FC2ブログ
今日は天気もよくて気持ちいい日でしたが、AIさんからメールをいただきました。出会い系のほうで足跡があったので、興味があればブログもご覧くださいねとメッセージしてみたところ、ブログをご覧になって気に入っていただいたようです。私のほうは年末はわりと暇にしているのですが、AIさんはいろいろ予定があるとのことでお会いするのは先のことになるかなと思っていたのですが、お近くにお住まいのようでしたので今日明日でもお会いできますよということで今日会うことになりました。

実は隣の駅で、用賀へも歩いてこれるくらいのところということで、駅の出口のところで待ち合わせをしました。私へのお誘いではめずらしく若い女性で、20歳の学生さんです。お会いしてみるとスレンダーでかわいい女性でした。今まで付き合った人も年上が多く、落ち着いた感じの人が好きとのことです。コンビニで飲み物を買って家へ来ていただきました。家のマンションを見て結構気に入っていただけたようです。

すこしばからリビングでお話をしていましたが、家を出る前にシャワーも浴びられたとのことですので、そのまま寝室へ移動しました。彼氏と別れてからしばらく間があいていて、今日は気持ちよくなりたい気分だったところで、私の書き込みが目に入ったのでちょうどいいタイミングだったようです。ワンピースのまま下着だけとってベッドによこになっていただきました。



舐め犬はもちろん初めてのことで、クンニもたくさんしてもらったことがないということなので、最初は足の指を舐めてみましたが、これはくすぐったいみたいです。そのあと、太ももの内側に舌を這わせてだんだんと中心へ近づいていきました。割れ目のあたりはすでにたくさん濡れていて、自分でも、あっ、たくさん濡れてる、と気が付くくらい濡れていました。愛液を味わいながら、小陰唇の周りや、クリトリスのあたりをゆっくりと舐めていると、気持ちいいとおっしゃって、始めのうちは途中にお話などもしながら舐め続けていました。

徐々にクリトリスも固くなってきて、舌で上下にペロペロしていると、脚がそれにあわせてプルプルと動き出してきました。AIさんも、連動してるね、と少し驚いていました。そのまま舐め続けているとAIさんの声もだんだんと大きくなり、逝っていただけました。AIさんは自分はあまり逝かないから不感症かもと思っていたようなのですが、十分に感じやすくて、こんな形でクンニを続けてしてもらったことがないからそう思っていただけのようです。まだ若いのでこれからどんどん感じやすい身体になっていくのだろうなと思います。

逝った後にしばらくお話をしてから、また舐め始めましたが、クリトリスはすでに固くなっていますので、すぐにまた感じ始めました。時々脚を伸ばすようにされるのですが、その下に通している私の腕に太もものあたりがすごく熱くなっているのが感じ取れました。感じてくるとこんなところにも変化が出てくるものなのですね。今度は少し短い時間で2回目も逝ってしまわれました。その後、眠くなってこられたようで、泊まっていくかどうしようか迷って、すぐ近くということもあり帰ることになりました。

またよかったら誘ってくださいねと言うと、こんなことを知ってしまったら来ざる得ないですね、と嬉しいことを言っていただきました。歩いて来ていただけるほどお近くなので、これからも気が向いたときにちょっと立ち寄っていただくようなお付き合いになれればなと思います。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/374-39e35514