FC2ブログ
連休初日です。どなたか舐め犬のお誘いは来ないものかと、以前にお互いの予定が合わずにお会いできなかったOKさんに、最近彼氏とはうまくいってますか、みたいなご挨拶のメールをお送りしてみたところ、お別れされてちょうどそろそろ舐め犬のお願いをしようかと思っていたところです、とのお返事をいただきました。それで今日はお互いに空いているということで、新宿でお会いしてきました。

OKさんとは3度目の舐め犬ですが、予定が合わなかったりもして、初めてお会いしてから6ヶ月おきくらいの感じになっています。前回お会いしたときは最初よりもちょっとふっくらされていたのですが、今日は前回と同じような感じで、僕の好きなムチムチとした太ももは前回とかわりなく気持よさそうです。

お会いしてさっそくホテルへ向かいました。夕方ですし、GWなので部屋は空いているかなと心配していましたが、意外に空いているようでした。サービスの飲み物などを抱かえて部屋へはいり、久しぶりなのでしばしお話に花が咲いてしまいましたが、シャワーに入っていただきました。バスタオルを巻いて出てこられて、ガウンに着替えてベッドに横になっていただきました。その間に私は歯を磨いて、OKさんの足元へ。



理由はよく分かりませんが、OKさんの少しムチッとした身体はなでたり、舐めいたりしても、とても心地良いのです。足元から太ももへ舌が移っていくだけで、OKさんからはすでに声が漏れ始めました。(後でお聞きしたところ、彼と別れてから少し経っているとのことでしたので、久々の舌の感触に興奮されたのかも)。割れ目の上から軽く舌を滑らせる時にはすでに愛液が溢れ出しています。舌先を割れ目の間に入れて、下からかき出すようにして溢れた愛液をいただきました。

そのままいつものようにクンニを続けたのですが、愛液をいくら舐めとっても次から次から溢れてきます。前回、こんなにたくさん濡れましたっけ、などとお話も交えて、舐め続けました。固くなったクリトリスと、愛液の溢れ出す入口付近を交互に舐めているうちに、逝きそうと、声がしました。すっきりと逝っていただこうと、多少強めに舐め続けたのですが、す~っとクリトリスの固さが少なくなる時があり、なかなかタイミングよく逝けるところまでは至れませんでした。

その後、指の挿入も望まれたので、人差し指を挿入して、舐め続けました。結局、少し時間をかけて、逝っていただけたようで、その後はしばしベッドの上でぐったりとされていました。舐めているだけで愛液が溢れていたくらいですから、指を入れた後は、中からの愛液がおしりのほうまでたくさん流れてきました。普段オナニーでは脚を閉じるので、今日は開いたまま逝けるようになりたいと、M字開脚のままで逝こうとして、私のクンニのタイミングがうまくあわなかったようです。

逝っていただいた後は、胸やら、お腹やら、上半身を舐めているのですが、OKさんは少しぐったりとして、完全に無防備な姿でしばしお休みです。ムチムチした太ももがだらんとベットに横たわっているので、頬をすりすりしたりして、感触を楽しませていただきました。しばらくそんなふうに舐めたり、お話ししたりで、OKさんも元気になったところで、再びクンニを始めました。とにかく今日のOKさんは濡れ方が激しく、一度固くなったクリトリスも舌でむけるようにして舐めるのが一番気持ちがよさそうで声が大きくなります。

OKさんは何度も逝ける体質ではないようなので、2回目以降はソフトにまったりとしたクンニを楽しんでいただきました。

今日から、GWなのですが、いいお相手とスタートをきることができました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/399-34f5944c