FC2ブログ
ブログもいつの間にか50000アクセスを超えて、読んでいただいている方には感謝です。

平日の出張も一段落して、この週末から気を休めて過ごすことができます。仕事さえ忙しくなければ平日の夜でも舐め犬のお誘いに答えることができるようになったのが嬉しいですね。

今日は連休前に最初にお会いしたSEさんとお会いしました。SEさんはお忙しくされているので、直前のお誘いとなりましたが、今日は私も暇にしていましたので、前回同様に家のマンションに来ていただくことになりました。お昼過ぎにに用賀の駅で待ち合わせました。お菓子などをお土産に買ってきてくださって恐縮します。でも、甘い物は好きなので、少しばかり家に着いてから一緒にいただいて、いろいろお話などをしました。

その後、シャワーを浴びていただいて、Tシャツをお貸ししたのですが、SEさんは背が高いので下まで隠すほどの丈はなくて、超ミニスカートのように見えてかなりセクシーでした。出てきたところはちょっと明るいので恥ずかしそうにされていて、そのまま寝室へご案内しました。ベッドの横には先日購入したデカすぎる抱き枕が立てかけてあるのですが、やはりSEさんもデカすぎるとの評価でした。多分あの半分くらいの太さが調度よいのかなと思います。

SEさんはこのところお疲れなので、今日は上半身から少しだけ舐めさせていただきました。乳首をチロチロと舐め始めて、そのまま脇腹から徐々に下へ移動していきました。もう少し、上半身をゆっくり舐めたほうがよかったかも知れませんが、SEさんのスラっとした脚が目に入ると早く間に入りたいなと思って、下の方へ移動してしまいました。今回は逝くことにはあまりこだわらず、ソフトにゆっくりと楽しんでいただいたほうがいいと思い、できるだけ全体を舐め回すようにして、舌を這わせていました。この時の心地良さは2,3時間でも続けてやってもらいたい感じの気持よさだと後で教えていただきました。



ソフトに舐めているといっても時間が経つにつれて、やはりクリトリスも硬くなってきて敏感になります。それと一緒にSEさんの腰の動きも大きくなり、声も漏れはじめました。SEさんもそうですが、感じてくると女性の方は太ももの裏側あたりが熱くなってきます。ソフトに舐めてはいたのですが、クリトリスを押し付けるようにされた時には少し強めに刺激したりしていると、SEさんも限界を迎えたようで、少し舌を外して言葉をかけあいました。

その後は、これまでよりもよりソフトに舌の動きもゆっくりにして、舐めつづけさせたいただきました。その間に、少しウトウトとされたり、感じてきてまた目が覚めたりの状態だったそうです。クリトリスへの刺激はできるだけ少なくして、そのかわり膣の入口に少し舌を入れるようにしていたのですが、そのせいでしょうか、ムズムズされて指を入れてくれるようにお願いされました。指の入れ方はあまり上手ではないと思うのですが、人差し指を入れながら今度はクリトリスを刺激していきました。

再びSEさんの動きも激しくなり、枕を強く抱きしめるようにして、快感に浸っておられるようでした。最後は少し強めにクリトリスを直接刺激しながら、指を膣の中で動かし、かなり激しく逝っていただけたようです。SEさんはかなり感じてこられると膣の入口が盛り上がるようになってくるので、すごくよく分かります。もしかしたら、名器なのかも知れませんね。最後はSEさんは汗ビッショリになり、しばしお互いにベッドの上で横になっていました。

そろそろ帰る時間も近づいてきましたので、少し違ったポーズで脚の写真を撮らせていただきました。最初のソフトなクンニのときの低空飛行の気持よさが気に入られたようですが、時間が経つと低空飛行から上昇を始めてしまって、そうなるとSEさんとしても元へは戻せなくなってしまい残念がっておられたので、今度はその状態ができるだけ長く続くように舐めさせていただきたいと思いました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/405-c86512dd