FC2ブログ
新年最初の舐め奉仕の日記ですが、実は舐め初めは先日ちょっとだけの時間でしたが済ませていましたので、YMさんとの舐め奉仕は今年の2回目となりました。お正月あけに連絡をいただいて、今日お会いする約束をしていました。昼間はお友達とお出かけされていて、夕方に用賀まで立ち寄っていただきました。駅の改札でお待ちしていて、新年の挨拶をしたあとに家へ向かいました。

外は寒かったので部屋へ入ってテレビなど見ながらお話してしばし落ち着きます。床暖房をいれたので、ぽかぽかですが、しばらくしてYMさんがこのままでは寝てしまうかもということで、シャワーを浴びていただきました。リビング以外はさほど暖かくもないので、シャワーから出てこられてちょっと寒かったようです。外はもう暗くなっていたのでリビングでも大丈夫ですが、いつものように寝室で舐めさせていただくことにしました。



寝室のほうにもテレビがありますので、何も音がしないと寂しいので、テレビをつけながら舐めさせていただきます。いつものように足のほうから舐め始めて、太ももの間に割り込んで内側をゆっくりと舐めます。だんだん中心へと移っていき、シャワーを浴びたすぐ後でしたが、すでに愛液がしっとりと染み出しています。YMさんはいつも逝く直前までは声を出さずに静かにしておられるのですが、微妙な動きなどで感じてもらえているか確かめながら舐めています。

YMさんにはテレビを見ていただきながら、淡々と舐め続けていたところ、だんだんとクリトリスも固くなってきました。そして、YMさんの息遣いが聞こえ始めてくるともうすぐいきだなと分かります。しばらくして、腰を大きく波打たせて逝っていただきました。そのままそっと舌を添えたままにしていたのですが、やはり続けては無理のようですので、休憩して一緒にテレビを見ていました。

落ち着いたところで、また舐め始めました。少し舐め方が強くなっていたようで、クリトリスは固くなっていたのですが、刺激が強すぎたためか2回目はなかなか逝くのが難しかったようです。YMさんはもともとクンニで逝ったことがない方でそんなに何度も逝く方ではないのですが、一度休憩をはさんでみました。帰る時間の30分前くらいになって、せっかくですしと、再び残りの時間を舐めさせていただきました。まだ、少し強すぎたのか微妙な感じではあったのですが、最後にもう一度逝っていただけたようです。

舐める強さや舌を動かす早さとか好みはいろいろですので、気持ちよいクンニでの舐め方はやはり難しいものだと認識を新たにしました。夜も遅くなっていましたので、車でYMさんの家の近くまでお送りしてお別れしました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/380-6289d336