FC2ブログ
2010.11.10 高橋くん、爆
寒くなる勢いも落ち着いてきてこの身体のほうも慣れてきましたが、ちまたでは風邪をひいている人をちらほらと見かけますから、私も気をつけたいところです。舐め犬のほうもぼちぼちな感じで一時に比べればずいぶんと落ち着いてきた今日この頃です。

お会いした方にも私のほうからはあまりメールとかしないのですが、舐め犬のお誘いでなくてもせっかく知り合ったのだからたまにはご挨拶のメールをしたほうがいいのかなとも思ったりしています。自分も久しぶりにメールとかいただくと嬉しいものですものね。ただ、しつこい感じになってしまってはご迷惑かも知れないと思ったりしていますので、そうでなければどしどし暇なときにはメールなどいただければと思います。

そんなこんなでこのところ平日は仕事に精を出しているのですが、高橋源一郎の小説を通勤の電車の中で読んでみて大爆笑です。ついこのあいだ、宮沢賢治の小説と同じタイトルの短編が入ったのを読んだのですが、すぐに今度は「性交と恋愛にまつわるいくつかの物語」というのが朝日文庫で出たので買ってみたのです。

1つめの、キムラサクヤの「密かな欲望」マツシマナナヨの「密かな願望」、はテンションが高いまま一気に読めてしまってしかも電車の中で読むにはちょっとまずいくらいに爆笑物です。女性の方が読んでいると横からちらっと見られたときに恥ずかしいかもしれないので要注意です。なんといってもマツシマナナヨが「JJ」を読んでいるところのくだりは高橋くんはさすがに評論もやっているだけのことはありますね、秀逸です。是非ご一読をお奨めします。

まったく舐め犬とは関係なくて申し訳ありませんが、あまりに面白かったものですから。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/363-37cb4074