FC2ブログ
YMさんとはこの夏帰省する前に一度お会いしました。少し前からメールのやり取りをしていたのですが、私が昼過ぎの新幹線に乗るというので、わざわざ東京駅まで来てくださって、待ち合わせをしました。ちょうどそのときは少し前に野外コンサートなどに行かれたとのことで少し顔も焼けた20代後半の女性です。お昼をご一緒した後、お茶をしながら舐め犬のことやら仕事のことなどいろいろお話をしました。

それから、ずいぶん経つのですが、昨日久々にメールをいただいて、今日はどうですかとお誘いいただきました。ちょうど今は仕事も少し楽な時期に入っていますし、一度お会いしていて安心でもありましたので、仕事帰りに新宿でお会いしました。

あまり時間もなかったので、そのままホテルへ直行して部屋へ入りました。YMさんは彼氏もいらっしゃるのですが、普段ラブホテルへくることはないとの事で、いろいろめずらしそうにされていました。舐め犬のためにお会いするのは今日が最初なので、どうしたらいいと聞かれ、まずはシャワーを浴びていただきました。

湯上りにガウンをきて出てこられて、胸がすごく大きいのがはっきりと分かります。胸のほうはあまり感じないとのことですし、ご要望がなければクンニだけさせていただくので、ガウンはそのままにしてベッドに横になっていただきます。メールでもクンニでは逝ったことがないとおっしゃっていましたので、やはりちょっとプレッシャーですね。

ガウンの裾を開いて、脚を拝見したところ、私のちょうど好きな感じの太ももの太さとすべすべ感のある脚をされていました。胸がかなり大きいのでぽっちゃに見えてしまっていたのですね。ご本人は脚も太ったからとおっしゃいますが、私にとってはかなり理想的な脚です。

201008302220100.jpg

早速、脚の脛から太ももを舌で舐め始めて、すでにパンティを脱いでおられる股の間に顔をうずめていきました。シャワーを浴びてすぐでしたが、すでに愛液がかなり溢れていました。初めてでもありますからしばらくはねっとりと舌を小陰唇に絡ませたり、足の付け根まで移動したりして、ソフトにクンニします。だんだんクリトリスも固くなってきたところで、クリトリス中心の刺激を始めました。

クリトリスは半分くらいしか露出していなくて、舌先で感触をさぐってようやく分かるくらいです。指での刺激は強すぎて気持ちよくないとのことなので、ソフトなクンニを心がけていたのですが、固くなったクリトリスを直接舐めても尿道の入口がヒクヒクと動くのでてっきり気持ちよいに違いないと、少し力が入ってしまいました。

途中で腰を大きく動かされるので逝かれたのかと思ったのですが、少し強すぎて痛くなったとのことです。気持ちもよかったから軽く逝けたとはおっしゃっていただきましたが、まだまだ初対面ではすぐにはお相手のいいポイントがつかめないとはダメですね。

その後は、ほんとにソフトにゆっくりと舌を動かすことを心がけて舐めました。クリトリスの固さもずっとしっかりしたものになり、逝っていただけるかなと思ったのですが、残念ながら時間が来てしまいました。

YMさんはあまり声もだされたりしなかったのですが、気持ちはいいのだけど逝ったことがないから、どこでいけるのかと集中されていたそうです。あとでお話を伺うと、最初だから実はかなり緊張されて、始めのうちは気持ちいいのを楽しむ余裕がなかったとおっしゃいました。女性は緊張をあまり表に出す方は少ないのでそのあたりも分かってあげられる余裕が欲しかったですね。

ホテルを出てから、駅までの間は緊張からも解き放たれて今までになく気楽な感じでおしゃべりが出来ました。今度はもう少しゆっくり時間をかけてYMさんのポイントが分かればいいなと思います。

お別れしてから、東口のアルタ前を通ると平日とはいえまだ夏休みだからでしょうか、多くの若者が地べたに座って話したりしています。ああ、なんかそこに加わって気楽に時間を過ごして見たくなりました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/329-14cf73a1