FC2ブログ
今日は特に予定もなく朝から録画してあったドラマを見ていたのですが、WLさんからランチのお誘いがありどこにするかメールのやり取りをして渋谷のお店に決まって、お会いしてきました。最初にお会いしたときにシティ・ホテルの部屋でソファーにゆったりと座っている印象が強いのですが、その後のメールのやり取りなどでかなり気さくな方だということも分かりました。

ゆっくりと時間をとって食事をして、いろいろなことをお話できました。舐め犬のことはさすがに大きな声では話せないですが、年齢も近いこともあって話題が合いやすく普通に友達の感覚で楽しくお話ができます。休日のランチは一人だとあっという間に終わってしまうのですが、こうしてお話をしながらゆったりと時間を使えるのはいいものですね。



その後、お茶にしましょうかという話もありましたが、せっかくなのでホテルに入ることにしました。ホテルの中で若いときのお写真などを見せていただいたのですが、私が思っていたようなイケイケなタイプではなく、どちらかというと清楚な感じの女性が写っていてかなり印象がかわりました。なにかいい感じに年齢を重ねて来られたようです。

シャワーを浴びていただいて、少し部屋を暗くしたところで、ベッドに横になっていただきました。私はその間に歯を磨いて舐め犬の準備です。前回は私のほうが緊張してしまっていたところもあったのですが、2回目ということもあり落ち着いた気分で舐め犬を始めることができました。ご飯を食べたところでもあって、WLさんは少し眠くなってしまったとおっしゃったのですが、太ももから舐め始めて中心へと舌を走らせると敏感に反応されていました。

クリトリスを強くもなく弱くもない程度に刺激を続けるとすぐに固く大きくなってくるのが口の中で分かります。しばらく舐め続けるとすぐに逝ってしまわれました。逝くときにはそれまで開いていた太ももを閉じるようにして私の頭を挟み込んでくださるので舐めている私も興奮してしまいます。逝ったすぐあとはさすがに舐めるのは控えますが、その間も太ももで私を挟み込んだままです。脚が少しずつ緩んできたところで再び舐め始めて、2回目も気持ちよく逝っていただけました。

ここで、少し休憩ということで、横に並んでお話をしました。その間も太ももをさすったりさせていただいていて、WLさんはお肉とおっしゃるのですが、いい感じに筋肉もついた張りのある感触が心地よいです。背中を舐めたりもしていましたが、うつぶせになられたときにお尻がすごくきれいなことに気づきました。軽くですがもちろん舌で感触を味あわせていただきました。

しばらくまどろんでいただいて落ち着いたところで、もう一度クンニをさせていただきました。クリトリスの敏感さが残っていたのだと思いますが、すぐに3回目も逝かれてしまいました。逝くと眠くなってしまうそうですが、この後も予定があるということで、ぐっと起き上がって準備をされました。その後を気にせずにゆっくりと舐め犬を堪能する機会があればいいなと思います。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/342-5db208c5