FC2ブログ
今日は夏休み最後の日です。昼から出かける予定があったのですが、朝メールをひらくとかなり以前に舐め犬系の掲示板を通してお会いしたYIさんからメールが届いていました。その当時は近くの駅で仕事帰りにお会いしてお茶をしたのですが、舐め犬をするところまではいかずにそのままになっていました。

夜は予定も入っていなかったので、一度お会いしている安心感もあり、急ではありましたが夜に用賀でお会いするお約束をしました。

YIさんは30代前半の小柄な女性で、以前にお会いしたときはよくしゃべってお話も面白かった記憶があります。暑い中わざわざ用賀まで来ていただいて、久しぶりにお会いしたのですが、花柄のかわいらしいワンピースで改札を抜けてこられました。

少しお腹がすいてくる時間でもありましたので、コンビニで軽い食事と飲み物を買って、自宅まで来ていただきました。以前と変わらずお話が面白いのでなんだか最初から打ち解けた感じになれました。

食事をしながら近況をお話して、シャワーを浴びていただきました。リビングのソファーと寝室のベッドとどちらがいいかなと思ったのですが、最初ですし、寝室のほうが落ち着けると思って、寝室へ入っていただいて舐め犬をさせていただきました。

ワンピースはしわになってはいけないので、脱いでいただいたのですが、その下は素敵な下着をつけておられました。ベッドで横になっていただいて、太ももの内側からゆっくりと舐め始めました。いろいろあってエッチは久しぶりとのことで、パンティのすそあたりに舌を這わせるころには軽く声が漏れてきます。

下着を脱いでいただいて、舌をそーっと上からなぞるように移動させます。小陰唇の周りを丁寧に舐めているころには愛液もじわっとあふれてきました。最初からあまり強く舐めてはいけないと思い、クリトリスに軽く舌をあわせて小刻みに刺激をしていました。しばらくすると、「逝きそう」とおっしゃって逝っていただけたようです。

そのまま舐め続けていたのですが、YIさんは逝ったあとも大丈夫のようです。3回くらい逝っていただいたところで一休みして、どんな感じで気持ちよかったのか、などのお話をしていました。こんなときのお話でもときどき笑いが漏れてしまうくらいの、面白い方です。

せっかく来ていただいたのにこれでは物足りないだろうと思い、再び舐め始めました。さすがにこのころには小ぶりだったクリトリスもはっきりと固く大きくなりよりいっそう逝きやすくなったみたいです。この後、何回逝ったのか分からないですが、YIさんの反応もはっきりと違うくらい気持ちよくなっていただけたようです。最後はこれ以上はクリトリスもくすぐったい感じになってきたとのことで、終了させていただきました。

しっかり立てるかちょっと心配、などと終わってからも少しお話をしてから、車でお宅までお送りしました。

車の中で写真のことやらブログの掲載のことを思い出しました。せっかくのきれいな脚なのに写真を忘れてしまって残念です。また、お会いしていただけるとのことですので、次回はきれいな写真を撮らせていただきたいと思います。

朝の急なお誘いでしたが、いい夏休みの締めくくりとなりました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/322-fe5cc208