FC2ブログ
今週末は友達が泊まりに来たりとかいろいろあったのですが、金曜日にSEさんからメールをいただき、数回やり取りしただけでしたが、今日お会いすることになりました。GWはゆっくりと時間もあるしと思ったのですが、SEさんとの都合は合わないようでしたので、用賀の方までお越しくださいました。

駅の改札で服装などを知らせ合った後に待ち合わせしたのですが、SEさんはスラっとして細身の40代の女性でした。お会いしてすぐに家のほうへ向かったのですが、家へ向かう途中も気さくに話をして下さり、到着する頃にはなんだか初めてお会いした感じではなくなっていました。最初なので緊張をほぐすために軽いお酒とおつまみを買ってくてくださったので、まずはシャワーを浴びてスッキリしたところで、寝室でお酒を飲みながらいろいろお話をしました。舐め犬のことではなく他の話題が多かったですが。



お酒も飲み終えて気分も落ち着いたところで、ベッドに横になっていただいて、最初はスラっとした脚をなでさせていただきましたが、すべすべしてとても気持ちのいい感触です。その後、脚を開いて間に入らせていただいて、太もものあたりから舐めはじめました。その時はまだお話などをしていたのですが、付け根あたりに舌を這わせていったあたりで、声の調子も変わってお話も終わり、舌の感触を味わっていただきます。

しばらくして、すごく気持ちいい、と言っていただいてそのまま舐め続けると、割れ目の間からじんわりと愛液も湧き出してきます。膣の入口あたりも気持よさそうにされていたので、少し中へ舌を入れたり、クリトリスの方へもどって刺激を与えたりさせていただきました。徐々に感じてこられたのか、声を漏らして、身体をよじるようになってきました。クリトリスも固くはっきりとしだして、SEさんは上にかけていたスウェットを抱きしめるようにして大きく感じてきます。限界に達したところで、すこし休憩させていただいて、うっすらと汗をかかれた胸の方などをちょっとだけ舐めさせていただきます。

休憩の間はまたこれまでの男性とのセックスのお話やら、どんな風に気持よいかなど、またたくさんお話させていただきました。その後落ち着いたところで、再び舐めさせていただきます。2度目ですので、すぐにクリトリスも硬くなり、1度目よりも強く感じ始めるのが早かったようです。SEさんはすこし強めに刺激をしても十分に感じていただけるようで、クリトリスに吸いつくように舐めたり、膣の入口で舌を回りたりさせていただきました。

以前にはセックスで潮吹きの経験もおありとのことで、膣の中に舌を挿入して感じると中のほうが微妙に動き出して、いわゆる名器なのだろうなぁ、と思います。一度目の強く感じておられたときと同じように、太ももの裏あたりが熱くなり、身体にうっすらと汗が浮かんでくるようになります。初めての舐め犬体験でこれだけ感じていただけて嬉しい限りです。後で、話して下さいましたが、長時間のクンニで感じる気持よさは、普段のセックスやオナニーの気持よさとはまだ違ったものであるそうです。

今日はSEさんはこのあと予定があるとのことでしたので、携帯のアラームをセットしていたのですが、途中で時間となってしまい、終了となりました。ブログの写真は最初は脚が太いからとおっしゃっていたのですが、どう見ても太くなくすりすりしたくなるようなきれいな脚をされていたので、とりあえず撮った写真をご覧頂いたところ、ブログへの掲載のOKを頂きました。しきりに脚が太いと力説されるのですが、やはり、男性と女性できれいな脚の基準が違うようですね。

初めてお会いした割にはお別れするまで気さくにたくさんお話ができて楽しい一時でした。車で行けば割と近いところにお住まいだということも分かりましたので、次回は帰りにお送りして、気持ちのいいまま家へ帰っていただきたいところです。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/397-3bce131a