気に過ごされていますでしょうか。

なんだか、ハ○○ガーのエセーみたいなタイトルですが、今回も体験談ではないです。

舐め犬のお誘いは20代後半から30代後半の方が多いのですが、私よりも年下ということもあり、いろいろと遠慮されてしまっているところもあるようです。もっとも私自体がそんなに威厳のある風貌をしていないので、仲良くなると徐々に普通の友達みたいに接してくださるのですが。

例えば、ソファーやベッドで舐め犬をしているときに脚を背中に回してもらってリラックスしていただくのは割と好きなのですが、遠慮もあるのだと思いますが「だるくなったら乗せてくださいね」と言わないとなかなかそうはしづらいところもあるようです。

このようなお付き合いではお互いに気遣いはあったほうが継続していくにはいいと思いますが、徐々に遠慮がなくなって、素直な気持ちで快楽を楽しめるようになると、いい関係が築けるように思います。まぁ、気遣いと遠慮の境目って主観的なものだから難しいですけどね。

継続したお付き合いをしていると、女性の匂いを覚えるようになります。クンニしているときのあそこの匂いも多少違いますが、そこではなくて、お腹や背中の匂いです。特にこの季節はクンニして感じていただくとお相手もうっすらと汗をかかれます。逝った後のまどろみの時間にはいろんなところを舐めたりしていますが、体の匂いって人それぞれかなり違うように思います。付き合いが長くなるほど、その体の匂いを覚えてしまっていて、再会したときにすごく懐かしく愛おしく思うものです。

中にはほんとに甘い匂いのする方がいて、シャワーを浴びた後なので香水やコロンではなく、すごく不思議な感じです。この匂いの中で、今まであんな風に感じてもらえたなとか、過去のお付き合いの様子がよみがえってきます。匂いの中で一体となって快楽を堪能してもらえると、私にとっての最高の癒しとなります。

もちろん、新しくお会いするときのドキドキする気持ちも楽しいものですが、継続することで味わえるまったり感も舐め犬の楽しみです。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/317-b16bd5b4