FC2ブログ
まだまだ暑いのは何故でしょう。今日はクンニの日(9/2)ということで、舐め犬についてちと考えて見るよい機会です。

クンニは端的に好きだからしているので理由などなくてもいいのですが、一人ではできないためお誘いいただけるのはいつも嬉しく思います。お誘いいただいて舐め奉仕させていただいた方の中にも、こやつは何故にクンニばかりして嬉しいのだろう、と今でも実は不思議に思っておられる方もいらっしゃるのではと思い、いくつか理由でも考えて見ることにします。

理由その1は、まず私のばあいは脚フェチだからですね。舐めるのもいいですが、太ももの間に挟まれているのはなんとも幸せで癒されます。理想の脚はもちろんありますが、そんなこだわりよりも実物の太ももに挟んでいただけるなら、それに勝るものはありませんね。花より団子です(使い方あってる?)。

理由その2は、私の場合に限ったことかもしれませんが、普通のセックスで挿入するよりも女性が気持ちよくなっていただいている気がします。気持ちよくなっていただいて嬉しいというよりは、気持ちよくなって変わっていく女性を見ていることに興奮しているのでした。未だ女性の限界というのがよく分かりません。逝った後舐め続けて平気な方には限界はないような気がしています。「もうだめ~」となるとやめますが、まだまだいける気がしてなりません。男性にはあり得ませんよね。

理由その3は、クンニのお付き合いの女性とは何でも話せることでしょうか。もちろんプライベートの身元がわれる具体的な内容は話しませんが、ことエッチ経験やら願望などについては、彼氏、旦那様にも話せないことを話していただけますし、僕も若いときの経験とかで普通のお付き合いではなかなか話せないことも話せます。いい気味での匿名性って、都会生活のストレス発散にはいいですよね。匿名であることが危険にもつながりますが、それだけだったらこんなにネットでの出会いをみんな求めませんよね。匿名性の蜜の味に群がる僕たち私たち。

理由その4は、愛液は意外と美味しいのです。膣の奥からでてくるのは人それぞれ味や匂いも違って苦い人やすっぱい人がいますが、入口付近から溢れてくる愛液は軽い塩味で若干の粘り気があり、クリトリスから時々下へ舌を移動させていい感じにたまっているとおいしくいただけます。癖のないお味ですね。多すぎて舐めるとるというより、吸い取るくらいな方もいらっしゃいますが、チロっといただけるくらいがちょうどよいようです。

理由その5は、はっきりした終わりがなくて長時間楽しめる。女性に楽しんでいただくのはもちろんですが、私もクンニが好きですから、長時間じっくりと舐めたいわけです。そういうわけで、クンニ好きな女性と出会えたら、半日くらい休憩を交えながらいくらでもクンニを楽しめます。射精するとはっきり終わりがやってきて(若いと最初の終わりは差ほどでもないでしょうけど)、なんだか虚しいですね。もともとメリハリのある生活が好きじゃないので、なんとなくだらだら気持ちいいことが続いていくって好きです。

意外と理由ってたくさん思い浮かぶものですね。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/330-ad6770e0