FC2ブログ
40代の主婦のKZさんとお会いしてきました。ずいぶん前からお誘いのメールをいただいていたのですが、主婦をされているので出かけられる日も限られますし、都合のいい日にたまたま私の方がお約束があったりと、なかなか都合が合わなかったのですが、ようやくお会いすることができました。

駅で待ち合わせをして、私の服装等をお伝えしていたので、声をかけてくださいました。小柄でかわいらしい顔立ちの方でした。メールでお話していましたので、コンビニで軽いお昼ご飯を買ってそのままホテルのほうへ向かいました。私はあまり来たことがない街でしたが、一応ネットでホテルの場所とか調べてあったので、そちらのほうへ向かいます。

ホテルに入って食事をしながら少しお話などをしました。ネットでこうして会ったりするのは初めてとのことでちょっと緊張されているようです。でも、年齢も近いこともあり、最近はラブホテルも清潔感があり昔と違いますね、とか話がよく合います。食事も終わってとりあえずシャワーを浴びていただいて、ガウンに着替えてくつろいでいただきます。



その後、私もシャワーを浴びて同じようにガウンに着替えて、ベッドの上で脚を触らせていただいたりしながら、少しお話しました。そろそろ落ち着いてこられたかなと思い、足元のほうへ移動して、脚のほうから舐め始めさせていただきいました。最初はやはり脚にも若干力が入ってぎこちない感じでしたが、付け根の方へ舌を移動していくと舐めやすいように脚を広げてくださって、付け根のあたりをじっくりと舐めさせていただきます。

中心部へ舌を移動させて、上からそーっと触れるか触れないかくらいに舌の先端を動かすと、割れ目の間からすでにたくさんの愛液が溢れて舌先に絡みつくのが感じられます。それと同時にKZさんからも声が漏れ始めました。最近は旦那様ともレス状態とのことでしたので、緊張しつつも興奮されていたのだと思います。

そのまま続けて小陰唇の周りを丁寧に舐め、クリトリスを包むようにしてゆっくりと刺激していきました。最初はクリトリスの感触も小さく、やわらかいものでしたが、舐め進めるにしたがってだんだんと固くなってきました。一度逝っていただいた後は、クリトリスもはっきりと固くなり、舌先ですぐに見つけられるくらいになりました。

逝くときには思わず脚で私の頭を挟むような形になり、私もそんな風になっていただけることで興奮します。しばらく休憩を取りながら、何度か舐めさせていただいていたのですが、クリトリスも固さもそのたびにはっきりしたものとなって、最後には舌を広げて押し当てるとぷっくりとした形がすぐに分かるようになりました。KZさんの許される時間いっぱいそんな風にして、ゆっくりと時間を過ごさせていただけました。

最近休憩しているときによく太ももあたりをなでさせていただいているのですが、手でなでられるのが気持ちいいと何人かの方から言われました。私としてはすべすべした太ももの感触を感じるのが好きなのですが、ただなでるだけでそんなに気持ちがいいものなのかちょっと不思議です。逝ったあとだから太ももあたりも敏感になっていて、気持ちがいいのかもしれませんね。

最後にブログへの掲載の話をして、写真を撮らせていただきました。KZさんも自分の脚は太いからとおっしゃるのですが、挟んでいただくにはすべすべしてちょうど気持ちいいくらいの太さで、写真にすれば自分で思っているほど太くないことがわかりますよ、とお話して、このときだけ照明を明るくして撮らせていただきました。携帯のカメラとはいえ、せっかくですからきれいに撮らせていただきたいですよね。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/358-4e5f6aff