FC2ブログ
EMさんとは不思議な縁でメールをいただいて、お会いすることになりました。EMさんのお友達の女性が旦那様のパソコンに舐め犬関連ブログへのリンクがあるのを見つけ、それをEMさんに見せたのがきっかけだそうです。私のブログに用賀に住んでいるとあったので、かなりお近くということもあり、EMさんが(そのお友達のパソコンから)メールを送ってくださいました。

EMさんはアラフォーの主婦をされていて、なかなか予定が合わずに、ようやく今日用賀で一緒にランチをしましょうということになりました。結局、EMさんがお土産として持ってきていただいたお米で出来たパンを私の家でいただくことになって、そのまま家へ来ていただくことになりましたけど。よくお話をされる方なのですぐに気さくにお話もできるようになりました。本人は緊張で昨日はあまり眠れなかったとおっしゃっていましたが、実際にお会いするとそれなりにすんなりと行くものですね。

家ではお土産のパンをいただきながら、家庭のことやら、お子さんのことやら、彼氏のことやら、いろいろお話をして、その後にシャワーを使っていただきました。黒いスリップ姿で出てこられたのですが、そのままではさすがに寒いので上に少し着ていただいて、寝室へご案内しました。



ベッドに横になっていただいて、脚フェチの私は話をしながら太ももあたりを軽くなでさせていただいたりしました。家事がすごくお好きだとのことで、脚も意外と筋肉がついて、しっかりと凹凸のあるいい感じの触り心地です。脚を伸ばして横になっておられたので、そのまま下に移動して、脚を舐め始めました。下から太ももへと舌を這わせながら、脚を開いていただいて、M字開脚の姿勢で太ももの間に入らせていただきます。足の付け根辺りへ舌がたどり着いた頃に反応が大きくなって、小陰唇の上を軽くなでる頃には、すでにたくさん溢れ出した愛液を味わえる位になっていました。

最初ですのでかなり軽めに舌を動かしていたのですが、EMさんはすぐに腰を大きく動かすくらいに感じ始めたようです。ほんの5分も経たないうち、舌の中でクリトリスが大きく固くなっているのを感じることができました。そのままクリトリスを少し刺激していると、脚を少し伸ばすようにして、逝かれました。少しクリトリスをはずしてから、ちょっと落ち着いたところでまたクンニを始めたのですが、またすぐに逝かれてしまい、さすがにそのまま舐め続けるのは無理のようでしたので、休憩してお話モードです。

実はメールでも、これまでの体験としてEMさんはすぐに準備OKになってしまうので、男性も長くはクンニをしてくれないとおっしゃっていました。確かに舐め始めてこんなにすぐに逝ってしまわれる方は初めてかもしれません。休憩の後、舐め始めたときも最初と同じくらいに5分程度で逝ってしまわれます。大体2回くらい連続で逝っていただくとちょっと限界になるようで、そのたびに、休憩を入れてお話しするというパターンで夕方くらいまでゆっくりと楽しんでいただきました。私としてもあまりすぐに逝っていただいてはせっかくのんびりとクンニを楽しんでいただける機会なのにもったいないと思い、かなりソフトに舐めいていたのですが、それでもすぐに絶頂をむかえられるので、ほんとに感じやすい方なんだなぁと思います。

EMさんはもともとお話好きなのでと思いますが、休憩のときもどちらかというとHな話題でなく、ふつうに世間話をするような感じでお話しているのがちょっと不思議な感覚でした。ブログへの掲載のお話をして、OKをいただいたので、写真も撮らせていただきました。その後もベッドの上でお話は続けていたのですが、もちろん私はクンニしていないときも太もものあたりを触らせていただいて、脚の感触を楽しませていただきました。

プライベートにはいろいろとあるようですが、電車ですぐのところに住んでおられることもあり、明るいEMさんには、これからもたまに舐め犬で癒されていただければと思います。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/370-ae3ef0f5